射水市議会 > 2020-09-30 >
09月30日-04号

ツイート シェア
  1. 射水市議会 2020-09-30
    09月30日-04号


    取得元: 射水市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-26
    令和 元年  9月 定例会     令和元年9月射水市議会定例会会議録(第4日目)議事日程(第4号)                 令和元年9月30日(月)午後2時開議日程第1 委員長報告(議案第60号から議案第81号まで)(質疑、討論、採決)日程第2 市長の提案理由の説明(諮問第2号)(質疑、委員会付託省略、採決)      諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて日程第3 議員派遣について(採決)日程第4 議会運営委員会決算特別委員会及び各常任委員会閉会中の継続審査(採決)-----------------------------------本日の会議に付した事件日程第1から日程第4まで議事日程に同じ-----------------------------------議長及び副議長の氏名    議長   吉野省三    副議長  島 正己議員の定数   22名議員の現在数  19名    欠員  3名出席議員(19名)     1番  加治宏規君      2番  高畑吉成君     3番  根木武良君      4番  瀧田孝吉君     5番  島 正己君      6番  菊 民夫君     7番  中川一夫君      8番  中村文隆君    10番  山崎晋次君     11番  石黒善隆君    12番  不後 昇君     13番  吉野省三君    14番  伊勢 司君     15番  津田信人君    16番  堀 義治君     17番  竹内美津子君    18番  奈田安弘君     19番  高橋久和君    21番  小島啓子君欠席議員(なし)-----------------------------------説明のため出席した者 市長        夏野元志君   副市長       磯部 賢君 教育長       長井 忍君   代表監査委員    村上欽哉君 企画管理部長    島木康太君   財務管理部長    一松教進君 市民生活部長    島崎真治君   福祉保健部長    板山浩一君 産業経済部長    片岡幹夫君   都市整備部長    津田泰宏君 上下水道部長    前川信彦君   市民病院事務局長  衞 栄理子君 会計管理者     園木邦之君   教育委員会事務局長 松長勝弘君 監査委員事務局長  島田治樹君   消防長       五十嵐 晃君 財政課長      長谷川寛和君-----------------------------------職務のため議場に出席した事務局職員 議会事務局長    谷口正浩    次長・議事調査課長 桜川正俊 議事調査係長    清水知昭    議事調査係主査   宮崎 肇 △開議 午後2時00分 △開議の宣告 ○議長(吉野省三君) 本日の出席議員数は、ただいまのところ19名であります。 よって、会議の定足数に達しておりますので、これより会議を開きます。----------------------------------- △委員長報告(議案第60号から議案第81号まで) ○議長(吉野省三君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程表のとおりであります。 日程第1 議案第60号から議案第81号までを一括議題といたします。 まず、各委員長から審査の報告を求めます。 報告は、総務文教常任委員長、民生病院常任委員長、産業建設常任委員長、予算特別委員長の順でお願いいたします。 総務文教常任委員長。     〔総務文教常任委員長 瀧田孝吉君 登壇〕 ◆総務文教常任委員長(瀧田孝吉君) 今9月定例会総務文教常任委員会に付託されました議案7件について、審査の結果を御報告申し上げます。 初めに、議案第66号 射水市名誉市民条例の制定について申し上げます。 これは、市政の発展に寄与し、その事績が顕著で、かつ市民から深く尊敬を受ける者に対し、名誉市民称号を贈り、その栄誉をたたえることを目的として新たに条例を制定するものです。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第67号 射水市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例等の一部改正について申し上げます。 これは、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律公布により、地方公務員法が一部改正されたことに伴い、本市条例について、成年被後見人等に該当して失職した職員の規定の削除及びその他規定の整備を行うものです。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第77号 射水市手数料条例の一部改正について申し上げます。 これは、本年10月からの消費税率の引き上げに伴い、消防法に基づく危険物の貯蔵所の設置許可に係る手数料について、屋外タンク貯蔵所の設置許可に係る手数料の額を引き上げるものです。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第78号 射水市消防団条例の一部改正について申し上げます。 これは、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律公布により、地方公務員法が一部改正されたことに伴い、本条例について、成年被後見人等が消防団員となることができないとする規定の削除及びその他規定の整備を行うものです。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第79号 射水市中央公民館条例の廃止について申し上げます。 これは、中央公民館施設機能を新湊中央文化会館の貸し室として転用することに伴い、中央公民館を廃止するため、条例を廃止するものです。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第80号 動産の取得について申し上げます。 これは、令和元年6月18日に指名競争入札に付した高規格救急自動車1台の購入について、3,410万円の売買契約締結するため、議会議決を求めるものです。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第81号 射水市立小杉南中学校大規模改造第Ⅲ期(建築主体工事請負契約の一部変更について申し上げます。 これは、令和元年6月27日に締結した射水市立小杉南中学校大規模改造第Ⅲ期(建築主体工事請負契約について、国庫補助の交付決定を受けて、屋内運動場トイレの大規模改造工事を実施するため、契約内容の一部変更について、議会議決を求めるものです。審査の結果、全会一致で可決すべきものと決しました。 以上、総務文教常任委員会の報告といたします。 ○議長(吉野省三君) 民生病院常任委員長。     〔民生病院常任委員長 山崎晋次君 登壇〕 ◆民生病院常任委員長(山崎晋次君) 今9月定例会で民生病院常任委員会に付託されました議案10件について、審査の経過と結果について御報告申し上げます。 初めに、議案第61号 令和元年度射水市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。 これは、歳入歳出それぞれ5,538万1,000円を追加し、予算総額を歳入歳出それぞれ83億5,046万8,000円とするものであります。 歳入については、社会保障・税番号制度システム整備費補助金を増額し、また、前年度の歳入歳出額が確定したことに伴い、その他繰越金を増額するものであります。 歳出については、国民健康保険システム改修業務委託料及び財政調整基金積立金を増額するものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第62号 令和元年度射水市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。 これは、歳入歳出それぞれ161万1,000円を追加し、予算総額を歳入歳出それぞれ21億3,002万円とするものであります。 歳入については、前年度の歳入歳出総額が確定したことに伴い前年度繰越金を増額するものであり、歳出については、後期高齢者医療広域連合納付金を増額するものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第63号 令和元年度射水市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。 これは、歳入歳出それぞれ1億7,684万6,000円を追加し、予算総額を歳入歳出それぞれ92億9,822万1,000円とするものであります。 歳入については、支払基金交付金及び基金繰入金を増額するとともに、前年度繰越金を増額するものであります。 歳出については、前年度の介護給付費及び地域支援事業費の実績額が確定したことに伴い、国・県等への精算返還分として償還金を増額するものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第65号 令和元年度射水市病院事業会計補正予算(第1号)について申し上げます。 これは、あらかじめ契約行為が必要となる病院給食業務委託について、令和2年度からの契約手続を進めるため、債務負担行為期間及び限度額を設定するものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第68号 射水市印鑑条例の一部改正について申し上げます。 これは、男女共同参画、女性活躍推進の観点から国の印鑑登録証明事務処理要領が改正されたことに伴い、旧氏の記載が可能になり、また、男女の別を削除する取り扱いになったため、本市条例について所要の改正を行うものです。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第69号 射水市新湊中央文化会館条例の一部改正について申し上げます。 これは、中央公民館施設機能を新湊中央文化会館の貸し室として転用するとともに、新湊中央文化会館の休館日を毎月第3月曜日から毎週月曜日に変更するものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第70号 射水市大門総合会館条例の一部改正について申し上げます。 これは、大門総合会館の休館日(年末年始を除く)が休日に当たる場合の取り扱いについて、休館日が休日に当たる場合はその翌日を休館日とする規定を追加するものです。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第71号 射水市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正について申し上げます。 これは、射水市家具転倒防止器具設置事業助成金交付要綱による重度心身障害者等の家具転倒防止器具設置費用助成に関する事務が、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律により個人番号を利用し、庁内連携を行うことができる事務として本条例に規定しているところ、当該事務を廃止したことに伴い、所要の改正を行うものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第72号 射水市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について申し上げます。 これは、成年被後見人等の権利に係る制限が設けられている制度について必要な見直しを行うこととして、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律公布され、同法において児童福祉法が一部改正されたことに伴い、本市条例について所要の改正を行うものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第73号 射水市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例等の一部改正について申し上げます。 これは、子育てを行う家庭経済的負担の軽減を図る観点から、幼児教育及び保育の無償化のための措置を講ずることとする子ども・子育て支援法の一部を改正する法律公布され、あわせて子ども・子育て支援法施行令及び特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準が一部改正されたことに伴い、本市条例について、 1、子どものための教育保育給付に係る用語の見直しが行われたため、本市条例中の規定についても同様に改正するもの。 2、特定教育保育施設または特定地域保育事業者における食事の提供に要する費用の取り扱いについて、満3歳以上の小学校就学前の子どもに関する主食の提供に要する費用に加え、副食の提供に要する費用について、一部の者を除き、教育保育給付認定保護者から支払いを受けることができる費用とするもの。 3、特定地域保育事業者に求められる特定教育保育施設等との代替保育の提供に係る連携についての要件を緩和するもの。 以上の改正を行うものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 以上、民生病院常任委員会の報告といたします。 ○議長(吉野省三君) 産業建設常任委員長。     〔産業建設常任委員長 奈田安弘君 登壇〕 ◆産業建設常任委員長(奈田安弘君) 今9月定例会産業建設常任委員会に付託されました議案4件について、審査の結果を御報告申し上げます。 初めに、議案第64号 令和元年度射水市下水道事業会計補正予算(第1号)について申し上げます。 これは、収益的収入について、営業外収益である消費税等還付金を2,268万5,000円増額し、資本収入について、企業債を9,220万円増額し、国庫補助金を70万円増額、工事負担金について1,080万円増額するものであります。 支出については、収益的支出の営業外費用である消費税及び地方消費税を1,648万3,000円減額し、資本的支出の建設改良費に係る事業費を1億2,840万円増額するものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第74号 射水市企業立地推進条例の一部改正について申し上げます。 これは、県における企業立地助成金の対象となる事業の拡充等に伴い、本市条例について所要の改正を行うものであります。具体的には、本条例に基づく助成対象となる工場等の定義に関して規定の整備を行うものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第75号 射水市水道事業給水条例並びに消費税率及び地方消費税率の引上げに伴う関係条例の整備に関する条例の一部改正について申し上げます。 これは、水道法の一部改正に伴い、本市条例について所要の改正を行うものであります。具体的には、給水装置の指定工事事業者について、5年ごとの更新制が導入されたことに伴い、更新手数料に係る規定を追加するものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第76号 射水市下水道条例の一部改正について申し上げます。 これは、成年被後見人等の権利に係る制限が設けられている制度について必要な見直しを行うこととして、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法令の整備に関する法律公布されたこと及び本年10月からの水道事業の包括業務委託の実施に伴い、本市条例について所要の改正を行うものであります。審査の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。 以上、産業建設常任委員会の報告といたします。 ○議長(吉野省三君) 予算特別委員長。     〔予算特別委員長 伊勢 司君 登壇〕 ◆予算特別委員長(伊勢司君) 今9月定例会予算特別委員会に付託されました議案第60号 令和元年度射水市一般会計補正予算(第3号)について申し上げます。 これは、歳入歳出にそれぞれ9億1,269万5,000円を追加し、予算総額を442億8,452万円とするものであります。 また、債務負担行為の補正として2件を追加し、地方債の補正では、道路整備事業債及び合併特例事業債について限度額を増額しようとするものであります。 今回の補正における歳入の主なものとしては、橋梁の長寿命化、耐震化を目的とした社会資本整備総合交付金などの国庫支出金、グループホーム等の整備のための地域密着型介護基盤整備事業費補助金などの県支出金のほか、寄附金や前年度繰越金などを計上するものです。 歳出の主なものとしては、総務費では、公共施設建設基金やふるさと射水応援基金などへの積立金のほか、七美コミュニティセンター用地造成工事に要する経費などを計上するものです。 民生費では、認知症高齢者グループホーム等の防災改修に関する補助金などを計上するものです。 衛生費では、補助申請の増による合併処理浄化槽設置整備事業補助金の増額補正などをするものです。 農林水産業費では、農業用ハウス強靱化対策のための補助金などを計上するものです。 土木費では、橋梁の長寿命化や耐震化、歌の森運動公園駐車場等の整備のための工事費のほか、二口北野線道路整備に関する負担金などを計上するものです。 消防費では、消防デジタル無線局免許申請業務に係る費用などを計上するものです。 教育費では、小杉文化ホール空調用冷却塔の改修やグリーンパークだいもん相撲場の修繕に係る経費などを計上するものであります。 それでは、審査の経過を申し上げます。 9月19日に予算の説明を受け、26日と27日に質疑を行いました。 質疑では、今回提出された補正予算審議のほか、歩道の環境整備に関する質問、除雪に関する質問など、市政全般に関し、各委員から熱心に議論された上、市への提言や要望等がありました。これらを審議の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 以上、予算特別委員会の報告といたします。 ○議長(吉野省三君) 以上で、各委員長の報告が終わりました。----------------------------------- △質疑 ○議長(吉野省三君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉野省三君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。----------------------------------- △討論 ○議長(吉野省三君) これより討論に入ります。 討論の通告がありますので、発言を許します。 根木武良君。     〔3番 根木武良君 登壇〕 ◆3番(根木武良君) 日本共産党の根木武良でございます。通告に基づき、反対討論を行います。 今回の9月定例会で、22件の議案が提案されましたが、私はこのうち、議案第75号 射水市水道事業給水条例並びに消費税率及び地方消費税率の引上げに伴う関係条例の整備に関する条例の一部改正についてと、これは私、産業建設常任委員会で賛成の表明をいたしましたが、諸般の事情によりまして反対することになりました。そして次に、議案第76号 射水市下水道条例の一部改正についての2件に反対する立場から討論をいたします。 1つ目は議案第75号です。水道法の一部改正に伴い、水道事業者、市長が指定する給水装置の指定工事事業者について、水道法の改正により5年ごとの更新制が導入されました。これにより、指定手数料1件につき2万円と新たに指定の更新手数料として1件につき3,000円が追加されました。私は、この追加の3,000円の廃止を国に求めるか、市が補助するかなどを求めたいと思います。地元業者、中小企業者の方の手数料軽減のために反対するものです。 次に、2つ目は議案第76号でございます。この2番目について反対するものです。水道事業の包括業務委託に反対する立場から発言します。 業務委託は、排水設備工事に関する業務、工事工事に関する検査ですが、小さなものでもだんだんと大きくなり、市の職員が今まで築き上げてきたノウハウが消えていくのではないかと考えます。市は民営化を考えていないと言っていますが、私はいつまでもそうならなければいいと思います。2014年に施行された水循環基本法には、水が国民共有の貴重な財産であり、公共の高いものである。全ての国民がその恵沢を将来にわたって享受することができることを基本理念に上げています。水道の安定、安全を将来にわたって市民の皆さんに供給できる体制ができるのか、本気に考えなければならないと思うのであります。10月から施行される包括業務委託では、1社が独占的に工事を請け負うために、社員労働条件の悪化のおそれや地元企業参加機会が難しくなるのではないかと思います。地域と密着した上下水道事業から遠ざかるのではないかと懸念しています。安全・安心な上下水道事業を守るために反対するものです。 以上で、反対討論を終わります。ありがとうございました。
    議長(吉野省三君) これにて討論を終結いたします。----------------------------------- △表決議長(吉野省三君) これより採決に入ります。 まず、議案第60号 令和元年度射水市一般会計補正予算(第3号)を採決いたします。 本案に対する予算特別委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第60号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第61号 令和元年度射水市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第61号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第62号 令和元年度射水市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第62号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第63号 令和元年度射水市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第63号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第64号 令和元年度射水市下水道事業会計補正予算(第1号)を採決いたします。 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第64号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第65号 令和元年度射水市病院事業会計補正予算(第1号)を採決いたします。 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第65号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第66号 射水市名誉市民条例の制定についてを採決いたします。 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第66号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第67号 射水市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例等の一部改正についてから議案第74号 射水市企業立地推進条例の一部改正についてまでを一括して採決いたします。 本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第67号から議案第74号までは原案のとおり可決されました。 次に、議案第75号 射水市水道事業給水条例並びに消費税率及び地方消費税率の引上げに伴う関係条例の整備に関する条例の一部改正についてを採決いたします。 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を常任委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成多数であります。 よって、議案第75号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第76号 射水市下水道条例の一部改正についてを採決いたします。 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成多数であります。 よって、議案第76号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第77号 射水市手数料条例の一部改正について及び議案第78号 射水市消防団条例の一部改正についてを一括して採決いたします。 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第77号及び議案第78号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第79号 射水市中央公民館条例の廃止についてを採決いたします。 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第79号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第80号 動産の取得についてを採決いたします。 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第80号は原案のとおり可決されました。 次に、議案第81号 射水市立小杉南中学校大規模改造第Ⅲ期(建築主体工事請負契約の一部変更についてを採決いたします。 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、議案第81号は原案のとおり可決されました。----------------------------------- △市長の提案理由の説明(諮問第2号) ○議長(吉野省三君) 次に、日程第2 本日提案されました諮問第2号を議題とし、市長から提案理由の説明を求めます。 夏野市長。     〔市長 夏野元志君 登壇〕 ◎市長(夏野元志君) 本日、追加提案いたしました諮問1件について御説明を申し上げます。 諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてであります。 委員、尾上清逸氏は、本年12月31日をもって任期満了となるので、その後任として宮下安次氏を推薦いたしたく、議会の意見を求めるものであります。 以上、何とぞよろしくお願いいたします。 ○議長(吉野省三君) 以上で、市長の提案理由の説明が終わりました。----------------------------------- △質疑 ○議長(吉野省三君) これより提案理由に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉野省三君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。----------------------------------- △委員会付託の省略 ○議長(吉野省三君) お諮りいたします。 ただいま議題となっております諮問第2号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉野省三君) 御異議なしと認めます。 よって、諮問第2号については委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。----------------------------------- △表決議長(吉野省三君) 諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを採決いたします。 市長提案のとおり、射水市白石433番地、宮下安次君を人権擁護委員として推薦することに賛成の諸君は賛成のボタンを押してください。     〔ボタンにより採決〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れはございませんか。     〔発言する者なし〕 ○議長(吉野省三君) 表決漏れなしと認め、確定いたします。 賛成全員であります。 よって、人権擁護委員に宮下安次君を推薦することに異議なき旨を答申することに決しました。----------------------------------- △議員派遣について ○議長(吉野省三君) 次に、日程第3 議員派遣についてを議題といたします。 本件は、日中友好富山県地方議員連盟第23回訪中団に、お手元に配付いたしましたとおり、伊勢 司君と菊 民夫君を派遣するものであります。 お諮りいたします。 議員派遣一覧表のとおり議員を派遣することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉野省三君) 御異議なしと認めます。 よって、本件については、伊勢 司君と菊 民夫君を派遣することに決しました。 なお、お諮りいたします。 ただいまの議員派遣に関し、変更があった場合の措置については、議長に御一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉野省三君) 御異議なしと認め、よって、そのように決しました。----------------------------------- △議会運営委員会決算特別委員会及び各常任委員会閉会中の継続審査 ○議長(吉野省三君) 次に、日程第4 議会運営委員会決算特別委員会及び各常任委員会閉会中の継続審査についてを議題といたします。 各委員長から、会議規則第111条の規定により、お手元に配付してあります申し出一覧のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。 お諮りいたします。 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉野省三君) 御異議なしと認めます。 よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。         閉会中継続審査事件の申し出一覧委員会名件名議会運営1 議会の運営に関することについて 2 議会会議規則委員会条例等に関することについて 3 議長の諮問に関することについて決算特別1 議案第82号 平成30年度射水市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について 2 議案第83号 平成30年度射水市下水道事業会計未処分利益剰余金の処分について 3 認定第1号 平成30年度射水市一般会計歳入歳出決算認定について 4 認定第2号 平成30年度射水市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について 5 認定第3号 平成30年度射水市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算認定について 6 認定第4号 平成30年度射水市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について 7 認定第5号 平成30年度射水市水道事業会計決算認定について 8 認定第6号 平成30年度射水市下水道事業会計決算認定について 9 認定第7号 平成30年度射水市病院事業会計決算認定について総務文教1 行財政の効率的執行について 2 市政の重要施策の推進について 3 土地利用基本計画について 4 防災対策について 5 市税の賦課について 6 市税等の徴収、収納率向上に関することについて 7 学校教育の充実と教育環境の整備について 8 生涯教育の振興、体育スポーツ施策の推進について 9 文化財保護について 10 消防対策について 11 その他総務文教所管に関することについて民生病院1 芸術・文化施策の推進について 2 国民健康保険事業について 3 後期高齢者医療事業について 4 総合交通対策について 5 環境保全、環境衛生対策の促進について 6 高齢者児童・ひとり親家庭等の福祉対策の促進について 7 障がい者(児)の福祉対策の促進について 8 介護保険事業について 9 健康増進施策の推進について 10 市民病院事業について 11 その他民生病院所管に関することについて産業建設1 港湾の整備促進について 2 商工業の振興対策について 3 観光事業の推進について 4 農林水産業の振興について 5 地域開発事業について 6 河川、水利及び水防について 7 都市公園緑地等について 8 道路都市計画事業の推進について 9 住宅対策について 10 上下水道事業について 11 その他産業建設所管に関することについて----------------------------------- △閉会の宣告 ○議長(吉野省三君) 以上をもちまして、今定例会に付議されました案件は全て議了いたしました。 議員各位には会期中、終始熱心にかつ慎重なご審議をいただき、厚く御礼を申し上げます。 これをもちまして、令和元年9月射水市議会定例会閉会いたします。 大変ご苦労さまでございました。 △閉会 午後2時44分地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。  令和  年  月  日         射水市議会議長   吉野省三         射水市議会副議長  島 正己         射水市議会議員   菊 民夫         射水市議会議員   中村文隆         射水市議会議員   高橋久和...