運営者 Bitlet 姉妹サービス
1103件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第3号) 本文 一方、貸方のほうでは、主に大企業なんですけども、中小企業はちょっとあまりありませんけども、建物の建設の引当金、あるいは累計額、積立金という形で計上をするわけなんですね。ところが、一応経費なものですから、経費換算で節税効果はあるんですけれども、それに対して実際にお金は使っていないわけです。 もっと読む
2018-09-01 高岡市議会 平成30年9月定例会 索引 (3) 歳入の確保へ地元中小企業の振興対策の抜本的強化について    1) 事業承継対策の強化を。    2) 創業・開業支援対策の強化を。    3) 地域経済と中小企業経営を破壊する消費税10%への増税の中止を国に要請を。   (4) 使用料、手数料の見直しについて    ・ 財政再建の名での住民負担増は許されないが、見解は。    もっと読む
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第3号) 本文 しかも、アベノミクスで地方の中小企業がどんどんどんどん淘汰されていっている。こういう中で、地方の返礼品というのは1つの販促品、ふるさと納税が販売促進費となって出ているという点を見逃してはいけないというふうに思います。   もっと読む
2018-06-15 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第2号 6月15日) 施行は大企業では2019年4月から、中小企業では2020年4月からであります。  具体的には、1、長時間労働の是正、2、勤務間インターバル、3、同一労働同一賃金、4、高プロ制度の創設であります。その意義は、働く人の心身にわたる健康を守り、多様で柔軟な働き方を可能にするものであります。   もっと読む
2018-06-12 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第3号 6月12日) 今、私ども公明党では、全国で100万人訪問・調査アンケートを「子育て」「介護」「防災・減災」「中小企業」の4つのテーマについて展開しておりますが、子育てに関するアンケートでは、経済的な負担についての設問に対する回答で、将来の進学などの費用が不安だとか、現在の授業料、保育料などの負担が重いという声もあります。   もっと読む
2018-06-11 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第2号 6月11日) 例えば、いわゆる中小企業の従業員を対象にした被用者保険である協会けんぽなどの保険料と比較した場合はどうなるというふうに認識しておられるのかお尋ねをいたします。 ○議長(原 明君)  石坂産業民生部長。 もっと読む
2018-06-11 氷見市議会 平成30年 6月定例会−06月11日-01号 市内での消費を拡大し、地域内経済循環率を高めることにより、中小企業の振興及び地域経済の活性化を図ることを目的に、氷見商工会議所が4月15日から地域商品券である「ひみキトキト商品券」を発行いたしました。  冠婚葬祭の際の返礼品やイベントの景品として、また、最近では、自治会が草刈り等に参加された方への謝礼として御利用いただくなど、徐々にではありますが、市民の皆様に広がっているところであります。   もっと読む
2018-06-01 高岡市議会 平成30年6月定例会(第4日目) 本文 次に、今回の市税賦課徴収条例の一部改正が本市の税収に与える影響についてどのように捉えているのかとの質疑に対し、今回、地方税法の改正に伴い多岐にわたる改正があったが、本市独自の影響が考えられるものはわがまち特例であり、これに付随する中小企業の設備投資等により今後増収が見込めるものと考えている。 もっと読む
2018-06-01 高岡市議会 平成30年6月定例会 索引 (4) 検診の受診率向上を図るため、中小企業と連携して推進すべきでは。   (5) 市民の健康増進のため、自転車活用推進計画を早急に策定すべきでは。   (6) 市民が薬の無駄を省けるよう、おくすり手帳の活用に取り組むべきでは。  3 防災、減災の推進について   (1) 津波ハザードマップが配布されたが、東日本の震災を教訓に、幼児、学童、生徒の    避難訓練の徹底をすべきでは。    もっと読む
2018-06-01 高岡市議会 平成30年6月定例会(第3日目) 本文 本市では、これまでも新分野開拓チャレンジ事業の中の戦略的販路開拓事業支援補助金において、見本市等への出展に加え、市場調査や専門家の活用等による中小企業者の国内外への販路開拓支援を行ってきているところであります。あわせて、同事業の補助金申請者に対しては、中小企業基盤整備機構との連携により専門家による個別相談会を開催し、販路開拓に対するフォローアップにも取り組んでおります。 もっと読む
2018-06-01 高岡市議会 平成30年6月定例会(第1日目) 本文 また、若い世代の人々に高岡を選んでもらうための魅力ある「しごとづくり」に関しては、高岡砺波スマートインターチェンジに近接する戸出西部金屋地域に新たな産業団地の造成を進めているほか、国の生産性向上特別措置法に関する固定資産税の特例措置についての議案を今回提案しており、中小企業者の設備投資を後押しすることとしております。   もっと読む
2018-06-01 魚津市議会 平成30年6月定例会(第3号) 本文 1項目目は、中小企業の設備投資を促す制度についてです。  国では今の通常国会で生産性向上特別措置法案を5月17日に成立させ、今後3年間で中小企業の設備投資を促し、生産性向上を図ることを目指すことになりました。   もっと読む
2018-03-12 滑川市議会 平成30年 3月定例会(第4号 3月12日) 第1項目目は、中小企業支援について質問をいたします。  2月9日、国会に提出された生産性向上特別措置法案において、中小企業の設備投資に対する固定資産税の減免措置が規定されました。  本措置では、自治体の自主性に配慮する観点から、特例率をゼロ以上2分の1以下の範囲内において条例で定めることができるとされております。   もっと読む
2018-03-09 黒部市議会 平成30年第1回定例会(第3号 3月 9日) 経済産業省中小企業庁の事業承継に関する現状と課題についてによりますと、2015年の調査では、中小企業経営者の年齢分布で最も多いのが66歳で、2020年ごろに団塊世代経営者の大量引退期が到来するとされております。経営者の高齢化の状況は、今後の市商業の発展、中心市街地の活性化におきましても、大変重要な課題であると認識をいたしておりまして、事業承継の円滑化を図ることが不可欠であると考えております。   もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第4日目) 本文 一方で、中小企業においては回復の実感がない方もいらっしゃるのが実情ではないかと思っております。  さて、本市の財政状況についてですが、大変厳しい状態になっているものと認識しております。そんな中、平成30年度予算は歳入と歳出を改めて見直し、教育や子育て関連、また仕事づくりなど、予算はおおむね維持された選択と集中、めり張りのついた予算になっているように見受けられます。 もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会 索引 3 しごとづくり、移住・定住について   (1) 中小企業者等の生産性向上を図るため、生産性向上特別措置法に基づき、設備投資    に係る新たな固定資産税特例を設けるべきと考えるが、市の方針は。   (2) 都市再生特別措置法の改正案に対する見解と、まちなか地区などに顕著に見られる    空洞化に対しての今後の取り組みは。    もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第1日目) 本文 企業の成長産業分野参入や新産業創出を推進するため、新技術・新製品開発や販路開発などを行う中小企業を支援いたします。また、市内における創業を促進するため、創業者等支援施設の提供や創業者への助成などを行ってまいります。  「地域産業の競争力強化」につきましては、新しいクラフト商品と新分野の開拓に地元企業とともに取り組んでまいります。 もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第6日目) 本文 また、平成30年度には、全国中小企業団体中央会などの支援を受けました本プロジェクトの後継事業でございます先端技術と伝統技術の融合による文化財修復拠点化事業におきまして修復、再現等のニーズ調査や情報発信を予定しておりまして、今後、この本プロジェクトの成果をより効果的に活用してまいりたいと、このように考えております。 もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第7日目) 本文 昨年末にある機関が提供調査を実施したところ、昨今の中小企業の最大の悩みは国内消費の低迷、販売不振であり、消費が冷え込み、投資意欲が湧かないという点である。これをさらに助長するものが10%増税であり、本市の地域経済にとっても増税すべきではない。また、不公平税制の是正を実施すれば十分に財源対策できるとされていることから、ぜひ採択いただきたいとの説明がありました。   もっと読む
2018-03-01 魚津市議会 平成30年3月定例会(第2号) 本文 魚津市民の生活などにかかわる予算案では、中小企業対策費や農水産予算、地方交付税など、軒並み削減されています。安倍政権が唱える地方創生などにつながる予算であるとは到底言えないのであります。  とりわけ、予算案の中で看過できないのは、2013年度から3年連続して切り下げられてきた生活保護費のさらなる削減を示しているということです。 もっと読む