1859件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

黒部市議会 2019-12-19 令和元年第5回定例会(第4号12月19日)

その中で、先の定例会において報告を行った何点かの課題は残るものの、「第2次総合振興計画に盛り込まれている『あいの風とやま鉄道 黒部駅自由通路』の実現に支障がなければよい」、「請願は、民間主導の行政支援という公民連携の内容となっており、今後、生地駅のみならず、市内の公共交通機関の駅の老朽化対策として、よいきっかけになる」など、概ね肯定的な意見が聞かれました。  

氷見市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会−12月10日-03号

アウトリーチとは、手を差し伸べると訳されますが、福祉などの分野における地域社会への奉仕活動であったり、また公共機関においては現場出張サービス等の意味で使われています。  そこで、市民文化プログラム推進事業、ひみ第九〜はじめの一歩コンサート〜の検証と成果、そして今後の取り組み、アウトリーチ活動推進事業の現在の取り組みと今後の取り組みについて鎌仲教育長にお尋ねをいたします。  

氷見市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会−12月09日-02号

また、歳出においては、新文化施設等の大きなプロジェクト、さらには公共施設の老朽化対策など、厳しい財政運営を迫られることは明らかでございます。しかしながら、子どもからお年寄りまで全ての市民が笑顔で元気な生活を送るため、そして、将来にわたり持続可能なまちづくりを見据えた氷見元気プロジェクト、そして次期地方創生総合戦略に基づく事業を強力に推し進めていく必要があると思います。  

黒部市議会 2019-12-04 令和元年第5回定例会(第1号12月 4日)

2 公有財産の利活用について   (1)公有財産「未利用地」及び「未利用公共施設」の現状と管理体制がどのように      なっているのか伺う。   (2)「未利用地」及び「未利用公共施設」の活用や処分についての本市の考え方は。   (3)学校再編や(仮称)くろべ市民交流センター建設等に伴う、旧施設・跡地の利      活用を早い段階で具体的に計画すべきと思うが。

氷見市議会 2019-12-04 令和 元年12月定例会−12月04日-01号

本市は、人口減少に伴う税収地方交付税などの歳入の減少や、公共施設の更新等への歳出の増加が避けられないなど、極めて厳しい財政状況ではありますが、「人口減少対策」を強化し、「人口が減少しても幸せに暮らせるまちづくり」の実現に向けて、多様化する課題への的確かつスピーディーな対応など、本市の地方創生に必要な施策・事業の進捗が図られる予算としなければならないと考えております。  

立山町議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 (第1号) 本文

今後も、少子高齢化人口減少の進行に対応しながら、税をはじめとする財源の確保と第9次立山町総合計画に掲げられた重要施策の効率的かつ効果的な実施に取り組まれるとともに、立山町公共施設等総合管理計画に基づき健全な財政運営に努められるように求めます。活気ある立山町を目指し、地方創生に取り組んでいただきたい。  以上であります。  

立山町議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 (第2号) 本文

子どもたちが政治行政について関心を持ち、国や地方公共団体政治国民生活の安定と向上を図る大事な働きをしていることを理解できるようになってほしいと願い、立山町議会傍聴を計画されたと聞いております。  皆さんが高校3年生、18歳になると、選挙人の資格が与えられます。しっかり学習をしていってください。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第4号)  討論・採決

入善町においても人口減少、庁舎建てかえ、公共施設等の老朽化対策など、取り組むべき課題も数多くあります。  町が抱える大きな課題の前では、笹島町長のもと、職員の皆さんがワンチームとなって、課題解決に向け、熟慮を持って効率的、効果的に、そして町民にわかりやすい町政を推進されますよう、より一層の努力をお願いするものであります。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

この選択は、町民の生命と身体、財産災害から保護する行政の責務を果たすため、災害時の応急復旧や被災者支援など、その対応拠点施設としての機能が迅速かつ総合的に発揮できること、町民全体の利便性や既存の周辺公共施設と連携した今後の行政サービスのあり方などを十分に考慮したことといった点を中心に熟考を重ねた結果、私なりに導き出した方向性であります。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第1号)  提案理由説明

公共下水道事業は、整備の財源の償還費が事業経営に大きな負担となっています。将来にわたって安定的に事業を継続するため、国の重点支援が必要であると思います。また、下水道使用料の引き上げについて議論されていますが、さらなる接続率の向上を目指しながら、現状と今後の見通しなどについて、町民への説明責任を果たしながら理解を求めるよう努めていただきたい。  

魚津市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第1号) 本文

市内の公共施設などの47団体、約2,900人が参加され、地震の際の身を守る行動を確認したところであります。  さらに、11月の市広報とあわせて、洪水ハザードマップを配布いたしました。これは、1,000年に一度程度の24時間雨量が約800mmの状況を想定したもので、水害に対する備えや災害時の避難行動に役立てていただきたいと考えております。  災害はいつ起こるかわかりません。

魚津市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第1号) 名簿

の一部を改正する条例の制定について  議案第69号 魚津市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定につい         て  議案第70号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴う関係条         例の整備に関する条例の制定について  議案第71号 魚津市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の制定に         ついて  議案第72号 魚津市公共施設使用

魚津市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

3つ目は、中心市街地と周辺部とやっぱり距離的に離れているところもございますので、そちらを安定的な公共交通ネットワークを形成して、市民の皆さんが公共交通で自分たちの住んでいるところから中心部へ行き来できるような整備をするということで、中心拠点とお住まいのところの生活利便性の確保を図っていくという、この大きな3つを掲げて進めていきたいと思っております。  

魚津市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第4号) 本文

定例会に上程されております一般会計補正予算では、本年の行財政改革などにより、公共施設整備基金の取り崩しの取りやめや財政調整基金への約2億円の積み立てなどが計上され、財政健全化に向けての取り組みが反映されたものと考えております。  一方で、吉島市営住宅跡地測量分筆登記等事業におきましては、市営住宅跡地の速やかな売却に向けて必要な措置との説明でありました。

立山町議会 2019-10-01 令和元年10月臨時会 (第1号) 本文

また、町では、避難所に指定している公共施設に、太陽光発電と蓄電池などの機能強化等にも、引き続き取り組んでまいります。  それでは、本臨時会に提案いたしました案件につきまして、ご説明申し上げます。  本日提案いたしました案件は、補正予算に関するもの1件、契約に関するもの1件、財産の取得に関するもの1件のあわせて、3件の議案であります。