1806件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

黒部市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第3号12月12日)

人手不足に関連して倒産した企業業種別で見ると、サービス業ほかが105件で最も多く、次いで建設業が75件、製造業62件、卸売業59件、運輸業34件と続きます。  特に、一番多かったサービス業の倒産は3年連続で増加しており、中でも飲食、老人福祉介護といった業種倒産が多く、福祉介護、飲食などは仕事がきつい、給料が低いといった理由で世間的にも避けられがちな仕事であると。

黒部市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

本市においては、NTT等の通信事業者が提供する光ファイバー接続サービスのほか、1市2町で運営するケーブルテレビネットワークを活用したテレビインターネットサービスなどが地域情報インフラの基幹をなしておりますが、そのうちケーブルテレビネットワークは現時点で各家庭まで光ファイバー化されていないことから、Society5.0で期待される未来技術といわれる新しい技術には対応できない状況にあります。  

氷見市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会−12月10日-03号

アウトリーチとは、手を差し伸べると訳されますが、福祉などの分野における地域社会への奉仕活動であったり、また公共機関においては現場出張サービス等の意味で使われています。  そこで、市民文化プログラム推進事業、ひみ第九〜はじめの一歩コンサート〜の検証と成果、そして今後の取り組み、アウトリーチ活動推進事業の現在の取り組みと今後の取り組みについて鎌仲教育長にお尋ねをいたします。  

氷見市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会−12月09日-02号

この事業の目的の一つは、再生可能エネルギー地産地消によって地域内で生じる利益を活用した新たなエネルギーサービス事業を実施し、地域の振興につなげていくことでございます。  そのためには、議員の御質問にもございましたが、市と各分野の団体、民間事業者の皆様とも一体となって取り組む体制が必要であることから、現在、新たな会社の設立を目指し準備を進めているところでございます。  

富山市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会 (第5日目) 本文

また港区では、平成29年7月からAI、RPAによる区民サービス向上と働きやすい職場づくりを目指し、現在、9業務にRPAを導入し、年間で計5,500時間を削減し、特に保育園入園希望者の選考をAIが行うシステムについては、昨年、実証実験を行い、本年度から導入しており、職員15人程度で1週間の業務が数分間で完了したとのことでありました。  

黒部市議会 2019-12-04 令和元年第5回定例会(第1号12月 4日)

(11)高速道路の「サービスエリア」との違いは。   (12)高橋川が溢水した場合の避難対策は。   (13)誘致ゾーンの市長の描くイメージは。  3 公共交通網の拡大について   (1)今までの投資効果の具体的な実状は。   (2)これまでの「出前講座」開催のPR効果は。   (3)あいの風「黒部駅」と新幹線「黒部宇奈月温泉駅」のバス往復便は可能路線か。   

富山市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会 (第3日目) 本文

地方交付税制度には、自治体間の財源不均衡を調整します財源調整機能と、どの地域に住む国民にも一定の行政サービスを提供できるよう財源を保障する財源保障機能がございます。  その交付額は、標準的な行政サービスを行うための財政需要でございます基準財政需要額から、標準的な税収入の75%や地方譲与税などの基準財政収入額を控除した額を基本として決定されます。  

富山市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 (第1日目) 本文

シルバー人材センター運営事業について、シルバー人材センターでは、介護サービス育児支援などの新規事業発注の開拓にも取り組んでいるとのことだが、そうした新規事業の開拓について引き続き研究に努められたい。  次に、市民生活部所管分について申し上げます。  まちの環境美化推進事業について、ふるさと富山美化大作戦の平成30年度の参加者数、協力企業数が減っている。

立山町議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 (第2号) 本文

来年9月から新たに始まるポイント還元事業「マイナポイント」については、マイナンバーカードの保有者のうちマイキーIDを設定した方が対象となり、スマートフォン決済や電子マネーのサービスを利用すると、入金時やQRコード等を介したスマホ決済の利用後に25%分のポイントを国費で還元するものであります。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

この立地適正化計画では、中心市街地において、医療福祉施設商業などの都市機能や住居等がまとまって立地し、効率的なサービスを提供することで、生活の利便性を確保することに加えて、人口減少の中にあっても、中心市街地において人口密度を維持することで、コミュニティーを持続的に確保していくことを目的といたしております。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

この選択は、町民の生命と身体、財産災害から保護する行政の責務を果たすため、災害時の応急復旧や被災者支援など、その対応拠点施設としての機能が迅速かつ総合的に発揮できること、町民全体の利便性や既存の周辺公共施設と連携した今後の行政サービスのあり方などを十分に考慮したことといった点を中心に熟考を重ねた結果、私なりに導き出した方向性であります。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第1号)  提案理由説明

子育て支援につきましては、保育サービスの充実、児童センターの利用促進、学童保育の充実、子宝支援金の支給等により、産み育てやすい町として多様化するニーズに対応したサービスの提供に努めていただきたい。  農業振興につきましては、新規就農者への支援や農地の流動化促進に努められ、関係団体と協議、連携を図りながら、担い手不足の解消や高齢化への対応を進められたい。

魚津市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

今後、高齢化が進展し医療介護サービスの需要が増大していく中で、患者それぞれの状態にふさわしい良質かつ適切な医療効果的・効率的に提供する体制を構築することが求められております。入院医療全体の強化を図ると同時に、退院患者の生活を支える在宅医療及び介護サービス提供体制を充実させていくことが必要です。  

黒部市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会(第4号 9月25日)

第2点、「市民ニーズを反映した行政サービスの充実と健全財政の推進について」であります。  第2次総合振興計画の6つのまちづくり指針のひとつであります「都市基盤の充実した住みやすいまちづくり」に基づき、平成30年度においても、桜井中学校校舎・体育館新築事業、宇奈月消防庁建設事業及び総合体育センター長寿命化関連事業等、多くの事業が行われました。