5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

富山市議会 2014-03-03 平成26年3月定例会 (第3日目) 本文

具体的な活動といたしましては、ひとり暮らし高齢者やひとり親家庭などの要援護者への見守りや支援活動に加え、おむつ支給申請における申請者が在宅で常時おむつを使用していることの証明や、児童扶養手当申請時における事実を解消していることの証明など、市の福祉業務につきましても多大な御協力をいただいているところでございます。

富山市議会 2014-03-02 平成26年3月定例会 (第2日目) 本文

去る1月3日、夫婦事実関係にある男女だけではなく、同居する恋人からの暴力にも保護対象を広げる改正DV防止法が施行されました。  DVは重大な人権侵害であり、犯罪であります。正しい知識や理解が広まれば、予防が期待できます。丁寧な啓発活動が欠かせません。しかし、警察へのDV被害の相談件数は、毎年のように過去最多を更新しています。

滑川市議会 2010-03-24 平成22年 3月定例会(第5号 3月24日)

現在、いわゆる事実として別の姓を名乗っている夫婦は、すでに数多く存在しております。しかし、法的に、あるいは社会生活上不利益をこうむっているのが現実であります。  世論も、「別姓反対」は、1987年調査、87%でしたが、最近の調査では20%前後になっております。希望する人、希望する夫婦夫婦別姓を行うことは認めてもいいという社会的な合意は確実に広がっております。  

小矢部市議会 2010-03-23 平成22年  3月 定例会-03月23日−03号

もう一つには、姓を変えたくないという場合に、婚姻届を出さずに事実上の事実にするカップルもあります。しかし、この場合には相続が認められないという不利益が生まれるわけであります。ですから、希望される夫婦に別姓を認めることは、大変重要な現実的な問題なのであります。  夫婦が別の姓を名乗ると、家族のきずなが薄くなって離婚が容易になるという反対論がありますけれども、私は思わず笑ってしまいました。

  • 1