431件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

黒部市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 9日)

まずは人命は第一で、経済二の次でありますが、新型コロナウイルスによる感染拡大がこのまま続いた場合の日本経済本市財政運営に与える影響と、このようなリスクにどう対処していくのか伺います。  2項目めは、重点事業枠北陸新幹線開業5周年記念事業についてであります。  新幹線開業は、市民の長年の願いでありました。昭和48年、北陸新幹線整備計画が決定しました。それから半世紀近く、待ちに待った開業でした。

氷見市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会−03月09日-02号

国では、東日本大震災教訓といたしまして、平成25年12月に強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災減災等に資する国土強靱化基本法を策定いたしまして、翌平成26年6月には国土強靱化基本計画を策定し、大規模自然災害が発生したとしても、人命を守り、経済社会への被害が致命的なものにならず迅速に回復する強さとしなやかさを備えた国土づくりを推進しているところであります。  

射水市議会 2020-03-05 03月05日-02号

総務省消防庁は、1,741の全市区町村に設けた災害拠点となる庁舎の非常用電源が、災害時の人命救助で重要とされる72時間以上稼働できる自治体が約4割であることが分かったとしています。昨年の北海道地震や相次ぐ台風被害で長時間の停電が発生し、復旧対応住民支援で大きな支障が生じたことの反省から、政府は自治体対策強化を促しています。 非常用電源は72時間以上稼働できることが重要であるとされています。

富山市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会 (第5日目) 本文

250 ◯ 5番(岡部  享君)  実は私、無電柱化、いいのかなみたいなことを思ったのですが、これをやっていて、確かに人命救助がスムーズになったり、二次災害の危険もなくなるというメリットがある一方、大変な費用がかかるという問題だとか、工事期間も長くかかる、それと冠水のときに工事ができないとか、こういういわゆるデメリットも多々あるわけでありまして、タイトル

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第2号) 本文

いかなる災害等が発生しようとも、人命保護最大限努めること、町及び社会の重要な機能が致命的な障害を受けずに維持されること、町民の財産及び公共施設に係る被害最小化、迅速な復旧復興基本目標とし、強さとしなやかさを持った安全・安心な地域・経済社会の構築に向けた国土強靱化を推進するため、国の基本計画が策定されています。  

小矢部市議会 2019-12-13 12月13日-03号

交通安全市民大会では、市民一人一人が人命尊重の精神に基づき、市民の力を結集し、交通事故の撲滅に努めることを目的としており、大会のプログラムの中で、市民による大会宣言があり、開催された時代の交通情勢を鑑みた交通事故防止対策や、交通事故防止に対する決意表明について、力強く宣言をしていただいているところであります。 

小矢部市議会 2019-12-12 12月12日-02号

さらに、人命または財産保護のため必要な応急対策、または、災害復旧を実施するため急を要し、かつ、市において実施不可能、あるいは困難であると認めた場合は、知事に対し、自衛隊への派遣要請、これを依頼することとなっております。 ○議長福島正力君)  3番 出合和仁君。 〔3番 出合和仁君登壇〕 ◆3番(出合和仁君)  ありがとうございます。 

南砺市議会 2019-12-10 12月10日-03号

現在、市内福祉施設や要介護施設での防災計画避難行動マニュアル整備状況はどうなのか、また、避難行動マニュアルがそうした避難行動の現状に即しているのか、改めて、今回のこうした浸水被害を受けて、確認の再点検を行い、真に人命を守れる計画になっているのか、確認をする必要があると考えられますが、当局のご見解をお尋ねいたします。 ○議長向川静孝議員) 上口市長政策部長

滑川市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会(第2号12月 9日)

そして、今回、その12億円から16億円と総事業費が上がってきている中で、6月定例会では、その費用効果にあらわせない人命は最優先されるものだ。  もちろん、そのとおりでありますけども、この4億円上がったことによって、その安心・安全は強固になるかもしれません。  ですが、それ以外に考え得る費用効果についてでも質問させていただきます。 ○議長(原 明君)  石井まちづくり課長

高岡市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第3日目) 本文

人が危険に遭遇した以上、農業水産課中心とした対応体制が続けられることに不都合はないか、また、今後イノシシだけでなく県内で多発する熊の出没が本市でも懸念される中、人命の安全を守る専門的な部署が必要ではないかと感じられるところでございます。  そこで2点目として、鳥獣被害防止対策課の新設を検討してはとお問いかけします。  次の項に入ります。

富山市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 (第1日目) 本文

10月の台風19号に伴う東日本中心とした記録的な豪雨では、浸水土砂災害などにより90人以上の尊い人命が失われ、今なお行方不明の方がいらっしゃいます。また、広い範囲で多くの住宅被害が発生し、依然として大勢の方が避難所生活を余儀なくされております。  この台風による被害で亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。

南砺市議会 2019-11-05 12月02日-01号

11カ所の避難所を開設しましたが、幸い人命に関わるような大きな被害はなく、ほっと胸をなで下ろしたことを思い出します。今回の台風教訓として、今後も人命第一に避難情報等の周知に努めるなど、災害時には早めの対応を心がけていきたいと思っております。 11月に入り、3日には第16回南砺菊まつり南砺市園芸植物園で開幕し、天候にも恵まれ、大勢愛好家家族連れで賑わいました。