2208件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

射水市議会 2021-09-17 09月17日-02号

災害時においても、その地区で特に繰り返し案内を続けないと、住民の皆さんに危険性が伝わりにくいといった事案なども出てくるのではないかと思いますので、日ごろの防災訓練をなども含めて、屋外拡声子局の活用を進めるべきではないかと考えます。 2点目は、移動系携帯型無線機についてであります。 

射水市議会 2020-12-11 12月11日-03号

また、今台風では、全国各地で逃げおくれによる被害が発生していることから、被害の危険性と迅速な避難行動の重要性をいかに市民に認識していただくか、これが大きな課題であるというふうに考えております。 

射水市議会 2020-12-10 12月10日-02号

倒壊などが全国的な問題となっていることから、各都道府県自治体が独自に空き家条例を制定し、空き家所有者に対し指導を行うなどして対応を行ってきた初期の段階から、空き家敷地への立ち入り調査や所有者不明の空き家への対処など、条例では対処が難しい課題もあり、また、全国的問題でもあることから、国としての対応を求める声が高まり、空き家等対策の推進に関する特別措置法、いわゆる空き家法が成立し、現在ではこれにより危険

射水市議会 2020-09-30 09月30日-04号

これは、本年10月からの消費税率の引き上げに伴い、消防法に基づく危険物の貯蔵所の設置許可に係る手数料について、屋外タンク貯蔵所の設置許可に係る手数料の額を引き上げるものです。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第78号 射水市消防団条例の一部改正について申し上げます。 

射水市議会 2020-09-18 09月18日-03号

国土交通省では、適正に管理されていない空き家等が周辺の生活環境に深刻な影響を及ぼしていること等を背景に制定した、空き家等対策の推進に関する特別措置法平成26年11月公布平成27年5月に全面施行され、本市においても平成26年10月、射水市空き家等の適正管理及び有効活用に関する条例施行し、これまでに空き家情報バンクの充実やリフォーム支援、危険空き家等の解体除却への支援を行ってきました。

射水市議会 2020-06-18 06月18日-03号

市民生活部長(島崎真治君) この事業につきましては、運転に不安を感じておられる高齢ドライバーや、身体能力なんかも衰えて車の運転が危険と思われる高齢者が、交通事故防止を目的にする趣旨で実施されており、公共交通機関の利用支援につきましては、ある意味副次的なものであり、利用支援を中心とした利用は、この制度にはないんだろうなというふうに考えております。 

氷見市議会 2020-03-17 令和 2年 3月定例会−03月17日-04号

成立前から国民総背番号制監視社会につながると危険性が指摘されておりました。  政府は、この制度のあまりに低い普及率を見て、昨年6月にマイナンバーカードを強力に推進することを打ち出しました。本来、カード取得は強制ではなくあくまでも任意ですが、今年中に全ての公務員に取得をさせるとしています。

氷見市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会−03月10日-03号

◆10番(上坊寺勇人君) 825ということでありまして、小さな池でも危険性があれば、今お聞きしましたように数が多いこともありまして、ソフト対策が必要であるというふうに思いますが、農業用の小さい池に対して、ソフトの対策につきましてはどのようにお考えでしょうか。 ○副議長(積良岳君) 大野建設部長

小矢部市議会 2020-03-10 03月10日-03号

石動エリアの一部には、急傾斜地崩壊危険箇所、土石流危険区域、地滑り危険箇所、土砂災害特別警戒区域に指定されている箇所があります。普通、そのような箇所については、原則として誘導区域に含まないこととすべきであるとなっておりますが、既に人口が集積しており、市街地が形成されていることから、当市においては除外することは困難ということであり、区域内に含まれているということになっております。 

滑川市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第4号 3月 9日)

ただ、この質問、通告しておりますけども、最初は、やはり心配ばかり私個人としてもしていたんですが、一番重要なのは、やはりどう社会生活のバランスを保っていくかということに私も方向を変えていきまして、ただ、そういった危険性があるから何かをとめるということは簡単ですけども、それを上手に社会生活を守りながら判断していくことが重要だというふうに思っております。  

氷見市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会−03月09日-02号

氷見市におきましては、これまでも公共施設等の整備、そしてまた耐震化や長寿命化を図ってまいりましたけれども、地滑りなどの土砂災害危険箇所や防災重点ため池などが多くあることから、これら施設の整備、耐震化などのハード整備を行い、どのような自然災害等が起こったといたしましても、被害を最小化することで市民生命財産が守られることが重要であります。  

富山市議会 2020-03-08 令和2年3月定例会 (第8日目) 本文

しかも、市街地再開発事業は、都市再開発法に基づき、防災危険な老朽木造建築物などが密集している地区において、敷地の統合や不燃化された共同建築物の整備などを行うことで、安全で快適な都市環境の創造を図ることを目的としている事業です。  最後に、花でつなぐフラワーリング事業は、富山駅から中心市街地までの区域に空間を演出するフラワーハンギングバスケットを設置するものです。  

滑川市議会 2020-03-07 令和 2年 3月定例会(第3号 3月 7日)

宅建取引士、不動産鑑定士管理業務主任者マンション管理士土地家屋調査士測量士測量士補公認会計士司法書士弁理士行政書士、ファイナンシャルプランナー、登録販売者情報処理安全確保支援士、電気工事士危険物取扱者、中小企業診断士、その他民間資格も含めれば無数にあります。  

高岡市議会 2020-03-07 令和2年3月定例会(第7日目) 本文

次に、消防団救助能力向上資機材緊急整備事業費について、消防資機材は経験の浅い人が使用することは大変危険であり、定期的な点検も必要となる。専門的な知識の習得が不可欠であるが、消防本部の見解はとの質疑に対し、これまでも車両更新の際に消防資機材の配備を行ってきた。分団の方には、消防署の指導の下、訓練をしていただき、資機材の扱い方やメンテナンス方法を習得してもらっている。

射水市議会 2020-03-05 03月05日-02号

我が自民党新政会といたしましても、本年1月、県選出国会議員の要望活動、3項目のうちの1つの庄川直轄河川改修事業の整備促進について協議をしてきたところではありますが、庄川下流域におきましては、築堤などが整備されるまでの間に、河床の適宜なしゅんせつや中洲の不要木などの伐採を実施することが、氾濫危険水位を超えないようにするための有効な手段の一つではないかなどの御意見も伺っております。 

高岡市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会(第4日目) 本文

この事業は、高岡市が富山県自治体クラウドシステム参加するものであり、税情報健康管理、国民健康保険等が対象になりますが、先般、個人情報の持ち出しで県民の厳しい批判を受けた受託業者が関与するものであり、私は個人情報の漏えいの危険性の増大を強く懸念いたします。この点での当局の説得力のある答弁を期待いたします。  最後に、市民の安心・安全の確保について3点お聞きします。