10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

入善町議会 2018-12-01 平成30年第6回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

次に、東日本大震災を踏まえ南海トラフ巨大地震首都直下地震など、太平洋側災害をどう認識しているかとの御質問にお答えをいたします。  国土交通省においては平成27年に閣議決定された国土形成計画の全国計画を踏まえ、北陸圏の計画となる広域地方計画を作成いたしております。

富山市議会 2016-06-02 平成28年6月定例会 (第2日目) 本文

ところで、南海トラフ巨大地震を想定した九州全体の防災体制を考えると、大分県からの中九州横断道路宮崎県からの九州中央自動車道の整備も重要と言われます。  そこで、東南海地震などを想定するまでもなく、本市においては、広域防災対策の観点からも、東海北陸自動車道の4車線化の推進が必要と考えますが、見解を伺います。  次に、今後の選ばれるまちづくりについて伺います。  

黒部市議会 2014-06-13 平成26年第3回定例会(第2号 6月13日)

さらに、首都直下地震南海トラフ巨大地震などの発生が予想されている中で、地域防災力の確立が喫緊の課題となっております。  一方、少子・高齢化の進展、被用者の増加、地方公共団体の区域を越えての通勤などを行う住民の増加等の社会情勢の変化により、地域による消防活動の担い手を十分に確保することが困難になっております。  

入善町議会 2013-09-01 平成25年第23回(9月)定例会(第2号)  一般質問

9月1日、防災の日には、政府の全閣僚が参加して、南海トラフ巨大地震を想定した防災訓練が実施され、そのほかにも首都圏の9の都、県、市は合同で、首都直下地震を想定した防災訓練を行ったことが報道されております。  90年前、死者、行方不明者10万5,385人という国内災害史上最悪の犠牲者を出した関東大震災。この惨禍を忘れぬように戒めを込めて定められたのが「防災の日」、9月1日です。

富山市議会 2013-06-04 平成25年6月定例会 (第4日目) 本文

また、東日本大震災の記憶が消えない中、西日本における南海トラフ巨大地震が懸念されており、避難者予測として500万人を想定。そのうち、岐阜県愛知県だけで200万人の避難者を想定しており、その一部は国道41号や東海北陸自動車道をたどって富山県避難してくることが予想されることから、県外からの避難者を受け入れることについて考えていく必要があります。  

入善町議会 2013-06-01 平成25年第21回(6月)定例会(第2号)  一般質問・請願等

その東日本大震災の記憶が生々しく残る中で、昨年8月に、南海トラフ巨大地震に関する有識者会議の被害想定などが公表されました。  この南海トラフ東日本大震災並みのマグニチュード9クラスの巨大地震が陸に近い震源域で発生した場合、激しい揺れや津波による大きな被害が想定されるというものであります。  被災地は、北海道東北6県を除く40都府県に及び、死者が32万3,000人。

立山町議会 2013-06-01 平成25年6月定例会 (第2号) 本文

昨年も各地でゲリラ豪雨とこれに伴う土砂災害が発生しており、また南海トラフ巨大地震などの被害想定が発表されるなど、自治体には万が一の場合の自然災害への対応が求められております。さらには、北朝鮮ミサイル脅威やテロ行為への防御など、国民保護を担う自治体責任もますます大きくなっております。  ご指摘のように、役場の危機管理体制の充実は喫緊の課題であります。

黒部市議会 2012-09-10 平成24年第5回定例会(第2号 9月10日)

〔16番 吉田重治君起立〕 ○16番(吉田重治君) 皆さんもご存じだと思いますが、昨日の新聞南海トラフ巨大地震が発生した時には、後で陸地に大地震を誘発するかもという記事が出ましたよね。  防災訓練に出る時に見とったんですけど、本当にこれは安政5年に起きた地震、その前に4年半前に南海トラフ付近で発生したと書いてあります。

  • 1