3516件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

入善町議会 2020-07-01 令和2年第17回(7月)臨時会

歳出につきましては、まず、民生費及び衛生費に、新型コロナウイルス感染症により負担が増大しております介護障害者福祉サービス提供する事業者及び医療機関に対し、事業の継続を支援するため、事業内容等に応じて、1事業者当たり一律5万円・10万円・20万円の支援金を交付するに当たり必要な事業費を計上いたしております。  

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

今回のコロナ禍においては、外出の自粛が求められるなど、人との接触を極力回避するような生活様式が注目され、とりわけ在宅勤務をはじめとするテレワーク、ビデオ通話サービスであるZoomやSkypeなどを活用したオンライン会議などの取組が一気に進んだものと思われます。  

富山市議会 2020-05-01 令和2年5月臨時会 (第1日目) 本文

39 ◯ 18番(小西 直樹君)  次に、介護サービス事業所利用自粛協力支援事業給付金について質問いたします。  新型コロナウイルス感染症により、多くの介護事業所サービスの休業や縮小をせざるを得ない状況になっていて、利用者はもちろん、事業者介護に携わる人たち、家族が厳しい状況に立たされています。  

黒部市議会 2020-03-23 令和 2年第1回定例会(第4号 3月23日)

具体的には、地方公務員の働き方改革の一環として導入される会計年度任用職員制度の施行が、従来の臨時職員にとってインセンティブとなる一方、市役所、病院を含む人件費が約1億1500万円増大し、固定的経費の増加による財政の硬直化が懸念されるため、事業の実施にあたっては市民サービスの更なる向上が図られるよう努めること。  

小矢部市議会 2020-03-19 03月19日-04号

また、市民サービスの低下を招く事態が起きないよう、予算の執行に当たること。 2点目は、新型コロナウイルス対策については、国及び県の動向を注視して、遅滞なく実行すること。 3点目は、公共施設等再編計画に伴う廃止施設については、売却、譲渡等を含め、速やかに執行するとともに、議会との連携を図ること。 4点目は、小中学校統廃合については、議会との連携を図り、慎重に実施すること。 

射水市議会 2020-03-18 03月18日-04号

歳入の主なものは、第1号被保険者保険料、国・県からの介護給付費負担金支払基金交付金介護給付費繰入金であり、歳出の主なものは、居宅介護サービス費、施設介護サービス費などの保険給付費のほか、介護予防日常生活支援総合事業などの地域支援事業費であります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第7号 令和2年度射水市病院事業会計予算について申し上げます。 

氷見市議会 2020-03-17 令和 2年 3月定例会−03月17日-04号

平成19年の11月22日、氷見市と学校法人金沢医科大学との間で結ばれた基本協定並びに細目協定病院経営に関しての負担割合について、そして大学は地域住民に安定的かつ良質な医療サービス提供することを規定しております。  平成20年度から平成30年度までの10年間、協定に基づいて病院は運営されてきたのでありますが、残りの10年間も協定に基づいて運営されるのは当然であります。

黒部市議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第3号 3月10日)

さきの中野議員への答弁と重なりますが、既に市内では、中小企業小規模事業者、また、旅館やホテル、飲食店などのサービス業において、生産の減少や宿泊等予約キャンセルの発生により事業活動影響が出ている状況であります。このことから、国や県では新型コロナウイルス感染症影響を受ける事業者向け経営相談窓口設置資金供給円滑化を図る支援策を講じております。  

滑川市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第4号 3月 9日)

成年後見制度とは、精神上の障害によって判断能力が十分でない方が安心して日常生活を送れるようにするために、適切な援助者を選び、財産管理福祉サービス利用などの場面において、本人を保護し支援する制度でございます。  そしてまた、平成28年5月には、成年後見制度利用促進法が施行されたところでもございます。  

高岡市議会 2020-03-07 令和2年3月定例会(第7日目) 本文

来年度からの地区連絡センターでの住民票等発行業務の停止は住民サービスの削減であり、容認することはできない。また、マイナンバー制度関連費用が計上されているが、多くの市民個人情報の漏えいや不正使用に不安を抱いており、制度廃止、凍結を国に要請すべきである。また、個人情報保護のための万全の対応を当局に求める。