1317件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2021-06-14 令和 3年 6月定例会(第2号 6月14日)

先月末まで滑川市総合計画審議会委員市民公募が行われ、400字程度の作文により選考に諮るということでありましたが、選考方法に対する見解並びに女性の参画促進へどう取り組まれたか。また、募集結果、選任結果はどうかお聞かせください。 ○議長岩城晶巳君)  相沢企画政策課主幹。 ○企画政策課主幹相沢卓巳君)  お答えいたします。  

射水市議会 2021-06-14 06月14日-02号

公募委員を中に入れることは当然として、これも過去に提案したように、審議委員を全て市民の中から無作為抽出で選ぶという他市での取組のようなことも必要ではないでしょうか。世代、性別、属性等にかかわらず、多様な市民の皆さんに実際に関わっていただき、市民自らが作り上げる総合計画としていくべきと考えますが、当局の考えをお伺いいたします。 以上、私の代表質問とさせていただきます。

射水市議会 2021-06-07 06月07日-01号

今後、市民の皆様の御意見計画に反映させるため、市民意識調査タウンミーティング等を実施するほか、総合計画審議会設置に向け、公募委員募集をはじめ、審議委員の人選を進めてまいります。 教育施設の充実につきましては、さきに国の交付金の内示を受けた大門中学校長寿命化改良工事及び歌の森小学校プール改築工事に取り組み、児童・生徒の学習環境の向上を図ってまいります。 

入善町議会 2021-06-01 令和3年第22回(6月)定例会(第3号)  一般質問・質疑・委員会付託

現在、卸役務契約、いわゆる回線貸しとしてニイカワポータルが行っているインターネット業務、これを光回線化した後に組合直轄事業にするとして、委託先公募しています。  この計画では民間譲渡も視野に置くとしていますが、その可能性はあるのでしょうか、答えてください。  

滑川市議会 2021-03-23 令和 3年 3月定例会(第5号 3月23日)

議案第10号につきまして、委員から、審議会委員について、若い人や首都圏から移住してきた人など地元の人以外の方が参加できる審議会を考えていないかと質問があり、市当局から、審議会委員については、市内の各種団体の方を網羅するとともに、団体に属さない方にも意見をいただくために公募を行うことを考えている。今回の意見を踏まえて検討すると回答がありました。  

黒部市議会 2021-03-09 令和 3年第1回定例会(第2号 3月 9日)

教育部長 鍋谷 悟君起立〕 ○教育部長鍋谷 悟君)市では、民間事業者との対話により、廃校資産市場性活用アイデアを把握し、より事業者が参入しやすい公募条件の設定や地域課題配慮事項を事前に伝えることで、すぐれた事業提案を促すことなどを目的に、昨年10月から、対話型市場調査、いわゆるサウンディング型市場調査を実施いたしております。

南砺市議会 2021-03-08 03月08日-02号

その上で、旧富山紡績工場跡地活用方針を決定し、パートナーとなる民間事業者公募選定し、官民の役割分担リスク分担を決めていくといった流れを想定しております。複合施設だけではなく、公営住宅、広場、駐車場など、跡地全体のランドスケープデザイン計画策定も取り入れながら、進めてまいりたいと、このように考えております。 次に、公共料金の改定についてであります。 

富山市議会 2021-03-06 令和3年3月定例会 (第6日目) 本文

一方、本市公共施設における自動販売機は、原則公募により設置業者選定していますことから、販売品目は一般的にニーズが高い清涼飲料水が中心となっております。  また、本市公共施設では、高速道路などとは異なり、紙おむつを周辺の店舗で比較的容易に購入できますことから、自動販売機で購入するニーズは高くないと考えております。  

富山市議会 2021-03-03 令和3年3月定例会 (第3日目) 本文

次に、令和3年度は、国内有数ガラスコレクションを持つサントリー美術館と協力して開催する企画展や、富山ガラス造形研究所創立30周年記念展など、規模の大きな展覧会を複数予定しているとのことですが、特に注目されるのは、今回で2回目となる国際公募展「富山ガラス大賞展2021」であります。

富山市議会 2021-03-02 令和3年3月定例会 (第2日目) 本文

現在、本市では、こうした県の融資制度については取扱窓口である金融機関に案内するとともに、市のホームページやパンフレットなどにより周知を図っておりますが、国の補助金については本年3月に公募要領が発表される予定となっていることから、発表された際には、商工会議所や商工会などとも連携を図りながら広く周知してまいりたいと考えております。