運営者 Bitlet 姉妹サービス
271件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第3日目) 本文 問題は、個人を特定するときに大変大事な要素は4つあるわけで、住所と氏名と生年月日と性別です。これで最終的にその人がその者だということが確認できる仕組みです。ですから、いくら違和感があっても戸籍上の性からは逃れられないわけです。それも飲み込みながら、その方々が幸福な人生を開いていくということが大事なのだろうと思います。   もっと読む
2018-12-01 入善町議会 平成30年第6回(12月)定例会(第3号)  一般質問・請願等 この事業の内容は、連携している市町村の祖父母と住所要件の問わない孫やひ孫が一緒に博物館や美術館などに来館した場合、施設の入館料が全額減免になるものであります。住民としても、気軽にこのような施設に立ち寄ることで、地域の文化や歴史、科学や自然への関心を幅広い年齢層に広めることができるものと思われます。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第2日目) 本文 さらに、こども医療費助成事業では、住所地のある市町村以外の医療機関等を受診された方への助成件数の割合が、9月末現在で、舟橋村で91.9%──これはつまり、舟橋村の住民で、舟橋村以外の医療機関を受診して、こども医療費の助成を受けた人の割合が91.9%ということでございます。同じく立山町で50%、上市町で37%などとなっております。   もっと読む
2018-12-01 入善町議会 平成30年第6回(12月)定例会(第1号)  提案理由説明 内容につきましては、入善町に住所を有する子どもの保護者に対し、医療費の一部を助成するものでありますが、これまで、対象の子どもの年齢要件を「満15歳に達する日以後の最初の3月31日まで」としていたものを、来年4月から、原則「満18歳に達する日以後の最初の3月31日まで」に引き上げ、サービスの拡充を図るものであります。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第4日目) 本文 ◯ 19番(大島  満君)  新聞報道によると、3年前、実在する本市の男性に成り済まして住民基本台帳カードの交付申請をした際、顔写真のない本人確認書類を示され、一旦記載住所に本人照会書を送付し、それを持って容疑者が再度訪れた際、さらに本籍地や家族構成を確かめた上で交付しました。容疑者はこれらの関門を全て通過していたと見られます。   もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第4日目) 本文 この県外出身の入学者のうち、実際の住所地である市町村に転入届を提出している学生の詳しい調査データはありませんが、大学入学前の従前の住所地からの異動手続をしていない学生は相当数に上るものと考えられます。  もとより住民基本台帳法では、異なる市町村間で住所を異動させる場合には、転出及び転入の手続を行うことが義務づけられております。   もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第2日目) 本文 また、本年4月からは富山市の親元で里帰り出産している母子と、富山広域連携中枢都市圏連携事業によって、滑川市、舟橋村、上市町、立山町に住所を有する母子も利用できるよう対象者を拡充しております。この拡充による本年7月末までの利用実績としては、里帰り出産での利用は4人であり、デイケアが6回、宿泊が2泊となっております。   もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第3日目) 本文 これもまた、私のほうにお話があった事例なのですけれども、御自宅の斜め前の御家庭から、小さな子どもがものすごく泣いていると、頻繁に聞こえるので「189」に連絡したものの、夕方で時間帯が悪かったのか、対応された方がただ「はい、はい」と話は聞くけれども、電話をかけている自分の名前、住所も聞かず、またその泣き声がする家の住所も聞かれなかったと、この方はすごく不安に思って、今度泣き声が聞こえたときには自分が乗 もっと読む
2018-06-15 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第2号 6月15日) 連携市町村の在住者であれば、孫・ひ孫の住所地や年齢の制限はなく、入館時に申請書に記入するだけで利用でき、証明書などの提示は不要となっております。無料になった入館料は、施設あるいは施設が設置されている市町村が負担しており、市町村によって扱いが異なっております。  本市が参加する場合、市内外の利用者が三世代で楽しめる施設を選定し、費用負担の方法を決める必要があります。 もっと読む
2018-06-01 富山市議会 平成30年6月定例会 (第4日目) 本文 お隣の金沢市は平成28年度から学校選択制を廃止し、住所地の通学区域を基本としながら、事由のある場合に限り学校が変更できる指定校変更制度に変わっております。  本市で学校選択制導入以前から現在まで継続実施している就学指定校変更許可基準はどのような内容か、答弁を求めます。  さらに、学校選択制を見直して、今ほど申し上げました就学指定校変更許可基準制度に一本化することはできないか、答弁を求めます。   もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第4日目) 本文 この項1点目の質問は、本市において、一人で避難が難しい人の利用する施設を対象に、消防の立入検査で重大な消防法令違反がある建物を2週間以内に改善されない場合は、本年4月から市のホームページで建物の名前と住所、違反内容を公表するとしていますが、現状の取り組みはどこまで進んでいるのでしょうか、お示しください。  また、2点目の質問として、木造住宅密集地域火災対応力向上モデル事業の進捗状況をお伺いします。 もっと読む
2018-03-01 富山市議会 平成30年3月定例会 (第8日目) 本文 現行の対応策には、土地収用法における不明裁決制度の対応があり、所有者の氏名・住所を調べても分からなければ調査内容を記載した書類を添付するだけで収用裁決を申請できるのだが、探索など手続きに多大な時間と労力が必要となる案件もある。   もっと読む
2018-03-01 入善町議会 平成30年第3回(3月)定例会(第2号)  代表・一般質問 さらに、空き家活用意向調査で把握した所有者などの住所や活用の意向に関するデータをカルテと連動させ、それらをデータベース化して保有しております。このデータベースにつきましては、年間100件を超える空き家相談の対応に利用しているほか、先般の大雪による空き家への影響を注意喚起する案内文書の宛名作成に利用するなど、非常に有意義に活用しているところであります。   もっと読む
2018-03-01 富山市議会 平成30年3月定例会 (第3日目) 本文 一方、介護保険や国民健康保険、後期高齢者医療制度においては、被保険者が入所により施設等の所在する市町村に住所を変更した場合でも、変更前の市町村が引き続き保険者となり給付を行う住所地特例の制度が設けられております。   もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第5日目) 本文 住宅宿泊事業者は、宿泊者の氏名、住所、職業等の事項を記載した宿泊者名簿を備えるとともに、名簿の正確な記載を確保するための措置を講じなければならないこととなっております。  また、感染症等衛生上のリスクを考慮し、床面積に応じた宿泊者数の制限、定期的な清掃などの宿泊者の衛生の確保についても義務づけられております。   もっと読む
2018-03-01 富山市議会 平成30年3月定例会 (第4日目) 本文 質問にあったのですが、私は自分で調べてありますのでお話ししますと、お隣の金沢市は、平成28年度から学校選択制中学校を廃止し──中学校しかやってこなかったわけですが──住所地の通学区域を基本としながら、理由のある場合に限り学校が変更できる指定校変更制度に変わりました。  ここで、私の地元、月岡の現状をお話しします。   もっと読む
2017-12-12 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第2号12月12日) この補助制度は平成28年度に施行され、別に定める黒部市奨学資金規則に基づく平成28年度の貸付者から対象としており、卒業後1年以内に市内に住所を置き、一定の要件を満たした場合に返済額の4分の1を補助するものであります。 もっと読む
2017-12-01 富山市議会 平成29年12月定例会 (第3日目) 本文 また、県内の市町村においても作成している自治体がなく、富山県議会議員選挙においては、県選挙管理委員会が候補者名や住所、年齢、所属党派のみを点訳した名鑑版を作成していると伺っております。   もっと読む
2017-09-08 氷見市議会 平成29年 9月定例会−09月08日-03号 今年度の事業の進捗状況でありますが、IJターン者35人の目標値に対しまして、8月末で2組5名が本市に住所を移され、年度内にはさらに3組8名が移住される予定となっております。  このほか、移住に向けて現在22組40名の方から相談を受けておりまして、そのうち住まいの条件等が整えば移住される方が2組おられます。   もっと読む
2017-09-01 富山市議会 平成29年9月定例会 (第3日目) 本文 現在、耕作放棄地については、もっと大きな数字ではあるのですけれども、予備軍としてこういったものが常に潜在しているということになってきますので、その登録できない理由というのはあろうかと思いますが、先日も財務部のほうに、「固定資産税の請求をする場合に、どこへ送っていいか住所がわからないところはないのですか」というふうにお聞きしておりましたら、129件だったかの住所不定のところがあると。 もっと読む