南砺市議会 > 2021-03-23 >
03月23日-04号

  • "������"(/)
ツイート シェア
  1. 南砺市議会 2021-03-23
    03月23日-04号


    取得元: 南砺市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-07-15
    令和 3年  3月会議議事日程(第4号)                 令和3年3月23日(火)午後3時30分 開議日程第1 議案第8号 令和3年度南砺市一般会計予算     議案第9号 令和3年度南砺市バス事業特別会計予算     議案第10号 令和3年度南砺市国民健康保険事業特別会計予算     議案第11号 令和3年度南砺市国民健康保険診療所事業特別会計予算     議案第12号 令和3年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計予算     議案第13号 令和3年度南砺市介護事業特別会計予算     議案第14号 令和3年度南砺市訪問看護事業特別会計予算     議案第15号 令和3年度南砺市病院事業会計予算     議案第16号 令和3年度南砺市水道事業会計予算     議案第17号 令和3年度南砺市下水道事業会計予算     議案第18号 令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)     議案第19号 令和2年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第2号)     議案第20号 令和2年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)     議案第21号 令和2年度南砺市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算(第5号)     議案第22号 令和2年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)     議案第23号 令和2年度南砺市介護事業特別会計補正予算(第4号)     議案第24号 令和2年度南砺市訪問看護事業特別会計補正予算(第6号)     議案第25号 令和2年度南砺市工業用地造成事業特別会計補正予算(第1号)     議案第26号 令和2年度南砺市病院事業会計補正予算(第6号)     議案第27号 令和2年度南砺市水道事業会計補正予算(第3号)     議案第28号 令和2年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)     議案第29号 南砺市福光里山レクリエーション農園条例の全部改正について     議案第30号 南砺市つくばね森林公園条例の全部改正について     議案第31号 南砺市の職員の服務の宣誓に関する条例の一部改正について     議案第32号 南砺市一般職員特殊勤務手当に関する条例の一部改正について     議案第33号 南砺市地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律の施行に伴う固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正について     議案第34号 南砺市体育施設条例の一部改正について     議案第35号 南砺市重度心身障害者等医療費助成条例の一部改正について     議案第36号 南砺市国民健康保険条例の一部改正について     議案第37号 南砺市国民健康保険税条例の一部改正について     議案第38号 南砺市火入れに関する条例の一部改正について     議案第39号 南砺市井口カイニョと椿の森公園条例の一部改正について     議案第40号 南砺市都市公園条例の一部改正について     議案第41号 南砺市特定公共賃貸住宅条例の一部改正について     議案第42号 南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正について     議案第43号 南砺市国土強靱化地域計画の策定について     議案第44号 過疎地域自立促進計画の変更について     議案第45号 辺地総合整備計画の変更について     議案第46号 市道路線の認定について     議案第47号 市道路線の変更について     議案第48号 南砺市特別養護老人ホーム特別養護老人ホームいなみ等)、南砺市城端介護研修センター及び南砺市デイサービスセンター(デイサービスセンターいなみ等)等の指定管理者の指定について     議案第49号 南砺市城端老人福祉センター「美山荘」の指定管理者の指定について日程第2 同意第1号 人権擁護委員候補者推薦について-----------------------------------本日の会議に付した事件 議事日程に同じ-----------------------------------出席議員(18人)      1番  齋藤幸江議員        2番  山田清志議員      3番  中段晴伸議員        4番  川原忠史議員      5番  畠中伸一議員        6番  川口正城議員      7番  石川 弘議員        8番  竹田秀人議員      9番  中島洋三議員       10番  中島 満議員     11番  古軸裕一議員       12番  赤池伸彦議員     13番  水口秀治議員       14番  山本勝徳議員     15番  榊 祐人議員       16番  蓮沼晃一議員     17番  才川昌一議員       18番  片岸 博議員欠席議員(なし)-----------------------------------説明のため出席した者 市長        田中幹夫     副市長       齊藤宗人 教育長       松本謙一     代表監査委員    須河 透 総合政策部長    川森純一     総務部長      上口長博 市民協働部長    柴 雅人     ブランド戦略部長  此尾治和 ふるさと整備部長  窪田 仁     教育部長      村上紀道 地域包括医療ケア部長           井口一彦職務のため出席した事務局職員 議会事務局長    武部輝夫     議事調査係長    山田千佳子 議事調査係副主幹  但田妙子----------------------------------- △開議 午後3時30分 △開議の宣告 ○議長(榊祐人議員) ただいまから、本日の会議を開きます。 議事日程は、配布いたしました日程のとおりであります。----------------------------------- △議案第8号から議案第49号までの委員長報告、質疑、討論、採決 ○議長(榊祐人議員) これより、日程第1、 議案第8号 令和3年度南砺市一般会計予算から、議案第49号 南砺市城端老人福祉センター(美山荘)の指定管理者の指定についてまで、以上42案件を一括議題といたします。 ただいま議題といたしました各案件についての、各常任委員会及び決算予算特別委員会審査報告書(末尾参照)は、お手元に配布のとおりであります。 これより、各常任委員長及び予算特別委員長の報告を求めます。 市民経済常任委員長竹田秀人議員。   〔竹田秀人産業建設常任委員長登壇〕 ◆市民経済常任委員長竹田秀人議員) 市民経済常任委員会における審査の経過並びに結果について、ご報告申し上げます。 本常任委員会は、3月12日午前9時から開会し、委員全員の出席により、各案件について、慎重なる審査を行いました。 本常任委員会に付託されました案件は、議案第18号 令和2年度 南砺市一般会計補正予算第16号の所管部分のほか、予算関係3件、条例関係6件、その他案件2件の計12案件であります。 審査の結果につきましては、委員会審査報告書のとおり、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決しました。 以下、審査の過程における主な内容について、申し上げます。 まず、議案第40号 南砺市都市公園条例の一部改正についてであります。 閑乗寺公園公園施設使用料を改定するほか、8か所の農村公園高瀬遺跡公園及び園芸植物園の計10か所を都市公園に変更するとのことであります。閑乗寺公園は、平成26年度から行っていた再整備事業が完了し、施設の利便性、機能性の強化が図られたことから、据え置きとなっていた使用料を近隣の同種施設の使用料を勘案し増額改定するとの説明があったところであります。 再整備事業の進捗に伴い、近年、利用者が増加している閑乗寺公園キャンプ場利用状況やトイレなどの環境整備の現状をただしたところ、利用者数は、平成29年度の2,651人から、今年度2月末現在で8,505人と、約3倍に増加している。トイレの整備については、現在の4か所から増設は難しいが、洋式化を進めるなど利便性の向上に取り組んでいきたいとの答弁があったところであります。 散居村を一望できる閑乗寺公園を、市の魅力を発信する公園として再整備を進めているところであり、コロナ禍においても多方面からの多くの来訪者があることから、トイレの案内板設置や、アクセス道路の雑木処理など、公園全体の環境整備をさらに進め、利便性や安全面において措置を講ずるよう求めたところであります。 次に、議案第18号 令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)、農地費の土地改良事務費ため池耐震調査業務委託料991万9,000円についてであります。 この事業は、国の第3次補正による次年度予算の前倒し分であり、三味及び古堤ため池の2か所の耐震調査について業務委託するものであるとの説明があったところであります。 市内ため池耐震調査の現状についてただしたところ、46か所の防災重点ため池のうち、調査済みは23か所あり、そのうち、対策済みが3か所、対策不要が5か所、対策必要が15か所となっております。 また、調査未実施のため池は23か所あり、そのうち2か所は地元より廃止要望が出ております。そして、2か所について今回の補正で業務委託するもので、残る19か所について今後の調査に向け、国県に対して強く要望をしていくとのことであります。また、今回の調査結果は令和3年度の秋頃には把握できるとの答弁があったところであります。 災害が懸念される中において、調査未実施が19か所、調査はしたが対策されていないため池が15か所あるとのことであります。ため池については言うまでもなく調査することが目的ではなく対策を講じることが重要なことから、住民の皆さんの意見を十分に聞き、下流域の状況を考慮し優先順位を明確にしたうえで、早期に取り組むよう求めたところであります。 以上、主な審査内容を申し上げ、市民経済常任委員長報告といたします。 ○議長(榊祐人議員) 民生文教常任委員長、石川 弘議員。   〔石川 弘民生文教常任委員長登壇〕 ◆民生文教常任委員長石川弘議員) 民生文教常任委員会における審査の経過並びに結果について、ご報告申し上げます。 本常任委員会は、3月15日午前9時から開会し、委員全員の出席により、各案件について、慎重なる審査を行いました。 本常任委員会に付託されました案件は、議案第18号 令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)の所管部分のほか、予算関係6件、条例関係6件の13案件であります。 審査の結果につきましては、委員会審査報告書のとおり、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決しました。 以下、審査の過程における主な内容について、申し上げます。 まず、議案第18号 令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)の民生費、児童福祉費児童措置費児童扶養手当給付費ひとり親世帯臨時特別給付費765万円の減額についてであります。 この給付金は、ひとり親家庭においてコロナ禍における影響が大きいということで、低所得者のひとり親世帯に対し1世帯当たり5万円と子どもの人数に合わせて加算支援を行うものであるが、内容の詳細についてただしたところ、基本給付として、令和2年6月分の児童扶養手当受給者に対して1世帯5万円と第2子以降1人につき3万円を加算するもので、その他、公的年金を受給していることで児童扶養手当を受給していない方や新型コロナウイルスの影響で家計が急変し児童扶養手当の支給水準まで収入が大きく減少した方に対しても、同様に支給するものである。 また、追加給付として、新型コロナウイルスの影響で家計が急変し収入が大きく減少した方に対しては、さらに1世帯5万円を給付するものである、との答弁があったところです。 さらに、家計が急変して追加支給された世帯数の状況と、支給漏れにより不公平が発生しないように追加支給対象者の把握をどのようにして行ったのかただしたところ、国では基本給付世帯の8割を見込むということで183世帯を見込んでいたが実績はそこまで多くはなく、家計急変による予算分の減額補正を今回実施するものであり、家計急変の対象者の把握は、対象となる家庭に対して直接案内し周知を図った、との答弁があったところである。 支給漏れによる不公平が発生しないよう、しっかりと支援していくよう求めたところであります。 次に、議案第18号 令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)の衛生費、保健衛生費母子保健費母子健康診査費妊婦一般健康診査業務委託料511万円3,000円の減額についてであります。 妊婦健診は少子化対策を進める上でも大変重要であると考えられるため、減少した要因をただしたところ、当初3,375人の受診を計画していたが、2,643人と732人の減少と見込んでいる、妊娠届出数は昨年度と比較してそれほど減っているという印象はないが、国保連から市に報告のある受診者数は、7月から8月にかけて昨年に比べ30件ほど受診者数が減少しており、新型コロナウイルスの影響による受診控えがあったものと思われる、との答弁があったところです。 さらに、妊婦が何回健康診査を受けることを想定しているのかただしたところ、妊娠届を提出された際に14回分の受診券をお渡ししているが、出産までおよそ40週、10か月間ありますが37週から正期産となり出産されても全く問題がないことから、14回分全てを使用されることは少なく、11回から12回分で出産に至る方が多い、との答弁があったところです。 南砺市においては、出生数も最大の課題であることから、しっかりと妊婦健診を受診され安心して赤ちゃんを産んでいただく環境整備にしっかりと取り組まれるよう求めたところです。 以上、主な審査内容を申し上げ、民生文教常任委員長報告といたします。 ○議長(榊祐人議員) 総務企画常任委員長 中島洋三議員。   〔中島洋三総務企画常任委員長登壇〕 ◆総務企画常任委員長中島洋三議員) 総務企画常任委員会における審査の経過並びに結果について、ご報告申し上げます。 本常任委員会は、3月17日午前9時から開会し、委員全員の出席により、各案件について、慎重なる審査を行いました。 本常任委員会に付託されました案件は、議案第18号 令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)の所管部分のほか、予算関係1件、条例関係2件、その他案件5件の計9案件であります。 審査の結果につきましては、委員会審査報告書のとおり、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決しました。 以下、審査の過程における主な内容について、申し上げます。 まず、議案第18号 令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)における総務費、総務管理費 エコビレッジ推進費南砺市SDGsロゴバッジ製作35万円、SDGs周知啓発用物品チラシ作成139万3,000円についてであります。 昨年4月と10月に170万円の寄付金をいただき、SDGs普及啓発活動をより一層進めるため、ロゴバッジ500個、エコバッグ1,000枚、PRパンフレット及び、冊子、リーフレットをそれぞれ3,000部、紹介パネル5枚、啓発シール5,000枚、パートナー制度案内チラシ2,000部を寄付年度で予算化し、作成するとの説明がありました。 寄付者の意向を反映しているのか、また、事業内容についての説明をしたのかとただしたところ、寄付者からはSDGsを進めたいという意向があり、事業内容についても、寄付者と連携を密にし、相談しながら進めていきたいとの答弁があったところであります。 寄付金の使途として形の残らない消耗品でいいのか、市の一般財源で行う事業とは違い、寄付金を活用しての事業は、寄付者の意向を十分に活かすという認識をもって、啓発事業を進めるよう求めたところであります。 次に、議案第18号 令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)における総務費、総務管理費 公共交通費南砺金沢線運行業務委託1,330万4,000円の増額についてであります。 まず初めに、委託料の増額補正の要因、併せて4月より城端駅経由とした路線の利用状況についてただしたところ、2年度の利用者数は、コロナウイルス感染拡大の影響により、4月、5月の1便当たり乗車人数は、0.8~1.7人と大きく落ち込んだが、宣言解除後は、6人と回復傾向にある。しかし、1月以降の首都圏を中心としたコロナウイルスの猛威により、1月、2月は3~4人となった。 委託料については、通常の1年間の運行経費から利用収入を差し引いたものを支払いしていることから、利用料収入の減収分が増額となった。また、城端駅経由の便については、コロナ禍により、観光客の利用が少なく、期待していた効果が望めなかったとの答弁があったところであります。 また、学校が休校になるなど利用者の減に対応し、減便などの対処ができなかったかとただしたところ、減便等の対応は行わなかったとの答弁があったところであります。 少しでも早くコロナウイルスの感染拡大が収まることを望むとともに、城端駅経由への路線の見直しの効果が出るよう期待しているところであります。 以上、主な審査内容を申し上げ、総務企画常任委員長報告といたします。 ○議長(榊祐人議員) 決算予算特別委員長片岸博議員。   〔片岸 博予算特別委員長登壇〕 ◆決算予算特別委員長片岸博議員) 決算予算特別委員会における審査の経過、並びに結果について、ご報告を申し上げます。 本委員会に付託された案件は、議案第8号 令和3年度南砺市一般会計予算のほか、議案第9号から議案第17号までの令和3年度予算関係の議案、10案件であります。 3月10日には個別質問を、3月12日、15日及び17日の3日間は、各部会を開催し、昨年10月に議会から提出した6事業に対する事業評価について、新年度予算への反映状況を確認するとともに、慎重なる審査を行いました。 3月19日には、委員17人の出席により全体委員会を開催し、各部会長からの報告の後、当委員会としての採決を行ったところであります。 結果につきましては、委員会審査報告書のとおり、出席委員全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決しました。 以下、審査の過程における主な内容について、各部会における審査を総括して申し上げます。 まず、3月12日の市民経済部会では、女性・若者活躍推進費若者ネットワーク事業1,215万7,000円について、今回の事業に、1,000万円を予算計上された狙い、また、複数年に渡る事業との事であるが今後の財源についてただしたところ、事業内容を高校生に任せることにより新たな発想や信頼関係の醸成が図られると考えている。 また、今後の財源については、全国からの応援を期待していることから、ふるさと納税において特別枠を設けること等を検討しているとの答弁があったところであります。 今回の事業は若者活躍事業として、1,000万円を任せるという今までに事例のない手法であることから、経過について適宜、適切な報告を求めたところであります。 また、少子化対策には若者の活躍が重要なことから今回の事業に限らず若者や市民の意見を聞きさらなる若者活躍事業の推進を図るよう求めたところであります。 次に、3月15日の民生文教部会では、高齢者施設運営費の小規模多機能居宅介護事業整備補助金 4,216万1,000円についてただしたところ、この事業は地域密着型サービスと位置づけられており、今回は城端地区に整備されるが、市内の他地域では、井波・井口地域にはニチイケアセンター山見ニチイのやわらぎ、福野地区にはケアタウン・なんと、福光地区にはイエトカフェいずみが小規模多機能型居宅介護施設として整備されているとの答弁があったところです。 さらに、介護保険の対応であれば要支援や要介護の認定により施設の利用者制限があるのかただしたところ、要支援1、2、要介護1~5まで全ての方々の利用が可能との答弁があったところです。 地域密着型サービスは今後とも伸ばしていかなければならないサービスであることから、しっかりと指導し住民サービスを推進するように取り組んでいくよう求めたところであります。 次に、3月17日の総務企画部会では、企画費のなんと未来まちづくり費における官民連携事業化に係る調査検討支援等業務委託料3,125万1,000円、及び施設整備の在り方に係る調査検討支援等業務委託料345万4,000円についてただしたところ、これらの業務委託料は、庁舎統合の議論を契機に城端、井波、福野の3地域のまちづくり検討会議からの将来のまちづくりの提言実現に向けた取組のうち、ハード事業の具現化に向け、事業化の可能性や手法等の調査検討を行うものであるとの説明を受けたところであります。 このまちづくりの提言について、地域住民合意形成がまだ整っていないのではないかとただしたところ、地域には、様々な考えをお持ちの方があり、提案された構想案をもとに、さらに詳細な検討を進め、その都度、各地域に丁寧な説明を行いながら、慎重に事業を進めていきたいとの答弁があったところであります。 業務を拙速に進めることなく、予算執行は柔軟に対応し、地域住民合意形成を図りながら着実に進めていくよう求めたところであります。 以上、主な審査内容を申し上げ、決算予算特別委員長報告といたします。 ○議長(榊祐人議員) 以上をもって、各常任委員長及び決算予算特別委員長の審査の経過並びに結果報告を終わります。 これより、委員長報告に対する質疑に入ります。 質疑はありませんか。   〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榊祐人議員) 質疑なしと認めます。 次に、討論に入ります。討論の通告がありますので、発言を許可します。10番、中島 満議員。   〔中島 満議員登壇〕 ◆10番(中島満議員) 私は、議案第8号 令和3年度南砺市一般会計予算について賛成の立場で討論をいたします。 新年度の政府予算案の特徴は、第3次補正予算を含め、最大かつ喫緊の課題であるコロナ対策について、極めて無為無策であるばかりか、感染防止に逆行するような予算まで含まれています。また、コロナ対策に名を借りた不要不急の便乗予算ばかりが目につきます。就任早々、自助・共助・公助の順番を強調し、国民に自己責任を迫る菅首相の姿勢を体現したような国民に冷酷な予算となっています。そして、安倍路線を継承し、戦争する国づくりに向けた大軍拡をさらに進める予算となっています。 すべてを市場原理に任せ、大企業にとって邪魔な規制を取り払い、社会保障を切り捨て、自己責任を押しつける。コロナ危機の下、社会を弱くもろいものにしてしまった新自由主義路線の破綻があらわになりました。 日本共産党南砺市委員会では、新年度予算の編成に当たり要望書を提出しました。その中で、菅政権に対し、市民の暮らしを守る立場での働きかけを求め、いくつかの要望をしています。 特に、新型コロナウイルス感染拡大に対しては、国の責任で、感染急増地ホットスポット)となるリスクのあるところの網羅的な検査を行う。全額国庫負担による検査の仕組み。そして病院、介護施設、保育園等に対して社会的検査を行う。医療機関への財政的補償を国に求めました。 また、政府は2050年までに温室効果ガスの排出量ゼロを目標に掲げました。そのために原発を活用する方針ですが、国民的合意は得られません。昨年12月、関西電力大飯原発3、4号機の設置許可を大阪地裁が取り消す判決を出しました。司法判断を直視し、再稼動の推進と決別し、原発ゼロへかじを切り、再生可能エネルギー飛躍的普及を図るよう国に強く働きかけるべきです。 なお、核兵器禁止条約が今年1月に発効しました。南砺市平和都市宣言の立場で、市長は「自然な流れであり、平和首長会議を通じ、今後も適切に働きかけていく」との立場を表明されており、評価するものです。 予算要望の中では、市民の暮らしに直接関わる問題として、これまでも要望し続けてきたものの一つに、小中学校の給食費の無料化があります。保護者負担は、年間5万5,000円から7万2,000円余りにもなります。全国的にも無料化や一部補助をする自治体も増えています。県内でも朝日町が2017年に中学校を完全無償化し、昨年コロナ対策として小学校も無償化、新年度からも継続します。 当市でも昨年、新型コロナ対策として、市独自に上下水道の基本料金を5か月間免除されました。私は、基本水量の見直しにつながる一貫として、注目し、評価しています。市民が1か月間に使う水の量は約6.5トンです。上下水道の料金は基本水量制のため、10トン使わなくても10トン分の料金がかかってきます。高齢者や若者の一人暮らし世帯にとっては大きな負担です。当局も「高齢者の1人暮らしなどの負担が重いことは承知しており、配慮した制度が必要」との認識かと思います。ぜひ決断を願うところです。 そして、新年度予算で一番注目してきたのは、子どものインフルエンザのワクチン予防接種助成事業の継続についてでした。県は、とやまっ子インフルエンザ予防接種助成事業として未就学児と、小学校6年生までの児童(当年度限り)を対象に、1回3,000円(1人2回まで)を上限に助成し、市は当年度中学生に3,000円助成しました。県は新年度予算で、助成を未就学児のみを対象とし、小学生を対象から外しました。市は、県が外した小学生を含め、中学生までを助成する予算としています。 この問題では、署名にも取り組みましたが、市民の関心は高く、子供のいる、いないに関わりなく、施策を評価しての署名も多くありました。市の新年度対応は、市民に「市民の声を聞く、聞いてもらえる」という信頼の確立にもつながる施策と思います。 今の、コロナ危機を乗り越え、いのち・暮らしを支えあい、希望の持てる南砺市を目指して、力を尽されることを求め、私は議案第8号 令和3年度南砺市一般会計予算に賛成いたします。 ○議長(榊祐人議員) 以上で、討論は終結いたしました。 これより、採決をいたします。 議案第8号 令和3年度南砺市一般会計予算を採決いたします。本案に対する決算予算特別委員長の報告は、可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 ○議長(榊祐人議員) 起立全員であります。 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。 次に、議案第9号 令和3年度南砺市バス事業特別会計予算から、議案第14号 令和3年度南砺市訪問看護事業特別会計予算まで、以上6案件を一括採決いたします。 以上の議案に対する予算特別委員長の報告は可決であります。以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 ○議長(榊祐人議員) 起立全員であります。 よって、以上の議案は、委員長の報告のとおり可決されました。 次に、議案第15号 令和3年度南砺市病院事業会計予算から、議案第17号 令和3年度南砺市下水道事業会計予算まで、以上3案件を一括採決いたします 以上の議案に対する決算予算特別委員長の報告は、可決であります。以上の議案は、委員長の報告のとおり、決することに賛成の議員の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 ○議長(榊祐人議員) 起立全員であります。 よって、以上の議案は、委員長の報告のとおり可決されました。 次に、議案第18号 令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)を採決いたします。 本案に対する各常任委員長の報告は、可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。   〔賛成者起立〕
    ○議長(榊祐人議員) 起立全員であります。 よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。 次に、議案第19号 令和2年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第2号)から、議案第25号 令和2年度南砺市工業用地造成事業特別会計補正予算(第1号)まで、以上7案件を一括採決いたします。 以上の議案に対する各常任委員長の報告は、可決であります。以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 ○議長(榊祐人議員) 起立全員であります。 よって、以上の議案は、委員長の報告のとおり可決されました。 次に、議案第26号 令和2年度南砺市病院事業会計補正予算(第6号)から、議案第28号 令和2年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)まで、以上3案件を一括採決いたします。 以上の議案に対する各常任委員長の報告は、可決であります。以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 ○議長(榊祐人議員) 起立全員であります。 よって、以上の議案は、委員長の報告のとおり可決されました。 次に、議案第29号 南砺市福光里山レクリエーション農園条例の全部改正について、及び議案第30号 南砺市つくばね森林公園条例の全部改正についてまで、以上2案件を一括採決いたします。 以上の議案に対する各常任委員長の報告は、可決であります。以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 ○議長(榊祐人議員) 起立全員であります。 よって、以上の議案は、委員長の報告のとおり可決されました。 次に、議案第31号 南砺市の職員の服務の宣誓に関する条例の一部改正についてから、議案第42号 南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正についてまで、以上12案件を一括採決いたします。 以上の議案に対する各常任委員長の報告は、可決であります。以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 ○議長(榊祐人議員) 起立全員であります。 よって、以上の議案は、委員長の報告のとおり可決されました。 次に、議案第43号 南砺市国土強靱化地域計画の策定についてを採決いたします。 本案に対する常任委員長の報告は、可決であります。本案は、委員長の報告のとおり、決することに賛成の議員の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 ○議長(榊祐人議員) 起立全員であります。 よって、本議案は、委員長の報告のとおり可決されました。 次に、議案第44号 過疎地域自立促進計画の変更についてから、議案第49号 南砺市城端老人福祉センター美山荘の指定管理者の指定についてまで以上6案件を一括採決いたします。 以上の議案に対する各常任委員長の報告は、可決であります。 以上の議案は、委員長の報告のとおり、決することに賛成の議員の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 ○議長(榊祐人議員) 起立全員であります。 よって、以上の議案は、委員長の報告のとおり可決されました。----------------------------------- △同意第1号の上程、説明、採決 ○議長(榊祐人議員) 次に、日程第2、同意第1号 人権擁護委員候補者推薦についてを議題といたします。 市長から、提案理由の説明を求めます。 田中市長。   〔田中幹夫市長登壇〕 ◎市長(田中幹夫) ただいま追加提案いたしました議案について、提案理由をご説明申し上げます。 同意第1号 人権擁護委員候補者推薦につきましては、令和3年6月末日をもって4人の委員が任期満了となられますが、人格識見高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について理解のある、現委員の西部穣氏、中山登氏及び片山清悦氏の再任並びに本庶登紀子氏の新任を推薦したく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものであります。 以上、追加提案いたしました議案について、提案理由を説明いたしましたが、同意いただきますようお願い申し上げます。 ○議長(榊祐人議員) お諮りいたします。 ただいま議題となっております同意第1号については、事案の性質上、委員会付託、質疑、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(榊祐人議員) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。 これより、採決をいたします。同意第1号 人権擁護委員候補者推薦についてを採決いたします。本案は、原案のとおり同意することに、賛成の議員の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 ○議長(榊祐人議員) 起立全員であります。 よって本案は、原案のとおり同意することに決しました。以上で、3月会議に付議されました案件の審議は、すべて終了いたしました。----------------------------------- △休会の件について ○議長(榊祐人議員) 次に、休会の件についてお諮りいたします。 明日、3月24日から3月31日までの8日間は本会議を休会といたしたいと思います。 これにご異議ありませんか。   〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(榊祐人議員) ご異議なしと認めます。 よって、そのように決定いたしました。----------------------------------- △市長挨拶 ○議長(榊祐人議員) ここで、市長からあいさつがあります。 田中市長。   〔田中幹夫市長登壇〕 ◎市長(田中幹夫) 3月会議の閉会に当たりまして一言御礼のご挨拶を申し上げたいと思います。今ほどは令和3年度の当初予算をはじめ補正予算また様々な提出しておりました議案につきましてすべてお認めを頂きまして誠にありがとうございます。 来年度の予算でございましたのでいろいろと皆様方にご指導を賜りました。 我々の課題大きな課題の一つとしてもちろんコロナの革新型ウイルス感染症の拡大防止、そして経済対策は一番先に進めていかなければなりませんが、合わせて新たな事業といたしまして若者ネットワーク、また、4月から開校いたします義務教育学校小中一貫校への様々な展開、そしてこの地方創生人口問題が大きな我々の課題でございますのでしっかり3年度、成果が上がるように全員で取り組んでまいりたいとこのように思います。 皆様方にいろいろと議論いただいて、今回、通年議会となりましたので、新年度になりましてもいろいろと課題が出てくると思いますが、そのたびにその都度、皆様方にご説明、そして会議の開催等をお願いすることも多々あると思いますけれどもよろしくお願いを申し上げます。 今年度1年ありがとうございました。また皆様、議員の皆様のさらなるご活躍をご祈念申し上げまして、私からの閉会の御礼の挨拶とさせていただきます。誠にありがとうございました。----------------------------------- △散会の宣言 ○議長(榊祐人議員) これをもって、令和3年3月会議を終了いたします。 本日は、これをもって散会いたします。 お疲れさまでした。 △散会 午後4時16分        令和2年南砺市議会定例会 令和3年3月会議議案付託表                               令和3年3月9日総務企画常任委員会付託分議案番号議案名議案第18号令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)の所管部分議案第19号令和2年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第2号)議案第31号南砺市の職員の服務の宣誓に関する条例の一部改正について議案第32号南砺市一般職員特殊勤務手当に関する条例の一部改正について議案第43号南砺市国土強靱化地域計画の策定について議案第44号過疎地域自立促進計画の変更について議案第45号辺地総合整備計画の変更について議案第48号南砺市特別養護老人ホーム特別養護老人ホームいなみ等)、南砺市城端介護研修センター及び南砺市デイサービスセンター(デイサービスセンターいなみ等)等の指定管理者の指定について議案第49号南砺市城端老人福祉センター「美山荘」の指定管理者の指定について以上9件市民経済常任委員会付託分議案番号議案名議案第18号令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)の所管部分議案第25号令和2年度南砺市工業用地造成事業特別会計補正予算(第1号)議案第27号令和2年度南砺市水道事業会計補正予算(第3号)議案第28号令和2年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)議案第30号南砺市つくばね森林公園条例の全部改正について議案第33号南砺市地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律の施行に伴う固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正について議案第38号南砺市火入れに関する条例の一部改正について議案第39号南砺市井口カイニョと椿の森公園条例の一部改正について議案第40号南砺市都市公園条例の一部改正について議案第41号南砺市特定公共賃貸住宅条例の一部改正について議案第46号市道路線の認定について議案第47号市道路線の変更について以上12案件民生文教常任委員会付託分議案番号議案名議案第18号令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)の所管部分議案第20号令和2年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)議案第21号令和2年度南砺市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算(第5号)議案第22号令和2年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)議案第23号令和2年度南砺市介護事業特別会計補正予算(第4号)議案第24号令和2年度南砺市訪問看護事業特別会計補正予算(第6号)議案第26号令和2年度南砺市病院事業会計補正予算(第6号)議案第29号南砺市福光里山レクリエーション農園条例の全部改正について議案第34号南砺市体育施設条例の一部改正について議案第35号南砺市重度心身障害者等医療費助成条例の一部改正について議案第36号南砺市国民健康保険条例の一部改正について議案第37号南砺市国民健康保険税条例の一部改正について議案第42号南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正について以上13案件決算予算特別委員会付託分議案番号議案名議案第8号令和3年度南砺市一般会計予算議案第9号令和3年度南砺市バス事業特別会計予算議案第10号令和3年度南砺市国民健康保険事業特別会計予算議案第11号令和3年度南砺市国民健康保険診療所事業特別会計予算議案第12号令和3年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計予算議案第13号令和3年度南砺市介護事業特別会計予算議案第14号令和3年度南砺市訪問看護事業特別会計予算議案第15号令和3年度南砺市病院事業会計予算議案第16号令和3年度南砺市水道事業会計予算議案第17号令和3年度南砺市下水道事業会計予算以上10案件                              令和3年3月12日南砺市議会議長 榊 祐人様                         南砺市議会市民経済常任委員会                            委員長  竹田秀人               委員会審査報告書 本委員会に付託の下記議案は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第110条の規定により報告します。                   記議案番号議案名議決結果議案第18号令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)の所管部分原案可決議案第25号令和2年度南砺市工業用地造成事業特別会計補正予算(第1号)原案可決議案第27号令和2年度南砺市水道事業会計補正予算(第3号)原案可決議案第28号令和2年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)原案可決議案第30号南砺市つくばね森林公園条例の全部改正について原案可決議案第33号南砺市地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律の施行に伴う固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正について原案可決議案第38号南砺市火入れに関する条例の一部改正について原案可決議案第39号南砺市井口カイニョと椿の森公園条例の一部改正について原案可決議案第40号南砺市都市公園条例の一部改正について原案可決議案第41号南砺市特定公共賃貸住宅条例の一部改正について原案可決議案第46号市道路線の認定について原案可決議案第47号市道路線の変更について原案可決                                   以上                              令和3年3月15日南砺市議会議長 榊 祐人様                         南砺市議会民生文教常任委員会                            委員長  石川 弘               委員会審査報告書 本委員会に付託の下記議案は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第110条の規定により報告します。                   記議案番号議案名議決結果議案第18号令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)の所管部分原案可決議案第20号令和2年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)原案可決議案第21号令和2年度南砺市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算(第5号)原案可決議案第22号令和2年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)原案可決議案第23号令和2年度南砺市介護事業特別会計補正予算(第4号)原案可決議案第24号令和2年度南砺市訪問看護事業特別会計補正予算(第6号)原案可決議案第26号令和2年度南砺市病院事業会計補正予算(第6号)原案可決議案第29号南砺市福光里山レクリエーション農園条例の全部改正について原案可決議案第34号南砺市体育施設条例の一部改正について原案可決議案第35号南砺市重度心身障害者等医療費助成条例の一部改正について原案可決議案第36号南砺市国民健康保険条例の一部改正について原案可決議案第37号南砺市国民健康保険税条例の一部改正について原案可決議案第42号南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正について原案可決                                   以上                              令和3年3月17日南砺市議会議長 榊 祐人様                         南砺市議会総務企画常任委員会                            委員長  中島洋三               委員会審査報告書 本委員会に付託の下記議案は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第110条の規定により報告します。                   記議案番号議案名議決結果議案第18号令和2年度南砺市一般会計補正予算(第16号)の所管部分原案可決議案第19号令和2年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第2号)原案可決議案第31号南砺市の職員の服務の宣誓に関する条例の一部改正について原案可決議案第32号南砺市一般職員特殊勤務手当に関する条例の一部改正について原案可決議案第43号南砺市国土強靱化地域計画の策定について原案可決議案第44号過疎地域自立促進計画の変更について原案可決議案第45号辺地総合整備計画の変更について原案可決議案第48号南砺市特別養護老人ホーム特別養護老人ホームいなみ等)、南砺市城端介護研修センター及び南砺市デイサービスセンター(デイサービスセンターいなみ等)等の指定管理者の指定について原案可決議案第49号南砺市城端老人福祉センター「美山荘」の指定管理者の指定について原案可決                                   以上                              令和3年3月19日南砺市議会議長 榊 祐人様                         南砺市議会決算予算特別委員会                            委員長  片岸 博               委員会審査報告書 本委員会に付託の下記議案は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第110条の規定により報告します。                   記議案番号議案名議決結果議案第8号令和3年度南砺市一般会計予算原案可決議案第9号令和3年度南砺市バス事業特別会計予算原案可決議案第10号令和3年度南砺市国民健康保険事業特別会計予算原案可決議案第11号令和3年度南砺市国民健康保険診療所事業特別会計予算原案可決議案第12号令和3年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計予算原案可決議案第13号令和3年度南砺市介護事業特別会計予算原案可決議案第14号令和3年度南砺市訪問看護事業特別会計予算原案可決議案第15号令和3年度南砺市病院事業会計予算原案可決議案第16号令和3年度南砺市水道事業会計予算原案可決議案第17号令和3年度南砺市下水道事業会計予算原案可決                                   以上地方自治法第123条第2項の規定により署名する。 令和3年3月23日        議長        榊 祐人        署名議員      水口秀治        署名議員      山本勝徳        署名議員      蓮沼晃一...