258件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

射水市議会 2020-12-10 12月10日-02号

こうした状況から、国においては、平成12年に「健康日本21」をスタートさせ、県においても、平成20年に「新県民ヘルスプラン」を「富山県健康増進計画」に改定いたしました。 これらを受けて、市においても、健康寿命の延伸を基本目標に生活習慣の改善に関する目標を設定し、平成22年度からの10年計画で「第1次射水市健康増進プラン」を策定されました。

富山市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会 (第4日目) 本文

制度の評価指標は、特定健診などの受診率や糖尿病などの重症化予防への取組、ジェネリック医薬品使用割合や保険料収納率向上に対する取組、健診情報などのデータ分析に基づく効果的な保健事業をPDCAサイクルで実施するためのデータヘルス計画の策定状況などから構成され、それらに取り組んだ結果が得点化され交付額に反映されます。  

上市町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

また、健康分野では、本年度から開始した「生き活きつるぎヘルスポイント事業」のほか、引き続き、胃がん、子宮がん、乳がんに係る重点年齢の該当者に対し、節目年齢と同様に個人負担の軽減措置を講じ、がん検診受診率の向上やがんの早期発見・早期治療を促進してまいります。  次に、防災分野では、安全・安心なまちづくりを目指し、国土強靱化に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図る「国土強靱化地域計画」を策定します。

富山市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会 (第4日目) 本文

会議では、富山市民生委員児童委員議会富山市地域包括支援センター連絡協議会富山市メンタルヘルスサポーター連絡会の関係機関や、ひきこもり支援の実績が豊富な民間のNPO法人はぁとぴあ21、とやま大地の会及び関係各課で、ひきこもり支援の現状や課題を共有し、地域における本人支援や家族支援についての意見交換を行いました。  

立山町議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 (第2号) 本文

国は、平成30年4月にデータヘルス時代の母子保健情報の利活用に関する検討会を設置し、現在、サービスで目指すことや実現できることを検討しているところであり、令和2年6月からの運用を目指しております。  これにより、本人や保護者がマイナポータルを通じて妊婦健診や乳幼児健診が閲覧できるようになり、行政手続の利便性の向上にもつながると言えます。  

富山市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会 (第2日目) 本文

数年前から、各省庁などの報告書にデータヘルスという言葉が見受けられるようになりました。データヘルスとは、医療保険者が従来は困難だった電子的に保有された健康医療情報を活用した分析を行った上で、加入者の健康状態に即した、より効果的・効率的な保健事業を行うことを指しています。  例えば国民健康保険であれば、富山市が電子的に保有された情報を分析し、効果的・効率的な事業を行うということであります。  

上市町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第1号) 本文

本年6月から健康づくりポイント事業「生き活きつるぎヘルスポイント」を開始しております。  この事業は、「健康づくりのまち」を目指す一環として、40歳以上の町民の皆さんを対象にがん検診や特定健診を受診していただくことや、健康づくりに関する「教室・イベント」にご参加いただくこと、そしてご自身で血圧などを「記録」いただくことでポイントをお渡しする仕組みとしております。

魚津市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第2号) 本文

また、ヘルスリテラシーが高い女性ほど、仕事のパフォーマンスも高い結果になっています。このヘルスリテラシー──舌をかむような言葉ですが──この意味は、健康に関する情報を入手し、理解し、効果的に活用するための個人能力のレベルのことを言います。健康情報を正しく取り入れるためには、知識意欲のどちらも必要です。この仕事のパフォーマンスの意味は、仕事の性能、効率ということです。  繰り返します。

魚津市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第3号) 本文

355 ◯民生部長(矢田厚子君) それでは、データヘルス計画の進捗状況につきましてご説明したいと思います。  当市におきましては、生活習慣病対策をはじめといたします被保険者の健康増進により、医療費の適正化を図ることを目的といたしまして、平成27年の3月に第1期を策定いたしまして、平成30年の3月には第2期のデータヘルス計画を策定したところでございます。

氷見市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会−03月12日-03号

氷見市のむし歯のない3歳児は、先ほども申し上げましたように増加傾向にありますが、県平均より低く、第2次氷見市ヘルスプラン21においても歯の健康を課題の1つとしており、歯質を強くするフッ化物利用とあわせて、幼児検診やむし歯予防教室などで、正しい歯磨き方法の指導や正しい食生活などについての健康教育を一体的に行っていくことが重要であると考えております。  

高岡市議会 2019-03-06 平成31年3月定例会(第6日目) 本文

例えば最近では、メディカルツーリズム、いわゆる医療観光がインバウンド対策の成長市場として注目されていることから、本県の「薬都とやま」というイメージも活用しつつ、地元の病院ヘルスボランティア議会との連携を図り、伏木コミュニティセンターで乗船客を対象に健康チェックを提供するなどのいろんなアイデアを盛り込んで、より一層の誘致活動に御尽力いただきたいとお願い申し上げまして、次の質問に移ります。  

立山町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 (第1号) 本文

健康づくりの推進につきましては、「立山町第2次ヘルスプラン」の中間評価を行い、「健康寿命の延伸」と「健康格差の縮小」を目指した、乳幼児から高齢者まで生涯を通じた健康づくりを関係機関と連携して取り組んでまいります。また、特定健診やがん検診の受診率の向上及び生活習慣病の予防や重症化予防を重点的に取り組んでまいります。