230件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2019-06-24 令和元年 6月定例会(第4号 6月24日)

この提言に至るまでに、米軍基地がある11道県の知事をメンバーに、全国知事会米軍負担に関する研究会を発足させ、研究者や外務省から意見を聞き、同じように、米軍が駐留するイタリアドイツ地位協定について現地調査した沖縄県からも意見を聞き取っております。  沖縄県は昨年、2018年、イタリアドイツを訪問し、元首相、軍幹部航空当局などから聞き取り調査を実施し、中間報告を公開しています。  

滑川市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第4号 3月11日)

市長は今ほどもるる話をされたわけですが、一応再度お伺いしますが、就任されるたびに1回目はデンマークドイツへ、2回目はオランダスペインと、3回目はフィンランドスイスと、そのたびに全国市長会の視察に行かれたわけであります。これは市民としてどうしてとか、あるいは何でとか、やはりご褒美かという市民の声もあるわけであります。そういった意見に対して、声に対して、見解を改めてお伺いしたいと思います。

富山市議会 2019-03-08 平成31年3月定例会 (第8日目) 本文

米軍が大規模に駐留するドイツイタリア地位協定を見ても、ドイツでは、東西統合前の1988年、航空ショーで米軍機が墜落し、70人以上が犠牲になる事態が発生し、これをきっかけに1993年、地位協定ドイツ航空管制の事前許可が必要になっています。また、米軍基地内に自治体職員の立入りも認められ、ドイツ警察官が駐留し、騒音軽減委員会が設置されたり、自治体の意見を米軍が聞く仕組みもあります。  

黒部市議会 2018-06-18 平成30年第4回定例会(第3号 6月18日)

今ほど議員言われましたとおり、参加団体につきましては約20カ国、ギリシャロシアドイツスペインアメリカ中国等々考えているということであります。  会場は利賀のほうが、利賀芸術公園、黒部のほうは前沢ガーデンとセレネのほうを考えているということであります。  あと、じゃあそういうときにどのような方が来られるのかということですが、具体的な来られる方についてはまだ決まっておりません。

富山市議会 2018-06-06 平成30年6月定例会 (第6日目) 本文

同様の不妊手術を行っていたドイツスウェーデンでは当事者に対する補償等の措置が講じられている。旧法のもとで不妊手術を受けた障がい者らの高齢化が進んでいることを考慮すると、我が国においても早急な救済措置を講じるべきである。  1 国は、速やかに旧優生保護法に基づく不妊手術の実態調査を行うこと。  

黒部市議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会(第2号 3月 8日)

ドイツ社会学者マックス・ウエーバーは、政治家に必要な資質は情熱と責任、そして判断力であると明言しています。私も常にこの言葉を心に置いている1人であります。まさにこの14年間はこの言葉どおりの連続ではなかったかとお察し申し上げます。  政策課題は市民の声の中にあり、その声をいかに政策として練り上げるかが行政の役割であり、それを担う一人一人の果たすべき役割でもあるわけであります。

富山市議会 2018-03-08 平成30年3月定例会 (第8日目) 本文

まだまだ先は長く、1人で走ると当然風当たりも相当強く、最後にはドイツのチームのように、集団で結束して走る選手にいとも簡単に抜かれて、メダルを独占されてしまいます。  全ての選手が金メダル候補の優秀な選手ばかりです。しかし、たとえ上場企業の経営者や銀行頭取の経験があっても、議選の監査委員となれば、その置かれる立場と責任がまるで違います。  

入善町議会 2018-03-01 平成30年第3回(3月)定例会(第4号)  討論・採決

これがドイツ教員養成学校の初代校長フリードリッヒ・ディースターヴェークの「進みつつある教師のみ、人に教える権利ある」から来たものだということは、数年前に知りました。  子どもは未来からの預かりものです。ですから、教育に携わる者は、一日たりともその場にとまっていてはいけません。常に学び続け、進み続けなければならないということです。

滑川市議会 2017-09-11 平成29年 9月定例会(第2号 9月11日)

3日目、8月19日土曜日、一般団員は、午後、シャンバーグ市のスポーツ複合施設及びスプリングバレー―シャンバーグ市が1880年、ドイツのシャンバーグから移民をしてきた当時そのままの家や農場の施設を見学してきたと。  4日目、8月20日日曜日は、夕方の4時に一般団員はシャンバーグ市のコンベンションセンター―シャンバーグ市が建ててマリオットホテルが経営をしている施設を見学。

立山町議会 2017-09-01 平成29年9月定例会 (第2号) 本文

政治を志す者のバイブルと言われる本に、ドイツ社会学者マックス・ウェーバーの『職業としての政治』があります。学生のときに、何度も読み返しました。この中で、政治とは、情熱と判断力の2つを駆使しながら、かたい板に力を込めて、じわっじわっと穴をくり抜いていく作業であるとあります。物事の判断は、情報が集まらなければできません。つまり、政治家首長にとって重要なのは情熱と情報です。

滑川市議会 2017-06-13 平成29年 6月定例会(第3号 6月13日)

内閣府によりますと、2014年時点の欧米の主な出生率と比較すると、フランスは1.98、スウェーデンは1.88と、子育てと就労の両立、また、支援などによって大きく回復しているのに対し、日本は依然としてイタリアドイツと並んで先進国で最低水準になっております。  私はフランスの施策がいいなと思っておりまして、シラク3原則はすばらしい政策だと思っております。  

滑川市議会 2017-06-05 平成29年 6月定例会(第1号 6月 5日)

親の会は、ドゥーリー小学校は、ドイツ語と日本語を選択科目のような形で日本語を学んでいる子どもたちの、そして、その親の皆さんがTシャツにも日本語で親の会というマークをつけた、そういう活動をなさっていまして、4年前も来られましたが、今回また訪問されるというこの親の会でございます。  児童9名と保護者8名で本市を訪問されます。

富山市議会 2017-06-02 平成29年6月定例会 (第2日目) 本文

実際に他の自治体で行われている空き家対策の具体例の1つとして挙げますが、新潟県十日町松代地域では、ドイツ人で建築デザイナーのカールベンクスさんによる外国の方からの目線、観点により、過疎化の進む中、古民家再生を施して、集落の一時存続危機を乗り越えて、今では世代を問わず多くの移住者が住み始め、若者や子どもが増えて、高齢化集落から脱しています。  

滑川市議会 2016-12-13 平成28年12月定例会(第3号12月13日)

何よりも、ドイツのハインリッヒの法則で、1つの大事故が起きるのには29の小さな事故があると、そしてまた300のわからない事故があるということがあります。そういうことから考えれば、この2つ、横浜と新潟という2つの事件がありましたが、その奥には多くのこういうふうな似たような事例がたくさんあるのではないかなという思いで聞いておりました。