運営者 Bitlet 姉妹サービス
336件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-01 魚津市議会 平成30年6月定例会(第3号) 本文 そういう現象というのはもうアメリカで起きていて、例えばトイザらスというおもちゃの専門の路面店が倒産をしてしまったと。富山にもありますけどね。 もっと読む
2018-03-08 黒部市議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 8日) これは、例えば倒産しそうな会社や負債が大きい会社に入社したいと考えますか。これ言いかえれば、今、移住定住、住みたいまち、選ばれるまちとかやってますけど、将来に不安を抱えるイメージが余りにも強くなり過ぎると、これ、黒部市は選ばれるんですかね。また、UIJターンというのも今やってますけど、黒部市に見切りつける方出てきますわ。 もっと読む
2017-12-12 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第2号12月12日) あのときにもし破綻させていたら、1回倒産させていたらそれの清算、整理、またその後の会館の活用からしたら、それは今よりもかなり苦労をしていただろうと。場合によっては閉鎖になっていた可能性があります。   もっと読む
2017-12-12 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第2号12月12日) あのときにもし破綻させていたら、1回倒産させていたらそれの清算、整理、またその後の会館の活用からしたら、それは今よりもかなり苦労をしていただろうと。場合によっては閉鎖になっていた可能性があります。   もっと読む
2017-12-11 富山市議会 平成29年12月定例会 (第4日目) 本文 2017.12.11 実際、商工労働部長もおっしゃいましたが、この企業の半数が黒字でありながら承継ができずに倒産に至る。これまで富山市を支えてきた、またこれからも支えるであったであろう企業がやはり消滅しております。特に製造業はこれからも新規創業はまずないかなと──ないかなと言ったらあれですけれども──少ないと思います。非常に大切に育てていかなければならないと思っております。 もっと読む
2017-12-01 高岡市議会 平成29年12月定例会(第5日目) 本文 ◯福祉保健部長(吉澤 実君) 本市では、風水害、火災などの自然災害を受けた場合や、失業、倒産などにより収入が著しく減少し、保育料を支払うことが困難であると認められた場合には保育料の減免制度がございます。申請があった際には、個々の事情をお伺いし丁寧な対応をとっているところであり、今後ともきめ細やかな対応に努めてまいりたいと考えております。  以上です。 もっと読む
2017-06-09 富山市議会 平成29年6月定例会 (第3日目) 本文 2017.06.09 県内経済におきましても、平成29年4月判断の北陸財務局データによりますと、個人消費は一部弱さが見られるものの、倒産件数、負債額ともに前年同月を下回り、雇用状況も着実に改善、県内経済は総じて回復しているとのことでございます。   もっと読む
2017-06-01 魚津市議会 平成29年6月定例会(第4号) 本文 また、ウーバーは、欧米や中国などを中心に急拡大していますが、サンフランシスコ では地域最大のタクシー会社「イエローキャブ」が倒産に追い込まれています。ライ ドシェアが日本全国に普及すれば、タクシーの産業基盤が奪われるにとどまらず、路 線バスや鉄道を含めた地域公共交通の存立を脅かすこととなっていくのは明白である。   もっと読む
2017-03-09 黒部市議会 平成29年第1回定例会(第3号 3月 9日) 私は、事前に掛川市は倒産する会社が日本で一番少なく、貯蓄率が一番高い。また、あの有名な二宮金次郎、尊徳ゆかりの地であるとの情報を得て赴きました。二宮金次郎といえば、私たちの世代ではどこの小学校でも校庭にあった、薪を背負い、読書をしながら歩く少年の銅像でおなじみであります。掛川の担当者から、背中に背負っている薪は経済的向上をあらわし、読書する姿は精神的向上、学問教養、道徳をあらわしている。 もっと読む
2017-03-01 高岡市議会 平成29年3月定例会(第5日目) 本文 介護報酬が平成27年に2.27%引き下げられたことや、慢性的な人手不足、競争激化などが要因で、平成28年1年間で介護事業倒産件数が前年比1.4倍の108件にふえ、過去最多を更新したことが東京商工リサーチのまとめで明らかになりました。  現在、本市の地域密着型サービスでは、人員体制不足が1カ所、経営不振や利用者数の低迷で3カ所と4事業所が休止となっています。 もっと読む
2016-12-12 滑川市議会 平成28年12月定例会(第2号12月12日) 仮に普通の企業であれば、8年も企業を継続せずに倒産をしているかもしれません。  ですが、自治体はその事業を継続するために、ほかのするべき事業を犠牲にしたり、あるいは市債という借金をすることによって継続をしていきます。北海道の夕張市も市民生活に大きな犠牲を払っていますけれども、夕張市そのものは実は継続をしています。将来、市民生活を犠牲にするようなことになってしまった。8年後かもしれません。 もっと読む
2016-12-12 滑川市議会 平成28年12月定例会(第2号12月12日) 仮に普通の企業であれば、8年も企業を継続せずに倒産をしているかもしれません。  ですが、自治体はその事業を継続するために、ほかのするべき事業を犠牲にしたり、あるいは市債という借金をすることによって継続をしていきます。北海道の夕張市も市民生活に大きな犠牲を払っていますけれども、夕張市そのものは実は継続をしています。将来、市民生活を犠牲にするようなことになってしまった。8年後かもしれません。 もっと読む
2016-12-12 南砺市議会 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月12日−02号 このまま放置をしておきますと、経営体質の弱い経営体は倒産の危機に直面するんではないかという程の大きな問題であります。基幹産業である米作農家の経営安定化施策を国に強く働きかけることが重要であります。  また、農産物や果樹、加工品など、地産地消の観点から市内の学校等の公共施設のほか、県外にも販売できるよう販売網の拡大を図れるよう支援すべきであります。 もっと読む
2016-09-27 黒部市議会 平成28年第4回定例会(第4号 9月27日) 債務不履行となっており、一般の株式会社としては倒産であります。  歳出第8款土木費、4目道路橋梁新設改良費の中の、市道道路改良事業費についてであります。  「国道8号線バイパス」、「新幹線駅へのアクセス道路黒部宇奈月縦貫道路」「県営基幹農道整備事業」の道路も完成いたしました。また、新駅周辺整備事業も終わりました。 もっと読む
2016-09-01 魚津市議会 平成28年9月定例会(第3号) 本文 実際は、全国的にも少し倒産している方もありますし、これはどういう要因かはわかりませんが、一応あると。  しかし、実際、20人以下の事業所、特に通所介護をやっているところは、引き下げられて収入が少なくなっているのは事実なので、大変なんですよ。訪問介護をやっているところは、まだ手だてがある。いろんな方策があって、やり繰りできるんだと、こういったことも実際に事業者の方からお聞きしております。   もっと読む
2016-03-11 滑川市議会 平成28年 3月定例会(第4号 3月11日) 全国では、さきの介護報酬2.27%の引き下げの影響を受けて、介護事業者の倒産も増えています。  特別養護老人ホーム、いわゆる特養は6%減っており、26都府県では新規の建設が中止や延期となっております。  全国老人福祉施設協議会の試算では、年間の収入が平均で1,500万円ほど減り、5割近くの特養が赤字になるおそれがあるとも言われております。   もっと読む
2016-03-08 氷見市議会 平成28年 3月定例会−03月08日-03号 市は地方公共団体であるから、民間で言う倒産はないであろうと楽観するのは大変危険であります。と申し上げますのは、実際に日本でも破綻している市もあるからであります。  氷見市におきましても、限りある歳入、財政状況の中、各事業に投入する資金につきましては重要性、優先度を慎重に判断されますよう重ねてお願いしたいと思います。   もっと読む
2016-03-01 高岡市議会 平成28年3月定例会(第7日目) 本文 価格に税金分を転嫁できない中小業者の経営を追い込み、消費税倒産や廃業が増えることは必至である。多くの経済学者や専門家が「いま増税すると大変なことになる」と憂慮する発言をしている。たとえ食料品などを据え置き「軽減」したとしても、1世帯あたり年間4万円の負担増になるとの試算もあり、自治体財政にも深刻な影響を与えるのは必至である。   もっと読む
2016-03-01 高岡市議会 平成28年3月定例会(第4日目) 本文 国においては介護離職者ゼロの目標を掲げましたが、介護従事者の労働環境は依然厳しく、全国では介護事業所の廃止が増加しており、2015年の介護事業所の倒産は過去最多となっております。廃止の理由は経営上の理由だけでなく、利用者や介護職員の確保ができないといったものも多くなっています。施設を建設しても人材が確保できず、定員を割り込んだ入所者数で運営を開始せざるを得ない事例も多くあります。 もっと読む
2016-03-01 高岡市議会 平成28年3月定例会〔 議員提出議案 〕 価格に税金分を転嫁できない中小業者の経営を追い込み、消費税倒産や廃業が増えることは必至である。多くの経済学者や専門家が「いま増税すると大変なことになる」と憂慮する発言をしている。たとえ食料品などを据え置き「軽減」したとしても、1世帯あたり年間4万円の負担増になるとの試算もあり、自治体財政にも深刻な影響を与えるのは必至である。   もっと読む