79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山市議会 2018-06-04 平成30年6月定例会 (第4日目) 本文

かつては、本市の繁華街は2つのデパート──大和・西武デパート──を核とした総曲輪・中央通り一帯とされ、ほぼ直線となるいわゆる総ブラ、中ブラが町並み散策の定番コースになっていました。  また、古くからの商店街として、千石町通り、太田口通り、中教院通りもそれなりの存在感を示し、メーン商店街を補完する形でその延長線上に位置し、にぎわいの広がりを形成していました。  

富山市議会 2017-03-06 平成29年3月定例会 (第6日目) 本文

もう少し進んで、デパートの向こう側にやっと1つ発見した次第です。  今の時代、腕時計や携帯電話で時刻を知ることは容易にできるのですが、大概、県庁所在地ぐらいの都市になりますと、駅やその周辺、中心部には時計があるものと思っていました。  駅にしても、総曲輪にしても、たくさんの電車やバスが通り、その利用客が多いにもかかわらずです。

富山市議会 2017-03-03 平成29年3月定例会 (第3日目) 本文

青森では、あの「アウガ」の施設から遂にデパートが転出するというような状況になっております。そういうこと等を考えますと、一定程度の成果というふうに評価をしております。高松市の丸亀町へ行っても、いつも原宿みたいに人がいるわけではないのです。原宿や銀座のようなにぎわいを期待されても、それは恐らく無理です。しかし、10年前とは皮膚感覚から言っても大きく来街者は増えているというふうに思っています。  

富山市議会 2016-12-02 平成28年12月定例会 (第2日目) 本文

さらに、平成25年4月からの3期目となる現在の森市政においては、昨年3月の新幹線開業にあわせ、富山駅高架下まで路面電車を延伸する路面電車南北接続第1期事業が完成し、同じく8月には、富山市民の心の原点とも言うべき西町の旧大和デパート跡地に整備されましたTOYAMAキラリ内に、30年近くにわたり本市が取り組んでまいりましたガラスのまちづくりの集大成とも言えるガラス美術館と城址公園の一角にあった市立図書館本館

富山市議会 2016-03-04 平成28年3月定例会 (第4日目) 本文

平成25年11月に施行された改正耐震改修促進法では、昭和56年5月31日以前に着工された旧耐震基準建築物であって、不特定多数の人が利用する病院デパート学校ホテルといった大型施設耐震診断義務づけられ、行政庁はその診断結果の報告を受け、公表することとされております。  

入善町議会 2016-03-01 平成28年第14回(3月)定例会(第2号)  代表・一般質問

本町にも、入善町6次産業推進会議があるが、昨年から米粉でつくった麺を香港デパートで販売している特農家や、国内唯一の農業経営教育機関と位置づけされている大学を卒業し、地元にUターンし、入善ジャンボ西瓜の再生に挑み、イベントにジャンボ西瓜を器としたフルーツポンチを提供し、ファンの増加に努めると、力強く実家の農業経営を語り、3部門制の確立を検討する青年本町にいると紹介されていたが、このような認定農業者

氷見市議会 2015-12-07 平成27年12月定例会−12月07日-02号

このような事業によりまして、氷見牛が富山県のお土産品としてパンフレットに掲載されることになりまして、県内のデパート等でも販売されるようになっております。このようなことによって、氷見のPRにつながるものと考えております。  氷見牛についてはこれまで、飲食店、レトルトカレー、氷見牛カレーパンなど、いろんな商品を通して多くの方に味わっていただいております。

富山市議会 2015-09-02 平成27年9月定例会 (第2日目) 本文

そして、大和デパートさんにしてみると、長くあの場所で営業してきたものが──西町・総曲輪地区再開発事業の中で店舗を移された後、やはりどこかでまだ終わり切っていないという思いをお持ちだったと思いますが、こういう形できちんと完結したということは、進めてきた再開発事業全体の熟度を上げるという意味からも大変重要な意味があると思っております。  

富山市議会 2014-03-03 平成26年3月定例会 (第3日目) 本文

名、ちなみに、開学時からは400名を超える卒業生を輩出し、その多くが、ガラス工房スタッフや大学及び専門学校教授、講師などガラス関係の分野で活躍していること、2つに、産業化の推進に関しては、ガラス工房が「越碧硝子」などを新たに開発し、地域ブランドの創出に取り組んできたこと、3つに、作家への独立・定着支援では、個人工房の設置をはじめ、創作工房において設備のレンタルを行っていることや、大都市圏においてデパート

富山市議会 2014-03-02 平成26年3月定例会 (第2日目) 本文

また、都内のギャラリーやデパート、軽井沢のリゾートホテル等に本市のガラス工房で制作された「富山ガラス」を出展し、ガラス造形を通した本市のPRや、昨年8月には東京公演も行われ、好評を博したミュージカル「ハロー・ドーリー!」など、芸術文化の面からも、本市の新たな魅力や可能性を発信できたものと考えております。  

富山市議会 2012-09-03 平成24年9月定例会 (第3日目) 本文

それと、今回発表された概要の中で、1つ気になっている点があるのですが、もともと西町の今考えられている場所には旧富山大和デパートがあり、そのデパートの前にはアーケードが設置されておりました。今回、再開発ということで、既にアーケードはなくなっておりますが、今回の完成イメージ図を見せていただいたところ、当然、アーケードのようなものは設置されておりません。

黒部市議会 2012-06-15 平成24年第3回定例会(第3号 6月15日)

観光資源のさらなる開拓というところで、とにかく、ジオパーク、隣の糸魚川さんは随分前から認定をいただいて、ジオツーリズムとかっていう形で色んな取り組みをしていらっしゃることを聞いておったんですが、確かに、糸魚川はフォッサマグナとか糸魚川・静岡線東西のそういう日本の分岐点、そういう意味では、非常に興味は持っていたのですが、5億年の大地、地質のデパートであるとか、世界最古の翡翠とか調べてみると本当にすごいなと

富山市議会 2012-06-02 平成24年6月定例会 (第2日目) 本文

これらは、インターネットを活用した新たな顧客層の獲得やショップや個人作家、民間ギャラリー等の相互連携による販売ネットワークの構築のためのものであり、県内だけではなく、大都市圏高島屋や松坂屋などのデパート食器メーカーの鳴海製陶の東京にあるギャラリーなどでの展示会の開催など、積極的な販路拡大に努めてきております。  

富山市議会 2012-03-05 平成24年3月定例会 (第5日目) 本文

御提案の接遇専門家による講習会の開催につきましては、本市では、これまでも県外から訪れる方々と接する機会の多いホテル旅館タクシー業界などに従事されている方々を対象に、マナー接遇に関する講座などを盛り込んだ研修事業を実施しており、講師として接客のプロと言われる方々を招いており、最近では、人気を博した旅行会社のいわゆるカリスマ添乗員、また、地元のデパートホテルサービス担当のスペシャリストといった

富山市議会 2012-03-04 平成24年3月定例会 (第4日目) 本文

次に、アートマネジメント推進事業につきましては、ガラス作家の独立支援を目的として、平成23年度から開始したところであり、都心での商談や販路開拓の拠点づくり、インターネットを活用した新たな顧客層の獲得、さらには大都市圏デパートなどにおける作家展の開催や国際見本市などへの出展を行っております。なお、現在、東京都内のギャラリーにおいて、富山ガラス作家の展覧会を開催しているところであります。