3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

射水市議会 2020-03-05 03月05日-02号

ローンロボットトラクター、経営管理システムなど、最先端農業機械・器機の研修に対応する施設であることから、本市といたしましても、スマート農業普及や担い手の育成、確保のため、例えば農業機械士養成新規開発機械対応等各種研修など、農業生産者へ積極的な活用を促してまいりたいと考えております。 私からは以上であります。 ○議長(吉野省三君) 津田都市整備部長。     

小矢部市議会 2019-09-11 09月11日-03号

また、県においては「とやま型水田スマート農業」の面的普及に向けたモデル実証として、高岡市においてロボットトラクター、自動給水栓収量コンバイン経営管理システムなどの導入による、経営の大規模化に対する実証実験が行われております。また、富山市では、自動給水栓除草ロボット、ドローンなどを導入して、中山間地域での農業省力化に対する実証実験が行われています。 

滑川市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第2号 6月17日)

ロボットトラクター今テレビでもやっておりましたが、コンバイン、あるいはまた除草剤や肥料の散布、稲の生育管理にドローン活用などを導入したり、この滑川市のベンチャー企業が2017年5月から、スマートフォンで自動開閉できる水門の発売もされているということであります。これを活用して水田の水位、水温などを管理などの農業であります。このようなスマート農業が進められてきているとのことであります。  

  • 1