1038件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

地方税法において、乗用農耕トラクター農耕作業用小型特殊自動車に区分され、乗用田植え機、コンバイン、乗用薬剤散布車など、最高速度35キロメートル未満農耕用車両と同様に、軽自動車税の申告をしてナンバープレートを取り付ける必要があります。  現在、町に登録されている農耕作業用車両は約1,800台であり、農家数の減少などにより、年々登録数も減少している状況であります。  

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

入善町の農業用水路延長は、用排水路合わせて約690キロメートルあります。このほとんどが幅1メートル未満末端水路であり、水路への転落死亡事故の約半数は、この幅1メートル未満水路で発生しております。  町ではこれまで国や県の補助事業を活用しながら、農業用水路への転落防止対策として、小中学校の通学路住宅密集地などにおいて、危険性の高い箇所から優先的に防護柵の新設や更新に取り組んでまいりました。

氷見市議会 2020-03-17 令和 2年 3月定例会−03月17日-04号

避難訓練の反省として、避難住民をできるだけ早く、渋滞や混雑を少なくする立場からUPZ圏30キロメートル内外避難者を分散化するべきであると考えるからであります。  現在、氷見市内を走る能越自動車道中心的避難道路と考え、4か所あるインターチェンジ付近避難車両を検査する場所を設けるべきと考えるからであります。UPZ圏内外住民の一時避難場所は、各地域学校体育館です。

黒部市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 9日)

聖火ランナーは、午前10時55分に黒部漁港を出発し、約2.4キロメートル距離を14区間に分けて走行した後、ゴール地点である市総合体育センターメインアリーナ内に11時27分に到着する予定になっております。  本市の特色といたしましては、スタート地点並びにゴール地点で、それぞれ市ならではの盛り上げ施策を検討しております。

氷見市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会−03月09日-02号

今までの避難訓練は、UPZ30キロメートル内の関係の方々を何回かに分けて避難訓練をしてきたんですよ。人数も車の台数も限られておりましたよ。いざ災害が起こって、住民の皆さんが必死に車とかバスとか、それを利用して避難する、そういうことを考えた場合は、わざわざ大浦運動公園方々から避難してくる方々が集まってくる。これを考えたら、周り中が渋滞ですよ。動きませんよ。  

射水市議会 2020-03-06 03月06日-03号

本市での聖火リレーは、6月3日午後3時に富山薬事総合研究開発センターを出発し、小杉駅方向に北に進み、小杉中学校口交差点までの約2.2キロメートルを14区間に分けてリレーすることとなっております。 なお、当日は、スタート地点富山薬事総合研究開発センターにおいて、ミニセレブレーション(出発式)を行うこととしており、市を挙げて聖火リレーを盛り上げ、オリンピックの機運を高めることとしております。 

高岡市議会 2020-03-06 令和2年3月定例会(第6日目) 本文

200 ◯産業振興部長川尻光浩君) 本市では地域要望を踏まえ、国の補助事業を活用して、平成23年度に21キロの電気柵整備したことを皮切りに、平成24年度23キロ、平成25年度16キロ、平成26年度14キロ、平成27年度20キロ、平成28年度23キロ、平成29年度14キロ、平成30年度15キロ、令和元年度に19キロを整備し、現在までに合計165キロメートル

射水市議会 2020-03-05 03月05日-02号

また、電気柵については、イノシシ被害が発生し始めた平成23年度から国の補助事業を活用し、金山・櫛田地区など山間地域中心に貸与しており、その総延長は本年度貸与分を含め約68キロメートルとなっております。また、市内恒久柵設置は約1.3キロメートルであります。 今後は恒久柵設置が増加すると想定をしております。

高岡市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会(第4日目) 本文

本市では、平成23年度から国の補助事業を活用して電気柵整備を開始し、現在まで総延長165キロメートル整備を行ってまいりました。来年度地域要望を踏まえ、約29キロメートル整備を予定しており、これまでの最長の整備を行うこととしております。  さらに、急傾斜地等での電気柵を張れない箇所への対策として、来年度新たに太田地域耐雪型侵入防止柵整備を行うこととしております。  

富山市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会 (第4日目) 本文

11 ◯ 4番(泉  英之君)  代替路という話がありまして、今、瓶岩橋は通行できませんが、下流側立山橋上流側芳見橋、10キロメートル間の距離をもって代替路とするのか、またあるいは──要は何分かかるのか。実際上、私、回ってみましたが、基本的には22キロメートルあります、周辺が。

富山市議会 2020-03-03 令和2年3月定例会 (第3日目) 本文

17 ◯ 活力都市創造部長(前田 一士君)  市は、SDGs未来都市計画に位置づけたモデル事業であります路線バス等におけるEV(電気自動車)・FCV(燃料電池車)導入に向けた調査検討事業を行ってきた結果、時速20キロメートル未満の低速で公道──公の道──を走行する4人乗り以上の小型電動モビリティーであるグリーンスローモビリティを市内にモデル的に導入することといたしました

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第3号) 本文

1回の充電でおよそ30キロメートル走り、速度も2キロから6キロメートルと設定でき、道路交通法上は歩行者とみなされ、歩道の通行が可能です。高齢者方々が家にこもらず、健康寿命の延伸を目指し元気に過ごすためにも、外出が楽しみになるこのシニアカーの存在は大きいと思われます。また、購入に当たっては、国は消費税を免除しています。町でも補助の対象にならないのでしょうか。  

上市町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第2号) 本文

当町の町道の総延長は333キロメートルあり、センターライン外側線、ゼブラゾーンなどの白線が引かれていますが、町では、町道白線塗り直しを行っているものの、町道の総延長が膨大で予算もかかるため、補修に限定的になっています。  この観点から、1番目、白線が薄くなったり消えていると、車の搭載センサーが正常に作動せず、ラインをはみ出して交通事故の原因になる。

入善町議会 2020-03-01 令和2年第13回(3月)定例会(第3号)  一般質問

入善工区における海岸管理用通路を活用した新たな海岸沿いを結ぶ10.5キロメートルコースであり、コース周辺には湧水深層水施設園家山キャンプ場、杉沢の沢スギ、じょうべのま遺跡、近い将来設置されるだろう洋上風力発電の設備においては、観光資源であり、大きな町の財産でもあります。コースを一帯一路化し、広く情報発信することで、多くの人が町に訪れるとともに、コース使用の頻度も上がると思われます。