533件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2021-06-25 令和 3年 6月定例会(第4号 6月25日)

また、デジタル政策一環として、議会運営に当たり押印を求めなくても特段支障がない事項については、これを廃止することが適当であるとされたことから、当該規則において所要の改正を行うものであります。  続きまして、議員提出議案第5号安全・安心の医療・介護の実現と国民のいのちと健康を守るための意見書(案)でございます。  提出者を代表して、意見書の朗読をもって説明に代えさせていただきます。   

射水市議会 2021-06-07 06月07日-01号

デジタル推進につきましては、4月からCIO補佐情報化統括責任者補佐)を任用するとともに、DX推進本部を設置して、推進体制整備を図っております。また、市内高等教育機関をはじめ、経済団体地域振興会連合会等各種団体で構成するDX市民懇話会を開催するなど、新たな情報通信技術を活用して、本市が取り組んでいく上での指針となる「射水DXビジョン」の策定に取り組んでまいります。 

入善町議会 2021-06-01 令和3年第22回(6月)定例会(第3号)  一般質問・質疑・委員会付託

こういったシステム行政手続デジタルにより住民サービスが向上することは非常にいいことだというふうに思いますが、私は果たして全ての人たちがこのデジタルについていけるのか、またデジタル人材の確保はどうするのか、非常に心配をするところであります。  

魚津市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第2号) 本文

国は9月にデジタル庁を創設し、行政デジタルを加速させていく考えということになっています。その基本方針の中に、デジタル原則の徹底を示しております。デジタル原則は、1つ目が、個々の手続が一貫してデジタルで完結するデジタルファースト2つ目が、一度提出した情報は再提出が不要のワンスオンリー3つ目が、民間サービスを含め1か所でサービスが完結するコネクテッド・ワンストップです。  

魚津市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会〔資料〕

                               ┃ ┃       │                                               ┃ ┃       │ 2.市政の重要施策及び総合的、戦略的な事業推進について                  ┃ ┃       │                                               ┃ ┃       │ 3.デジタル

魚津市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第1号) 本文

次に、行政デジタルについてご報告いたします。  令和2年12月25日に閣議決定された「デジタル社会実現に向けた改革基本方針」では、目指すべきビジョンとして「デジタルの活用により、一人ひとりのニーズに合ったサービスを選ぶことができ、多様な幸せが実現できる社会」が示されております。

富山市議会 2021-04-01 令和3年4月臨時会 (第1日目) 本文

また、次のステップとして、行政デジタル推進し、業務の効率化につなげるとともに、第5世代移動通信システムやAIなどの先端技術を活用して、スマート農業遠隔診療実現など、スマートシティの構築に向けた施策に取り組むことで、市民の生活の質のさらなる向上に資してまいりたいと考えております。  

小矢部市議会 2021-03-23 03月23日-04号

また、デジタル政策一環として、これまで行政手続等において求めてきた押印について、特段理由がある場合を除き、原則としてその廃止を広く推進している国の方針を踏まえ、地方議会においても議会運営に当たり、押印を求めなくても特段支障がない事項については、これを廃止することが適当であると検討がなされたところであります。 

黒部市議会 2021-03-22 令和 3年第1回定例会(第4号 3月22日)

また、デジタル政策一環として、行政手続等における押印原則廃止する政府の方針を踏まえ、市議会に対する請願について請願者署名押印署名又は記名押印に改める改正を行うとともに、請願者が法人の場合の条文について規定整備を行うものであります。  以上、提案理由のご説明を申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。             

射水市議会 2021-03-19 03月19日-04号

これは、行政手続簡素化による市民等負担軽減を図るとともに、行政デジタル推進するため、廃止しても支障のない各種行政手続等における押印の義務づけ廃止について、関係条例規定整備を行うものです。 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第17号 射水市税条例の一部改正について申し上げます。 

滑川市議会 2021-03-12 令和 3年 3月定例会(第3号 3月12日)

また、行政の力だけでなく自助共助が大変重要な中、自分の命は自分で守る自助町内会自治会自主防災組織等地域組織による助け合い、支え合いで対応する共助を発揮するためにも、迅速かつ正確な災害情報市民に伝えることが大切であると考えており、昨年から実施している防災行政無線デジタル工事も本年3月で完了し4月から本格的に運用することで、災害への対応力強化を図ることとしております。

小矢部市議会 2021-03-12 03月12日-03号

地域で使える電子マネーとして発行し、地域消費の拡大、キャッシュレス化推進、そしてコロナ禍での市民の支援につなげ、今後のさまざまな市民へのサースとして、プレミアム商品券の完全デジタルも含め、持続的な効果を生むために市全体で一体となってデジタル地域通貨導入に取り組むことができないのか、見解をお聞かせください。 ○議長藤本雅明君)  産業建設部長 高木利一君。

黒部市議会 2021-03-10 令和 3年第1回定例会(第3号 3月10日)

2021年度の予算案において、他自治体における行政サービスデジタルが次々と報じられている状況にあります。また、まるで新聞紙面一面がデジタルの話題になっている日も見受けられます。こうなることは、12月頃から何となく予想はしていたのですが、県外及び県内自治体において、かなりスピード感をもって取り組んでおり、行政デジタルが急速に進化しつつあるなと感じております。

黒部市議会 2021-03-09 令和 3年第1回定例会(第2号 3月 9日)

第2次総合振興計画審議会は、平成28年9月29日からスタートしており、当時はコロナ禍影響はなく、デジタルへの要求は低かったと記憶しています。来年度から始まる後期計画策定では、前期計画の踏襲より踏み込んだ策定を提案いたします。具体的には、アフターコロナを見据えること。人口動態変動への挑戦、地方創生推進、エネルギー問題やデジタル推進などについての強化です。

南砺市議会 2021-03-09 03月09日-03号

今後は、地域金融機関となみ青年会議所、商工会、各種事業者、そして、公共料金、なんとポイント制度などを含めた運用の方法を検討し、市のデジタル地域内経済循環の観点からも議論を深めてまいりたいと考えております。 ○議長榊祐人議員) 川原議員。 ◆4番(川原忠史議員) 各地域金融機関とか、青年会議所とか、そういう団体とのお話を進めていくというふうに伺いました。 

射水市議会 2021-03-08 03月08日-03号

2年目に入ったコロナ禍の中、本市の新年度予算編成基本方針が、さきの本会議市長提案理由説明でも述べられたとおり、新型コロナウイルス感染症影響合併団体に対する財政的な優遇措置の終了により、財源不足を補填する臨時財政対策債の増額があるものの、地方税等財源が大幅な減収となる中で、デジタル防災減災国土強靭化地方創生推進等取組が喫緊の課題となっています。 

高岡市議会 2021-03-07 令和3年3月定例会(第7日目) 本文

特に、1人1台のタブレット整備で急速にデジタルが進んでいる教育行政においては、ICTをフル活用した新しい教育の在り方を進める、いわゆるGIGAスクール構想推進を図られるとされていることや、五位中学校区の統合小学校造成の着手、高陵中学校区、高岡西部中学校区における小中一貫校整備に向けた取組など、高橋市長高岡百年の大計と言われた教育改革が本格的に着手されることに期待を寄せるものです。