運営者 Bitlet 姉妹サービス
707件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第3日目) 本文 調べてみると、国民の生活向上に必要な施設であり、社会生活を営む際に利用する構造物、建築物やその設備、公共性があるものは社会資本、インフラストラクチャーなどと呼ばれる。言いかえれば、必要な行政サービスを住民が受けるためにある建造物とも言えます。  その建造物が身近なところにあれば、住民にとっては利便であり、人が集まり、にぎわいができ、1つのコミュニティーができ上がることになります。 もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第6日目) 本文 子育て、教育、高齢者対策、そして道路や橋梁、上下水道など、インフラの維持補修等に多額の財源がこれからも必要です。  最後に、議案第150号の一般会計補正予算案には、今ほど述べた特別職、議員などの期末手当引上げ分が含まれておりますので賛成できません。補正予算のその他の部分については賛成です。  以上を申し上げまして、3つの議案に対する反対討論といたします。 もっと読む
2018-12-01 魚津市議会 平成30年12月定例会(第4号) 本文 以上のような状況のもとに、では、私たちの労災病院というインフラをむしろ活用していったほうがいいのではないか、有効にするために産科というものを積極的に取り入れていくということが必要ではないかというふうに思っております。  今回院長として、元県立中央病院の中野先生という方がいらっしゃっていただけるというふうに聞いております。 もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第2日目) 本文 さらにインフラの耐震化・長寿命化。やらなければいけないことがいっぱいありますので、やっぱり基本的には厳しさは相変わらず続いていく。あとはめり張りをきかす予算編成が求められるということだろうと思います。 ◯ 議長(村上 和久君)  37番 柞山 数男君。 ◯ 37番(柞山 数男君)  ありがとうございました。  次に、財政調整基金についての基本的な考え方についてお伺いしたいと思います。   もっと読む
2018-12-01 富山市議会 平成30年12月定例会 (第4日目) 本文 また、官民連携につきましても、本市の既存インフラを研究フィールドとして提供することにより、新技術の活用や民間等の技術力、ノウハウの活用など多岐にわたって取り組んでいるところであり、具体的には、国立研究開発法人土木研究所などとの共同研究や国土交通行政のシンクタンクである一般財団法人国土技術研究センターへの職員派遣など、能力開発や幅広い知識の習得を行っているところであります。   もっと読む
2018-09-01 高岡市議会 平成30年9月定例会(第2日目) 本文 本市ではこれまで、歴史まちづくり計画に基づき、さまざまな観光インフラの整備に努めてきました。ハード整備においては、高岡御車山会館の建設をはじめ、瑞龍寺山門や勝興寺大広間などの保存修理事業、山町筋や金屋町の重要伝統的建造物群保存修理事業などを行い、そしてソフト整備については、観光ボランティアガイドの養成を行ったほか、市民の協働によりおもてなしの心の醸成にも努めてまいりました。 もっと読む
2018-09-01 高岡市議会 平成30年9月定例会 索引 2) 他の自治体に比べおくれている教育インフラの整備を進めるために、時期を逸し     ないよう、柔軟かつ積極的に投資を行うべきと考えるが、見解は。    3) 今後の予算編成において、投資の好機、時期を逸しないよう、単年度の市債発行     上限額にとらわれず複数年度間で調整するなど、柔軟な運用が必要と考えるが、見     解は。    もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第4日目) 本文 恐らく、普通の市民の皆さんも今まで同様の考えでは、そういった道路ですとか、インフラはすぐ直るものというふうに認識していたわけでありますが、今のお話を聞いておりましても、なかなかそうはいっていないようだというふうに認識します。   もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第2日目) 本文 このため、市場再整備につきましては、1つには、施設全体をコンパクト化し整備費を抑えるとともに、それにより生じた土地を有効活用する、2つには、食の流通を支えるインフラとしての役割を果たすために必要な耐震性や鮮度保持機能の確保、物流機能等の強化を図る、3つには、整備に際して各施設の必要性や費用対効果を精査するなどの点に留意して取り組んでまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-09-01 魚津市議会 平成30年9月定例会(第3号) 本文 観光客を呼び込むためのインフラとして平成27年、3年前に北陸新幹線が開通、開業をいたしました。鉄路、鉄道での関東圏からの利便性は向上しましたが、反面、空路富山・羽田便の搭乗者数が減少し、減便や機材の小型化で何とか存続している状態であります。  もし羽田便がなくなってしまうと、飛行機の地上支援、いわゆる誘導とか荷物の上げおろしなどの着陸から離陸までの業務を支援する航空会社がなくなる。 もっと読む
2018-09-01 富山市議会 平成30年9月定例会 (第6日目) 本文 今後、庁内連絡会議を立ち上げて検討するとともに、富山大学やインフラ事業者等から構成される協議会を設置し、民間のアイデアも取り入れながら、使い方についてしっかりと検討していきたいとの答弁がありました。  さらに、同事業に対する討論について申し上げます。  市民生活の利便性や快適性を向上させたいという思いはわかるが、どのような事業に活用できるのかがよくわからない。 もっと読む
2018-06-18 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第3号 6月18日) それらを踏まえてですが、3つの大きなイベントに合わせ本市が行うのであれば、どのようなインフラ整備を行うのか、その方向性についてお伺いいたします。                〔市長 大野久芳君挙手〕 ○議長(伊東景治君) 市長、大野久芳君。                 もっと読む
2018-06-12 滑川市議会 平成30年 6月定例会(第3号 6月12日) 、「公共施設等総合管理計画の策定にあたっての指針の改訂について」の通知があったところでございますが、本市の総合管理計画においては、先ほども言いましたとおり、平成28年10月に作成しておりまして、この中身について、中・長期的な施設の更新経費の見込みについて既に記載はしているんですが、当然、維持管理経費、修繕経費、改修経費、更新費用等につきまして、見込み、必要な地方債や基金などの財源、それから建築物・インフラ もっと読む
2018-06-08 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第1号 6月 8日) なのか   (2)人口動態の変化、人口減少に歯止めがかからないが、どのように認識している      のか、また、何が課題となるか   (3)諸課題に対応していくために、市当局として、どのような体制強化を進めてい      くのか  2 これからの市内で開催される大型イベントへの対応について   (1)今後予定されている大型イベントの計画内容について問う   (2)イベント開催に合わせて、本市が行うインフラ もっと読む
2018-06-08 射水市議会 平成30年  6月 定例会-06月08日−03号 また、災害時には電話回線が混み合うということが十分予想され、またこれらはネットワーク回線がないと使えないということもございますので、災害対策としてWⅰ-Fⅰインフラの整備を強く進める必要があると感じております。これは要望といたしまして、質問を終えたいと思います。 ----------------------------------- △根木武良君 ○副議長(不後昇君) 根木武良君。       もっと読む
2018-06-01 富山市議会 平成30年6月定例会 (第4日目) 本文 ちなみに、いわゆる箱物だけではなくて、社会インフラである橋梁につきましても、異常を監視するためのセンサーを設置しまして、劣化損傷の進行度を常時把握する仕組みを導入するなど重大な事故の予防に努めているところであります。 ◯ 副議長(鋪田 博紀君)  24番 松井 桂将君。 ◯ 24番(松井 桂将君)  そんな中、他都市では施設老朽化に伴う事故も発生しております。   もっと読む
2018-06-01 富山市議会 平成30年6月定例会 (第6日目) 本文 また、富山市立地適正化計画、富山市地域公共交通網形成計画、第3期富山市中心市街地活性化基本計画の策定に当たり、強力な指導力を発揮されたほか、八田橋のかけかえ等、橋梁をはじめとする社会インフラの老朽化対策に取り組まれるなど、将来にわたり持続可能な都市の実現のため、各種事業の一層の推進に努められました。   もっと読む
2018-06-01 高岡市議会 平成30年6月定例会(第3日目) 本文 関西方面では、インフラのみならず人的被害も報告されています。大阪には高岡市関係の方々も多数在住されており、自民同志会の議員一同、被災された皆様を思い心痛しております。一刻も早い安否の確認、そして復旧を願い、質問に入らせていただきます。  6月定例会初日から、市長もおっしゃられていたとおり、いよいよ今年度から財政健全化緊急プログラムがスタートし、財政再建に向けて苦しい道のりがついに始まりました。 もっと読む
2018-06-01 富山市議会 平成30年6月定例会 (第3日目) 本文 植野塾は、インフラ整備、まちづくりに関する先進的な取組みや業務実例の話題を中心に、職員が日ごろの業務で抱える課題や問題解決のヒントを考えることを目的に開催しています。  しかし、講師の専門領域によっては、参加職員の職種に偏りや固定化などが見受けられ、残念に感じています。   もっと読む
2018-06-01 富山市議会 平成30年6月定例会 (第5日目) 本文 さらには、富山県警をはじめ、行政機関やインフラ事業者等で組織する富山県サイバーテロ等対策連絡協議会に本市も加入しており、協議会の構成団体にサイバー攻撃が発生した場合やそのおそれがある場合には、速やかにその情報が全ての構成団体に提供される体制となっております。 ◯ 議長(村上 和久君)  9番 木下 章広君。 もっと読む