52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会 (第2日目) 本文

神通川は富山県内の川として最大の長さと流域面積を持ち、アユサクラマスなど、全国から釣り人が多く集まる場所です。  アユ釣りのベストシーズンは梅雨明けから9月中旬まで。内水漁業関係者の努力のおかげもあって、神通川のアユは全国に誇れるものであり、日本各地から定期的に訪れる釣り客も多いと聞いております。  

氷見市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会−03月11日-02号

氷見高校の海洋学科の生徒たちが射水市のサクラマスの養殖実習をしたとの新聞報道もありました。  また、高級魚とされるキジハタの大量生産法が確立したとの報道もあり、ぜひこの浜の活性化推進事業の中で、氷見市にある県の栽培漁業センターの有効活用に関することがあれば要望してほしいと考えますが、山口産業振興部長、いかがでしょうか。 ○議長(荻野信悟君) 山口産業振興部長

入善町議会 2019-03-01 平成31年第7回(3月)定例会(第1号)  提案理由説明

町特有の資源である海洋深層水については、近畿大学水産研究所と入善漁業協同組合によるサクラマス養殖技術の確立に向けた取り組みへの支援を継続するとともに、フルハシEPO株式会社によるスジアオノリの陸上養殖試験の事業化に向けた支援を行い、深層水のさらなる利活用を促進することに加え、深層水水産振興施設での事業を支援するため新たに専用井戸を整備いたします。  

黒部市議会 2018-12-12 平成30年第7回定例会(第2号12月12日)

要望内容を見ますと、連携排砂によって土砂の堆積が1メートルを超えて、至るところで見られていた湧水がふさがれ、サクラマス、サケ、アユなどの産卵場所が失われているとのことであります。一方、来年1月に定期環境調査などの結果を踏まえて、黒部川ダム排砂評価委員会が開催され、評価される予定となっております。これらを踏まえて、次の2点について伺います。  

入善町議会 2018-12-01 平成30年第6回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

海洋深層水につきましては、深層水仕込みのカキサクラマスのほかにも事業化を検討している動きもあり、今後さらなる利活用の可能性があれば新たな取水管の整備にも取り組んでいかなければならないのではないかと考えております。  また、中心市街地につきましては都市再生整備計画の策定を進め、入善駅周辺整備や狭い道路の解消による住環境の改善など、コンパクトなまちづくりを進めてまいります。

滑川市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会(第3号 9月11日)

また、入善町では分水施設での販売、工場内の冷却、カキの蓄養、サクラマスの養殖などに利用されていると聞いております。  なお、射水市で利用されているものにつきましては、一般的に深層水と定義される深度200メートル以深の海水ではなく、水深100メートルの中層水を養殖等に利用しているというふうに聞いております。  

黒部市議会 2018-06-15 平成30年第4回定例会(第2号 6月15日)

隣の入善町では、4月10日、サクラマスが大きく報道されました。入善漁業協同組合近畿大学水産研究所富山実験場が海洋深層水を使って養殖に成功、サクラマスが今期初出荷を迎えたのであります。5月13日に入善町内の飲食店でサクラマスフェアを行いました。本市も大いに見習っていきたいものであります。  これらを踏まえまして、7つの質問をいたします。  1、黒部漁業の現状について。  

入善町議会 2017-06-01 平成29年第20回(6月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

近畿大学水産研究所富山実験所では、その現状を知り、平成23年から海水でのサクラマス人工稚魚飼育に着手し、完全養殖を達成するなど、順調に研究を進めてきました。現在は入善町入善漁協と連携し、入善海洋深層水パークにおいて富山湾深層水を利用した完全養殖サクラマスの商業養殖試験を実施しております。  

入善町議会 2017-03-01 平成29年第19回(3月)定例会(第3号)  代表・一般質問

のための道路整備として、深層水パークと園家山キャンプ場を結ぶシーサイドロードの整備の着手、地域おこし協力隊活用事業による新たなまちづくりの展開、空き家バンクに登録された空き家を活用して、新規に創業する方を支援する制度の創設、介護サービス事業所の人材確保を支援する介護職員初任者研修受講料や町内事業所に就業のため転入された方に対する支援制度の創設、近畿大学水産研究所と入善漁業協同組合による深層水を活用したサクラマス

入善町議会 2017-03-01 平成29年第19回(3月)定例会(第1号)  提案理由説明

また、近畿大学水産研究所と入善漁業協同組合による深層水を活用したサクラマス養殖技術の確立に向けた取り組みを支援するとともに、深層水パーク周辺企業などの深層水需要の増加に応えるため、深層水取水ポンプの能力アップを図り、さらなる深層水の利活用を促進してまいります。  

入善町議会 2016-12-01 平成28年第17回(12月)定例会(第1号)  提案理由説明

さらに、近畿大学と入善漁業協同組合、町との産学官連携によるプロジェクトで、全国初となる深層水と地下水を利用したサクラマスの商用養殖試験を開始することとなりました。  この取り組みは、新たな町のブランドや産業の創出、町のセールスポイントにもなるなど、さまざまな可能性が期待されることから、事業化に向け、町としても積極的に支援をしていきたいと思っております。  

入善町議会 2016-12-01 平成28年第17回(12月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

また先月、サクラマスの養殖実験について報道発表を行ったところであり、この事業が軌道に乗れば、新たな町の魅力に加わるのではなかろうかと思われます。  このようなその時々の町の特色を反映し生かす見直しは、随時行ってまいりたいと考えております。  しかしながら、近年、ふるさと納税を受けた際の記念品の内容については、過熱ぎみの様相を呈しているようにも見受けられております。  

黒部市議会 2016-03-18 平成28年第1回定例会(第4号 3月18日)

3月12日、黒部宇奈月温泉サクラ咲ク・フェスタ2016が開催され、会場ではウルトラマンや黒部進さん、かたかご会の皆様によるお出迎えをはじめ、多彩なイベントが繰り広げられ、多くのお客様で賑わい、新幹線開業一周年を祝ったこと。  また、同時にJR主催の開業一周年記念式典も執り行われたこと等の報告を受けたのであります。  

入善町議会 2015-12-01 平成27年第13回(12月)定例会(第3号)  一般質問

そこで、平成26年に、富山県中央植物園の指導のもと、入善高校、上市高校、中央農業高校の3校が連携して、バイオテクノロジー技術により、桜の増殖や保存を図るため、情報交換技術支援を行う「サクラのバイオ増殖研究会」を設立し、富山県固有の貴重な桜を中心としたバイオ技術の活用に取り組んでいるところであります。  

黒部市議会 2015-03-19 平成27年第1回定例会(第4号 3月19日)

3月13日から15日にかけ、地域観光ギャラリーオープニングセレモニー、黒部宇奈月温泉サクラ咲ク・フェスタ2015、北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅出発式等、北陸新幹線開業に伴うセレモニーやイベントが開催され、多くの関係者や市民新幹線開業を盛大に祝ったこと等の報告を受けたのであります。  次に、当局から黒部市公共交通網形成計画の概要について説明を受けたのであります。