運営者 Bitlet 姉妹サービス
186件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-18 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第3号 6月18日) この原因は、専門家等の分析では、潮位や井戸の深さ、地下水位、地下水脈などの影響があると考えられておりますが、因果関係を明らかにすることは困難な状況であります。今後も富山県立大学の協力を得ながら、水質調査を継続していきたいと思っております。                〔1番 柴沢太郎君挙手〕 ○副議長(山田丈二君) 柴沢太郎君。                 もっと読む
2018-06-11 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第2号 6月11日) 市では、平成30年1月24日に、地元の方から消雪施設の水が散水していない旨の連絡があり、議員ご指摘の井戸の管理者である県に問い合わせを行ったところ、消雪用の井戸のふぐあいにより散水不能となっていると聞き、状況を把握したものであります。 ○議長(原 明君)  角川真人君。 ○5番(角川真人君)  ということは、雪が降り出してから初めて市のほうでも把握されたということですね。   もっと読む
2018-03-22 滑川市議会 平成30年 3月定例会(第5号 3月22日) 議案第8号について、委員から、水質検査はどのようにやっているのかという質問があり、水質検査計画を立てており、井戸については月1回の項目、年4回の項目等、給水栓も毎月、年4回の検査を法令に基づき行っていると回答がありました。   もっと読む
2018-03-10 滑川市議会 平成30年 3月定例会(第3号 3月10日) 例えば25年度にはグリーンハウスの屋根の雨漏り修理、そしてまた26年度には源泉槽の水中ポンプの取りかえ、それから27年度には2台あるうちのボイラーの1台の取りかえ、屋外水道管更新、そしてまた28年度は、先ほど言いました2台目のボイラーの取りかえ、それから井戸取水ポンプの更新、そして29年度、今年度ですが、井戸給水ポンプの更新、そしてまた源泉送湯管の埋設、手直し、そしてつい最近は貯湯タンクの更新と。 もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第7日目) 本文 次に、消雪施設整備事業費は平成29年度に比べ大幅に増額されているが、具体的な内容はとの質疑に対し、市が管理する既設の消雪施設、延長およそ110キロメートルの井戸、機械設備、消雪管の保守点検、修繕を行う事業である。また、国庫補助金を活用して老朽化した設備の改修を行っており、平成30年度は国吉、守山、福岡地区における消雪管の更新を予定しているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-03-01 魚津市議会 平成30年3月定例会(第2号) 本文 消雪施設は、設置路線により井戸のポンプ性能や配管の延長などが異なります。また、機械除雪も道路幅員や家屋の連担状況により作業効率が異なり、単純には比較できませんが、延長1km当たりの年間経費を試算いたしますと、その年の降雪量により非常にばらつきはあるところでございますが、消雪施設は機械除雪の約6倍となります。  次に、消雪装置の地下水水源についてのご質問にお答えいたします。   もっと読む
2017-12-13 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第3号12月13日) また、地下水は周辺の環境や地表の影響を受けやすいために、地下水を安心して飲むためには、井戸の所有者みずから衛生管理を行うことが大切であり、市といたしましても、引き続き自主検査の実施を促したいと考えております。   もっと読む
2017-12-13 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第3号12月13日) また、地下水は周辺の環境や地表の影響を受けやすいために、地下水を安心して飲むためには、井戸の所有者みずから衛生管理を行うことが大切であり、市といたしましても、引き続き自主検査の実施を促したいと考えております。   もっと読む
2017-12-06 富山市議会 平成29年12月定例会 (第2日目) 本文 2017.12.06 こういったことについては、保存活動について、例えば富山市八尾町の井田主馬ヶ城跡だとか、あるいは婦中町の富崎城跡、あるいは長沢城跡など多くの城跡が存在し、周りに古井戸があって、こういった昔からの井戸がそのまま残っていますという形で、生涯学習上、かつての教育委員会で看板を上げたりしながら地域にこういったものを残してきた。 もっと読む
2017-09-15 富山市議会 平成29年9月定例会 (第5日目) 本文 2017.09.15 本市ではこれまでも、城南公園に耐震性の飲料水兼用貯水槽、城址公園をはじめとする10公園に、緊急時に消雪用井戸から飲料水を供給する設備、星井町公園に「かまどベンチ」を設置するなど、防災機能の強化に努めてきたところであります。  今後、新たな公園を整備する際には、災害応急対策施設の設置も検討しながら、防災機能のさらなる充実を図ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2017-09-12 黒部市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月12日) 以前も議会でも述べておりますが、やはり自噴井戸の噴出する力というのが、ちょっと衰えてきていることも、ちょっと関連しているのかなと考えます。  そしてですね、最後にコンクリートの老朽化、これについてさまざまな要因があるかと思いますが、一つ目の質問で、今回の崩落事故の原因について、市はどのように分析しているのか、お伺いさせていただきます。              もっと読む
2017-09-01 魚津市議会 平成29年9月定例会(第3号) 本文 これまで米騒動にかかわる書籍などの資料収集をはじめ、米倉の図面作成、鴨川てんこ水の共同井戸の所在聞き取り調査や測量調査、研究レポートの刊行などを行ってきました。  また、資料収集などの成果をわかりやすく伝えるため、小学校高学年から中学生を対象とした歴史副読本「魚津でおこった米騒動」を制作し、郷土学習用の教材として利用いただいております。   もっと読む
2017-03-11 滑川市議会 平成29年 3月定例会(第4号 3月11日) 本市の公害防止対策につきましては、1つとして、大気汚染監視として、県と協力し、西部小学校敷地内に大気汚染常時観測局を設置し、大気汚染物質、浮遊粉じん濃度と光化学オキシダント濃度の測定、2として、騒音監視として、環境騒音8地点、交通騒音9地点での測定、3、地下水の監視として、3カ所の観測井戸による地下水位の測定、4として、水質汚濁監視として、12河川(19地点)の水質調査、15事業所の排水の水質調査、 もっと読む
2017-03-11 滑川市議会 平成29年 3月定例会(第4号 3月11日) 本市の公害防止対策につきましては、1つとして、大気汚染監視として、県と協力し、西部小学校敷地内に大気汚染常時観測局を設置し、大気汚染物質、浮遊粉じん濃度と光化学オキシダント濃度の測定、2として、騒音監視として、環境騒音8地点、交通騒音9地点での測定、3、地下水の監視として、3カ所の観測井戸による地下水位の測定、4として、水質汚濁監視として、12河川(19地点)の水質調査、15事業所の排水の水質調査、 もっと読む
2016-12-12 黒部市議会 平成28年第6回定例会(第2号12月12日) 自噴井戸から流れる水は自然に流れている分には問題ないかと考えますが、大雨が降った際、自噴井戸の流出量の問題が危惧されます。平成20年、富山県が行った節水対策に関して、黒部市はどう分析しておられるか、お伺いさせていただきます。             〔市民生活部長 中 伸之君挙手〕 ○議長(新村文幸君) 市民生活部長、中 伸之君。              もっと読む
2016-12-12 黒部市議会 平成28年第6回定例会(第2号12月12日) 自噴井戸から流れる水は自然に流れている分には問題ないかと考えますが、大雨が降った際、自噴井戸の流出量の問題が危惧されます。平成20年、富山県が行った節水対策に関して、黒部市はどう分析しておられるか、お伺いさせていただきます。             〔市民生活部長 中 伸之君挙手〕 ○議長(新村文幸君) 市民生活部長、中 伸之君。              もっと読む
2016-12-07 富山市議会 平成28年12月定例会 (第2日目) 本文 2016.12.07 また、発災時に住民が緊急に退避する場所となる市管理の公園においては、給水のための井戸を確保することや、移動も可能な非常用トイレを配置することや、炊出しなどに利用可能なかまどベンチなど、平時でも利用できる防災拠点となる公園も必要と考えますが、現状と今後の公園整備計画を伺います。  ところで、本市には、他都市ではあまり聞かれない火防水路が現存しております。 もっと読む
2016-09-13 滑川市議会 平成28年 9月定例会(第3号 9月13日) 夏場の打ち水については、消雪施設を利用し常に散水する状況となることから、水はね等が発生し、歩行者の通行に支障となることや、夏場の地下水の利用は井戸がかれることなどが懸念されます。  また、消雪施設の通電は冬場専用の季節電力を利用しており、それ以外の期間に利用するには、通年契約への変更やそれに伴う費用負担の増の問題もあり、これらのことから実施は難しいと考えております。   もっと読む
2016-09-13 滑川市議会 平成28年 9月定例会(第3号 9月13日) 夏場の打ち水については、消雪施設を利用し常に散水する状況となることから、水はね等が発生し、歩行者の通行に支障となることや、夏場の地下水の利用は井戸がかれることなどが懸念されます。  また、消雪施設の通電は冬場専用の季節電力を利用しており、それ以外の期間に利用するには、通年契約への変更やそれに伴う費用負担の増の問題もあり、これらのことから実施は難しいと考えております。   もっと読む
2016-09-05 滑川市議会 平成28年 9月定例会(第1号 9月 5日) また、消雪施設の整備につきましては、中川原地内に設置してあります井戸の取水部が、経年劣化により目詰まりが著しいことから、洗浄を行い機能回復を図ることとしております。 (4)教育の向上について  次に、教育の向上について申し上げます。   もっと読む