953件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高岡市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会(第4日目) 本文

公共事業を取りたいためだけに事務所を構えていると思われても仕方ありません。実は、これもまさしく漏れバケツであります。  この事案については、過去に何度も高岡商工会議所から是正の要望が上がっておりますし、我が会派議員も過去に議会で指摘をしております。いつまで漏れバケツの状態を続けるのでしょうか。

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第1号) 本文

国庫支出金は、公共事業国庫補助金等を算定の上、10億7,694万7,000円を、県支出金は8億9,704万8,000円を計上しております。  繰入金のうち、基金については、人口対策推進基金から1,060万円、地域雇用創出推進基金から3,483万3,000円、その他、財政調整基金等から総額1億6,691万1,000円を取り崩しております。  

氷見市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会−12月10日-03号

そんな人工斜面でありますので、私も県で砂防の担当の課長もしておった経験から、こういった人工斜面というのは公共事業の対象にはならないということは重々理解はしておりましたけれども、何とか議員御指摘のように、本人だけではなくて下部の人家の皆さんの安全・安心を守るため何かできないかということで、昨年、県の砂防課へ直接相談に伺いましたけれども、やはり人工斜面は税金を使って行う公共事業の対象とならず、あくまでも

高岡市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第5日目) 本文

不要不急の大型公共事業優先ではなく、今後想定される大規模自然災害から市民生命財産を守るため、一級河川庄川、小矢部川の整備促進、高岡断層についての地震の規模や発生確率の調査と被害予測の公表、さらには内水氾濫対策として雨水幹線整備の促進、調整池の設置、老朽化した橋梁の整備を国の予算で促進すべきと強く要望し、賛成討論といたします。

富山市議会 2019-09-03 令和元年9月定例会 (第3日目) 本文

51 ◯ 市長(森  雅志君)  私が考える本質を答弁させていただきますと、結局、安定的に平準的に公共事業がずっと出ていればそういうことにならなかったわけです。自民党ではないある党の政権時代にきゅっと切ってしまったことによって、現場の事業者の方が技術者解雇したり、シュリンクさせてきたわけです。事業者数も減ってきました。

富山市議会 2019-06-04 令和元年6月定例会 (第4日目) 本文

私は業務として公共事業の全体計画や事業認可の書類作成に携わっていまして、それ以前は、過疎地域市町村であっても、総合計画等で人口を現状維持としているところが少なくありませんでした。人口減少を認めるということは、夢も希望も失ってしまうという漠然とした恐怖や、市政や町政の失策を認めるものだという考え方が背景にあったのではないかと個人的には思っております。  

富山市議会 2019-06-02 令和元年6月定例会 (第2日目) 本文

先般、地方日本海沿岸地帯振興連盟の総会でも、この地方での第5世代、5G移動通信網のシステム整備と国土強靱化に向けた公共事業予算も含めて特別決議をされてきております。地方に早く5Gの時代を構築してほしいという願いでありますし、また一方、先般、片山内閣府特命担当大臣が来られて、このことにも触れていたように聞いております。  

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

地籍とはいわゆる土地に関する戸籍のことでありますが、この地籍を調査することによりどのような効果があるか申し上げますと、土地や境界をめぐるトラブルの未然防止につながること、登記手続の簡素化や費用縮減につながること、土地取引が円滑となり、土地有効活用が促進されること、それから、各種公共事業の効率化や災害復旧の迅速化につながることなどがございます。  

立山町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 (第2号) 本文

2)問目、今後町が進めていく公共事業の中で、そのような土地はあるのか、あればどのような対策を考えているのかお伺いします。  大問(3)番目、救急の蘇生対応及び中型免許補助についてであります。  1)問目、119番通報を受けて駆けつけた現場で心臓マッサージなどの蘇生措置をしようとしたところ、家族から中止を求められるといった事例で、全国の救急隊員が板挟みになっているといいます。  

氷見市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会−03月19日-04号

このような公共事業だからこそ、私はしっかりとした計画を議会市民に示すべきだと考えます。  植物園の入園者が減少し、現在は年4万5,000人前後で推移しているということですが、少なくとも公共事業として現在の施設を大幅に整備するのであれば、将来に向けた入園者計画、入園者の規模、経営体制、入場料等々がどうなるのか、10年計画を市民に明らかにすべきと考えるからであります。

富山市議会 2019-03-02 平成31年3月定例会 (第2日目) 本文

このプロジェクトは、本市とスマラン市の連携のもと、環境省低炭素社会実現のための都市間連携事業などを活用して市内企業が事業化されたものであり、環境省都市間連携事業としては初の公共事業であるとともに、インドネシアにおける初の交通案件でもあることから、世界各国で進められている都市間連携事業の代表的な事例として大いにPRできるものと考えております。  

立山町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 (第1号) 本文

国庫支出金では、公共事業国庫補助金などを算定の上、10億6,260万9,000円を、県支出金は9億8,322万1,000円を計上しております。  繰入金のうち、基金については、ふるさとづくり推進基金から1,900万円、地域雇用創出推進基金から1億526万1,000円、その他、財政調整基金などから、総額4億808万円を取り崩しております。  

富山市議会 2018-12-06 平成30年12月定例会 (第6日目) 本文

昨年度は、市議会会派で求めたこども医療費助成制度の中学3年生まで完全無料化が実現し、10月から実施されたほか、子育て支援や産後ケア、ひとり親家庭の支援策などの福祉施策、スクールソーシャルワーカーの市独自のさらなる増員、学校や市立公民館耐震工事の推進、八田橋のかけかえ工事をはじめ、道路や橋梁の維持補修・長寿命化、市民に身近な公共事業費の確保など、前進面については率直に評価するものです。  

高岡市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第4日目) 本文

154 ◯7番(石須大雄君) 公共事業の拡大で基金が底をついたら人件費削減を行う政策判断、財政運営が、高橋市長就任以前からそういった財政運営が見られ、長年にわたり十分な基金を確保しないまま財政運営を続け、ルールのない場当たり的な資金管理がなされている、政策判断、財政当局の運営体質に問題があるとの指摘もございます。

高岡市議会 2018-12-02 平成30年12月定例会(第2日目) 本文

本市では、平成7年度から平成10年度までの4年間において技術面の工事監査を、関西公共事業への監査協力を行っている団体委託して行っております。  平成11年度からは、工事契約及び検査担当課のチェック及び検査を受けるなど内部統制機能が十分働いていることや、費用対効果などを勘案した上で外部への委託によらない方法で工事監査を実施しているところであります。