運営者 Bitlet 姉妹サービス
776件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-11 射水市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−03号 なお、団塊の世代が全て75歳以上となる2025年以降も介護保険制度を持続可能とするため、在宅医療・介護の連携強化や地域密着型施設の整備など、住みなれた地域で暮らし続けることができるよう、在宅と施設の介護サービスの提供に努めてまいります。  2点目の処遇改善などの人手不足の対策が必要ではないかという点についてお答えいたします。   もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第5日目) 本文 なお、本市では、福祉保健事業の実施に際しては、それぞれの分野の第一人者である専門家・研究者にかかわってきていただいており、例えば介護予防の重要性を強く提唱されている国際医療福祉大学大学院の竹内 孝仁教授には、介護保険制度導入当初からパワーリハビリテーション事業や高齢者の水飲み運動等の介護予防関連事業に、また超高齢社会のニーズに対応するまちづくりを推進されている東京大学高齢社会総合研究機構の秋山 弘子特任教授 もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第6日目) 本文 2 子ども・子育て支援新制度、地域医療の確保、地域包括ケアシステムの構築、生   活困窮者自立支援、介護保険制度や国民健康保険制度の見直しなど、急増する社   会保障ニーズへの対応と人材を確保するための社会保障予算の確保及び地方財政   措置を的確に行うこと。   もっと読む
2018-06-18 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第3号 6月18日) それがやっぱり社会で支える介護保険制度の原点だというふうに思いますので、そのようにお願いいたします。  それと、3番目の質問に入ります。  介護士不足から、黒部市内で介護施設の一部の運営が困難になり、入所制限をしている施設があると聞いています。 もっと読む
2018-06-01 富山市議会 平成30年6月定例会 (第4日目) 本文 ◯ 18番(小西 直樹君)  私から改めてぜひ減免を検討されることをお願いいたしまして、次に、介護保険制度改定と富山市高齢者総合福祉プランについて質問いたします。  介護保険制度が創設されて18年になります。果たして介護の社会化は実現されたのでしょうか。   もっと読む
2018-06-01 富山市議会 平成30年6月定例会 (第5日目) 本文 ◯ 福祉保健部長(酒井 敏行君)  その前に、こうなった経緯を簡単に御説明いたしますと、平成12年度の介護保険制度の導入に伴いまして、制度上、障害福祉サービスを受けていた方が65歳に到達すると介護保険サービスに移行することとなりました。   もっと読む
2018-03-20 氷見市議会 平成30年 3月定例会−03月20日-04号 よって、国会並びに政府におかれては、介護従事者の勤務環境改善及び処遇改善を図るなど、介護保険制度の充実を強く要望する。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  議員各位には、この趣旨を御理解いただき、全会一致の御賛同を賜りますようお願いいたしまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。 ○議長(嶋田茂君) お諮りいたします。 もっと読む
2018-03-13 氷見市議会 平成30年 3月定例会−03月13日-03号 ◎市民部長(草山利彦君) 料金設定の考えでございますけども、介護保険制度では、計画期間中に必要となる介護保険給付費の見込み額から利用者の自己負担分を除いた2分の1ずつを、国、県、市などの公費と被保険者が負担する保険料で賄うという制度になっております。   もっと読む
2018-03-07 射水市議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−03号 このうち、拠点型ふれあいサロンにつきましては、介護保険制度の理解促進や介護予防の普及啓発など、当初の設置目的がおおむね達成されたと判断いたしております。   もっと読む
2018-03-01 富山市議会 平成30年3月定例会 (第2日目) 本文 介護保険制度につきましては、現行の高齢世代、現役世代、国、県及び市からなる財源フレームで制度を継続する場合、介護費用の増加に伴って保険料が上昇することになりますので、年金生活者の収支バランスが崩れ、生活水準の低下につながることや、将来的に低所得の利用者の自己負担割合までも引き上げざるを得ない状況になることが想定されます。   もっと読む
2018-03-01 富山市議会 平成30年3月定例会 (第3日目) 本文 こうしたことから、平成18年度の法改正で、地域包括支援センターを設置した際には、制度改正による高齢者の混乱を防ぎ、身近な相談機能を引き続き確保するため、従来の地域型在宅介護支援センターの担当区域を尊重すること、また、介護保険制度がスタートしてからの民間事業者の活動を評価し、地域ケア体制のサービス低下を来さないよう配慮するとともに、民間事業者のノウハウを活用することを基本方針として、それまでの担当区域 もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第3日目) 本文 さて、我が国の介護保険制度は創設から17年が経過し、サービス利用者は制度創設時の3倍を超え、500万人に達しております。2025年にはいわゆる団塊の世代全てが75歳以上になるなど、高齢化は今後さらに進展することが見込まれております。本市においては、高齢化は全国を上回るペースで進んでおり、今後はそれに伴う要介護認定者の増加、認知症や複合化した困難事例への対応が課題となると考えられます。   もっと読む
2018-03-01 富山市議会 平成30年3月定例会 (第5日目) 本文 また、介護保険制度を使ってホームヘルパーにごみ出しをしてもらう人がいますが、早朝にヘルパーに来てもらうのが難しいという現実もあります。  現在、各町内で20軒を目安にごみ集積所が設置されていますが、実際には近くに設置されていない箇所もあり、高齢単身、高齢のみ世帯かつ要介護認定者にとっては、ごみ出し作業自体が困難になると考えられます。   もっと読む
2017-12-14 射水市議会 平成29年 12月 定例会-12月14日−03号 拠点型ふれあいサロンにつきましては、介護保険法の施行に伴い、介護保険制度への理解促進や介護予防の普及啓発などを目的に設置運営してまいりました。制度が創設されて17年余りが経過し、拠点型ふれあいサロンの設置に係る当初の目的については十分達成されたものと捉えております。   もっと読む
2017-12-12 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第2号12月12日) 次は、介護保険制度についてです。  厚労省は、来年4月の介護報酬改定で、高齢者の自立支援、重度化防止等の取り組みを重視しています。要介護度の改善に取り組む自治体、事業者の報酬をふやす方向で検討していることが報じられています。 もっと読む
2017-12-12 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第2号12月12日) 次は、介護保険制度についてです。  厚労省は、来年4月の介護報酬改定で、高齢者の自立支援、重度化防止等の取り組みを重視しています。要介護度の改善に取り組む自治体、事業者の報酬をふやす方向で検討していることが報じられています。 もっと読む
2017-12-11 氷見市議会 平成29年12月定例会-12月11日-02号 〔市民部長 草山利彦君 登壇〕 ◎市民部長(草山利彦君) 在宅医療と介護の連携につきましては、高齢者が住みなれた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、平成27年度に介護保険制度の中で市が主体となって取り組むよう位置づけられました。   もっと読む
2017-12-08 南砺市議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月08日−03号 そして、従来の介護保険制度では基準や単価が全国一律でしたが、新しい総合事業では、各市町村が基準や単価を設定し、地域の実情に合ったサービスを創意工夫によって提供できるものと伺っております。  この事業に対する見解をお伺いいたします。 ○議長(才川昌一議員) 田中市長。     もっと読む
2017-12-01 魚津市議会 平成29年12月定例会(第2号) 本文 介護保険制度では、サービス事業者はケアマネジャーに対し、一定期間ごとにケアプランに位置づけられた目標の達成度を確認するモニタリング結果を報告する仕組みとなっております。その仕組みの中で、ケアマネジャーが自立支援や重度化防止が図られているかを評価しております。   もっと読む
2017-12-01 富山市議会 平成29年12月定例会 (第2日目) 本文 特にこの国土交通省の「高齢者の移動手段の確保に関する検討会」は、高齢者が安心して移動できる環境の整備について、その方策を幅広く検討するために設置されたものであり、本年6月に公表された中間とりまとめでは、介護保険制度に関する移動支援サービスの活用やタクシーの相乗り促進など、公共交通機関の活用をはじめ、貨客混載等の推進やボランティア輸送の明確化等に関する具体的な方策が示され、今年度中に実施または結論を示 もっと読む