120件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会 (第2日目) 本文

そして、その問題については、みずからが被害者でも加害でもあるという認識のもとに、ごみの減量や節電、節水に努めたり、地域の人と協力して美化活動に積極的に取り組むなど、自分にできることや他者と協力してできることを考え、責任感を持って環境保全に取り組む実践力を身につけさせたいと考えております。  

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第2号) 本文

命を救うために、「加害被害者を引き離す」ことは必要です。でも、なぜそこで「被害者学校を休ませる」ことの一択でしかないのかがわからない。インフルエンザにかかった子を登校させて、インフルエンザじゃない子を自宅待機にするくらいに意味がわからない。なぜいじめられた上に、勉強する権利まで奪われるのか。  学校によっては、「被害者学校を休ませる」以外の対策もとられているかもしれません。

滑川市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第2号 6月17日)

ところが、保険への加入は十分に進んでいないのが現状であり、2017年に歩行者が死亡または重傷を負った自転車事故のうち、保険加入していた加害は6割にとどまっております。このため、住民に自転車保険加入を勧める自治体が増えております。いずれの自治体も通学や通勤を含め、自転車を利用する全ての人が対象になります。

富山市議会 2019-06-03 令和元年6月定例会 (第3日目) 本文

一方で、全国で自転車利用者が加害となる事故報道され、高額賠償が求められる事例も見受けられます。  万が一事故が起きた際には、被害者救済はもちろんですが、加害精神的、経済的負担軽減のためにも自転車保険加入の重要性は増していると考えます。  本市における自転車事故の発生状況はどうなっているのかお聞かせください。  また、自転車保険加入状況はどうなっているのかお聞かせください。  

高岡市議会 2019-03-05 平成31年3月定例会(第5日目) 本文

また、子供が死に至る虐待において、主たる加害となるのは母親が最も多く、全体の60%強を占めているという調査結果が出ています。予期せぬ妊娠や計画していない妊娠など、母親が抱える精神的な問題がその子供にまで悪影響を及ぼしかねないということです。  そこで4点目の質問は、児童虐待は親の心理状態とも密接に関係すると言われていますが、産前産後の親に対するケアの取り組み状況についてお聞かせください。  

滑川市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第2号12月10日)

事故は、被害者はもちろん、加害も心が痛みます。行政にできることは、自然と事故が起こらないようにするインフラ整備だと私は思っております。  ぜひ事故ゼロに向けて、今後も改善していただくことをお願いいたしまして、私の質問を終わります。  ありがとうございました。 ○議長(原 明君)  7番尾崎照雄君。 ○7番(尾崎照雄君)  それでは、質問通告に基づき質問をさせていただきます。  

富山市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会 (第4日目) 本文

203 ◯ 市民生活部長(中田 貴保君)  配偶者からの暴力ストーカー行為児童虐待及びこれらに準ずる行為等の被害者の方は、市民課窓口へ支援措置を申し出することにより、加害等に対して、住民基本台帳の閲覧制限住民票の写し及び戸籍附票の写しの交付を制限する支援措置を受けることが可能になります。  

富山市議会 2018-09-03 平成30年9月定例会 (第3日目) 本文

一方で、自転車保険加入義務がなく、加入への呼びかけでは限界があり、制度を整備しないと加害被害者の両方にとって不幸が繰り返されるおそれがあります。万が一事故が起きた場合のためにも、TSマーク保険自転車保険への加入を促進する手法として助成制度効果的と考えますが、認識をお聞かせください。  

富山市議会 2018-03-02 平成30年3月定例会 (第2日目) 本文

富山市においては、高齢者加害となる不幸な事故防止や、みずから車の運転について考え、移動方法を見直すきっかけづくり、公共交通の利用促進といった観点から、全国に先駆けて平成18年度より高齢者運転免許自主返納支援事業を実施し、運転免許の自主返納者に対して公共交通機関の利用に係る費用や運転免許証にかわる身分証明書等の費用を支援しています。  

立山町議会 2018-03-01 平成30年3月定例会 (第2号) 本文

最近の自転車事故は、子どもも加害になるケースが多々あると聞いております。福岡県では、小学5年生の子どもが起こした自転車事故で、被害者の女性が意識不明の重体になり、高額な賠償を請求された事例もあります。  事故を起こさない、事故に遭わない。マナールールが重要です。通学をはじめ、身近な生活の足として日常的に愛用されている自転車です。誰もが人身事故加害になりかねない危険性が潜んでいます。

富山市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会 (第5日目) 本文

いじめられている子どもにとって、いじめられっ子であるというレッテルを張られることが苦痛となることから、そういう要望が出ることは当然だと思っていますが、そうなると、加害に直接的指導をすることが難しい状況となり、指導に多くの時間が必要となり、その効果も大きく期待できないものになりがちだと思います。  

富山市議会 2017-06-02 平成29年6月定例会 (第2日目) 本文

そこで、誰もが加害にも被害者にもならないよう願いを込めてお尋ねいたします。  国では、平成16年12月8日、犯罪被害者等基本法が制定され、その第5条で地方公共団体の責務として「地方公共団体は、基本理念にのっとり、犯罪被害者等の支援等に関し、国との適切な役割分担を踏まえて、その地方公共団体地域の状況に応じた施策を策定し、及び実施する責務を有する」と明記されています。  

富山市議会 2017-03-07 平成29年3月定例会 (第7日目) 本文

具体的には、例えば、1つに、弁護士の方からは、近年、問題行動は広域化しており、いじめの被害者加害が違う学校であることも少なくない、学校間で情報共有化を図り、いじめの早期発見と即時対応に努めることが大切である、2つに、警察の方からは、SNSの急速な普及により、時と場所を選ばずにいじめが起こっている、中でも画像を含む個人情報などのトラブルは一刻も早く警察に相談し、当事者と学校警察が連携して被害を

富山市議会 2017-03-06 平成29年3月定例会 (第6日目) 本文

高齢者運転免許自主返納支援事業は、高齢者加害となる事故の減少を目指し、平成18年度に本市が全国で初めて実施したものであります。  この事業は、運転免許の自主返納者に公共交通機関の利用に係る費用等を支援することで、運転に不安を感じている高齢者やその家族が返納を考えるきっかけとするための、あくまで動機づけの施策として実施しているものであります。  

富山市議会 2017-03-04 平成29年3月定例会 (第4日目) 本文

加害被害者ともに、今後の人生が大きく変わる悲惨な事故を減少させるために、行政警察市民が一体となって撲滅を目指さなければなりません。毎年多くの人が交通事故で亡くなっており、昨年は県内で60人、市内では17人が事故の犠牲となっております。このうち、高齢者は県内では41名、市内では13名ということであり、その割合はともに70%、7割を超えております。

立山町議会 2017-03-01 平成29年3月定例会 (第2号) 本文

最近、高齢者被害者となる交通死亡事故高齢者ドライバーの間違った操作で加害となって引き起こす悲惨な事故が全国で多発しています。特に75歳以上の高齢者の重大事故が全国各地で相次いで発生しています。  本町におきましては幸い重大な事故には至っていませんが、全国の悲惨な事故を見ますと、高齢者を含めた運転車の事故防止対策は喫緊の課題でもあります。  4月より新1年生が通学されます。

滑川市議会 2016-12-13 平成28年12月定例会(第3号12月13日)

きのうから何度も何度も話題に上がっている高齢者交通事故高齢者の方が加害となる、そういったニュースが本当にことしは相次いでおりました。  件数についてはきのう伺ったのでいいんですけれど、本当はきょうその事故の内訳も聞きたかったんですが、そちらもきょうの質問の中で、その内訳まではわからないと、そういったお話でした。