7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

滑川市議会 2014-12-12 平成26年12月定例会(第3号12月12日)

10月23日の北日本新聞にて、「ゾーン30で歩行者守れ 交通量多い通学路・住宅地」との見出しで掲載されておりました。  県警が指定されているのは、その当時9カ所、11月に5カ所をプラスしまして現在14カ所になっております。  ご存じのとおり、歩行者と乗用車がぶつかった場合、車が時速30キロを超えていると、歩行者の致死率は20から30キロのときに比べて約3倍に跳ね上がるとされています。  

滑川市議会 2014-03-13 平成26年 3月定例会(第3号 3月13日)

警察庁交通局が推進しているゾーン30などの制度もございます。  そこで提案になりますが、(3)スクールゾーンについて、新たな交通安全モラルゾーンを構築してみてはどうでしょうか。よろしくお願いします。 ○議長(岩城晶巳君)  坂口学務課長。 ○学務課長(坂口 司君)  今ほどの質問にお答えいたします。  

射水市議会 2013-03-07 03月07日-03号

通学路の安全対策については、平成22年6月及び昨年の6月定例会において、通学路の安全点検の再実施や安全対策安全教育、さらに環境整備などの取り組み及びゾーン30などの対策の実施等を一般質問し、要望してまいりました。 国の今回の補正予算並びに新年度予算案に防災安全交付金1兆6,000億円が新たに計上されたことは御存じのとおりであります。

射水市議会 2012-06-15 06月15日-03号

また、警察庁においては、緊急合同点検の結果、通学路を含む周辺地域に生活道路が集積し、区域を指定した交通規制の実施や物理的デバイスの設置等が効果的であると認められる場合には、「ゾーン30」を活用した対策を積極的に検討するとしております。お隣の石川県では、今年度から生活道路を走る車のスピードを抑え、子供高齢者安全・安心に暮らせる歩行環境づくりを目指す取り組みが始まっています。

高岡市議会 2012-06-01 平成24年6月定例会 索引

3) 通学中の事故を防ぐため、ゾーン30の導入を図ってはと考えるが、見解は。   (2) 図書館事業について    1) さらなる図書館利用促進のため、公共施設への返却用のブックポストの設置を図     ってはどうかと考えるが、見解は。    2) リサイクル市とともにバス文庫も導入し、より多くの人に除籍図書の再利用を図     ってはと考えるが、見解は。   

  • 1