ツイート シェア
  1. 立山町議会 2021-03-01
    令和3年3月定例会 (第4号) 本文


    取得元: 立山町議会公式サイト
    最終取得日: 2021-08-19
    ▼最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1   午後 2時00分 開議            開   議   の   宣   告 ◯議長(内山 昭君) ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。         ─────────────────────────           議  事  日  程  の  報  告 2 ◯議長(内山 昭君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。         ─────────────────────────         議案第7号から議案第14号まで、議案第20号、         議案第21号及び議案第23号から議員第43号まで 3 ◯議長(内山 昭君) 日程第1 議案第7号から議案第14号まで、議案第20号、議案第21号及び議案第23号から議員第43号までの件を議題といたします。            委   員   長   報   告 4 ◯議長(内山 昭君) 以上の案件に関し、付託いたしました各常任委員会の審査結果の報告を求めます。  総務教育常任委員会委員長 石田孝夫君。  〔総務教育常任委員会委員長 石田孝夫君 登壇〕 5 ◯総務教育常任委員会委員長石田孝夫君) ご苦労さまです。  総務教育常任委員会における審査の経過並びに結果について、ただいまよりご報告申し上げます。  当委員会に付託されました案件は、議案第7号 令和3年度立山一般会計予算についてのうち当委員会所管分ほか16件の議案であります。  この議案につきまして、慎重審議の結果、お手元に配付しております委員会審査結果のとおり、可決すべきものと決しました。
     それでは、審査の概要について申し上げます。  議案第7号 令和3年度立山一般会計予算についてのうち当委員会所管にかかる審査について。  企画政策課所管にかかる新婚世帯生活支援事業について、親と同居した場合も対象となるのかとの質疑がありました。  夫婦ともに39歳以下で世帯所得が400万円未満の新婚世帯を対象に、住宅の取得、リフォーム、賃借料、または引っ越しに要する費用を最大30万円補助するもので、親との同居の場合も対象となる。また、町では3世代同居や近居を支援する補助制度もあり、活用してもらいたいとの答弁がありました。  税務課にかかる確定申告事前予約制の効果について質疑がありました。  確定申告事前予約制については、町広報やNet3で周知を図ったことにより、申告会場における混乱はほとんどなく、また例年発生する駐車場不足の苦情もなかった。3月12日までの実績は、予約件数が1,870件、受け付けた申告書の数は2,424件で、例年並み申告数であった。待ち時間も短くなり、おおむね好評であったとの答弁があり、議員からは来年度以降も継続してはどうかとの提案がありました。  教育課所管にかかる公民館活動推進事業では、コロナ禍により公民館活動が縮小したことで、町から各公民館へ支出した委託料の取扱いについての詳細を問う質疑がありました。  各公民館において、これまでの実施方法を変更し、密にならないよう様々な工夫を凝らしながら事業に取り組んできたが、やむを得ず実施できなかった事業分委託料については精算後に町へ返還となるとの答弁がありました。  会計課所管にかかる財務会計システム電子決裁導入効果について質疑がありました。  今年度からの電子決裁導入により、添付書類画像データにすることで3月10日現在、約1万8,000枚の紙が削減された。また、各課で起票された伝票の支払金額支払予定日決裁状況等の把握が容易になり、資金執行の見通しが立てやすくなったとの答弁がありました。  消防本部所管にかかる各地区の消防団員数について質疑がありました。  3月5日の消防団幹部会議で、各分団の団員数について提案した。人口が増えている分団では増員し、山間部等の成り手不足の分団では、機能別団員を入れるなどの対応により、全体の数を維持することで各分団長から了解いただいているとの答弁がありました。  以上、採決の結果、議案第7号 令和3年度立山一般会計予算のうち当委員会所管分については、原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第24号 立山課設置条例の一部改正について。  職員体制についての質疑があり、4月から設置される「美しいまちづくり推進室」は室長、担当係長主任等で4名程度とする。事務の内容については、建設課の空き家・空き地対策住民課地域再生可能エネルギー関係地球温暖化対策を移管することとしているとの答弁がありました。  議案第20号 押印の廃止に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、議案第21号 立山行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の制定について、議案第23号 立山上東地区地域資源活用交流促進施設条例の制定について、議案第24号 立山課設置条例の一部改正について、議案第25号 立山町職員の給与に関する条例の一部改正について、議案第26号 立山職員等の旅費に関する条例の一部改正について、議案第27号 立山地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展基盤強化のための固定資産税課税免除に関する条例の一部改正について、議案第28号 立山国民健康保険税条例の一部改正について、議案第29号 立山町立小中学校設置条例の一部改正について、議案第30号 立山奨学金返済応援補助条例の一部改正について、議案第31号 立山郷土資料館条例の一部改正について、議案第32号 立山体育施設条例の一部改正について、議案第33号 立山埋蔵文化財センター条例の一部改正について、議案第40号 立山火災予防条例の一部改正については、特段の質疑がなく、全て原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第41号 日中上野東谷辺地総合整備計画の変更について、議案第42号 新瀬戸立山辺地総合整備計画の変更については、特段の質疑がなく、全て原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上をもちまして、総務教育常任委員会委員長報告を終わります。 6 ◯議長(内山 昭君) 以上をもちまして、総務教育常任委員会委員長報告を終わります。  産業厚生常任委員会委員長 荻生義明君。  〔産業厚生常任委員会委員長 荻生義明君 登壇〕 7 ◯産業厚生常任委員会委員長荻生義明君) お疲れさまです。  産業厚生常任委員会委員長報告。  産業厚生常任委員会における審査の経過並びに結果について、ただいまよりご報告申し上げます。  当委員会に付託されました案件は、議案第7号 令和3年度立山一般会計予算のうち当委員会所管分ほか14件の議案についてであります。  これらの各議案につきまして、慎重審議の結果、お手元に配付しております委員会審査結果のとおり、全て可決することと決しました。  それでは、審査の概要について申し上げます。  議案第7号 令和3年度立山一般会計予算のうち当委員会所管にかかる審査についてであります。  健康福祉課所管にかかる包括的支援事業任意事業では、賠償保険の内容についての質疑がありました。  町と保険会社で契約を結び、認知症の方が第三者に負わせた損害を3億円まで補償する内容であり、現在、認知症高齢者等見守りネットワーク事業に登録されている方を保険の対象とし、加入を勧めるとの答弁でありました。  建設課所管にかかる道路維持補修事業では、道路リポーターシステム運用方法について問う質疑がありました。  町職員区長等に限定して道路情報の収集を行い、大雪時だけでなく、道路の修繕など通常の維持管理にも活用したいとの答弁でありました。  農林課農業委員会所管にかかる明日を担う農業経営体育成事業では、農業次世代人材投資事業について町の支援の仕方を問う質疑がありました。  自営就農者で、今後5年間で経営規模を拡大する意思があり、町から青年等就農計画の認定を受けた農業者を対象とし、就農直後の経営確立を支援するための資金を交付する事業です。栽培技術等については、県農林振興センター等から助言を受けながら支援していきたいとの答弁でありました。  商工観光課所管にかかるグリーンパーク吉峰等運営事業では、地域おこし企業人負担金の内容を問う質疑がありました。  地方自治体に、3大都市圏に所在する民間企業社員等を一定期間受け入れ、そのノウハウや知見を生かし、地域独自の魅力や価値の向上等につながる業務に従事してもらうプログラムである。企業所属の身分のまま、社員を派遣してもらうものであるとの答弁でありました。  以上、採決の結果、議案第7号 令和3年度立山一般会計予算のうち当委員会所管分については、原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第10号 令和3年度立山墓地公園事業特別会計予算についてでは、備品購入の詳細についての質疑があり、積雪時の納骨に対応するために園路等を通行できるように除雪機を購入するものとの答弁でありました。  議案第14号 令和3年度立山水道事業会計予算についてでは、老朽水道管更新箇所についての質疑があり、まずは基幹管路という配水管を重点に行い、末三賀及び大窪から立泉寺間の地区で行うとの答弁でありました。  議案第8号 令和3年度立山国民健康保険事業特別会計予算について、議案第9号 令和3年度立山後期高齢者医療事業特別会計予算について、議案第11号 令和3年度立山地域開発事業特別会計予算について、議案第12号 令和3年度立山農業集落排水事業特別会計予算について、議案第13号 令和3年度立山浄化槽設置管理事業特別会計予算については、特段の質疑はなく、全て原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第34号 立山遺児福祉金条例の一部改正について、議案第35号 立山重度心身障害者等医療費助成に関する条例の一部改正について、議案第36号 立山国民健康保険条例の一部改正について、議案第37号 立山環境美化の推進に関する条例の一部改正について、議案第38号 立山空家等の適切な管理及び活用に関する条例の一部改正について、議案第39号 立山浄化槽設置及び管理に関する条例の一部改正について、議案第43号 町道路線の認定については、特段の質疑はなく、全て原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上をもちまして、産業厚生常任委員会委員長報告を終わります。 8 ◯議長(内山 昭君) 以上をもちまして、産業厚生常任委員会委員長報告を終わります。  以上をもって、各常任委員会委員長の審査結果の報告が終わりました。          委 員 長 報 告 に 対 す る 質 疑 9 ◯議長(内山 昭君) これより、ただいまの各常任委員会委員長報告に対する質疑に入ります。  質疑ございませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 10 ◯議長(内山 昭君) 質疑なしと認めます。            討   論   ・   採   決 11 ◯議長(内山 昭君) これより討論に入るのでありますが、通告がありませんので採決いたします。  まず、議案第7号を採決いたします。  議案第7号 令和3年度立山一般会計予算について  本案に対する各常任委員会委員長の報告は可決であります。  本案は、各常任委員会委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 12 ◯議長(内山 昭君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。  次に、議案第8号から議案第14号までの7件を一括採決いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 13 ◯議長(内山 昭君) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  議案第 8号 令和3年度立山国民健康保険事業特別会計予算について  議案第 9号 令和3年度立山後期高齢者医療事業特別会計予算について  議案第10号 令和3年度立山墓地公園事業特別会計予算について  議案第11号 令和3年度立山地域開発事業特別会計予算について  議案第12号 令和3年度立山農業集落排水事業特別会計予算について  議案第13号 令和3年度立山浄化槽設置管理事業特別会計予算について  議案第14号 令和3年度立山水道事業会計予算について  以上の案件に対する産業厚生常任委員会委員長の報告は可決であります。  以上の案件は、産業厚生常任委員会委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 14 ◯議長(内山 昭君) 起立全員であります。よって、これらの案件は原案のとおり可決されました。  次に、議案第20号、議案第21号及び議案第23号の3件を一括採決いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 15 ◯議長(内山 昭君) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  議案第20号 押印の廃止に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について  議案第21号 立山行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の制定         について  議案第23号 立山上東地区地域資源活用交流促進施設条例の制定について  以上の案件に対する総務教育常任委員会委員長の報告は可決であります。  以上の案件は、総務教育常任委員会委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 16 ◯議長(内山 昭君) 起立全員であります。よって、これらの案件は原案のとおり可決されました。  次に、議案第24号から議案第40号までの17件を一括採決いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 17 ◯議長(内山 昭君) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  議案第24号 立山課設置条例の一部改正について  議案第25号 立山町職員の給与に関する条例の一部改正について  議案第26号 立山職員等の旅費に関する条例の一部改正について  議案第27号 立山地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展基盤強化のた         めの固定資産税課税免除に関する条例の一部改正について  議案第28号 立山国民健康保険税条例の一部改正について  議案第29号 立山町立小中学校設置条例の一部改正について  議案第30号 立山奨学金返済応援補助条例の一部改正について  議案第31号 立山郷土資料館条例の一部改正について  議案第32号 立山体育施設条例の一部改正について  議案第33号 立山埋蔵文化財センター条例の一部改正について  議案第34号 立山遺児福祉金条例の一部改正について  議案第35号 立山重度心身障害者等医療費助成に関する条例の一部改正について
     議案第36号 立山国民健康保険条例の一部改正について  議案第37号 立山環境美化の推進に関する条例の一部改正について  議案第38号 立山空家等の適切な管理及び活用に関する条例の一部改正について  議案第39号 立山浄化槽設置及び管理に関する条例の一部改正について  議案第40号 立山火災予防条例の一部改正について  以上の案件に対する各常任委員会委員長の報告は可決であります。  以上の案件は、各常任委員会委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 18 ◯議長(内山 昭君) 起立全員であります。よって、これらの案件は原案のとおり可決されました。  次に、議案第41号及び議案第42号の2件を一括採決いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 19 ◯議長(内山 昭君) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  議案第41号 日中上野東谷辺地総合整備計画の変更について  議案第42号 新瀬戸立山辺地総合整備計画の変更について  以上の案件に対する総務教育常任委員会委員長の報告は可決であります。  以上の案件は、総務教育常任委員会委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 20 ◯議長(内山 昭君) 起立全員であります。よって、これらの案件は原案のとおり可決されました。  次に、議案第43号を採決します。  議案第43号 町道路線の認定について  本案に対する産業厚生常任委員会委員長の報告は可決であります。  本案は、産業厚生常任委員会委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 21 ◯議長(内山 昭君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。         ─────────────────────────             議案第44号から議案第55号まで 22 ◯議長(内山 昭君) 次に、日程第2 町長より追加提案されました議案第44号 令和3年度立山一般会計補正予算についてから議案第55号 立山監査委員の選任についてまで、以上12件を議題といたします。           提  案  理  由  の  説  明 23 ◯議長(内山 昭君) 町長より提案理由の説明を求めます。  町長 舟橋貴之君。  〔町長 舟橋貴之君 登壇〕 24 ◯町長舟橋貴之君) 本日、議案12件につきまして追加提案させていただきました。令和3年度補正予算に関するもの1件、令和2年度補正予算に関するもの1件、指定管理者の指定に関するもの9件、監査委員の選任に関するもの1件であります。  それでは、説明いたします。  議案第44号 令和3年度立山一般会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ1,685万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を112億4,485万1,000円といたしております。  歳出といたしましては、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、新たに子育て世代に対する生活支援メニュー求人情報など暮らしに役立つ情報の提供及び相談等に応じる子育て世代応援相談会の開催に係る経費をはじめ、町内の高校生、大学生等のお子様を扶養している世帯に対する奨学資金追加給付公共施設で換気の難しい部屋や学校の保健室等空気循環式紫外線清浄機を導入する経費を計上いたしております。  また、町の地域おこし協力隊に対する活動支援として、地域おこし協力隊経験者をアドバイザーとして委嘱するための経費を追加いたしております。  議案第45号 令和2年度立山一般会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ2億4,141万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を166億7,628万9,000円といたしております。  主なものといたしましては、先般決定した学校跡地利活用事業の提案を受けて、旧新瀬戸小学校については、国の地方創生拠点整備交付金地方創生推進交付金を財源として改修経費等を、立山芦峅小学校については、下水道への接続工事等の経費を追加しております。  また、立山ライオンズクラブ様より、青少年の健全育成を目的とした寄附金をいただいており、児童用図書購入費に充てることとしております。  このほか、繰越明許費の補正につきましては、旧新瀬戸小学校施設整備事業ほか2件、計2億5,163万5,000円の繰越し、地方債補正につきましては、1件の変更を行うものであります。  議案第46号につきましては、立山町民会館指定管理者の指定が、令和3年3月31日で指定期間が終了することから、令和4年3月31日までの1年間、立山商業協同組合指定管理者に指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。  議案第47号の立山中央体育センター及び立山町武道館の指定管理者、議案第48号の立山町民体育館指定管理者の指定につきましては立山スポーツ協会に、議案第49号のグリーンパーク吉峰指定管理者、議案第50号のたてやま山麓地区活性化施設グリンパルよしみね」の指定管理者、議案第51号の立山農業農村活性化施設「陶の里陶農館」の指定管理者、議案第52号の立山里山暮らし体験施設指定管理者につきましては株式会社たてやまに、議案第53号の立山交流センター指定管理者につきましては立山商業協同組合に、議案第54号の立山町総合公園の指定管理者につきましては公益社団法人立山町シルバー人材センターに、令和6年3月31日までの3年間指定するため、同様に議会の議決を求めるものであります。  議案第55号につきましては、令和3年3月22日で任期が満了する監査委員・水上雄二氏を再任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。  以上、追加提案いたしました議案につきまして、慎重にご審議賜りますようお願い申し上げます。 25 ◯議長(内山 昭君) 町長の提案理由の説明が終わりました。           質                 疑 26 ◯議長(内山 昭君) これより質疑を行います。  質疑はございませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 27 ◯議長(内山 昭君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。これらの案件は、立山町議会会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに討論・採決いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 28 ◯議長(内山 昭君) ご異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決定いたしました。            討   論   ・   採   決 29 ◯議長(内山 昭君) これより討論に入るのでありますが、通告がありませんので採決いたします。  まず、議案第44号を採決します。  議案第44号 令和3年度立山一般会計補正予算について  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 30 ◯議長(内山 昭君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。  次に、議案第45号を採決します。  議案第45号 令和2年度立山一般会計補正予算について  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 31 ◯議長(内山 昭君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。  次に、議案第46号から議案第54号までの9件を一括採決いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 32 ◯議長(内山 昭君) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  議案第46号 立山町民会館指定管理者の指定について  議案第47号 立山中央体育センター及び立山町武道館の指定管理者の指定につい         て  議案第48号 立山町民体育館指定管理者の指定について  議案第49号 グリーンパーク吉峰指定管理者の指定について  議案第50号 たてやま山麓地区活性化施設グリンパルよしみね」の指定管理者の         指定について  議案第51号 立山農業農村活性化施設「陶の里陶農館」の指定管理者の指定につ         いて  議案第52号 立山里山暮らし体験施設指定管理者の指定について  議案第53号 立山交流センター指定管理者の指定について  議案第54号 立山町総合公園の指定管理者の指定について  以上の案件は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 33 ◯議長(内山 昭君) 起立全員であります。よって、以上の案件は原案のとおり可決されました。  次に、議案第55号を採決いたします。  議案第55号 立山監査委員の選任について  本案は同意することにご異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 34 ◯議長(内山 昭君) ご異議なしと認めます。よって、議案第55号については、水上雄二君が立山監査委員に選任されることに同意するものと決しました。         ─────────────────────────            議員提出議案第1号及び議員提出議案第2号 35 ◯議長(内山 昭君) 次に、日程第3 村田 昭君より追加提案されました議員提出議案第1号 立山町議会会議規則の一部改正について及び議員提出議案第2号 立山町議会委員会条例の一部改正について、以上2件を一括議題といたします。           提  案  理  由  の  説  明 36 ◯議長(内山 昭君) 村田 昭君より提案理由の説明を求めます。  14番 村田 昭君。  〔14番 村田 昭君 登壇〕 37 ◯14番(村田 昭君) 私は、窪田一誠君ほか3名のご賛同をいただき、議員提出議案第1号 立山町議会会議規則の一部改正について及び議員提出議案第2号 立山町議会委員会条例の一部改正について、以上2件を提案するものであり、その提案理由の説明を申し上げます。
     まず、議員提出議案第1号について申し上げます。  政府において、原則、押印義務を廃止する方針を踏まえ、立山町では行政手続における押印の見直しが行われております。  議会においても見直し対象を検討し、住民から議会への請願手続について、押印要件を見直すこととしました。  現在、請願者一律に押印の義務づけを求めておりますが、請願者の利便性を向上させるため、「署名又は押印」に改正しようとするものです。  なお、陳情書においても、請願書の例により、同様の取扱いとなります。  次に、議員提出議案第2号 立山町議会委員会条例の一部改正につきましては、立山課設置条例の一部改正に伴い、新設される「美しいまちづくり推進室」について、議会産業厚生常任委員会の所管に加える改正を行うものであります。  何とぞ全会一致のご賛同をいただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。 38 ◯議長(内山 昭君) 提案理由の説明が終わりました。           質                 疑 39 ◯議長(内山 昭君) これより質疑を行います。  質疑はありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 40 ◯議長(内山 昭君) 質疑なしと認めます。            討   論   ・   採   決 41 ◯議長(内山 昭君) これより討論に入るのでありますが、通告がありませんので、採決いたします。  議員提出議案第1号及び議員提出議案第2号を一括採決いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 42 ◯議長(内山 昭君) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  議員提出議案第1号 立山町議会会議規則の一部改正について  議員提出議案第2号 立山町議会委員会条例の一部改正について  以上の案件は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 43 ◯議長(内山 昭君) 起立全員であります。よって、以上の案件は原案のとおり可決されました。         ─────────────────────────          閉会中における各常任委員会及び議会運営委員会          並びに各特別委員会の所管事務の継続審査について 44 ◯議長(内山 昭君) 次に、日程第4 閉会中における各常任委員会及び議会運営委員会並びに各特別委員会の所管事務の継続審査についての件を議題といたします。  本件については、立山町議会会議規則第74条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の所管事務の継続審査の申出があります。  お諮りいたします。各常任委員会委員長及び議会運営委員会委員長並びに各特別委員会委員長からの申出のとおり、閉会中の所管事務を継続審査に付することにご異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 45 ◯議長(内山 昭君) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。         ─────────────────────────            閉   議   の   宣   告 46 ◯議長(内山 昭君) 以上をもちまして、今期定例会における提出議案の議事が全て終了いたしました。  今期定例会中、長期間にわたり終始熱心にご審議いただきました議員各位に対し、また町長はじめ執行部のご協力に対し、深く敬意を表するとともに、厚くお礼を申し上げます。         ─────────────────────────            町   長   の   挨   拶 47 ◯議長(内山 昭君) 町長より挨拶の申出があります。  町長 舟橋貴之君。  〔町長 舟橋貴之君 登壇〕 48 ◯町長舟橋貴之君) 今月4日から始まりました3月議会定例会でございますが、本日の閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。  議員各位におかれましては、いずれの議案にも慎重にご審議をいただき、提案いたしました議案49件につきまして、原案のとおり可決をしていただきました。誠にありがとうございました。  新型コロナウイルス感染症につきましては、医療従事者に対するワクチン接種が行われております。町では、住民向けワクチン接種の実施に向けた準備を進めておりまして、集団接種会場となる立山町民会館に4月1日からコールセンターを設置しまして、住民の皆さん方のご質問にお答えをしていきたいというふうに考えております。  早ければ救える命があって、遅ければその分失う命があるというのが今回のワクチンなんだろうと思います。  まだそのワクチンの数が限られているということですから、特別養護老人ホームをはじめとする介護施設から接種を始め、そしてかかりつけ医、そして町民会館での集団接種等に臨んでいきたいというふうに考えております。  国においては16日に、新型コロナで打撃を受けた生活困窮者への緊急支援等がまとめられました。そこでは、これまで2回実施され、ひとり親に限っての給付を、ひとり親及び所得が低い子育て世帯に拡大し、子ども1人当たり5万円を給付することや、低所得世帯が対象だった総合支援資金を特例としてコロナ禍の影響で減収した世帯への対象拡大等が示されています。  今議会でもご質問の中にありましたし、私もお答えしましたが、国の制度、県の制度、町の制度、今ほどの総合支援資金であるならば、町では社会福祉協議会を通じて申し込むことになります。  様々な支援メニューがこの国にはありますが、なかなか全てを把握するのは難しゅうございます。そこで、国のこうした動きも踏まえまして、なおかつ今回、この3月定例議会におきまして、町の令和3年度の予算案にも、可決をしていただきました子育て支援策も含まれていることから、今議会に追加提案いたしました予算にも含まれておりますけども、こうした支援メニューにつきまして、様々な媒体を通じて町民の皆さん方にお知らせをしていく作業を進めていきたいというふうに考えております。  いよいよ新年度が始まるということになります。新年度からは役場でのサービスも、例えば住民の皆さんの町への申請や届出等の手続に関する押印、判こを押すことの省略や、各種イベントなどの参加申込みにつきましても、オンライン、インターネットで予約を受け付けるなど、他の市町村に遅れないように、しっかりと住民の皆さん方へのサービスの向上に取り組んでまいりたいと思っております。  終わりになりますが、議員各位におかれましては、ますますご健勝でご活躍いただきますよう祈念しまして、私からのお礼のご挨拶といたします。  ありがとうございました。         ─────────────────────────            閉   会   の   宣   告 49 ◯議長(内山 昭君) これをもちまして、令和3年3月立山町議会定例会を閉会いたします。  どうもお疲れさまでした。   午後 2時47分 閉会  上記記述の会議録は相違ないことを認め、ここに署名する。     令和3年3月18日             立山町議会議長    内 山   昭             立山町議会議員    石 田 孝 夫             立山町議会議員    窪 田 一 誠 Copyright (C) Tateyama Town, All Rights Reserved....