滑川市議会 > 2019-03-22 >
平成31年 3月定例会(第5号 3月22日)

ツイート シェア
  1. 滑川市議会 2019-03-22
    平成31年 3月定例会(第5号 3月22日)


    取得元: 滑川市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-27
    平成31年 3月定例会(第5号 3月22日)                  平成31年3月           滑川市議会定例会会議録 第5号 平成31年3月22日(金曜日)          ──────────────────────              議 事 日 程   第 5 号                        平成31年3月22日(金)午前11時開議  第 1  委 員 長 報 告        総務文教消防委員長        産業厚生建設委員長        予算特別委員長       質       疑       討       論       採       決  第 2  議案の追加提案       議案第40号 人権擁護委員候補者の推薦について       提案理由説明       採       決  第 3  議員派遣
     第 4  閉会中の継続審査          ──────────◇──────────                本日の会議に付した事件  日程第1 委 員 長 報 告        総務文教消防委員長        産業厚生建設委員長        予算特別委員長       質       疑       討       論       採       決  日程第2 議案の追加提案       議案第40号 人権擁護委員候補者の推薦について       提案理由説明       採       決  日程第3 議員派遣  日程第4 閉会中の継続審査          ──────────◇────────── 出席議員(13名)     2番 大 浦 豊 貴 君    3番 脇 坂 章 夫 君     4番 青 山 幸 生 君    5番 角 川 真 人 君     6番 竹 原 正 人 君    7番 尾 崎 照 雄 君     9番 原     明 君    10番 岩 城 晶 巳 君     11番 古 沢 利 之 君    12番 浦 田 竹 昭 君     13番 開 田 晃 江 君    14番 中 川   勲 君     15番 高 橋 久 光 君 欠席議員(なし)  欠  員(2名)     1番、8番          ──────────◇──────────              説明のため出席した者の職・氏名  市長                                    上 田 昌 孝 君  副市長                                   石 川 忠 志 君  総務部長                                  膳 亀   進 君  企画政策課長                                岡 野 博 司 君  総務部参事総務課長事務取扱                         下 野 宏 一 君  総務部参事(消防署長)                           元 起   修 君  財政課長                                  石 川 久 勝 君  営繕課長                                  川 岸 弘 明 君  税務課長                                  妻 木 朋 子 君  産業民生部長                                石 坂   稔 君  産業民生部参事市民課長事務取扱                       藤 田 博 明 君  市民健康センター所長                            結 城 幹 子 君  生活環境課長                                黒 川 茂 樹 君  産業民生部参事福祉介護課長事務取扱                     澤 口 幸 二 君  産業民生部次長商工水産課長事務取扱観光課長事務取扱海洋資源振興課長事務取扱 網 谷 卓 朗 君  商工水産課主幹                               長 崎 一 敬 君  産業民生部参事農林課長事務取扱                       成 瀬 久 之 君  建設部長まちづくり課長事務取扱                       藤 名 晴 人 君  まちづくり課主幹                              石 井 正 広 君  建設部参事公園緑地課長事務取扱建設課長事務取扱               岩 城 義 隆 君  公園緑地課主幹                               荒 俣 哲 也 君  上下水道課長                                長 瀬   斉 君  浄化槽整備推進担当課長                           石 川 美 香 君  会計管理者会計課長事務取扱                         菅 沼 久 乃 君  監査委員事務局長                              伊 井 義 紀 君  教育長                                   伊 東   眞 君  教育委員会事務局長スポーツ課長事務取扱                   上 田 博 之 君  学務課長                                  石 倉 裕 子 君  生涯学習課長                                地 崎 紀 子 君  子ども課長                                 落 合 真理子 君          ──────────◇──────────           職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名  事務局長                                  岡 本 修 治  係長                                    永 田 光 司  主査                                    高 橋 拓 也  主事                                    山 本 和紀子          ──────────◇────────── ◎午前11時00分開議 ○議長(原 明君)  ただいまから本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、お手元に配付してあるとおりであります。          ──────────◇────────── ◎委員長報告 ○議長(原 明君)  日程第1、各委員会における審査の経過並びに結果について、各常任委員長及び予算特別委員長から報告を求めます。  総務文教消防委員長 尾崎照雄君。     〔総務文教消防委員長 尾崎照雄君登壇〕 ○総務文教消防委員長(尾崎照雄君)  総務文教消防委員会を開催したので、その結果を報告いたします。  日時、3月15日金曜日、午後1時30分より。場所、大会議室。出席委員は、開田晃江副委員長、脇坂章夫委員、岩城晶巳委員、古沢利之委員、高橋久光委員、そして委員長、私、尾崎です。よって、欠席委員はありません。説明のため出席した者は、上田市長、石川副市長、伊東教育長、膳亀総務部長、上田教育委員会事務局長、下野総務課長、元起消防署長、菅沼会計管理者、岡野企画政策課長、石川財政課長、川岸営繕課長、妻木税務課長、伊井監査委員事務局長、石倉学務課長、地崎生涯学習課長、落合子ども課長であります。  案件並びに結果  付託案件  (1)議案第8号 平成30年度滑川市一般会計補正予算(第5号)            第1表 歳入 所管部分                歳出 第2款 総務費(但し、生活環境課所管分を除く)                   第10款 教育費            第2表 繰越明許費            第3表 地方債補正  (2)議案第10号 滑川市民会館条例の一部を改正する条例の制定について  (3)議案第11号 滑川市民交流プラザ条例の一部を改正する条例の制定について  (4)議案第12号 滑川市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について  (5)議案第13号 滑川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について  (6)議案第14号 滑川市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部を改正する条例の制定について  (7)議案第15号 行政財産の使用料に関する条例の一部を改正する条例の制定について  (8)議案第17号 滑川市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について  (9)議案第18号 滑川市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について  (10)議案第26号 滑川市法定外公共物の管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について  (11)議案第33号 滑川市立博物館条例の一部を改正する条例の制定について
     (12)議案第34号 滑川市東福寺野自然公園研修センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について  (13)議案第35号 滑川市総合体育センター条例の一部を改正する条例の制定について  (14)議案第36号 滑川市屋内運動場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について  (15)議案第37号 滑川市みのわテニス村設置条例の一部を改正する条例の制定について  (16)議案第38号 滑川市体育施設条例の一部を改正する条例の制定について  (17)議案第39号 フットボールセンター富山の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について  慎重審査の結果、以上17議案につきましては、議案第8号、議案第10号から第12号、議案第15号、議案第26号、議案第33号から第39号までの13議案につきましては、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第13号、議案第14号、議案第17号、議案第18号の4議案につきましては、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  それぞれの案件の審査の過程において、委員から質問、意見がありましたので、その概要についてご報告いたします。  議案第8号につきましては、委員から、歳入の第16款教育総務費寄附金300万円の寄付件数は年間を通して1件なのか。また、歳出の第10款教育費に奨学事業基金積立金とあるが、これを原資に新年度の奨学資金に充てるのかと質問があり、市当局から、年間通しての1件である。また、奨学事業基金積立金については見込みのとおりであると回答がありました。  また、委員より、原資の積立金がなくなった場合は奨学資金制度はどうなるのかと質問があり、伊東教育長から、予算の範囲で実施していくと回答がありました。  以上、報告を終わります。 ○議長(原 明君)  産業厚生建設委員長 竹原正人君。     〔産業厚生建設委員長 竹原正人君登壇〕 ○産業厚生建設委員長(竹原正人君)  それでは、産業厚生建設委員会を開催いたしましたので、結果について報告をいたします。  日時は、3月19日火曜日、午前10時より。場所については、大会議室でございます。出席委員は、青山幸生副委員長、大浦豊貴委員、角川真人委員、原明委員、浦田竹昭委員、中川勲委員、そして委員長の竹原です。よって、欠席委員はございません。説明のため出席した者、上田市長、石川副市長、石坂産業民生部長、藤名建設部長、網谷観光課長、藤田市民課長、澤口福祉介護課長、成瀬農林課長、岩城建設課長、結城市民健康センター所長、黒川生活環境課長、長瀬上下水道課長、石川浄化槽整備推進担当課長、長崎商工水産課主幹、石井まちづくり課主幹、荒俣公園緑地課主幹であります。  案件並びに結果  付託案件  (1)議案第8号 平成30年度滑川市一般会計補正予算(第5号)            第1表 歳入 所管部分                歳出 第2款 総務費(但し、生活環境課所管分)                   第3款 民生費                   第4款 衛生費                   第6款 農林水産業費                   第7款 商工費                   第8款 土木費   (2)議案第9号 平成30年度滑川市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)   (3)議案第16号 滑川市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定について   (4)議案第19号 滑川市ゲートボール場条例の一部を改正する条例の制定について   (5)議案第20号 滑川市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定について   (6)議案第21号 滑川市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例の制定について   (7)議案第22号 滑川市農村環境改善センター条例の一部を改正する条例の制定について   (8)議案第23号 滑川市産業研修センター条例の一部を改正する条例の制定について   (9)議案第24号 滑川市勤労身体障害者教養文化体育施設条例の一部を改正する条例の制定について   (10)議案第25号 滑川市道路占用料条例の一部を改正する条例の制定について   (11)議案第27号 滑川市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について   (12)議案第28号 滑川市東福寺野自然公園条例の一部を改正する条例の制定について   (13)議案第29号 滑川市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定について   (14)議案第30号 滑川市水道事業の布設工事監督者及び水道技術管理者の資格等に関する条例の一部を改正する条例の制定について   (15)議案第31号 滑川市下水道条例の一部を改正する条例の制定について   (16)議案第32号 滑川市定住促進住宅条例の一部を改正する条例の制定について  以上の16議案につきましては、慎重審査の結果、議案第8号、議案第19号から議案第25号、議案第27号から議案第29号、議案第31号及び議案第32号までの13議案については賛成多数で、議案第9号、議案第16号及び議案第30号の3議案については賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。  それぞれの案件の審査の過程において、委員から質問、意見がありましたので、その概要について報告をいたします。  議案第8号の審査の過程におきまして、委員から、プレミアム商品券について、低所得者、子育て世帯だけを対象とするのは不公平感があるのではないかという質問があり、市当局から、プレミアム商品券は国の事業であり、全額国の補助で賄っている。消費税率の引き上げに伴い、国で定められた低所得者と3歳未満の子を有する世帯に限ったとの回答がありました。委員からのそもそも引き上げをしなければよいのではという意見に対し、上田市長から、国のことは国に言ってもらいたいという発言がありました。コミュニティバス運行費について、委員から、補正の理由は何かという質問があり、市当局から、燃料費の高騰に伴うものである。平成29年度で想定していた単価が1リットル当たり113円、平成30年4月から平成31年1月までの平均単価が1リットル当たり132円と値上がりしているとの回答がありました。  議案第19号に関して、委員から、ゲートボール場の使用料に関して、高齢者の健康増進を考えれば価格を据え置いてより利用していただく側面もあると考えるが、そのような議論はあったのかという質問があり、市当局から、内部では高齢者の健康増進のためという意見もあったが、消費税率の引き上げということで足並みをそろえたという回答がありました。  議案第21号、議案第29号及び議案第31号について、委員から、上下水道は一般家庭の生活に関連するものなので、料金の改定の周知について何か考えているのかとの質問があり、市当局から、まずは市の広報で周知したいと考えているという回答がありました。  議案第28号について、委員から、東福寺野自然公園パークゴルフ場のパスポート料金は変わらないのかという質問に対し、市当局から、パスポートの料金は昨年6月に80歳以上を無料にしたこと、近隣の類似施設と比較してもバランスがとれていると判断し、あわせて以前から値下げ等の要望も出ていることから今回は見送ったという回答がありました。  議案第29号に関連して、委員から、戸建ての建物であれば、水道の閉栓の手続を行うということは空き家になり得るということなので、まちづくり課と連携し、空き家バンクの紹介等の取り組みはできないかという質問があり、市当局から、まちづくり課から依頼があれば随時情報は提供している。空き家バンクの紹介については検討させていただきたいという回答がありました。  以上でございます。 ○議長(原 明君)  予算特別委員長 浦田竹昭君。     〔予算特別委員長 浦田竹昭君登壇〕 ○予算特別委員長(浦田竹昭君)  それでは、予算特別委員会を3日間の日程で開催いたしましたので、その結果についてご報告をいたします。  1日目、3月12日午前10時。場所は大会議室。出席委員は、角川真人副委員長、大浦豊貴委員、脇坂章夫委員、青山幸生委員、竹原正人委員、尾崎照雄委員、原明委員、岩城晶巳委員、古沢利之委員、開田晃江委員、中川勲委員、高橋久光委員、そして委員長、浦田、全員。よって、欠席委員はございません。説明のため出席した者、上田市長、石川副市長、伊東教育長、膳亀総務部長、上田教育委員会事務局長、下野総務課長、元起消防署長、菅沼会計管理者、岡野企画政策課長、石川財政課長、妻木税務課長、伊井監査委員事務局長、石倉学務課長、地崎生涯学習課長、落合子ども課長。  2日目、3月13日午前10時。場所、同じく大会議室。出席委員については、1日目と同様、全員。よって、欠席委員はございません。説明のため出席した者、上田市長、石川副市長、膳亀総務部長、石坂産業民生部長、藤名建設部長、菅沼会計管理者、石川財政課長、藤田市民課長、澤口福祉介護課長、網谷観光課長、成瀬農林課長、結城市民健康センター所長、黒川生活環境課長、岩城建設課長、長瀬上下水道課長、石川浄化槽整備推進担当課長、長崎商工水産課主幹、石井まちづくり課長主幹、荒俣公園緑地課長主幹。  3日目、3月14日午前10時から。場所、同じく大会議室。出席委員につきましては、1日目と同様、全員。よって、欠席委員はございません。説明のため出席した者、上田市長、石川副市長、伊東教育長、膳亀総務部長、石坂産業民生部長、藤名建設部長、上田教育委員会事務局長、下野総務課長、菅沼会計管理者、石川財政課長、藤田市民課長、澤口福祉介護課長、網谷商工水産課長、長瀬上下水道課長、長崎商工水産課主幹。  付託案件  (1)議案第1号 平成31年度滑川市一般会計予算  (2)議案第2号 平成31年度滑川市国民健康保険事業特別会計予算  (3)議案第3号 平成31年度滑川市後期高齢者医療事業特別会計予算  (4)議案第4号 平成31年度滑川市介護保険事業特別会計予算  (5)議案第5号 平成31年度滑川市工業団地造成事業特別会計予算  (6)議案第6号 平成31年度滑川市水道事業会計予算  (7)議案第7号 平成31年度滑川市下水道事業会計予算  <審査の結果>  審査の結果、議案第2号から第5号までの4議案については賛成全員で、議案第6号及び議案第7号の2議案については賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。  議案第1号 平成31年度滑川市一般会計予算につきましては、岩城晶巳委員より、別紙のとおり修正案が提出されました。修正案は、歳出第8款土木費第4項都市計画費のうち1目都市計画総務費の、中滑川駅前再開発事業費1,310万2,000円のうち1,000万円と、それに対応する歳入1,000万円を削減するものであり、提案の理由としては、中滑川駅前の再開発については、地元の理解がまだ得られていないのではないか、もう少し時間をかけて説明の努力をしていただきたいということでありました。  修正案及び議案第1号のうち修正案に対応する部分を除く部分については、賛成多数で可決すべきものと決定をいたしました。よって、議案第1号については一部修正のうえ可決すべきものと決定をいたしました。また、予算特別委員会として、次のとおり附帯決議をつけることといたしました。  附 帯 決 議  『タラソピアについて、コンセプトの明確化ならびに今後の運営方針、改修・修繕の計画、及び集客方法等を策定し、事業計画書を早急に議会に示していただきたい。』  それぞれの案件の審査の過程において、委員から質問、意見がありましたので、その概要について報告をいたします。  まず3月12日は、議案第1号の歳入及び総務部、消防、教育委員会関係の予算について審査を行いました。  歳入について、委員から、幼保無償化が10月から始まるが、歳入の関連部分はという質問があり、児童福祉費負担金は、昨年度と比較して保育料として徴収する部分が減る。私立保育所運営費、施設型給付費負担金は、保育料無償化に係る国、県の負担分として増額となっているとの回答がございました。委員から、プレミアム付き商品券発行事業費について、数字の見込みはどのように出しているのかという質問があり、国から31年度相当分として、児童数等を参考にしながら積算され、割り当て内示があったものであるとの回答がございました。  歳出について、委員から、防災行政無線施設整備費についてどのように進めるのかという質問があり、31年度に同報系、翌年度に移動系の整備を考えている。同報系については、既存の34局は現状のままで、音が届かないところは出力を上げたり、スピーカーの角度を変えたりといった対応をとり、それでも届かないところは、消防分団の施設を利用して10局の増設を考えているとの回答がありました。委員から、滑川駅のエレベーター設置について、何基の設置になるかという質問があり、ホームが2カ所あるので、それぞれに設置し2基となる予定であるとの回答がございました。  孫とおでかけ支援事業について、委員から、実績はわかるかという質問があり、2月末現在で、ほたるいかミュージアムで778名の利用があったとの回答がございました。委員から、子育て孫育てアプリの登録状況はという質問があり、12月現在で約400名の登録がある。毎月200から300のアクセス数があるとの回答がございました。  宇津木杯ソフトボール大会について、委員から、県内外の強豪チームを招待するということだが、余りにレベルが違い過ぎると競技力の向上につながらないのではないかという質問があり、上田市長から、滑川はかつてソフトボールが強かった。宇津木先生に指導していただくたびに強くなってきていると思う。競技の底上げ、チャンピオンを目指せるチームになることを期待したいとの回答がございました。  情報教育設備充実費について、委員から、タブレット導入に際し、どのように活用を考えているかという質問に対し、情報教育担当者が小中学校に1名ずつ配置されている。情報教育に関する会議を設け、各学校の要望を聞きながら進めたいという回答がありました。また、タブレットの管理、ソフトの更新はという質問に対して、利用後に鍵をかけるように検討している。ソフトの更新は、コンピューターコーディネーターが配置されているので心配はないと考えているという回答がございました。  次に、3月13日は、議案第1号の産業民生部、建設部関係の予算について審査を行いました。特に厚生連滑川病院運営補助事業費及び医療機器設置助成事業費については、多くの質疑がございました。主なものとして、今後、補助金が拡充する傾向にあるのかという質問に対して、医療機器については3年間の補助を予定している。救急医療については特別交付税で算定されるが、この部分の拡充はないと考えている。産科については準公的病院という位置づけであるが、開設者の努力が必要な点もあり、拡充は考えていないという回答がございました。委員から、子ども未来サポートセンターについて、窓口を1つにして、出産から子育てまでの相談窓口を設置するということだが、子ども課所管分と市民課所管分があり、非常にわかりにくいと思うがどうかという質問があり、上田市長から、新しく始まるものだが、関係課で連携し、十分に練った案である。市の組織全力を挙げて子どもを守っていくという体制ということでこのような形をとったので、ご理解いただきたいという回答がございました。  地下水保全対策費について、委員から、地下水の調査を県立大に依頼するということだが、何地点行う予定かという質問に対して、扇状地内の井戸水の年代測定、水質、涵養域等の調査を年間通じて実施する予定としている。具体的にどの地下水を採取するかはこれからであるが、5カ所程度と考えているという回答がございました。  ほたるいか観光施設整備充実費について、委員から、タラソピアの外壁面看板設置工事について、どのようなものになるのか。耐久性を持たせるものであれば考えられるが、タラソピアを前面に押し出したものにならないかという質問に対して、外壁がはがれている部分について、修復するための工法を検討しているところである。正面、両側面の3面を補修することとし、海をイメージした観光につながるデザインを考えているという回答がありました。  道路改良費について、委員から、整備を行う具体的な路線について確認したいという質問があり、道路改良費については、12路線、2億7,000万円、市道舗装費が7路線、5,000万円、歩道等整備費が2路線で2,500万円、河川改良費として2路線で1,200万円、浸水対策事業費として4路線で4,300万円であり、総計で27路線、4億円を計上しているという回答がありました。また、委員から、道路改良については、たまった要望を処理するということだが、今回の予算で何割の要望が消化できると考えているか。また、残った要望を今後どのように処理していくのかという質問に対して、単独の道路改良については約5割強である。今後は、たまった要望が片づくまでは新規では受け付けないように考えているという回答があり、上田市長からは、町内からの要望であっても、一部に反対の方がおられれば工事がとまってしまうことがある。今年度の予算で執行残があれば、それを使って路線をカバーしていきたいという回答がありました。中滑川駅前再開発事業費について、委員から、予算に対して中身がわからない。国からの補助もどうなるかわからないまま設計に入ってもよいのか。基本構想の中身をきちんと示してほしいという質問があり、石川副市長から、基本構想としてどのような機能を持たせるか、どのような考え方かということはお示ししたつもりである。これからもいろいろな意見を取り入れながら変更することはあるかもしれないが、今の段階で考えていることは盛り込んでいるという回答がございました。定住促進住宅維持管理費について、委員から、移転補償費はどれくらい見込んでいるのか。また、1号棟から移転するとして、入居者の了解は得られているのかという質問があり、1戸当たり約43万円、15世帯の入居があり、その他の費用も含め800万円としている。入居者には事前に伺っており、予算成立前であり、仮定の段階ではあるが、ある程度の了解はいただいているという回答がございました。  3日目、3月14日は、特別会計、企業会計について審査を行いました。議案第2号について、委員から、被保険者の数について、今後の推移をどのように考えているのかという質問があり、被保険者数は減少傾向にあるという回答がございました。  このように大変多くの質疑応答がありましたが、これらの質疑を踏まえ、議員間での討議を行い、採決を行ったものであります。  以上でございます。          ──────────◇────────── ◎質疑 ○議長(原 明君)  これより、各常任委員長及び予算特別委員長の報告に対する質疑に入ります。  ただいまの各常任委員長及び予算特別委員長の報告並びに議案第1号に対する予算特別委員会の報告による修正案に対し、ご質疑ありませんか。     (質疑する者なし) ○議長(原 明君)  ご質疑がないので、これにて質疑を終結いたします。          ──────────◇────────── ◎討論 ○議長(原 明君)  これより、議案第1号平成31年度滑川市一般会計予算から議案第39号フットボールセンター富山の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてまで並びに議案第1号に対する予算特別委員会の報告による修正案についての討論に入ります。  通告がありますので、発言を許します。  11番古沢利之君。     〔11番 古沢利之君登壇〕 ○11番(古沢利之君)  それでは、幾つかの議案に対しての反対討論を行います。
     まず、議案第1号 平成31年度滑川市一般会計予算であります。  昨年3月に提案されました平成30年度の当初予算は、いわゆる準骨格予算とされておりまして、重立ったものだけという提案でありましたが、今回の新年度予算は、子ども第一主義を標榜する上田市政のもとで、この分野でさらなる進展が期待されるものでありました。  例えば子どもの医療費無料化の拡大については、昨年9月の私の質問に対しまして、決断の時期がすぐそこに来ているというふうにお答えになりましたが、今回の予算案ではそれは示されませんでした。医療費だけが課題ではないとは思いますけれども、大変残念であります。  新年度予算では、政府がこの10月からの実施を予定している消費税の10%への増税が前提とされております。  国民の実質収入は増えておらず、直近の統計でも景気の後退感が示されております。市民生活に大きな影響を与える増税は実施すべきではないと考えます。  自治体においては、市民生活を守る姿勢を鮮明にすべきでありますが、それが見えません。その立場から、本予算案には賛成できません。  議案第6号、第7号、第8号についても、同様の理由から賛成できません。  議案第10号から12号、議案第15号、議案第19号から29号及び議案第31号から39号までの24議案は、いずれも消費税の増税にあわせて使用料、利用料等を改定するものであります。  委員会質疑の中で、これらの使用料等の多くは、消費税額相当分の多くを国庫に納付しているわけではない旨の答弁がありました。今回、改定をする必要はないと考えるところであります。  以上、反対討論といたします。 ○議長(原 明君)  これにて、討論を終結いたします。          ──────────◇────────── ◎採決  (議案第1号〜議案第39号) ○議長(原 明君)  これより、起立により採決を行います。  修正案の提出と申し出がありますので、分離して採決を行います。  はじめに、議案第1号平成31年度滑川市一般会計予算を採決いたします。  本件に対する予算特別委員会の報告による修正案について、起立により採決いたします。  本修正案に賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(原 明君)  起立多数。  着席願います。  よって、本修正案は可決されました。  次に、ただいま修正議決した部分を除く原案について、起立により採決いたします。  修正議決した部分を除く部分について、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(原 明君)  起立多数。  着席願います。  よって、議案第1号の修正議決した部分を除く部分は、原案のとおり可決されました。  これにより、議案第1号は一部修正のうえ可決されました。  次に、議案第6号平成31年度滑川市水道事業会計予算及び議案第7号平成31年度滑川市下水道事業会計予算の2議案を一括して採決いたします。  以上の案件に対する予算特別委員長の報告は、原案のとおり可決であります。  以上の案件に対する予算特別委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(原 明君)  起立多数。  着席願います。  よって、議案第6号及び議案第7号の2議案は、予算特別委員長の報告のとおり可決されました。  次に、議案第8号平成30年度滑川市一般会計補正予算(第5号)を採決いたします。  この案件に対する各常任委員長の報告は、原案のとおり可決であります。  この案件を各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(原 明君)  起立多数。  着席願います。  よって、議案第8号は、各常任委員長の報告のとおり可決されました。  次に、議案第10号滑川市民会館条例の一部を改正する条例の制定についてから議案第12号滑川市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第15号行政財産の使用料に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第19号滑川市ゲートボール場条例の一部を改正する条例の制定についてから議案第29号滑川市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第31号滑川市下水道条例の一部を改正する条例の制定についてから議案第39号フットボールセンター富山の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてまでの24議案を一括して採決いたします。  以上の案件に対する各常任委員長の報告は、原案のとおり可決であります。  以上の案件を各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(原 明君)  起立多数。  着席願います。  よって、議案第10号から議案第12号、議案第15号、議案第19号から議案第29号及び議案第31号から議案第39号までの24議案は、各常任委員長の報告のとおり可決されました。  次に、議案第2号平成31年度滑川市国民健康保険事業特別会計予算から議案第5号平成31年度滑川市工業団地造成事業特別会計予算、議案第9号平成30年度滑川市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第13号滑川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第14号滑川市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第16号滑川市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから議案第18号滑川市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第30号滑川市水道事業の布設工事監督者及び水道技術管理者の資格等に関する条例の一部を改正する条例の制定についての11議案を一括して採決いたします。  以上の案件に対する各常任委員長及び予算特別委員長の報告は、原案のとおり可決であります。  以上の案件を各常任委員長及び予算特別委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(原 明君)  起立全員。  着席願います。  よって、議案第2号から議案第5号、議案第9号、議案第13号、議案第14号、議案第16号から議案第18号及び議案第30号の11議案は、各常任委員長及び予算特別委員長の報告のとおり可決されました。          ──────────◇────────── ◎議案の追加提案(議案第40号) ○議長(原 明君)  市長から議案第40号人権擁護委員候補者の推薦についてが追加して提案されました。  議案書を配付いたしますので、しばらくお待ちください。     〔事務局職員、議案書配付〕 ○議長(原 明君)  日程第2、議案第40号人権擁護委員候補者の推薦についてを上程議題といたします。          ──────────◇────────── ◎提案理由説明 ○議長(原 明君)  市長から提案理由の説明を求めます。  上田市長。     〔市長 上田昌孝君登壇〕 ○市長(上田昌孝君)  ただいま追加して提案いたしました議案についてご説明申し上げます。  議案第40号は、人権擁護委員候補者の推薦についてであります。  滑川市に置かれている人権擁護委員のうち1名が平成31年6月30日をもって任期が満了しますので、今回、山岸均君を候補者として推薦したいので、議会の意見を求めるものであります。  なにとぞ慎重ご審議のうえ、適正な議決をいただきますようお願い申し上げます。 ○議長(原 明君)  お諮りいたします。  ただいま議題としております議案第40号につきましては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略し、なお事案の性質上、質疑並びに討論を行わないことにいたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(原 明君)  ご異議なしと認めます。  よって、議案第40号につきましては、直ちに採決することに決定いたしました。          ──────────◇────────── ◎採決 ○議長(原 明君)  これより起立により採決を行います。  議案第40号人権擁護委員候補者の推薦について、異議なしとの意見にすることに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(原 明君)  起立全員。  着席願います。  よって、議案第40号は、異議なしとの意見にすることに決定いたしました。          ──────────◇────────── ◎議員派遣 ○議長(原 明君)  日程第3、議員派遣について議題といたします。
     会議規則第150条第1項の規定に基づき、お手元に配付してある1件の議員派遣について派遣することにご異議ありませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(原 明君)  ご異議なしと認めます。  よって、1件の議員派遣については決定いたしました。  なお、2月の議員派遣1件につきましては、会議規則第150条第1項ただし書きの規定により、議長において決定いたしております。  参考として配付いたしておりますので、ご確認ください。                                   平成31年3月22日             議 員 派 遣 に つ い て 地方自治法第100条第13項及び会議規則第150条の規定により下記のとおり議員を派遣する。                     記 1 第94回北信越市議会議長会定期総会    (1)派遣目的 定期総会出席    (2)派遣場所 福井県福井市    (3)派遣期間 平成31年4月9日から10日まで(2日間)    (4)派遣議員 開田晃江 参 考                                   平成31年1月17日             議 員 派 遣 に つ い て 地方自治法第100条第13項及び会議規則第150条の規定により下記のとおり議員を派遣する。                     記 1 観光PRキャラバンin台湾    (1)派遣目的 旅行会社等へのPR及び現地の状況調査    (2)派遣場所 台湾(台北市、台中市、高雄市、屏東県)    (3)派遣期間 平成31年2月18日から21日まで(4日間)    (4)派遣議員 竹原正人          ──────────◇────────── ◎閉会中の継続審査 ○議長(原 明君)  日程第4、議会運営委員長から、会議規則第107条の規定により、お手元に配付してあるとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。  お諮りいたします。  議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(原 明君)  ご異議なしと認めます。  よって、議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。          ──────────◇────────── ◎閉会の挨拶 ○議長(原 明君)  以上をもって、本定例会に付議された案件の審議は全て終了いたしました。  市長から挨拶があります。  上田市長。     〔市長 上田昌孝君登壇〕 ○市長(上田昌孝君)  平成31年3月定例会を閉会されるにあたりまして、一言ご挨拶申し上げます。  本定例会は、去る3月1日に開会されてから本日までの22日間にわたり、提案申し上げました平成31年度一般会計予算をはじめとした重要諸案件につきまして、議員各位には本会議並びに各委員会を通じ慎重なご審議を賜りました結果、1議案を除き、原案どおり議決をいただきましたことに対し、厚く御礼を申し上げる次第であります。  また、ただいまは人権擁護委員候補者の推薦についてご同意を賜り、重ねて御礼を申し上げます。  さて、本年も引き続き市民に開かれた議会を目指して土曜議会が実施され、多くの市民の皆様に本会議を傍聴していただきました。特に多くの高校生が傍聴されたことはうれしい限りであり、若者たちが市政について考える一翼を担ったものと考えます。こうしたさまざまな取り組みにより議会活動が活発になることを喜ばしく思っております。  間もなく新たな年度を迎えることになりますが、引き続き市政各般にわたる施策を強力に推進し、市勢の伸展と住民福祉の向上に努力してまいりたいと存じます。  なお、本会期中、議員各位から賜りましたご意見、ご要望等につきましては、今後十分に検討いたしまして、市政の円滑な運営に努めてまいる所存であります。  いよいよ陽春の候、寒さも緩み、桜の便りが聞かれる季節となり、議員各位には何かとご多忙のこととは存じますが、一層健康にご留意され、今後ともご支援、ご協力を賜りますようお願いいたしまして、私の挨拶といたします。  ありがとうございました。          ──────────◇────────── ◎閉会の宣告 ○議長(原 明君)  これをもちまして、平成31年3月滑川市議会定例会を閉会いたします。                 午前11時50分閉会...