運営者 Bitlet 姉妹サービス
1235件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第3日目) 本文 その中で、一人一人がかけがえのない存在であることを自覚できるようにするとともに、互いに人間として尊重し合う心と態度が育つよう、粘り強く指導しております。 ◯ 議長(村上 和久君)  8番 上野  蛍君。 ◯ 8番(上野  蛍君)  今ほど御答弁ございましたように、子どもたちについても、そして教職員の方についても啓発、そして教育などが行われているということで、私自身、安心しております。   もっと読む
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第2号) 本文 また、将来的にグローバルな人間に育ってほしいと願う意味でも英語教育が重要であり、2年後の英語教科化を踏まえた上での英語教育推進事業についてどのような内容か教育長に伺います。  さらに小学校統廃合に伴い、通学事情が大きく変化しております。将来を担う子どもたちの安全確保が重要であり、その安全対策をどのように考えているのか教育長に伺います。   もっと読む
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第3号) 本文 つまり、水路の幅が人間の体の大きさに匹敵するような幅になっているから、幅の狭い用水路に転落して身動きがとれなくなった場合、自分の体が水の流れをせきとめる形になります。仮に意識があっても、あっという間に水位が上昇して、起き上がることすらできなくなるそうです。狭い用水路ならではのリスクです。たとえ水が3cmぐらいでも乗ってしまうと、それだけで3kg以上の重さになります。 もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第2日目) 本文 富山ガラスなどの地域ブランドは、地域外の資金や人材の確保だけではなく、持続的な地域経済の活性化を促進するものであり、本市の品格をさらに高め、豊かな人間都市の形成にも寄与する富山ガラスは、まちづくりの一環として欠かすことはできないものと考えています。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第4日目) 本文 富山市いじめ防止基本方針においては、いじめの解決に向けた対応として、教職員が被害児童・生徒の安全確保、事実関係の確認、加害・被害双方の児童・生徒間の人間関係の修復、解消と判断するまでの見守りと保護者への協力依頼などの対応を組織的に行うこととしております。   もっと読む
2018-09-11 射水市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−03号 人間関係のもつれというより、誰でもよいという命への軽視が要因にあるのではないかとも感じております。本市において、そのような事件が永遠に起こらないことを祈るばかりであります。  そこでではありますが、現在、本市における、いわゆる命の教育というものは一体どのようになっているのでしょうか。命の教育を行うに当たり、動物や生き物とのかかわりが重要であると考えます。 もっと読む
2018-09-04 射水市議会 平成30年  9月 定例会-09月04日−01号 芸術・文化の継承と創造につきましては、来月10日をもって新湊博物館が開館20周年を迎えるとともに、ことしは、本市出身の人間国宝石黒宗麿の没後50年の節目に当たることから、今月14日から11月25日まで「開館20周年 文人陶芸家 石黒宗麿展」を開催します。陶芸のみならず書画にも取り組み、詩書画陶が一体となった宗麿独自の世界を広く紹介し、市民の皆様に芸術に親しむ機会を提供してまいります。   もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第4日目) 本文 私は、いじめは人間が集団で生活していく上での副産物であり、大人、子どもにかかわらず、性別や地域に関係なく、人間に感情がある限り、なくならないものだと思っています。  地域性や県民性がいじめの認知件数と相関性があるという科学的根拠はもちろん、全国の調査結果からも私は読み取ることができませんでした。   もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第2日目) 本文 このひだまりサロンは、参加する仲間やメンタルヘルスサポーターとの交流を通して、生きることの促進要因となります自己肯定感や信頼できる人間関係を養うことのできる身近な地域社会の居場所の一つとなっているものと考えております。 ◯ 副議長(鋪田 博紀君)  21番 松尾  茂君。 もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第3日目) 本文 富山市学校教育指導方針の中では、小学校6年間、中学校3年間を見通した系統的な指導計画を作成すること、望ましい人間関係を築くことができる場面を設定すること、将来の夢や希望を語り合ったり、働く人の姿や考え方に触れたりする機会を充実することの3点を重点として、明確に位置づけております。   もっと読む
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第3号) 本文 例えば省庁の富山出身の人間と仮にこうやって飲もうかなというふうに思っても、何かなかなかそういう気になれんとかというのは外で聞くんですね。  実態、上がっているんですよね。ホテル、泊まるとかというところ。 もっと読む
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第2号) 本文 1点目には、友達が増えたなど、人間関係の広がりから学校全体に活気が生まれたということ。  2点目としまして、授業の中での多様な意見が得られ、多人数での発表などによる達成感が得られるなど、集団としての学びの充実、この2点でございます。   もっと読む
2018-06-18 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第3号 6月18日) 急激に変化する社会の中で、未来に夢と希望が持て、その実現に向けてみずからの人生を切り開いていくことができる、自立した人間を育てることが大切であるというふうに考えております。  そのため本年4月には、平成30年度から向こう5年間の黒部市の教育の方向を示した黒部市教育大綱を策定いたしました。その理念は、豊かな心と生きがいを育み、人が輝くまちづくりであります。 もっと読む
2018-06-12 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第3号 6月12日) また、スタッフの人間関係もなかなか一筋縄ではいかないご苦労もお聞きしましたし、そういった部分もあるんですけれども、何よりも社長さんがやりがいを持って、今後も事業が伸び、また障害をお持ちの方の雇用がますます増えればいいというふうにおっしゃっていました。  運のいいことに、視察させていただいている間に他市の社会福祉協議会の指導員さんが見えられ、お聞きすると月に一、二回見守りでいらっしゃるそうです。   もっと読む
2018-06-11 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第2号 6月11日) そしてまた、子どもたちにとっても、滑川のこの広大な地、このふるさとの自然や伝統、文化に触れ、遊び学び知ることで、ふるさと滑川を愛する人間形成の醸成につながる活動であろうというふうに私は認識をしているところであります。  そこで1つ目は、ことし3月に「なめりかわのジオパーク ~大地・川・海、歴史がおりなす自然と文化~」と題するジオパークの滑川版副読本が発行されたところであります。 もっと読む
2018-06-07 射水市議会 平成30年  6月 定例会-06月07日−02号 現在、情報化やグローバル化といった社会的変化は、人間の予測をはるかに超えて進展しています。進化したAI、人工知能がさまざまな判断を行ったり、身近なものの働きがインターネット経由で最適化されたりする時代、第4次産業革命の到来が社会や生活を大きく変えると予測されています。   もっと読む
2018-06-01 魚津市議会 平成30年6月定例会(第2号) 本文 そうしたときに、ただつくったわ、人間も来なくて機能しないと、そういう現実をつくってほしくはないがですね。そうしたときに、施設もいいけれど、人材確保をきちっとした上でのビジョンは立っているかということが一番心配なので、その点についてはどうかなと。 もっと読む
2018-06-01 富山市議会 平成30年6月定例会 (第2日目) 本文 そしてそれを誘導してくる人間も、馬車となれば1人では無理ですから複数人要ると。  だから、やはり毎日毎日やるには負担が重過ぎて、経費がかかり過ぎて、ですから、言葉は悪いのですが、利用者や売上げをにらみながらサービスの拡大が可能かどうかを判断していくというポイントなのだろうというふうに思います。   もっと読む
2018-06-01 富山市議会 平成30年6月定例会 (第4日目) 本文 ひきこもりになったきっかけについては、精神疾患に起因するものが最も多く、次いで人間関係、不登校の順となっております。   もっと読む
2018-06-01 高岡市議会 平成30年6月定例会(第3日目) 本文 このようにごく短期間で所属がころころと変わるのであれば、長期的なチャレンジや新しい仕事を避けるようになってしまうのが普通の人間心理であると思います。  そこで1つ目の質問です。高岡市は現在、人事評価制度を導入していますが、これまでの成果、それと今後に向けて改善を要する点があればお聞かせいただきたいと思います。   もっと読む