1918件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

射水市議会 2020-12-11 12月11日-03号

他の7項目の要望も全て関連しているものと考えますが、とりわけこの要望は、今まさに本市の市内全域で推し進めようとされている地域支え合いネットワーク事業につながるのではと感じたものであります。 

射水市議会 2020-06-18 06月18日-03号

各種交通ネットワークの結節点として、また、にぎわい創出に向けた交流拠点として、市民の皆さんも我々も、さまざまな思いや期待を胸に、完成を心待ちにしているところです。そこで、何度か議会でも説明する機会があったと思いますが、いま一度、この複合交流施設建設する目的について教えてください。 ○議長(吉野省三君) 島木企画管理部長。 ◎企画管理部長(島木康太君) 御質問にお答えいたします。 

小矢部市議会 2020-03-19 03月19日-04号

児童生徒に1人1台のタブレット・パソコンを持たせ、それをネットワークにつなぎ、一人一人の子供学習傾向やスポーツ文化活動などのデータを分析して、パソコンでそれぞれの子供に最適化した学習内容を提供するんだと盛んに言いふらされております。しかし、日本全国で教員不足が叫ばれているときに、1人1台の端末は財政的にも優先順位がおかしい。

射水市議会 2020-03-18 03月18日-04号

一方、歳出では、国の補正予算を活用した学校情報通信ネットワーク環境施設整備に要する経費のほか、事業費の確定などに伴う経費の精算による補正などであります。 債務負担行為については、コミュニティセンターの管理等業務など、15件について補正を行うものです。 質疑では、通学路交通安全プログラム対策工事やふるさと射水応援基金などについて活発な意見交換がありました。

氷見市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会−03月10日-03号

それでは、最後の質問となりますが、GIGAスクールネットワーク事業についてお尋ねいたします。  Society5.0時代を生きる子どもたちにとって、教育におけるICTを基盤とした先端技術等の効果的な活用が求められております。国では、全国一律のICT環境の整備を進めるとしております。  

小矢部市議会 2020-03-10 03月10日-03号

今年度に策定予定の小矢部市シティプロモーション戦略プランも本格的にスタートするわけでありまして、この計画に基づきSNS投稿ワークショップの開催、首都圏における関係人口創出イベントの開催、そして市出身者とのネットワークの構築、これを行いアクセス数を増加させ、本市の関係人口の創出に努めていきたいと考えております。 ○議長福島正力君)  9番 藤本雅明君。 

黒部市議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第3号 3月10日)

また、市街地や住宅の整備につきましては、コンパクトシティプラスネットワークの推進によるまちづくりの方向性を示す立地適正化計画を踏まえた都市構造の形成を図るとしております。私はあちこちからわき上がる批判を乗り越えて、土地区画整理事業区域は亀の歩みでありますが、少しずつ前進していると思います。やがてこの区域約500世帯人口が住んだらと思いを描きながら4つの質問をいたします。  

小矢部市議会 2020-03-09 03月09日-02号

学校におけます高速大容量のネットワーク環境の整備を推進するとともに、特に義務教育段階におきまして、令和5年度までに全学年の児童生徒一人一人がそれぞれ端末を持ち、十分に活用できる環境の実現を目指しておりまして、具体的には、一つには、「児童生徒1人1台コンピューターの実現」、もう一つは、「高速大容量の通信ネットワーク」の整備、そして、「全国の自治体学校が、より容易に、より効果的・効率的な調達できるように

黒部市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 9日)

市といたしましては、この5周年という大きな節目を契機に、改めて公共交通ネットワークの役割の重要性をPRするとともに、市が行う事業などの情報を広く発信することで、誰もが安心して豊かに暮らせる魅力ある黒部市を目指したいと考えており、黒部らしさを沿線各地に発信できる事業や、公共交通の利用促進を図る事業、市のPR効果の高い事業などを重点事業として取り組んでまいりたいと考えております。  

高岡市議会 2020-03-07 令和2年3月定例会(第7日目) 本文

次に、追加提出されました補正予算議案について、  交通ネットワーク整備事業費について、国の補正予算を活用し通学路等の交通安全緊急対策を行うため3,000万円を補正計上しているが、どこの地域に何か所の整備を予定しているのかとの質疑に対し、伏木地区の雨晴伊勢領線や戸出地区の戸出町四丁目醍醐線など6路線の整備を予定しているとの答弁がありました。  

射水市議会 2020-03-06 03月06日-03号

施設に入居する3者、射水商工会議所、射水ケーブルネットワーク株式会社、そして射水市が中心となりまして、新湊地区まちづくり協議会と連携を図りながら実施することとしております。 本施設につきましては、地域のにぎわい創出を図ることを目的に整備することから、地域を支える団体や事業者等との連携は欠かせないものというふうに考えております。

高岡市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会(第5日目) 本文

東京高岡会におかれましても御協力いただき、ネットワークを活用し、関係方面に周知をしていただいております。  また、かねてから金沢市の顕彰会やNPO法人高峰譲吉博士研究会の皆様とは交流を図ってきており、今後もより連携協力を密にしながら、国内外への紹介研究成果の共有、未来のサイエンティストの育成など、活動の幅を広げていきたいと考えております。

富山市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会 (第5日目) 本文

の生活援助サービスのほか、地域の皆さんの協力を得て、1つには、本市の在宅ひとり暮らし高齢者台帳に登載された高齢者の見守りや支援活動を行っていただくために委嘱をしております地域の高齢福祉推進員の皆さんによる支援、また、要援護高齢者等が地域で安心して過ごすことができるよう、地域包括支援センターが中心となり、地域の皆さんやケアマネジャー、民生委員ボランティア等により構築しております要援護高齢者地域支援ネットワーク

射水市議会 2020-03-05 03月05日-02号

また、この相談窓口は、生活困窮者自立支援相談窓口とあわせて実施する体制としており、生活困窮などの複合化、複雑化した課題などに的確に対応するため、分野ごとの相談窓口、例えば高齢者の相談窓口である地域包括支援センターなど、さまざまな相談支援機関と連携し、ネットワークによる相談体制を構築することとしております。