運営者 Bitlet 姉妹サービス
541件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第1号) 名簿 市道路線の認定について  議案第66号 平成29年度魚津市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について  報告第 5号 平成29年度決算に係る健全化判断比率報告書について  報告第 6号 平成29年度決算に係る資金不足比率報告書について  報告第 7号 一般財団法人魚津市施設管理公社の事業の計画及び決算に関する書類の         提出について  報告第 8号 専決処分の報告について         (交通事故 もっと読む
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第3号) 本文 本市におきましては、高齢者による交通事故の減少を図ることを目的に、平成23年4月から運転免許を自主返納された方に対する支援制度をスタートさせました。本事業は申請者の利便性等を考慮しながら、年々支援内容の改善、拡充を図ってまいりましたが、平成29年4月には申請者の年齢制限を撤廃し、また支援額を2万円に増額したところでございます。   もっと読む
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第2号) 本文 最近、高齢者の運転により重大な交通事故が目立っております。社会の高齢化が進む中、運転免許を持つ高齢者が今後ますます増えていますが、地方都市において生活する上では、車は必要不可欠であります。  昨年3月、75歳以上のドライバーを対象にした認知機能検査を強化した改正道路法が施行されました。 もっと読む
2018-08-01 上市町議会 平成30年8月臨時会(第1号) 本文 その内容といたしましては、去る6月18日に発生した交通事故により損壊した、上市消防署配備の高規格救急自動車につきまして、その更新車両等の整備費用として約3,100万円を追加したほか、個人町民税等に係る還付金として300万円を追加したものであります。   もっと読む
2018-06-18 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第3号 6月18日) 残念ながらイタリアで交通事故で亡くなられたと。私、それ公演たまたま行かせていただきまして、たしか1枚8,000円程度のコンサートチケットだったものですね。黒部で8,000円って、非常に、正直高いほうの部類だと思うんですが、会場満員だったんです。あれもおったのは、本物をしっかりと一回見ることが、やはりこういうことに触れることなんだなと。 もっと読む
2018-06-12 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第3号 6月12日) ○生活環境課長(黒川茂樹君)  今ほど議員ご指摘のとおり、安全運転サポート車の活用が高齢ドライバーの交通事故防止対策に有効であると考えております。  国では、平成29年6月に高齢運転者交通事故防止対策に関する提言が示されており、その中で安全運転サポート車の普及啓発が挙げられております。   もっと読む
2018-06-11 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第2号 6月11日) 最近は、高齢者による交通事故がありますと、本当にその人がすごい悪みたいなニュースになってしまいますので、事故を起こした人もその家族も本当に大変な目に遭ってしまいます。 もっと読む
2018-06-04 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第1号 6月 4日) 近年、高齢者の交通事故の割合が多いことから、高齢者の事故防止対策を重点に据えた運動などを、引き続き関係団体や関係機関と緊密な連携のもと積極的に推進し、悲惨な交通事故が減少するよう努めてまいります。  コミュニティバス「のる my car」の平成29年度の利用者数は、8万5,195人と前年度より3,819人の増加となり、5年ぶりに利用者増となったところであります。 もっと読む
2018-06-01 魚津市議会 平成30年6月定例会(第3号) 本文 そして、それに対しての害がすごく出てきているということで、高齢者にそのベンザを多重で服薬すると転倒リスクが2.6倍とか認知症リスクが4.8倍、骨折リスクが1.6倍、交通事故のリスクが2.2倍に増えるということが発表されておりますし、やはり多剤とかそういう重複障害に対してはしっかりと調べていただいて、残薬をなくしていく取り組みをしっかりとしていただきたいと思っております。   もっと読む
2018-03-08 黒部市議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 8日) 〔都市建設部長 河田 勇君起立〕 ○都市建設部長(河田 勇君) 区画線補修工事費の事業成果目標についてでありますが、区画線の設置は、道路構造の補完的施設として交通事故を防止し、安全で円滑な道路交通を確保するために果たす役割は重要と考えております。  現在、本市が管理します市道延長は約423キロメートルありますが、経年劣化や除雪等により、区画線が消えている箇所も多く見受けられます。   もっと読む
2018-03-02 滑川市議会 平成30年 3月定例会(第1号 3月 2日) 本市の交通事故につきましては、昨年の人身事故件数は88件、負傷者数は104名、死亡者数は2名といずれも前年を下回りましたが、近年の傾向として高齢者が関係する事故が多いことから、自らの運転に不安を感じる高齢者が、自主的に免許を返納しやすい環境づくりを整備するため、新年度より高齢者運転免許自主返納支援事業の対象年齢を70歳以上から65歳以上に拡大し、高齢者の交通事故防止対策を推進してまいります。   もっと読む
2018-03-01 魚津市議会 平成30年3月定例会(第1号) 本文 最後に、専決処分の報告については、地方自治法第180条第1項の規定により、議決により指定されました交通事故等による損害賠償の額の決定及びその和解について4件の専決処分をいたしましたので、同条第2項の規定により議会に報告するものであります。  以上、本日提出しました議案の説明といたします。  何とぞ慎重ご審議の上、議決をいただきますようお願い申し上げます。         もっと読む
2018-03-01 魚津市議会 平成30年3月定例会(第3号) 本文 改正では、高齢者の運転による交通事故の多発を受けて、75歳以上の高齢運転者に対する検査や講習の強化が盛り込まれました。  運転免許証の更新時期、誕生日の1カ月後における満年齢が70歳以上の方は、道路交通法により高齢者講習の受講が義務づけられています。また、満年齢が75歳以上の方は、高齢者講習の受講前に認知機能検査を受けなくてはなりません。しかし、魚津市には高齢者講習の受講場所がありません。   もっと読む
2018-03-01 魚津市議会 平成30年3月定例会(第1号) 名簿 1号)  議案第40号 平成29年度魚津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)  議案第41号 専決処分の承認を求めることについて         (平成29年度魚津市一般会計補正予算(第5号)の専決報告)  議案第42号 専決処分の承認を求めることについて         (平成29年度魚津市一般会計補正予算(第6号)の専決報告)  報告第 1号 専決処分の報告について         (交通事故もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第3日目) 本文 本市では、高齢運転者が原因となる交通事故抑止の観点から、平成21年度より、運転免許を自主返納された高齢者に対する支援事業を実施しております。現在、運転免許を返納された方に対し、自家用車にかわる交通手段の確保の一助とするため、万葉線や路線バスの回数券またはタクシー利用券を免許の返納時にお渡しし、公共交通の利用促進に努めているところであります。   もっと読む
2017-12-11 富山市議会 平成29年12月定例会 (第4日目) 本文 2017.12.11 この、今、抜け道になっている場所以外にも、通学路での車同士の交通事故が起きているような箇所があるのですが、そこを通らずに改めて通学することはやはりできないのでしょうか。 ◯ 議長(村上 和久君)  酒井教育委員会事務局長。 もっと読む
2017-12-11 滑川市議会 平成29年12月定例会(第1号12月11日) 交通安全につきましては、11月末現在の交通事故件数は81件、死亡者数は1名といずれも前年同期より減少しているものの、負傷者数は98名と前年同期を上回る結果となっております。  本日から10日間にわたって展開される「年末の交通安全県民運動」を積極的に推進するとともに、引き続き、関係機関や関係団体と緊密な連携のもとに、悲惨な交通事故が減少するよう努めてまいりたいと存じます。 もっと読む
2017-12-11 氷見市議会 平成29年12月定例会-12月11日-02号 市の職員の交通事故防止対策についてでございます。  今回、この12月定例会に、市の保有する車で市の職員が新しい射水市役所から帰る際、出会い頭の事故を起こしたとの報告がありました。 もっと読む
2017-12-01 魚津市議会 平成29年12月定例会(第2号) 本文 走行している状態を記録することで、万一の事故状況の把握や交通事故処理の迅速化、設置したことでドライバーの安全運転意識の向上を図ることができるというメリットがあるほかに、最近では地域の防犯対策としても注目されているようです。  そこで伺います。  1点目に、魚津市の公用車への設置状況をお聞かせください。2点目に、平成26年度以降における公用車の交通事故件数について。 もっと読む
2017-12-01 高岡市議会 平成29年12月定例会(第4日目) 本文 高齢者ドライバーによる交通事故が社会問題となる中、本市でも高齢者ドライバーの運転免許自主返納を推進するための支援事業が実施されております。  昨年4月からは、認知症発症率が著しく増加するとされる75歳に達する前に自主返納を促すとともに、より若年でも運転が困難な方や、また、その家族に対しても自主返納を促す動機づけとなるよう、支援対象年齢を70歳以上から65歳以上に拡大したところとなっております。   もっと読む