運営者 Bitlet 姉妹サービス
43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-12-19 滑川市議会 平成29年12月定例会(第3号12月19日) 実は最近、ある市民の方から情報提供がありまして、株式会社タカムラ鶏園代表取締役と代理人弁護士を通知人、用地の地権者を被通知人とした内容証明郵便として、契約解約通知書が本年6月30日付で送られているということを知りました。  ここにその通知書のコピーがあります(資料を示す)。   もっと読む
2017-12-11 富山市議会 平成29年12月定例会 (第4日目) 本文 2017.12.11 経済産業省とともに同銘柄の選定に携わる東京証券取引所の代表取締役社長の宮原幸一郎氏は、同銘柄に関する説明会を開催すると「早々に定員に達し、追加の説明会を開催してもすぐに満席になる」盛況ぶりであり、健康経営銘柄への注目度はここに来て、政府が力を入れる「働き方改革とも相まって、より一層高まっている」と述べています。  特に3つの視点から、各方面の高い関心を集めています。 もっと読む
2017-09-01 魚津市議会 平成29年9月定例会(第2号) 本文 代表取締役社長玉城氏によりますと、当時、伊江島では宿泊施設がなく、規模の大きい宿泊は諦めていた。島の基幹産業は農業で安定した所得がなかった。伊江島の観光は日帰りの観光が主で、サイクリングやなぎさ体験などを行っていた。このようなことから、これといった目玉がないという意識が地域に蔓延していた。 もっと読む
2017-06-09 富山市議会 平成29年6月定例会 (第3日目) 本文 2017.06.09 ◯ 商工労働部長(上谷  修君)  お尋ねのありました補助金は、生涯現役社会実現のため、高齢者の創業を支援し、あわせて新産業の創出や地域経済の活性化を図るものであり、対象は市内在住の新規創業者で65歳以上である個人事業主または代表取締役が65歳以上の法人を考えております。   もっと読む
2017-06-01 魚津市議会 平成29年6月定例会(第3号) 本文 また、ゲーム産業の人材育成に関するノウハウを学んで、業界志望者の技術研さんのための受け入れを行う場として、魚津市出身者が代表取締役社長を務めております東京都のゲーム制作会社、こちらのほうにもご協力をお願いしたところ、ご協力いただけるという状況になってきております。   もっと読む
2016-09-13 滑川市議会 平成28年 9月定例会(第3号 9月13日) タニタの社員食堂で有名な株式会社タニタ前代表取締役社長の谷田大輔氏は、企業を成功に導くフレーズはこんなシンプルなものだと言います。オンリーワン、ナンバーワンです。体脂肪計をはじめ、誰もつくったことのない商品を世に出したからこそ、この言葉の意味を重く感じます。効果ははかり知れません。  そこで、滑川市では他にどんなものがあるのか。(3)滑川市のナンバーワンまたはオンリーワンは何が幾つあるか。 もっと読む
2016-09-13 滑川市議会 平成28年 9月定例会(第3号 9月13日) タニタの社員食堂で有名な株式会社タニタ前代表取締役社長の谷田大輔氏は、企業を成功に導くフレーズはこんなシンプルなものだと言います。オンリーワン、ナンバーワンです。体脂肪計をはじめ、誰もつくったことのない商品を世に出したからこそ、この言葉の意味を重く感じます。効果ははかり知れません。  そこで、滑川市では他にどんなものがあるのか。(3)滑川市のナンバーワンまたはオンリーワンは何が幾つあるか。 もっと読む
2016-03-07 氷見市議会 平成28年 3月定例会-03月07日-02号 また、4月12日には、公民連携、公と民間等が連携をする、そういったことでつとに有名な岩手県紫波町のオガールプラザ株式会社代表取締役であります岡崎正信氏をお招きし、持続可能な公共施設のあり方についての御講演をいただくこととしております。  こちらも市民の皆様にはぜひ御参加をいただき、全国のモデルとなっている先進事例について一緒に学んでいただきたいと考えております。   もっと読む
2015-12-01 魚津市議会 平成27年12月定例会(第3号) 本文 あいの風側からは代表取締役社長市井氏、代表取締役副社長日吉氏、常務取締役椎木氏の意見交換において、主な目的であった魚津駅舎の活用スペースについての説明を受けたが、あいの風では事務室の一部を魚津市側と調整しながら進めたその中で、当初の100m2の使用が70m2と縮小し、それも壁面をつくり、コンコースと遮断して利用するという話は、魚津市が入り口を外側につくる方向で検討したいと、魚津市側からの提案という虚偽 もっと読む
2015-09-09 富山市議会 平成27年9月定例会 (第3日目) 本文 2015.09.09 なお、このコマーシャル映像は本市出身の株式会社博報堂クリエイティブ・ヴォックスの代表取締役社長の太田 麻衣子さんにプロデュースをお願いし、現在、奥田 瑛二さんの監督・主演で制作しているところであります。  今後とも、シティプロモーションの推進やシビックプライドの醸成に向けて取り組んでまいりたいと考えております。   もっと読む
2015-03-09 富山市議会 平成27年3月定例会 (第3日目) 本文 2015.03.09 その見開きの反対側、34面には、あいの風とやま鉄道株式会社の代表取締役社長の話が出ておりまして、「地域に愛される路線に」と書いてございます。これは偶然なのか何かわかりませんが、私は「会社がもうちょっと積極的にやってくれたらよかったのに」という思いがありますが、皆さんはそういう思いを持っておられませんか。 ◯ 副議長(浅名 長在ェ門君)  森市長。 もっと読む
2014-09-09 氷見市議会 平成26年 9月定例会-09月09日-03号 一般論で総務部長にお聞きいたしますが、例えば株式会社をつくって、奥さんを代表取締役にして議員は役職についていないと。一般論ですよ。だけど、実質家へ帰ったら、奥さんといろいろお話をしたり指示を出したり、工事のことを指示を出していると。こういった場合、私は一般論で聞いているんですよ、一般論で答えていただければいいんです。 もっと読む
2013-12-10 氷見市議会 平成25年12月定例会-12月10日-03号 会社設立から3カ月後、氷見市と関係のある企業・団体に対し出資依頼文書が発送され、その依頼者として氷見市長の肩書きと氏名が記載され、続いて氷見まちづくり株式会社代表取締役社長と氏名が記載されておりました。  依頼された企業及び団体は、市政の中で氷見市と多様な関係が築かれております。 もっと読む
2013-12-10 氷見市議会 平成25年12月定例会-12月10日-03号 会社設立から3カ月後、氷見市と関係のある企業・団体に対し出資依頼文書が発送され、その依頼者として氷見市長の肩書きと氏名が記載され、続いて氷見まちづくり株式会社代表取締役社長と氏名が記載されておりました。  依頼された企業及び団体は、市政の中で氷見市と多様な関係が築かれております。 もっと読む
2013-06-14 氷見市議会 平成25年 6月定例会−06月14日-03号 そしてまた、市の「法人登記の必要書類の書類名、印鑑証明の内容に代表取締役・取締役に就任する人の印鑑証明を提出します。取締役会を設置する会社の場合は、代表取締役の印鑑証明書1通だけで構いません」と表記されています。  しかし、御承知のとおり、株式会社には代表取締役が必ずしも1名とは限らないのですね。 もっと読む
2013-06-14 氷見市議会 平成25年 6月定例会−06月14日-03号 そしてまた、市の「法人登記の必要書類の書類名、印鑑証明の内容に代表取締役・取締役に就任する人の印鑑証明を提出します。取締役会を設置する会社の場合は、代表取締役の印鑑証明書1通だけで構いません」と表記されています。  しかし、御承知のとおり、株式会社には代表取締役が必ずしも1名とは限らないのですね。 もっと読む
2013-03-11 氷見市議会 平成25年 3月定例会−03月11日-02号 しかし、氷見市では、現職議員が長年にわたり建設会社の代表取締役を務めながら、市が発注する土木工事の受注額では平成23、24年度実績でトップの座を占めております。現職議員が代表取締役を務めた会社が地方自治法第92条の2の法令を無視して、その所属する地方自治体の事業を長年にわたり請け負ってきたことは驚くべきことであります。 もっと読む
2013-03-11 氷見市議会 平成25年 3月定例会−03月11日-02号 しかし、氷見市では、現職議員が長年にわたり建設会社の代表取締役を務めながら、市が発注する土木工事の受注額では平成23、24年度実績でトップの座を占めております。現職議員が代表取締役を務めた会社が地方自治法第92条の2の法令を無視して、その所属する地方自治体の事業を長年にわたり請け負ってきたことは驚くべきことであります。 もっと読む
2012-03-12 氷見市議会 平成24年 3月定例会−03月12日-02号 取締役の棚瀬といたしましては、代表取締役の業務執行に対する監督義務や、法令、定款、株主総会の決議を遵守して会社のために忠実に職務を行う義務など、会社法による取締役の義務と責任を適切に果たしてまいりたいと思っております。  よろしくお願いします。 もっと読む
2012-03-06 富山市議会 平成24年3月定例会 (第2日目) 本文 2012.03.06 それは、交通新聞社から発刊された、タイトルは「富山から拡がる交通革命」というものであり、著者は森口 将之氏、東京都出身、株式会社モビリシティの代表取締役であり、内容は富山ライトレールを「奇跡のライトレール」としてとらえ、北陸新幹線開業までを見据えて、まさに公共交通を軸にした本市のまちづくりについて、きめ細かに分析され、本市及び森市長が試みられたことに対し、高く評価されているものでありました。   もっと読む