運営者 Bitlet 姉妹サービス
553件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第2号) 本文 19 ◯市長(村椿 晃君) 今回の魚津での産婦人科につきましては、基本的には通常のお子さん、あるいはリスクの少ない出産ケース、こういったようなものを念頭に置いておりますので、当然のことながら近隣の中核病院やあるいは総合病院、中央病院のような、そういった機能のあるところとの連携は不可欠であります。   もっと読む
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第4号) 本文 そうしますと、産科医になることのリスクということをどうしても考えるというようなことがあったと思います。  次に、産科勤務の苛酷さです。出産はいつあるともわかりません。本当に救急の状態にいつもいるというような状態であると思います。そういった産科医の勤務の苛酷さというものがございます。  また、その中でも、特に今新しい産科医の方々は、女性の方が約7割近く占めているというようなことであります。 もっと読む
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第3号) 本文 しかし、風疹に感染するおそれのある人数について、国の情報を踏まえてお示ししますと、男性では、平成30年4月現在で、39歳以上は風疹の定期接種がなかったこと、そして、30代から50代の男性で患者が多いことを考えますと、市内の39歳から59歳までの男性、約6,000人になりますが、風疹にかかるリスクが高いものと考えます。   もっと読む
2018-09-01 高岡市議会 平成30年9月定例会(第6日目) 本文 議案第100号のうち本委員会所管分について反対の立場から、  マイナンバー制度は個人情報漏えい等のリスクがあり、住民に不利益を及ぼすので中止すべきことを訴え、反対とするとの意見や、  議案第105号について賛成の立場から、  市は、長生寮が民営化後もセーフティネットとしての役割をしっかりと果たし、現在のサービス水準が低下しないよう責任を持って対応するとの決意を示された。 もっと読む
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第3号) 本文 以前、民生委員会で口腔ケアの質問をさせていただきましたけれども、そのとき質問に対して、口腔ケアを適切に行うことで、誤嚥性肺炎のリスクの低下や認知症の予防、維持、改善にも効果があると言われていると。また、身体機能の改善にもつながるため口腔ケアは重要なものであると認識しているという答弁をいただきました。  フレイル予防の3要素には、栄養、運動、社会参加が挙げられております。 もっと読む
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第2号) 本文 公園だけじゃなくて、いろんな施設が子ども目線で、例えばちょっと冒険ができる場所であるとか、楽しい空間であるとか、そういったような意識を持ってやっていくことは、まちづくりの統一感を出す上でも非常にいいなというふうには思っていまして、ただ、その際に、命にかかわるようなリスクはしょわせるわけにいきませんので、そこら辺のバランスを見ながらプランをつくっていくということが必要かというふうに思っています。   もっと読む
2018-06-01 高岡市議会 平成30年6月定例会(第3日目) 本文 本市では特定保健指導、ハイリスクアプローチとして、糖尿病予防教室、家庭訪問などは実施されております。  新潟県の魚沼市では、市を挙げて、おすすめダイエット、運動、減量、食事制限方法などに積極的に取り組み、効果を上げているとのことです。  食生活の改善や介護予防に力を入れる自治体が増加し、医療費削減や要介護認定率の低下につなげております。 もっと読む
2018-06-01 魚津市議会 平成30年6月定例会(第3号) 本文 そして、それに対しての害がすごく出てきているということで、高齢者にそのベンザを多重で服薬すると転倒リスクが2.6倍とか認知症リスクが4.8倍、骨折リスクが1.6倍、交通事故のリスクが2.2倍に増えるということが発表されておりますし、やはり多剤とかそういう重複障害に対してはしっかりと調べていただいて、残薬をなくしていく取り組みをしっかりとしていただきたいと思っております。   もっと読む
2018-03-12 氷見市議会 平成30年 3月定例会−03月12日-02号 ◎市長政策・都市経営戦略部長(藤澤一興君) サテライトオフィスは、設置する企業の側から見れば、豊かな自然環境で生産性を上げるとともに、オフィスを分散させることで自然災害などのリスクを軽減できること。また、地元での就職を希望する人を呼び込むことができること。都市部に比べて地方は拠点の開発、維持に要する経費が割安であること。 もっと読む
2018-03-12 滑川市議会 平成30年 3月定例会(第4号 3月12日) 来館者数が増え、市として考えなければいけないリスクをもう1点挙げるならば、遊具の事故であります。  先ほども公園の話が、春から点検するというのが出ておりましたけれども、最近の遊具事故は、神奈川県横須賀市で事故が起こりました。  少し新聞を読ませていただきます。 もっと読む
2018-03-08 黒部市議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 8日) 国の経済財政諮問会議等では、地方団体の基金残高が大きく増加していることなどを背景に地方財政計画の見直しが議論されておりますが、程度の差こそあれ、本市におきましても、大規模な財政支出や急激な税収の落ち込み等の将来リスクへの備えとして、行革や歳出抑制に努めながら財政調整基金等のストック確保に努めております。 もっと読む
2018-03-01 魚津市議会 平成30年3月定例会(第3号) 本文 交流人口の増加を目指す観光資源としてタテモン行事を挙げておられますが、夏場に密集する事業においてマンパワーの不足、リスクをどのように解決していくか見解をお聞かせください。  過去のPRのチャンス、「凛凛と」や「天地人」での不都合、ふぐあいは今後に生かせるのかお聞かせください。   もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第7日目) 本文 また、プライバシー侵害のリスクを抱えているマイナンバー制度は国に中止を要請すべきである。  国保事業会計予算については、法定外繰入金の増額により国保税の引き下げを図るべきである。また、資格証明書や短期保険証の発行はできる限り抑制すべきである。  介護保険事業会計予算については、財政努力により介護保険料や利用料の引き下げを図り、国に公費負担の引き上げを要請すべきである。   もっと読む
2018-03-01 高岡市議会 平成30年3月定例会(第5日目) 本文 また、感染症等衛生上のリスクを考慮し、床面積に応じた宿泊者数の制限、定期的な清掃などの宿泊者の衛生の確保についても義務づけられております。  これらの事業者の責務について、その履行が徹底されるよう、県において適切な指導、監督がなされていくものと考えております。   もっと読む
2017-12-25 滑川市議会 平成29年12月定例会(第4号12月25日) 委員から、市との取り決めで、購入した物品が資産化されないため、商売のためにリスクを負って投資ができないとも聞くがどうかという質問があり、同じく碓井部長から、大きな額の購入を指定管理者で行った例もある。 もっと読む
2017-12-19 富山市議会 平成29年12月定例会 (第6日目) 本文 2017.12.19 事前審査なしに政務活動費を使用するということは、事後審査で弾かれるリスクを議員みずからが負うことにほかありません。そこまでしてでも対処が必要なときにするのが議員の努めなのではないでしょうか。そのことをぜひ議員に考えていただきたいと請願者は直接申述したかったのであります。   もっと読む
2017-12-18 滑川市議会 平成29年12月定例会(第2号12月18日) このことは、米の過剰在庫や米価下落の発生リスクを軽減するため、今後も富山県農業再生協議会から米の生産目標が提示される予定であります。  平成30年産米につきましては、12月7日に提示を受けております。 もっと読む
2017-12-13 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第3号12月13日) その中にやはり年間を通じて地元の農産品などがそこで販売されるようにするためには、今ほどありましたように、ハウスなどを利用した施設園芸の取り組みが非常に重要だというふうに考えておりまして、市では以前から農家所得の向上及び単一作物に頼った経営のリスク分散を行うために、農業経営の複合化、多角化による持続可能な農業経営を推進、支援をして、これまでもまいりました。 もっと読む
2017-12-13 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第3号12月13日) その中にやはり年間を通じて地元の農産品などがそこで販売されるようにするためには、今ほどありましたように、ハウスなどを利用した施設園芸の取り組みが非常に重要だというふうに考えておりまして、市では以前から農家所得の向上及び単一作物に頼った経営のリスク分散を行うために、農業経営の複合化、多角化による持続可能な農業経営を推進、支援をして、これまでもまいりました。 もっと読む
2017-12-12 富山市議会 平成29年12月定例会 (第5日目) 本文 2017.12.12 そういう実態を踏まえると、学校側が極力持たせることを自粛してほしいと伝達しているスマートフォンや携帯電話などを持たせる場合は、その使用に際して、あらゆるリスクには保護者が全責任を持って対応するなどという、社会全体に対してのルールづくりや啓蒙活動をPTAや警察などのほかの機関と連携して強く行ったり、いじめが地下に潜り、いじめが重篤化……。 ◯ 議長(村上 和久君)  島議員に申し上げます。   もっと読む