滑川市議会 > 2021-06-07 >
令和 3年 6月定例会(第1号 6月 7日)

  • "������"(/)
ツイート シェア
  1. 滑川市議会 2021-06-07
    令和 3年 6月定例会(第1号 6月 7日)


    取得元: 滑川市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-09-21
    令和 3年 6月定例会(第1号 6月 7日)                  令和3年6月           滑川市議会定例会会議録 第1号 令和3年6月7日(月曜日)          ──────────────────────              議 事 日 程   第 1 号                          令和3年6月7日(月)午前10時開議 第 1  会議録署名議員の指名 第 2  会 期 の 決 定 第 3  議案第27号 令和3年度滑川市一般会計補正予算(第1号) 第 4  議案第28号 滑川市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用            等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供            に関する条例等の一部を改正する条例の制定について 第 5  議案第29号 滑川市地方活力向上地域における固定資産税課税免除又は不均            一課税に関する条例の一部を改正する条例の制定について 第 6  議案第30号 滑川市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定            について 第 7  議案第31号 滑川市手数料条例の一部を改正する条例の制定について 第 8  議案第32号 滑川市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条
               例の一部を改正する条例の制定について 第 9  議案第33号 滑川市重度心身障害者等医療費助成条例の一部を改正する条例の            制定について 第 10  議案第34号 滑川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について 第 11  議案第35号 滑川市総合体育センター条例の一部を改正する条例の制定につい            て 第 12  議案第36号 地方自治法第179条による専決処分の承認を求めることについて             専決第5号 令和2年度滑川市一般会計補正予算(第9号)             専決第6号 滑川市税条例等の一部を改正する条例の制定につ                   いて 第 13  議案第37号 富山県市町村総合事務組合規約の変更について 第 14  報告第3号 地方自治法第180条による専決処分について             専決第7号 損害賠償請求に係る和解に関する件             専決第8号 損害賠償請求に係る和解に関する件             専決第9号 損害賠償請求に係る和解に関する件             専決第10号 損害賠償請求に係る和解に関する件             専決第11号 損害賠償請求に係る和解に関する件 第 15  報告第4号 令和2年度滑川市繰越明許費繰越計算書 第 16  報告第5号 令和2年度滑川市下水道事業会計予算繰越計算書          ──────────◇──────────                本日の会議に付した事件 日程第1 会議録署名議員の指名 日程第2 会 期 の 決 定 日程第3 議案第27号 令和3年度滑川市一般会計補正予算(第1号) 日程第4 議案第28号 滑川市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用            等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供            に関する条例等の一部を改正する条例の制定について 日程第5 議案第29号 滑川市地方活力向上地域における固定資産税課税免除又は不均            一課税に関する条例の一部を改正する条例の制定について 日程第6 議案第30号 滑川市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定            について 日程第7 議案第31号 滑川市手数料条例の一部を改正する条例の制定について 日程第8 議案第32号 滑川市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条            例の一部を改正する条例の制定について 日程第9 議案第33号 滑川市重度心身障害者等医療費助成条例の一部を改正する条例の            制定について 日程第10 議案第34号 滑川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について 日程第11 議案第35号 滑川市総合体育センター条例の一部を改正する条例の制定につい            て 日程第12 議案第36号 地方自治法第179条による専決処分の承認を求めることについて             専決第5号 令和2年度滑川市一般会計補正予算(第9号)             専決第6号 滑川市税条例等の一部を改正する条例の制定につ                   いて 日程第13 議案第37号 富山県市町村総合事務組合規約の変更について 日程第14 報告第3号 地方自治法第180条による専決処分について             専決第7号 損害賠償請求に係る和解に関する件             専決第8号 損害賠償請求に係る和解に関する件             専決第9号 損害賠償請求に係る和解に関する件             専決第10号 損害賠償請求に係る和解に関する件             専決第11号 損害賠償請求に係る和解に関する件 日程第15 報告第4号 令和2年度滑川市繰越明許費繰越計算書 日程第16 報告第5号 令和2年度滑川市下水道事業会計予算繰越計算書          ──────────◇────────── 出席議員(13名)     2番 大 浦 豊 貴 君    3番 脇 坂 章 夫 君     4番 青 山 幸 生 君    5番 角 川 真 人 君     6番 竹 原 正 人 君    7番 尾 崎 照 雄 君     9番 原     明 君    10番 岩 城 晶 巳 君     11番 古 沢 利 之 君    12番 浦 田 竹 昭 君     13番 開 田 晃 江 君    14番 中 川   勲 君     15番 高 橋 久 光 君 欠席議員(なし)  欠  員(2名)     1番、8番          ──────────◇──────────              説明のため出席した者の職・氏名  市長                       上 田 昌 孝 君  副市長                      石 川 忠 志 君  総務部長企画政策課長兼務総務課長兼務財政課長兼務 石 坂   稔 君  企画政策課主幹                  相 沢 卓 巳 君  総務課主幹                    櫻 井 雄 一 君  総務部参事消防署長)              川 岸   修 君  財政課主幹                    奥 村 勝 俊 君  営繕課長                     川 岸 弘 明 君  税務課長                     丸 山 浩 征 君  産業民生部長                   網 谷 卓 朗 君  市民課長                     石 川 久 勝 君  産業民生部参事市民健康センター所長        結 城 幹 子 君  生活環境課長                   石 坂 康 仁 君  福祉介護課長地域包括支援センター所長兼務     石 川 美 香 君  商工水産課長                   長 崎 一 敬 君  観光課長海洋資源振興課長兼務           小 川 勇 二 君  産業民生部参事農林課長              黒 川 茂 樹 君  建設部長                     岩 城 義 隆 君  まちづくり課長                  高 倉 晋 二 君  空家等居住対策課長                薮 岸 正 基 君  公園緑地課長                   荒 俣 哲 也 君  建設課長                     北 島 利 浩 君  上下水道課長                   長 瀬   斉 君  建設部参事下水道整備推進担当           澤 口 幸 二 君  会計管理者会計課長事務取扱            菅 沼 久 乃 君  監査委員事務局長                 伊 井 義 紀 君  教育長                      伊 東   眞 君  教育委員会事務局長スポーツ課長事務取扱      上 田 博 之 君  学務課長                     椎 名 千 里 君  生涯学習課長                   地 崎 紀 子 君  子ども課長                    落 合 真理子 君          ──────────◇──────────          職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名  事務局長                     藤 名 晴 人
             ──────────◇────────── ◎開会の宣告 ○議長(岩城晶巳君)  ただいまから、令和3年6月滑川市議会定例会を開会いたします。          ──────────◇────────── ◎午前10時05分開議 ○議長(岩城晶巳君)  直ちに、本日の会議を開きます。  本定例会における説明員の出席要求に対し、お手元に配付してあるとおり、それぞれ出席者の報告がありました。  本日の議事日程につきましては、お手元に配付してあるとおりであります。          ──────────◇────────── ◎会議録署名議員の指名 ○議長(岩城晶巳君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員には、会議規則第84条の規定により、議長において、9番原明君、11番古沢利之君を指名いたします。          ──────────◇────────── ◎会期の決定 ○議長(岩城晶巳君)  日程第2、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。     (発言を求める者あり) ○議長(岩城晶巳君)  14番中川勲君。 ○14番(中川 勲君)  本定例会の会期を、本日から6月21日までの15日間としてはいかがかと存じますので、お諮りお願いいたします。 ○議長(岩城晶巳君)  ただいま、14番中川勲君から、本定例会の会期を本日から6月21日までの15日間ということであります。これにご異議ありませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩城晶巳君)  ご異議なしと認めます。  よって、本定例会の会期を本日から6月21日までの15日間とすることに決定いたしました。          ──────────◇────────── ◎議案第27号から議案第37号まで及び報告第3号から報告第5号まで一括上程 ○議長(岩城晶巳君)  日程第3、議案第27号令和3年度滑川市一般会計補正予算(第1号)から日程第13、議案第37号富山市町村総合事務組合規約の変更についてまで及び日程第14、報告第3号地方自治法第180条による専決処分についてから日程第16、報告第5号令和2年度滑川市下水道事業会計予算繰越計算書まで、以上14件を一括上程議題といたします。          ──────────◇────────── ◎提案理由説明 ○議長(岩城晶巳君)  市長から提案理由の説明を求めます。  上田市長。     〔市長 上田昌孝君登壇〕 ○市長(上田昌孝君)  本日、ここに令和3年6月定例市議会が開催されるに当たり、提出いたしました補正予算案並びにその他の案件につきまして、その概要を申し上げ、併せて当面の市政運営について私の所信の一端を申し上げたいと存じます。  新型コロナウイルス感染症につきましては、全国的な感染拡大に歯止めがかからず、緊急事態宣言がなされている地域においては、重症者数の激増による医療体制のひっ迫や死亡者数の増加も見られるなど、先の見通すことのできない国難となっております。  本感染症の終息に向けた最大の切り札とされるワクチン接種につきましては、本市における75歳以上となる高齢者接種予約率は約82%となっている中、国によるワクチン供給の見通しも明らかとなり、5月24日からかかりつけ医での接種を基本とし、市内12の医療機関において順調に接種が行われております。5月31日には65歳以上の方々への接種券の発送も行ったところであり、コールセンターにおける問い合わせに対する対応や、接種の予約についても確実に進めてまいります。  また、市民からのワクチン接種に関する問い合わせも多く、さらなる接種率の向上を図るため、全職員においてワクチン接種の知識を深め、地域での活動や業務中においても簡単なワクチン接種の質問に答えられるよう体制を整えているところであります。  引き続き、市医師会との連携体制の強化のもと、接種を希望する全市民が円滑に接種を受けられるよう、予約キャンセルの調整や集団接種の実施など、安心、確実に多くの方々にワクチン接種が実施できるよう努めてまいります。  また、いわゆる「コロナ慣れ」を懸念しており、国や県の感染症対策に関するロードマップなどに基づき、密の回避、手洗い・うがいの励行やマスク着用、人と人との距離の確保、会食に関する注意など、今一度基本的な感染予防行動を行う必要があると考えております。市民一丸となって新型コロナウイルス感染症に打ち勝っていくため、改めてご協力をお願いいたします。 1 当面の市政運営について  (1)社会環境の整備について  まず、社会環境の整備について申し上げます。  災害や事故・事件等から市民の生命や財産を守り、安全で安心な生活を確保することは、最も重要な課題の一つであります。  富山県総合防災訓練につきましては、8月に滑川市をメイン会場に魚津市、上市町、舟橋村における訓練の開催に向け準備を進めております。  大規模地震や津波、豪雨といった各種災害を想定した実践的かつ広域的な災害応急活動等の訓練に加え、感染症対策も考慮した実動訓練とし、新たな環境下における防災意識の普及・啓発につながるものと考えております。  また、5月25日には、新川土木センターをはじめ、新川農林振興センター滑川防災士連絡協議会などの協力のもと、市内5か所において防災パトロールを実施し、危険箇所情報共有を行ったところであり、引き続き関係機関との連携強化を図り、各種災害防止に備えてまいりたいと考えております。  空き家対策につきましては、今年度建設部空家等居住対策課を新設したところであり、市内全域空き家調査を実施し、実態を把握するとともに、市民等空き家適正管理の重要性を認識いただく啓発を積極的に行うなど、空き家対策を一層強化してまいります。  また、地域の自主防災活動を支援するため、下小泉町1区町内会自主防災会が行う防災備品整備事業について、一般財団法人自治総合センターに助成を要望しておりましたところ、このほど補助内示がありましたので、所要の予算を計上しております。  さらに、消防団員災害現場活動時における感染防止を図るため、活動用のゴーグルを整備し、訓練や活動時における現場での着用を徹底し、団員の安全確保に努めてまいります。  本市は「子ども第一主義」のもと、すべての子どもの健やかな育ちを保障するため、教育・保育環境を整え、子ども子どもの親の支援の充実を図ってまいりました。  医療的ケアが必要な子どもやその家庭への支援につきましては、令和元年度より、医療的ケア児支援関係機関会議を設置し、相互の連携を深めるとともに、一人一人の多様なニーズに応じた適切な支援、サービスの調整役を担う医療的ケア児等コーディネーターの養成に努めてきたところであります。  このような中、医療的ケアが必要な家庭から保育の希望があり、市内認定こども園において、受入れを行う準備を整えられたことから、特に安全に配慮した保育環境体制整備と適切な医療的ケア児の保育に対し支援することとし、所要の予算を計上しております。  また、感染症による影響が長期化する中で、所得の低い子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、国による子育て世帯生活支援特別給付金を支給するため、所要の予算を計上しております。  国民健康保険事業につきましては、被保険者の方々を対象とした特定健康診査ミニドック検診を、ワクチン接種を考慮し、例年より遅い6月15日から実施することとしております。健康管理のためにも1年に1回は積極的な受診をお願いするものであります。  本市の交通事故につきましては、5月末日現在、死亡事故の発生はなく、人身事故件数は23件、負傷者数は31人と、件数は前年同期を下回ったものの、負傷者数は上回る結果となっています。  高齢者交通事故割合が高く、また、薄暮期の事故も増加傾向にあることから、高齢者事故防止対策を重点に据えた運動などを展開するとともに、反射材の配布をはじめ、薄暮期における歩行者対策などを関係団体関係機関と緊密に連携して実施し、悲惨な交通事故が減少するよう努めてまいります。  コミュニティバス「のる my car」の令和2年度の利用者数は60,193人と、前年度より18,100人の減少となっており、感染症の蔓延に伴う外出自粛も一つの要因となっているものと分析しております。  また、導入から10年が経過し老朽化したコミュニティバスについて、安全な運行を図るため新規購入することとし、所要の予算を計上しております。  (2)産業の振興について  次に、産業の振興について申し上げます。  感染防止感染症終息後も見据え、市内店舗等における非接触型の電子決済普及促進を図り、あわせて市内での消費喚起の後押しを目的としたキャッシュレス決済促進事業につきましては、キャンペーンを7月1日から開始することとし、利用する決済サービスは、PayPayとしたところであります。  ポイント還元率は20%、期間中の付与上限額を2,000円相当とし、対象店舗については、市内の実店舗のうち、一部の業種を除いた中小規模店舗としたところであり、キャッシュレス決済未導入の事業者への普及促進も図ってまいりたいと考えております。  あわせて、第3弾となる「プレミアム付商品券」の発行につきましては、昨年に引き続き滑川商工会議所事業主体となり、7月31日の発売開始に向け準備が進められているところであり、これらの取り組みにより、市内経済活動活性化につなげてまいりたいと考えております。  農業につきましては、主力品種のコシヒカリの一等米比率向上のため、本年も田植え時期の繰り下げを推奨したところであり、今後とも高品質で美味しい滑川産米を目指して、関係機関と連携しながら、生産者に対し支援してまいりたいと考えております。  米の生産調整につきましては、アルプス地域農業再生協議会生産目標の決定がなされ、各農家等へ通知された面積を基に、6月8日より生産組合長各位のご理解とご協力のもと、現地確認作業の実施を予定しているところであります。  また、今年1月の大雪により被災した農業者を支援するため、倒壊した農業用ハウス等の再建及び被害のあったりんごの主枝、ぶどうの果樹棚の復旧に要する経費に対し助成を行うこととし、所要の予算を計上しております。  本市漁業の中心となるホタルイカ漁につきましては、5月末までの漁獲量は約365トンと湾内においては比較的多く水揚げされており、過去10年の総漁獲量の平均約432トンの約85%の漁獲量となっております。  ほたるい海上観光につきましては、滑川漁業協同組合の協力をいただき、4月1日から5月9日までの39日間を運航期間として実施いたしました。十分な感染症対策を講じ、1隻体制で定員を25人として運航したところであります。運航率は、20日間で約51%、県内外の観光客485人の方々にご乗船いただき、「ほたるいかのまち滑川」の神秘の光を堪能いただいたところであります。  富山湾岸クルージングにつきましては、本年の運航を4月24日から11月28日として実施しているところであります。ゴールデンウイーク期間中の乗船者数は、192人で、富山湾から見る立山連峰能登半島の景観を楽しんでいただいたところです。今後も安全安心な運航に努めてまいります。  ほたるいかミュージアムにつきましては、令和2年度の入館者数は、20,320人で、前年度から50,024人減少し、対前年比71%の減となっております。毎年入館者が最も多い4、5月の休館や観光そのものの自粛などが影響したものと考えております。本年も感染症の影響を避けることはできませんが、訪れた方々が安心して楽しんでいただける施設運営に努めてまいります。  外国人観光客の誘致につきましては、一昨年に続き台湾美食展への出展を予定しておりましたが、台湾入国及び日本帰国に各14日間の隔離期間が必要となることなどから、今年度も出展を断念したところであります。引き続き情報収集に努めるとともに、様々な方式での誘致活動を実施できるよう準備してまいります。  「ふるさと龍宮まつり」につきましては、7月17日と18日両日の開催を検討されてきましたが、感染症拡大の影響を鑑み、実行委員会において今年度も中止の決定がなされたところであります。来年度には、県内唯一の正三尺玉を打ち上げる海上花火大会などが盛大に開催されることを期待しているところです。砺波はチューリップをやりましたね。  (3)都市基盤整備等について  次に都市基盤整備等について申し上げます。  市道の整備につきましては、市道菰原辰野線歩道整備等において国の交付金の内示があり、道路交通安全確保の促進を図ることとしております。  その他、市の単独事業につきましては、事業効果早期発現のため路線ごとの完成に重点を置き、市道中新上小泉線路肩整備工事を実施し、通学路の安全確保に努めることとしております。  また、舗装改良として、老朽化が著しい市道上梅沢下梅沢線舗装補修を行うこととし、所要の予算を計上しております。  県施行における主な道路事業につきましては、主要地方道滑川上市線下梅沢から有金地内や主要地方道富山立山魚津線歩道整備など市内幹線道路の整備が引き続き実施され、早月川に架かる入会橋や新月形橋早月大橋などの橋梁補修も実施されることとなっております。  また、継続して要望している中川水系沖田川治水対策事業につきましては、鉄道敷の上流側において工事が予定されており、延長約20メートルの函渠工を行うものと聞いております。  市といたしましても、市民のより一層の安全、安心のため引き続き事業の早期完了に向け関係機関に働きかけてまいります。  中滑川駅前エリア整備事業につきましては、先月行われた複合施設新築工事に係る入札が中止となったことから、内容等の見直しを行い、再入札に向け手続きを進めているところであり、引き続き議会にもお諮りしながら着実な整備に努めてまいります。  都市公園につきましては、「公園長寿命化計画」に基づき、駅前中央公園の遊具の更新をはじめ、老朽化した公園施設や照明灯などの改修を進めており、来園者の安全で快適な利用の確保と機能保全ライフサイクルコストの縮減に努めてまいります。  (4)教育の向上について  次に、教育の向上について申し上げます。  学校教育につきましては、感染症対策を徹底し、学習活動を工夫しながら、可能な限り学校行事や部活動等も含めた学校教育活動を継続し、子どもの健やかな学びを保障していくことが重要であると考えております。  学童体育大会では、小学校6年生はスポーツ・健康の森公園、そして5年生は各校において、100メートルやハードル走、高跳び、幅跳び、ソフトボール投げなどの競技が行われたところです。3種目において大会新記録が出ており、感染症による影響が長期化する中においても、児童の元気な姿にまずはひと安心をしているところです。  昨日のスポーツフェスタ、陸上競技でありますが、相当にいい記録の子どもがたくさんいたということでありました。  国のGIGAスクール構想による1人1台端末の整備につきましては、全児童生徒への配布を完了し、授業などで使用を開始しております。整備したICT機器は、学力向上や探究学習、感染症拡大や災害時などのオンラインでの学習においても活用できることから、より効果的な活用方法についてさらに研究を進め、子どもたちの学びの質を高めてまいりたいと考えております。  浜加積地区公民館の改築につきましては、現在、現公民館の解体工事を行っております。令和3年末には自然の温もりを感じられる木造の新公民館が完成する予定となっており、新しい公民館が地域活性化とさらなる生涯学習の振興につながるものと期待しております。  スポーツの振興につきましては、感染防止対策の徹底や各種イベントの内容を工夫するなど、体育協会をはじめ関係機関との連携により、市民の健康・体力づくりや競技力の向上など、スポーツの機会づくりに努めているところであります。
     生涯スポーツ社会の実現に向け、スポーツ・レクリエーション活動を通して、健康寿命延伸を目指して活動する高齢者団体が、年間を通して行うスポーツ活動の利用料金を無料にすることとし、総合体育センター条例の改正を提案しております。  (5)その他  滑川中新川地区広域情報事務組合が施工するFTTH整備工事につきましては、現在、既存の古いケーブルに新たなケーブルを束ねるための準備作業が順調に進められており、6月からは、並行して新たなケーブルの敷設が進められる予定となっております。  また、事業の譲渡につきましては、7月1日の正式譲渡に向けて準備が進められております。6月中旬には、加入者に対し、事務組合と株式会社TAMとの連名で事業譲渡の案内が送られるほか、新たな光サービスの内容も随時案内されることとなっております。  今後も事務組合並びに構成自治体とともに、FTTH整備工事の年度内完了と、円滑な民間譲渡が行われるよう努めてまいります。 2 補正予算の説明  次に、今回提案いたしました補正予算の概要についてご説明申し上げます。  議案第27号は、令和3年度一般会計補正予算(第1号)であります。今回の補正予算額は、2億3,817万2千円であり、補正後の予算額は、138億1,798万2千円となります。  歳入につきましては   分担金及び負担金           29万円   国 庫 支 出 金      7,292万5千円   県 支 出 金          3,062万円   繰   入   金          10万円   繰   越   金      8,843万7千円   諸   収   入        1,720万円   市       債        2,860万円 であります。  一方、歳出につきましては   総   務   費        1,918万円   民   生   費      3,169万8千円   農林水産業費         3,564万6千円   土   木   費    1億3,548万8千円   消   防   費          66万円   教   育   費        1,550万円 を計上しております。 3 予算以外の案件  次に、予算以外の案件について申し上げます。  議案第28号から議案第35号までの8件につきましては、それぞれ条例の一部を改正するものであります。  議案第36号は地方自治法第179条に基づき専決処分をいたしました令和2年度一般会計補正予算(第9号)及び市税条例等の一部を改正する条例の制定について承認を得ようとするものであります。  議案第37号は富山県市町村総合事務組合規約の変更についてであります。  報告案件といたしましては、地方自治法第180条に基づき専決処分をいたしました損害賠償請求に係る和解に関する件、令和2年度の繰越明許費繰越計算書及び下水道事業会計予算繰越計算書であります。  以上が今回提案いたしました諸案件のあらましであります。  何とぞ、慎重ご審議の上、適正な議決をいただきますようお願いを申し上げます。 ○議長(岩城晶巳君)  暫時休憩いたします。                 午前10時33分休憩          ───────────────────── ◎議案の補足説明 ○議長(岩城晶巳君)  直ちに全体委員会を開きます。  議案第27号から報告第5号までの補足説明を求めます。               (議案の補足説明が行われる) ○議長(岩城晶巳君)  以上で全体委員会を閉じます。                 午前11時42分再開 ○議長(岩城晶巳君)  休憩前に引き続き、本会議を開きます。 ○議長(岩城晶巳君)  お諮りいたします。  議案調査のため、6月8日から11日までの4日間を休会といたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩城晶巳君)  ご異議なしと認めます。  よって、6月8日から11日までの4日間は休会とすることに決定いたしました。  なお、6月12日及び13日の2日間は、市の休日のため休会となっております。  6月14日午前10時から本会議を開き、市政一般に対する質問並びに提出諸案件に対する質疑を行います。  質問並びに質疑を希望される方は、6月9日正午まで、議長宛てに通告願います。  本日はこれにて散会いたします。                 午前11時43分散会...