氷見市議会 > 2019-06-20 >
令和 元年 6月定例会−06月20日-02号

ツイート シェア
  1. 氷見市議会 2019-06-20
    令和 元年 6月定例会−06月20日-02号


    取得元: 氷見市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-12
    令和 元年 6月定例会−06月20日-02号令和 元年 6月定例会          令和元年 6月 氷見市議会定例会会議録(第2号)       ─────────────────────────────               令和元年6月20日(木曜日)         ─────────────────────────             議  事  日  程 (第2号)   第1 市政一般に対する質問並びに議案第39号から議案第44号まで及び議案第47号から議案第49号まで、令和元年度氷見市一般会計補正予算(第2号)ほか8件並びに報告第3号から報告第13号まで、地方自治法第180条による専決処分についてほか10件(一般質問)         ─────────────────────────               本日の会議に付した事件 日程第1 市政一般に対する質問並びに議案第39号から議案第44号まで及び議案第47号から議案第49号まで、令和元年度氷見市一般会計補正予算(第2号)ほか8件並びに報告第3号から報告第13号まで、地方自治法第180条による専決処分についてほか10件(一般質問)         ───────────────────────── 出席議員及び欠席議員の氏名   出席議員(17人)     1番  穴 倉 陽 子 君      2番  北   宣 市 君     3番  屋 敷 夕 貴 君      4番  稲 積 佐 門 君     5番  越 田 喜一郎 君      6番  萬 谷 大 作 君     7番  正 保 哲 也 君      8番  竹 岸 秀 晃 君     9番  松 原 博 之 君     10番  上坊寺 勇 人 君    11番  小清水 勝 則 君     12番  積 良   岳 君
       13番  萩 山 峰 人 君     14番  荻 野 信 悟 君    15番  澤 田   勇 君     16番  谷 口 貞 夫 君    17番  嶋 田   茂 君   欠席議員(0人)         ───────────────────────── 職務のため議場に出席した事務局職員   事務局長  坂 本 博 之      次長    串 田 安 弘   副主幹   西 島 秀 元      主査    横 田 慎 一         ───────────────────────── 説明のため議場に出席した者の職・氏名   市長    林   正 之 君    副市長   小 野 裕一朗 君   政策統括監 高 橋 正 明 君    企画政策部長京 田 武 彦 君   総務部長  藤 澤 一 興 君    市民部長  澤   永貢子 君   産業振興部長森 田 博 之 君    建設部長  大 野 一 也 君   防災・危機管理監           会計管理者 川 淵 宏 朗 君         宮 下 宗 久 君   財務課長  東 軒 宏 彰 君    会計課長  釜 田 弘 賢 君    教育委員会   教育長   鎌 仲 徹 也 君    教育次長  大 門 芳 宏 君    監査委員   代表監査委員金 谷 正 和 君    事務局長  新 井 和 浩 君    消防機関   消防長   横 山 修 一 君         ─────────────────────────  午前10時00分 開議 ○議長(荻野信悟君) これより本日の会議を開きます。  議事日程は、お手元に配付の日程表のとおりであります。 △市政一般に対する質問並びに議案第39号から議案第44号まで及び議案第47号から議案第49号まで並びに報告3号から報告第13号まで ○議長(荻野信悟君) 日程第1 市政一般に対する質問並びに議案第39号から議案第44号まで及び議案第47号から議案第49号まで、令和元年度氷見市一般会計補正予算(第2号)ほか8件並びに報告第3号から報告第13号まで、地方自治法第180条による専決処分についてほか10件を一括議題といたします。 △市政一般に対する質問 ○議長(荻野信悟君) 市政一般に対する質問を行います。  通告がありますので、順次発言を許します。  9番 松原博之君。  〔9番 松原博之君 登壇(質問席)〕 ◆9番(松原博之君) 皆さん、おはようございます。  今6月議会は、令和という新しい年号となり、初めての定例議会となります。  そして、私は令和の議会で初めての質問者となります。このことに深く感謝いたし、新しい時代の幕あけにふさわしい御答弁を求め、自民同志会の一員として、市政全般について一問一答にて質問させていただきます。  新年号令和とは、万葉集の梅の花の歌から、人々が美しい心を寄せ合う中で文化が生まれ育ち、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりがあすへの希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そんな世の中にしたいという気持ちが込められていると聞いております。  政府では、日本の四季折々の文化と美しい自然をこれからも次の世代へ引き継いでいっていただき、若者が活躍できる平和な世の中になることを願って、令和としたということも伺っております。  これにあわせ、我が氷見市も、美しい自然と文化を守り、市民がここで生まれ育ってよかった、そして、未来永劫この地に住みたいという氷見市づくりに改めて邁進する必要があると、今強く感じているところでございます。  まず初めに、そうした氷見市づくりに必要不可欠な、文化を育てていく基盤となる新文化交流施設の整備についてお伺いいたします。  氷見市の新しい顔となり得る新文化施設でありますが、市民は、いつできるのか、また、どんな形になるのかと大変注目しているところだと思います。  しかし、ここへ来て、公民連携の文化交流プラザ(仮称)、少し危険信号がともり始めているのではないかと、心配の声が上がっております。  この施設は、公民連携型を売りにスタートした事業で、公共施設と民間施設が併合する予定でありましたが、公募型プロポーザルで優先交渉者の決定に至らなかったということをお聞きし、残念で、大丈夫かなと、私も市民同様に心配をしているところでございます。  いま一度、この経緯を、なぜ成立しなかったのかお聞きしたいと思います。京田企画政策部長、お伺いいたします。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) それではお答えいたします。  昨年度、今ほども議員がおっしゃられたように、旧市民病院跡地での公共施設整備と民間事業展開をあわせて担う事業者を、公募型プロポーザルで実施したところでございます。  結果、1事業者から事業の提案書の提出をいただきました。この提案内容につきまして、学識経験者等で構成いたします事業者選定委員会において審査いただいたわけでありますけれども、その結果、まちなかへの波及効果や民間事業の事業計画の確実性及び市の示す基準価格を大きく上回る公共棟整備費の提案価格等を総合的に考慮した結果、今回の提案をもって優先交渉権者を特定するには至らなかったという判断をいただいたものでございます。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) 双方の希望がかみ合わなかったということで取りやめたということは理解しますが、では、とりあえず公共施設のみの建設を優先するということのようでございますが、今後の設計から建設に至るまでの予定をお聞かせ願えますか。京田企画政策部長。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) それでは、昨年度の公募型プロポーザルの結果を受けまして、改めて事業手法、そして、整備期間などにつきまして見直しを行いました。そして、公共施設整備と民間事業展開につきましては、このたびは一旦分けて取り組むことといたしまして、市民からの要望の強い新文化交流施設の整備を先行させることとしたところでございます。  現在、新文化交流施設の設計者選定を進めておりまして、この設計者の募集に対して、市が指名いたしました業者の大半から参加表明をいただいたところであります。  今後、7月4日までに応募資料を提出いただき、1次審査を経まして、3者程度によります2次審査を7月27日に公開で実施することとしておりまして、8月初旬には設計者を決定していきたいと考えております。  また、設計期間につきましては1年程度を見込んでおりまして、その後の建設工事には1年半程度を見込む必要があると考えておりまして、そのことから、令和3年度末の竣工を目指したいと考えてはおりますが、実施設計の段階で、その点につきましては再度検討することとしております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) では、今回は民間棟施設は設計を行わないということであると思うんですけれども、公設施設のみの建設設計ということでございますが、どうでしょうか。これは、当初、見ていた予算よりも高くなるということでは大変好ましくないので、予定が変わったことによって費用の増減はあるのでしょうか。どうでしょうか。京田企画政策部長。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) この新文化交流施設の工事請負費といたしましては、本年度から来年度までの継続費として、消費税を含め、約39億7,000万円を予算計上させていただいているところでございまして、この額での整備を目指すこととはしております。  しかしながら、昨今の人件費、あるいは資材の高騰も見られるようでございまして、実施設計の段階におきまして、この点につきましては再度検討を要すると考えております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) わかりました。  では、当初予定の民間とのコラボといいますか、公民連携でございますが、これは多分諦めたわけではないと思うわけでございますが、今後、どのような形で民間事業者を探していくのか、はたまたほかの取り組みを模索していくのか、重要な分岐点になると思われます。今後の取り組みについて、京田企画政策部長、いかがでしょうか。お聞かせ願えますか。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 今回につきましては、市民から要望の強い新文化交流施設の整備を先行することとしたところでございますけれども、お尋ねの民間事業の展開につきましては、再度導入方法などを検討いたしまして、公共施設と相乗効果を生み、そして市民のにぎわいの創出につながる民間事業の導入につきまして、今後も努めて努力をしてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) 最終的には、公民連携型のにぎわい創出ができなければ、市民からは、時間と費用をかけた割に、まちなかから駐車場のある郊外へ市民会館を移設しただけだと言われます。本来なら、地代収入も含め、集客能力のある民間事業者との公民連携が望ましいと思われるところであると思うのです。  ここはしっかり、うたい文句で終わらぬよう、新しい取り組みを市民も期待しているところであります。ぜひ、最善を尽くした取り組みをお願いしておきます。  次に、金沢医科大学氷見市民病院についてお伺いいたします。  氷見市民病院は、指定管理者制度、利用料金制を導入し、氷見市と金沢医科大学双方が建設費や医療器具に係る費用を折半し、加えて地方交付税のうち市民病院に係る費用等を政策的医療交付金として、開設者である氷見市から指定管理者である金沢医科大学に交付していると聞いております。  その一方、資産の減価償却費、それから新病院建設に係る借入金の元利償還金相当額のそれぞれ2分の1、土地の借地料など、指定管理者である金沢医科大学より氷見市に納入されているとも聞いております。  その中で、平成29年度は政策的医療交付金は3億6,556万円、指定管理者負担金2億1,868万円となっていたと思います。ということは、差し引き1億4,688万円が、金沢医科大学に政策的に医療交付金が支払われているということになります。  しかしながら、普通交付税の臨床割相当額が新病院建設で病床減となり、経過措置が切れた平成30年度からは、この減額補填として一般財源から投入されております。  さきの3月議会において、我が会派の萩山議員からの質問にもあったわけでございますが、管理会計にて、病院そのものの決算会計ではないというわけであります。  市長が、がんPET−CTセンターを断念した原因の最大の要因ではないかと思われますが、平成27年度は5,922万3,000円、平成28年度は7,491万5,000円、平成29年度は1億6,858万1,000円と赤字が徐々に膨れてきている感がいたします。  それでは、平成30年度はどうだったのでしょうか。  そこで、令和の新時代の象徴であります、初の女性部長であります澤市民部長にお尋ねいたします。平成30年度の金沢医科大学氷見市民病院の決算についてお伺いいたします。澤市民部長、お願いします。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) 先般、金沢医科大学氷見市民病院資金管理運営委員会を開催いたしまして、指定管理者である金沢医科大学から平成30年度事業報告をいただいたところでございます。  それによりますと、平成30年度の決算は、医業収益48億4,700万円、これは前年度比1,300万円の減、医業費用は53億5,200万円、これは前年度比5,100万円の減、また、市からの政策的医療等交付金などの医業外収益は3億7,700万円、これは前年度比200万円増となっております。  その結果、経常収支は1億2,800万円の損失となり、前年度に比べ4,000万円の改善が図られたものの、4年連続の赤字となったものでございます。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) 今の御答弁では、平成30年度も1億2,800万円の赤字だということが確認されたと思います。  医療を取り巻く環境というのは、高齢化に伴う社会保障の増大、消費税の増税や生産年齢人口の減少による経費の増加など、課題が多く、病院経営もますます厳しい状況になってくるのではないかと思われます。  それでは、部長、どうですかね。赤字の要因となるのは、どこに問題があると思われますか。お聞かせ願えますか、澤市民部長。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) まず、平成30年度の患者数の状況から申し上げますと、入院では延べ7万2,294人、これは前年度比2,423人の増となっております。そして、1日平均患者数も6.7人増の198.1人となりました。また、外来の患者数につきましては延べ14万5,766人、これは前年度比287人の減となっておりますが、診療日数が前年度に比べ1日少なかったことから、1日の平均患者数は0.7人増の502.6人となっております。  一方、診療単価につきましては、入院が前年度比1,445円減の4万2,612円、外来が97円減の1万1,952円となり、いずれも前年度に比べ減少となったものでございます。  金沢医科大学では、平成30年4月から短時間通所リハビリを開始するなど、国等の動向に対応して患者の確保に努めていただいているところではございますが、経常収支が損失となったのは、前年度に対して診療単価が減少したとともに、医療保険の対象となる患者数が事業計画よりも下回っていることなどによるものであり、これらは前年度に比べ、循環器内科、そして麻酔科等の医師の減少が影響したものと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) 今ほどの御説明の中で最後の、医師の不足というところが一番大きな要因かなと私は思っているわけでございますが、医療体制の拡充について、常勤医師の体制は現在どうなっておりましょうか。できれば、診療科ごとに推移を踏まえて教えていただければと思いますが、澤市民部長、いかがでしょうか。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) まず、平成30年4月は、常勤医師は41名でございました。この4月には循環器内科、総合診療科などにおいて必要な常勤の医師が増員されまして、また、救急科においては初めて常勤の医師が配置されるなど、現在、昨年に比べ3名の増員により、常勤医師は44名となっております。  これによりまして、救急医療の充実など、より一層市民の皆様のニーズに即した診療が行われると思っておりまして、経営にもよい影響がもたらされると期待しているところでございます。
    ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) わかりました。  それでは次に、患者さんのバランスといいますか。当初、公設民営化にしたときは、氷見市だけではなくて石川県の患者も受け入れようというお話があったと思いますが、今現在、氷見市、石川県、患者の推移はどのようになっていますか。教えていただけますか。澤市民部長。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) 平成30年度の入院と外来の患者を住所別に分析した結果によりますと、全体の95.7%が氷見市内の方でございました。次に、高岡市からが2.2%、そして石川県からは全体の0.8%と少ない状況にございます。  このため、患者数を増やしていくためには、まずは市民の皆様に御利用いただけますように、従来もしておりますけれども、今後重点的に「広報ひみ」やケーブルテレビの行政チャンネルなどを通じて、診療科や医師の紹介など診療体制のPRを行って、病院に市民の皆様に親近感を持っていただけるよう、努めてまいりたいと思います。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) ということは、ほとんど利用者は氷見市民であるということでございますね。氷見市にとっては大事な総合病院だというふうに理解しております。  そうした場合に、患者に対応できる医師や看護師など、1人でも多く当病院に勤めていただくということが大事ではないかなと思っているわけです。  これに合わせまして、金沢医科大学には教育機関として、医学生、看護学生の修学資金貸与制度があると思いますが、現在その運用についてどのような状況になっているか、教えていただけますか。澤市民部長。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) 医学生・看護学生修学資金貸与制度を御利用いただいて、これまで3名の医師が誕生いたしました。その方々は、現在、金沢医科大学や金沢医科大学氷見市民病院において、初期臨床研修や専門医研修中でありまして、大学在学者では2年生の1名に修学資金を貸与している状況でございます。  また、看護師につきましては、これまでこの制度を利用して22名が資格を取得し、このうち18名が金沢医科大学氷見市民病院で勤務をして、現在は8名の方が勤務をしていらっしゃる状況でございます。  引き続き、地元の医師、看護師を確保していくために、この制度の周知を図り、この制度による医学生、看護学生が増えていくように努力してまいりたいと思います。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) ぜひ当氷見市民病院に、卒業のもと、働いていただければというふうに思うわけでございます。  最後に、これまで赤字体質が大変気になるというところで質問をさせていただいたわけでございますが、常勤医師の充足と医療スタッフの拡充や育成などに、市民が安心して診療を受けられる、そのような体制づくりに努力をお願いするところでございます。  そして、持続可能な経営になるため、財政支援も含めて、ここはしっかり協議が必要ではないかと思います。通常、私ども一般企業、一部上場であれば、3期連続の赤字ということは上場廃止になるわけでございますので、ここはしっかり、例えば協定の見直しを含め、経営戦略にも十分配慮が必要ではないかと思います。その辺のところを踏まえまして、最後に林市長の所見をお伺いしたいと思います。 ○議長(荻野信悟君) 林市長。 ◎市長(林正之君) 市民の皆さんの命と健康を守っていくためには、地域医療を確保していくことが必要でありまして、その中核であります金沢医科大学氷見市民病院の経営が健全で、そして、持続性を確保していくことが不可欠であります。  そのため、これまでも指定管理者であります金沢医科大学には、経営努力の要請をしておりますし、また、市といたしましても、昨年度から政策的医療等交付金の市単独分としての交付など、連携して取り組んできたところでありますけれども、今後は、さらに金沢医科大学とともに医師や看護師の確保や健全な経営に向け、医師等の宿舎の整備でありますとか、あるいは人間ドックの充実、また、診療体制等のPRなどにも取り組んでまいりたいと考えております。  とりわけ、救急医療や僻地医療等を実施するために、市から指定管理者に交付をしております政策的医療等交付金や病院建設、あるいは医療機器購入に係る減価償却費等の2分の1を指定管理者が市に納めていただいているわけでありますけれども、そうした指定管理者負担金などの、市と指定管理者のこうした負担のあり方については、現在の厳しい医療状況など、社会環境等の変化を踏まえまして、早急に見直しも含め、金沢医科大学と検討を進めてまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) なかなか厳しい状況だということは、私どもも理解しております。  とはいえ、氷見市に1つしかない総合病院でございます。市民にとっては大事な病院であります。安全で安心して診療を受けることができるよう、金沢医科大学と話を密に行っていただき、そしてまた、当病院のよさも市民に理解していただく努力も、重ねてお願い申し上げておきます。  次に、海浜植物園のリニューアルについてお伺いいたします。  これも、令和に合わせてではないでしょうが、今期大幅な海浜植物園のリニューアル工事を行うと聞いております。  これまで、開園から20年以上経過し、松田江浜とともに、モダンな建物の植物園として市民に親しまれてきたと思います。氷見市の植物とともに、花と緑の発信場所としての業務を担ってきたものではないかと思います。  ただ、来場者が年々減少傾向にあるということは事実ではないかと思っております。  老朽を含め、こうした背景から、大幅なリニューアルになったのではないかと推測しております。  今回の大型整備については、どのような目的で、どのようなリニューアルを行うのか、中身を含めまして、大野建設部長にお伺いいたします。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 氷見市海浜植物園につきましては、入園者数の減少や施設の老朽化といった課題を踏まえ、公共施設としてのあり方について検討するため、昨年度、氷見市海浜植物園のあり方基本方針策定検討委員会を開催いたしました。  この検討委員会で答申されました基本方針に基づき、海浜植物園という現在の資産を生かしつつ、緑花の拠点という従来からの性質に加え、子育て世代などが雨天のときでも遊べる子どもの遊び場や学び場、人と人との交流を生み出す、憩い・学びの場へとリニューアルするため、今年度は大温室及び展示庭園のリニューアル工事を実施し、屋根つきふわふわドームなどの遊具の設置や、リカレント研修のための施設整備を実施いたします。  これによりまして、本施設がこれまで以上に多くの方に御利用いただき、氷見市の地方創生に向けた持続的な効果を発揮する場となることを目指してまいります。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) 大変なメニューで、いろんな形でやられるのかなと思うところでございますが、では、そこまでリニューアルということになりましたら、まず、県の植物園事業の交付金、事業変更になるようですが、ここは別に問題はないのでしょうか。  また、設計者であります長谷川逸子氏には設計変更の確認もされたのか含めて、大野建設部長、御答弁願えますか。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 富山県との協議におきまして、植物園の機能を残すことにより、補助金返納を含めて特段の手続を要しないものと判断する旨の回答を得ております。  また、長谷川逸子建築計画工房に対しまして、今回のリニューアル内容について御説明したところ、これまで以上に大人から子どもまで多くの方に御利用いただける施設になるとよいと、長谷川逸子氏御本人から御了解をいただいております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) わかりました。  それでは、今ほどの事業説明の中に、植物園とはいえ、若干子ども園の感じもするのかなと思ったわけでありますが、植物園とは少しかけ離れている感もありますが、リニューアルであれば、名前の変更も含めて考えられると思われますが、名称の変更については何かありますか。建設部長、お聞かせ願えますか。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 施設名称の変更につきましては、現在、アロマガーデンという愛称もあることから、施設名称のみの変更、愛称のみの変更、愛称を含めての変更など、全体像を見据えながら、今後検討してまいりたいというふうに考えております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) わかりました。  では、その事業内容の中に少し踏み込んで質問をさせていただきますが、その中にテレワーク導入支援やリカレント研修の施設を設けると。子どもの遊び場が共存する環境をつくっていくというふうにおっしゃったと思います。  その中で、テレワークとリカレントが、私は若干気になるところでございます。これも、ある側面から見ると、ハローワーク的な事業かなと感じるところもあります。  テレワークの支援では、子育て世代の女性を対象にされていると思いますが、在宅勤務などの職業のあっせんや紹介などの支援が必要になってくるのではないかと思われます。果たして、そういったことができるのかどうか。  それから、リカレントとなれば、就労へ向けてのスキルアップなど指導、教育といったことが発生してくると思います。これも講師を呼んで行うのか、あるいはどなたかにまとめて委託するのかなど、いろんな形が考えられると思います。  この辺について、どのような形で進めていこうと思っていらっしゃるのか、大野建設部長、お聞かせ願えますか。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 運営方法については、現在、指定管理者とも検討を進めているところでありますが、少なくとも、市あるいは指定管理者が直接研修を提供するのではなく、専門的なノウハウを持つ事業者が何らかの形でかかわり、テレワークの導入支援やリカレント研修を提供することが効果的であると考えております。  例えば、指定管理者が専門的ノウハウを持った事業者と連携し、施設全体の運営は指定管理者が行い、リカレント研修プログラムの提供は専門事業者が行うといった形も考えられますが、今後どのような形での運営がよいのか、さらに検討を進めてまいりたいというふうに考えております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) 私、次に聞こうかなという話も少ししゃべっていただいたような気がするんですけれども、今回の植物園以外にいろんなメニューで指定管理者の負荷が増えるわけでございます。そうした場合に、改めて指定管理者の募集をするとか、そういう形はあるのでしょうか。建設部長、お願いいたします。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 現在の指定管理者は、地方創生推進交付金を活用して招聘しました木育推進マネジャーを中心に、リニューアル後を見据えた体制づくりに取り組んでおり、市といたしましても、引き続き注視してまいりたいと考えております。  しかし、一方で、植物園自体が複合的施設となることから、他の事業者の参入も含めた、望ましい運営体制についても検討してまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) 私は、今回せっかくの地方創生拠点整備交付金を使ってのリニューアルということでありましたので、ぜひ中途半端な形で終わらぬように、多くの市民に喜んで使っていただける、そういった施設にしていただきたいということを強くお願い申し上げて、次の質問に入らせていただきます。  では次に、令和の新時代に合わせた新交通システム導入検討事業について、お伺いいたします。  当初予算の説明では、この事業は中心市街地を全ての世代が魅力を感じる居住環境として、にぎわい、交流、活力を生み出す場とする、まちなかの回遊性や移動の快適性向上を目指し、低炭素モビリティによる環境にやさしい新しいまちなか交通システムの構築に向けた調査検討、実証実験を行う経費に充てるものであると説明を受けたわけでございます。  私もこれを聞きまして、調べたところ、北陸では石川県の輪島市と福井県の永平寺町の2カ所で、電気自動車、いわゆるゴルフ場の電動カートでございますが、そういった車が使用されているという記事を見ました。それと同じような事業ではないかなというふうに理解しているわけでございますが、では、改めてこの事業の趣旨といいますか、目指すところはどこにあるのか、いま一度お聞かせ願えますか。京田企画政策部長、お願いいたします。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) この事業につきましては、まずはまちなかの活性化を図るため、本市を訪れる観光客の皆様を氷見駅とひみ番屋街を結ぶとともに、氷見駅とひみ番屋街から中心市街地へと誘導していく、そのようなことを目指しているものでございます。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) では、調査検討の後、試乗会を行い、実証実験も行うということを聞いておりますが、これはいつごろ、どこでどのような実証実験を行うのか。また、やはり車は電動カートのようなものを使って行うのか、あわせて京田企画政策部長、お聞かせ願えますか。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) この事業を検討するに当たりましては、デジタル技術や車両のデザイン、都市交通デザインなど、多様な分野の専門家の方に御参加をいただきまして、ワーキング会議を立ち上げているところでございます。この会議の中で、どのような車両あるいは運行形態が適切なものなのか、利用する方々にとって魅力的な乗り物となるよう、検討を重ねていただきまして、年度内での実証実験の実施を目指しているところでございます。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) では、どちらかと申しますと、観光客を優先したシステムの研究というふうに感じたわけでございますが、実は、私はこれを聞きまして、同会派の同僚議員と3人で輪島市に行ってまいりました。  輪島市には、実際WA−MOという名前の新交通システムでございますが、これがまさしくゴルフ場の電動カートのような車で走っておりました。  コースは大きく市内中心部を回るショートなコースと、市内中心部の外回りというロングなコースがありました。両方とも乗車してまいりました。ゴルフ場と同様に、5人乗り、そしてまた8人乗りの大型カートもありました。両方ともドライバーがおりまして、乗車料は無料ということでございました。市内中心部を走るコースは、道路の左端の下に導線が埋め込まれておりまして、自動運転も可能というお話でありましたが、時々マナーの悪い乗用車がとまっていたり、あるいは自転車があったり、どうしても邪魔になるということもある。そのためには、自動を手動に変え移動することがあり、常時自動運転というのはちょっと難しいのかなというお話でありました。  中心部を回るコースは、明らかに朝市等のほうを回るわけでございますので、観光客向けと思われます。中心部の外回りのコースは、病院や大型スーパーなどに停留所を設けてありまして、市内の方も使っておられるということでありました。実際、私どもが乗っていたら、乗せてくれという方もいらっしゃいましたので、多分使っておられるのかなというふうに思います。  ただ、ドライバーがいるということは人件費が発生してまいります。ドライバーの人件費も発生しますし、それに伴う諸経費もあり、まだまだ検討する余地があるのかなというふうに感じてきました。  当然、当局の方も試乗調査を行っておられると思いますが、やはりここは観光客向けだけではなく、中心市街地の方も使えるような、例えば市民病院、市役所にも行けるような考え方、そして、せっかくでありますから、NPOバスなどにも乗りかえられる連結方法もあると思います。  そういった意味で、それを含めた検討もされたらどうかなと思いますが、京田企画政策部長、いかがでしょうか。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 今回におきましては、氷見駅とひみ番屋街を結ぶルートにつきまして検討することとしているところでありますが、氷見まちなかグランドデザインにおきましては、まちなかの回遊動線として、ひみ番屋街から市役所経由で市民病院を結ぶルートなども示されておりまして、将来的には、このようなルートにつきましても検討が必要であると考えております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) それでは、それに関連しまして、現在、中心市街地を走る周遊バス、いわゆる怪物くんバスでございますが、これについて少しお尋ねしたいと思います。  このバスは、まず、加越能バスが営業目的で独自で運行しているのか、それとも氷見市の委託で運行しているのか教えていただけますか、京田企画政策部長。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 今ほどおっしゃられました市街地周遊バス、いわゆる怪物くんバスでありますけれども、市街地周辺の高齢者をはじめとした住民の方々の日常生活に必要不可欠な移動手段といたしまして、県、市、交通事業者等で構成いたします氷見市地域公共交通会議で運行計画を策定いたしまして、国、県、市からの補助金等によりまして、加越能バス株式会社が運行しているところでございます。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) ということは、行政が依頼したバスの運行と考えてよろしいと思うのですが、では、現在、この怪物くんバスの氷見市からの助成金あるいは補助金かわかりませんが、どのくらい、どのような形でお支払いしているのか、お聞かせ願えますか。京田企画政策部長。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 運行に要する費用の負担につきましては、路線の運行に係る費用から運賃などの収入を差し引いた営業欠損部分のうち、国が6分の3、県が6分の1、そして市が6分の2の割合で補助をしておりまして、加越能バス株式会社の負担はない形となっております。  なお、平成30年度は氷見市分として225万2,000円を補助しているところでございます。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) わかりました。そうしますと、双方合わせると六百数十万、700万弱ということになるんでしょうかね。  私はここで何を言いたいかと申しますと、新交通システムの導入の検討は大いに結構だと思いますし、いろんな角度で検討されればよろしいかなと思うわけでございます。  ただ、今巡行の市街地周遊バス、怪物くんバスでございますが、これにもそれだけの予算を出しているのであれば、もしどちらも乗客数が少なくて効果が減少したということにならないように、今のうちに検討すべきではないかと思っております。  今後、どの交通機関も将来の人口減少、高齢化が進むため、学生や高齢者の足となることを踏まえて、検討していく必要があると思っております。  ちなみに、余談ですけれども、輪島市は行政ではなく、商工会議所が新交通システムを運営していると聞いております。こうした行政と民間を含めた、いわゆるオール氷見で将来を見据えた新交通システムの開発、検討をしていくべきではないかと思います。  あわせて京田企画政策部長、いま一度御意見を拝聴できますか。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。
    ◎企画政策部長(京田武彦君) ただいま議員に御指摘いただきましたとおり、将来の市街地でのバスの利用者数も見据えまして、観光客と市街地住民の双方が移動手段として利用できる、そのようなシステムの可能性ということはもとより、多くの皆様に支えられ、御利用いただける形に持っていけますように、検討を加えてまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) よろしくお願いいたします。物珍しさだけでは長く続きませんので、多くの人に使っていただける、観光にも効果がある、新しい交通システムをしっかり構築していただくよう、お願い申し上げておきます。  では最後に、新交通システムに関連します、観光事業の推進状況についてお尋ねいたします。  今年は令和という新時代の幕あけとなって、5月のゴールデンウイークは10連休という大型連休となりました。  北陸新幹線効果もあり、多くの人々が富山県へも訪れたと聞いております。  また、先般の国土交通省の富山事務所の発表でも、能越自動車道も例年に比べて20%以上の通行量があったと聞いております。  当然、氷見市も交流人口が増加したと思われますが、ここでどれぐらいの交流人口、入り込み客数だったのか、森田産業振興部長にお伺いいたします。 ○議長(荻野信悟君) 森田産業振興部長。 ◎産業振興部長(森田博之君) ゴールデンウイーク10連休の状況につきましては、まず、ひみ番屋街でございますが、オープン以来最高の13万6,000人となっておりまして、前年に比べ2万8,600人、26.6%の増となっております。また、氷見市潮風ギャラリーにつきましては、新聞エコバッグ教室、令和記念のキャラクターグリーティング、また、5月5日に例年行われておりますが、藤子不二雄Aまんがワールドまつりなども開催されたことから、2,919人で、前年に比べ862人、41.9%の増となっております。他の施設におきましても、正確な数字はまだ上がってきておりませんが、10連休効果で軒並み入り込み客数は上がっていると伺っております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) 大変増えたということで喜ばしいことでございますが、では、続けて宿泊者数はどうだったのでしょうか。氷見市は民宿が多くあるわけでございますが、ここにも大型連休の成果があったのか、重ねて森田産業振興部長、お願いします。 ○議長(荻野信悟君) 森田産業振興部長。 ◎産業振興部長(森田博之君) 宿泊者数につきましても、観光入り込み客数と同様に10連休の効果が大変大きく、全体で1万258人で、前年に比べまして2,812人、37.8%の増となっております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) 来訪者を含めて大変増加したということで、令和の効果があったというふうに認識していいかなと思います。  では、今年度の新規事業でございます、滞在型観光推進事業について確認をいたしたいと思います。  観光客の平均滞在時間が3時間程度と短く、飲食や買い物、宿泊などで、農山漁村やまちなかへの観光客が回遊していない現状が見受けられたという報告があったわけでございますが、滞在時間は観光消費額と直結するため、地域経済効果が十分発揮される、いわゆる滞在時間を延ばす仕組みづくりを行いたいという事業だと解釈しておりますが、今回の連休につきましては、この事業も4月からということでスタートしたばかりだと思いますので、改めてこの進捗状況は聞きませんが、これから多く訪れるであろうと言われる外国人、インバウンド対策も含めて、現在、この後どのような取り組みを行い、どのような計画があるのか、あわせてお答えいただけますか。森田産業振興部長、お願いいたします。 ○議長(荻野信悟君) 森田産業振興部長。 ◎産業振興部長(森田博之君) まず、インバウンドにつきましては、台湾語及び日本語、また、英語の能力を備えた訪日観光コーディネーター1名を、この5月8日から配置しているところでございます。5月の下旬に開催されました2019日台観光サミットin富山におきましては、市長のアテンド通訳として、台湾の要人との意見交換や本市の観光PRを行っていただいたところでございます。今後も、台湾との交流を深めまして、訪日観光旅行者の拡大に努めてまいりたいと考えております。  また、6月7日には、本市の自然、歴史、文化等の歴史資源を活用した地域活性化に向けた連携協定を、株式会社NOTEと締結したところであります。今年度は、体験型プログラムなどの地域資源の活用のあり方や、古民家などの利活用方法についての調査を実施することとしております。来年度以降、空き家を宿泊施設などに改修するとともに、これらを拠点とした体験型プログラムを提供することで、農山漁村の魅力を生かした観光振興を目指してまいります。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) 次に、先般4月中旬に、県西部の地域資源を最大限に生かし、観光による活性化につなげるため、高岡、射水、氷見、砺波、小矢部、南砺の6市の70の民間企業によるDMO、観光地域づくり推進法人を民間主導型で設立したということをお聞きいたしました。  現在、県内では、富山観光推進機構が県内全体をエリアとして活動しており、県西部では、西部地区の商工団体が連携しながら広域観光の振興に取り組んでいるわけでありますが、当市におきましては、観光協会や商工会議所との関係もあると思いますが、こういった民間を含む団体に対して、行政としてこの後どのようなかかわりを持っていくのか、森田産業振興部長、お聞かせ願えますか。 ○議長(荻野信悟君) 森田産業振興部長。 ◎産業振興部長(森田博之君) 県西部のDMO、一般社団法人富山県西部観光社「水と匠」は、複数の自治体の観光資源を組み合わせて相乗効果を得る地域連携DMO、観光地域づくり推進法人でございますが、この候補法人として先月活動を開始したところでございます。  現在、氷見市を含めまして、富山県西部6市連携により観光振興事業を行っているところでありますが、この「水と匠」同法人が進める広域観光の振興の仕組みと連携しながら、富山県西部6市の歴史、文化、食、自然といった魅力を発信してまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) ぜひアンテナは高く、多目に立てていただき、チャンスを逃さぬようお願いしておきます。  では、ここでまちなか活性化事業に関連しまして、先般、オリンピック・パラリンピックに合わせて、地域活性化に取り組む市町村の首長連合が、地元住民が大会を応援する際の拠点として、全国2,000カ所にオリンピック応援村を開設するという構想があるということをお聞きいたしました。パブリックビューイングの会場を定め、その近くに地場産品を振る舞うブースをつくるなど、そういったものを設定して、全国で2,000万人の集客を目指すと発表されました。  富山県では、高岡市、氷見市、砺波市、小矢部市、南砺市、魚津市の6市と上市町が首長連合会に入っていると聞いております。この中身を見ますと、廃校跡地などの利用も考えながら、地域の活性化とともにオリンピックにつなげていくという、そういう趣旨ではないかなというふうに解釈しました。いわゆる期間限定になるのかもしれませんが、ここはどうでしょう。氷見版オリンピック応援村の創設について、市長の所見をお伺いいたします。 ○議長(荻野信悟君) 林市長。 ◎市長(林正之君) 2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合につきましては、この大会期間中にパブリックビューイングを開催いたしまして、パブリックビューイングで観戦できる応援村を全国2,000カ所に設置する構想を、先般記者発表されているところでございます。  議員御指摘のとおり、本市も当該連合に参加をいたしていることから、箱根駅伝で本市出身の浦野選手をパブリックビューイングで応援した実績のある漁業文化交流センターなどに、応援村を開設することも検討してまいりたいと考えております。  市民がオリンピック・パラリンピックを応援する場を設けることによる機運醸成が図られるとともに、多くの市民あるいはまた観光客等が交流することで、地域の魅力発信やにぎわいづくりにもつながるのではないかというふうに考えております。 ○議長(荻野信悟君) 9番 松原博之君。 ◆9番(松原博之君) ぜひ氷見版らしい取り組みをしていただきたいと思います。大変おもしろい取り組みではないかと思いますので、御検討いただければというふうに思っております。  観光としては、やはり宿泊者の増加、氷見に長く滞在していただくことが大切でございます。また、従来の海なし県の方々へのPRも忘れず、今後、しっかりとした効果があらわれることを期待いたしまして、質問を終わりにいたします。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。  〔10番 上坊寺勇人君 登壇(質問席)〕 ◆10番(上坊寺勇人君) 自民同志会の一員として、市政一般について質問をしたいと思います。  まず、エネルギー構造高度化実証事業につきましてお尋ねをいたします。  新聞報道にもありましたが、庁舎や学校、スポーツ施設といった公共施設をネットワーク化し、電力のコストを削減するという実証実験でありますが、どのようなことをされるのか、具体的な内容とスケジュールについて質問をいたします。澤市民部長。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) この事業は、地域資源である太陽光などの再生可能エネルギーの活用とネットワークによる電力の需給管理システムをベースとして、自立・分散型のエネルギーシステムを構築し、地域の活性化と低炭素化を同時に目指していくものでございます。  今年度は、氷見市の自然環境や電力の需給状況などを踏まえ、省エネ化を図るとともに、システムの効果を検証するための事業を実施してまいります。  内容といたしましては、議員のお話の中にもありましたが、市役所庁舎、ふれあいスポーツセンター、消防庁舎、小中学校などの公共施設等、12カ所程度を想定しておりますが、リソース制御システムを設置し、これらの施設をネットワークでつないで一体として、電力使用量の管理を行うとともに、100キロワット程度の太陽光発電設備を設置し、日中のピーク電力時に電源として利用することで、システム全体としての省エネの効果や事業の効果の検証を行うものでございます。  あわせて、市民や企業を対象とした、エネルギー構造高度化の理解促進のための啓発事業を行うこととしております。  スケジュールでございますが、7月から8月にかけて事業者の選定と決定を行い、その後、設備の整備を12月ごろまでに終えたいと思っております。そして、2月ごろまでをめどに、全体のシステムの検証を行っていくことを想定しております。  以上でございます。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 太陽光を利用するということでありますが、太陽光の場合、天候等の関係から、発電量に不安定なことが生じると思うのですが、太陽光を利用するにつきまして問題はないかどうか、澤市民部長に質問します。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) 今回の事業におきまして、太陽光発電は公共施設の電力利用が多い日中の時間帯の補足的な電源として利用することを想定していることから、発電量が変動することについては問題はないというふうに考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) わかりました。  それでは、事業概要につきまして、エネルギー構造高度化の理解促進のための啓発事業の開催とありますが、具体的には何を行うのでしょうか。これも澤市民部長にお願いします。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) この事業の趣旨であります、再生可能エネルギーの活用や省エネルギーの促進、また地域一体としてのエネルギーマネジメントのメリットや必要性を市民や事業者の皆様に広く理解していただくために、今のところは著名な講師を招聘してセミナーや勉強会を予定してございます。  以上です。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) それでは、実証実験を行うに当たりまして、事業者の選定方法について、その方法と理由につきまして、同じく澤市民部長に質問します。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) この事業でのエネルギーシステムの構築には、専門的なノウハウが必要であり、また事業の目的を達成するための手法が一定でないことから、より効果的な実証事業を行うために、プロポーザル方式により複数の参加資格者から提案を求めることとしております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 今の答弁によりますと、プロポーザルということでありますが、プロポーザル実施におきまして、どのような評価基準で業者を選定しているのか、澤市民部長にお尋ねします。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) 実証事業に係る業務を確実に遂行するための実施体制や、工程管理、技術提案の内容、コストパフォーマンス等を総合的に審査、評点した上で、すぐれた提案を選定していくこととしております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 今の答弁におきまして、選定の基準はわかりましたが、それでは、事業者の応募資格はどのように考えていらっしゃいますか。澤市民部長。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) この事業では、事業者はエネルギーマネジメント業務と設備工事の施工を一体として実施することとなります。よって、応募資格につきましては、氷見市の入札参加資格及び各業務、工事に必要な資格者を有するとともに、専門性の高い事業でありますので、過去に類似事業の実績も必要となると思われますので、そういった実績も有している事業者というふうに考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 今、専門性ですとか事業実績が重要であるというふうに聞きました。  それでは、エネルギーの実証事業を行うに当たり、地元に北陸電力がありますが、北陸電力の協力を得ることは考えていらっしゃいますか。澤市民部長。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) この事業の実施に当たりましては、送電線など北陸電力が有している電力インフラの使用は不可欠でありますし、再生可能エネルギーや施設間のネットワークを導入することにより、電力需給の仕組みが変わることになります。  このため、送電線の使用、そして電力需給システムの切りかえ等が円滑に行えるよう、協力はお願いしてまいりたいと思っております。  以上でございます。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) わかりました。実証事業はわかりましたが、先般の新聞にも1つの施設で太陽光発電設備を整備して云々かんぬんの記事が出ておりました。本事業におけます西部清掃センターの跡地の利用につきましては、私、先般からいつも質問をしておったのですが、これについて、澤市民部長の所見をお願いします。 ○議長(荻野信悟君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) まず、今年度は、先ほど申し上げた公共施設等を範囲として、事業を進めてまいりたいと思います。その上で、今年度の実証事業により、この電力システムの経済性等々の有効性が結果として得られれば、来年度以降は、この事業規模の拡大等について検討してまいることとしております。その場合は、太陽光発電設備の増設のための用地として、西部清掃センター跡地を含め、市内の遊休地の有効活用を検討してまいりたいと思っております。  以上でございます。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 私が4年間質問を続けておりました西部清掃センターの問題でありますが、従来から市のほうにおきましても重点要望項目としまして、跡地の利用方法ですとか交付金等、市の重点事業として国や県に要望していただいておりました。  また、地元のほうでも、解決に向けまして何回も何回も会合を繰り返し、また、地元の自治会長も足しげく市役所のほうに相談や提案に来ている状況だと思いますので、西部清掃センターを含めて市内遊休地を有効に活用されまして、本件を進めていただきたいと思います。  それでは、次の質問に移りたいと思います。  災害対策についてでございますが、最近、短期集中型、極地的な災害に見舞われるケースが多発しております。  氷見市におきましては、昨年8月末の豪雨によりまして1時間に最大55ミリを記録し、また、9月4日には台風21号の襲来により、観測史上最大の風速35メートル超を記録いたしております。土砂災害警戒情報につきましても何回か発表がありました。多数の被害が発生したことは記憶に新しいわけでありますが、災害発生直後の初動対応のスピードと正確性が人命を左右する重要な鍵になるわけであります。  実際の災害直後の現場では、災害情報や被災情報を把握することや、正確に避難指示を出すことが重要であると思いますが、まず、避難対策について質問いたしますが、豪雨、大雨時に住民がとるべき行動等を、切迫度に応じまして、5段階で示す警戒レベルの運用が先月から始まっております。県や気象庁が出す土砂災害警戒情報や氾濫危険情報によって、レベル4である避難勧告や避難指示が出された場合には、全員避難が求められるわけであります。  そこで質問でありますが、まず、避難指示を市民に伝える方法としまして、従来から防災行政無線があるわけでありますが、氷見市に限らず、ほかの市におきましても聞こえにくいというようなことが現状であるようであります。特に、氷見市の場合には、山間部で谷や山がありまして、地形的な関係で聞こえない、聞こえにくい等の市民の皆さんからの意見は従来からあったわけでありますが、現状の調査状況と対応状況につきまして、防災・危機管理監に伺います。 ○議長(荻野信悟君) 宮下防災・危機管理監。 ◎防災・危機管理監(宮下宗久君) 災害に関する情報を市民の皆様に迅速、確実に伝達するため、平成25年9月から防災行政無線を運用していますが、気象状態や地形等により電波が届きにくい地域があるため、業者に委託して定期点検を行っています。  また、聞き取りにくいなどの不都合な屋外拡声器については、地区からの連絡を受け、角度の調整や出力の大きいものに交換するなどの作業を行っております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) ぜひ聞き取れるように改善をお願いしたいと思います。  状況によっては、防災無線以外にも、迅速で正確な伝達の多様化が必要であると思いますが、伝達の手段の多様化におきまして、防災無線以外にどのような手段があるか、同じく宮下防災・危機管理監にお尋ねします。 ○議長(荻野信悟君) 宮下防災・危機管理監。 ◎防災・危機管理監(宮下宗久君) 災害時におきましては、防災行政無線以外の伝達手段といたしまして、市のホームページやケーブルテレビ、防災アプリや緊急速報メール、そして防災ラジオが挙げられます。
     そのほか、防災行政無線が聞き取れなかった場合は、電話サービスも行っておりまして、番号が0180−99−7777におかけいただきますと、放送内容をもう一度聞くことができますので、御利用をお願いいたします。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 今ほど、防災ラジオということがありましたが、現在、防災ラジオの配付状況につきましてどんな状況でしょうか。同じく、宮下防災・危機管理監にお伺いします。 ○議長(荻野信悟君) 宮下防災・危機管理監。 ◎防災・危機管理監(宮下宗久君) 平成28年度の配付状況につきましては、小中学校保育所、高齢者医療施設などの要配慮者利用施設と、各地区の自主防災会長や民生委員児童委員などの支援者、さらには土砂災害警戒区域などに在住の方などを対象に、1,000台無償貸与いたしました。  平成29年度と平成30年度は、各地区の自主防災会長から推薦がありました、在宅で避難の際に支援を要する避難行動要支援者を対象に、各500台を無償貸与したところであります。  今年度も、各地区の自主防災会長から推薦のある避難行動要支援者を対象に、500台を無償貸与することとしております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 配付予定の個数につきましてはほぼ完了したかと思いますが、また今後、防災ラジオが必要な方が出てくると思います。今後も必要に応じての対応が必要と思いますが、それにつきまして、同じく宮下防災・危機管理監の所見を伺います。 ○議長(荻野信悟君) 宮下防災・危機管理監。 ◎防災・危機管理監(宮下宗久君) 新たな無償貸与につきましては、計画では今年度をもちまして終了することとしていますが、事業の継続につきましての要望がある場合は、自主防災会長等の意見を参考にさせていただきまして、判断いたしたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 必要な要望があれば、ぜひそれに応えてほしいと思います。  続きまして、避難訓練について質問いたします。  先日ですが、隣県の新潟県におきまして、震度6強の地震が発生しました。多数の方が重軽傷を負われましたが、氷見市におきましても一部震度2が観測され、津波注意報も出ましたが、今回は富山県にはなかったにしろ、山形県新潟県、石川県で発表されました。  ここに来て、今回の地震が発生し、また、新聞報道によりますと、立山・弥陀ヶ原における火山災害対策、避難対策計画も発表されました。  また、今も梅雨に入っておりますが、今後、大雨、豪雨も予想されます。  危機管理の心構えとして、最悪の事態を想定した避難訓練が必要かと思われますが、現在の市内における各自治会や自主防災会の避難訓練の状況について伺います。宮下防災・危機管理監。 ○議長(荻野信悟君) 宮下防災・危機管理監。 ◎防災・危機管理監(宮下宗久君) 地区自主防災訓練ですが、地域防災力向上支援事業費補助金の交付を受けて行う訓練につきましては、4年周期で毎年5ないし6地区を市が指定し、指定された地区の自主防災会は交付要綱に沿った内容で訓練を行っておられます。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 最近は災害が多発している状況でありますので、避難訓練の重要度は高まっていると思います。今ほどお聞きしましたが、4年に1回の避難訓練の頻度を上げていくべき状況であると思うんですが、これにつきまして、宮下防災・危機管理監の所見を伺います。 ○議長(荻野信悟君) 宮下防災・危機管理監。 ◎防災・危機管理監(宮下宗久君) 市が地区を指定して行う訓練とは別に、補助を受けずに自主防災会がみずからの地区の特性に合わせて企画立案を行い、毎年訓練を実施している地区もあります。このほかに、秋に原子力防災訓練を行っている地区もあります。  一方で、地区住民の高齢化も進んでおり、訓練を行うことについては負担であるとのお声も聞かれることから、地区の実情に応じて検討してまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) それでは、多種多様化する災害が発生している現状でありますが、実態に即した指導をお願いしたいと思います。  それでは、避難所の耐震化の状況につきまして、耐震化のされていない避難所があった場合に、それについては見直しが必要かどうか、同じく宮下防災・危機管理監の御意見をよろしくお願いします。 ○議長(荻野信悟君) 宮下防災・危機管理監。 ◎防災・危機管理監(宮下宗久君) 市内には29カ所の指定避難所がございますが、そのうち8カ所の避難所につきまして耐震化がなされておりません。今年度に碁石公民館、旧の上余川小学校でありますが、その耐震診断を実施することとしていますが、これら8カ所の指定避難所の耐震化につきましては、市公共施設再編計画等との整合性を図りながら、今年度には何らかの方針を示したいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 現状、どんな災害があるかわかりませんので、準備はしっかりとお願いしたいと思います。  それでは続きまして、原発の避難につきまして質問したいと思います。  先日の新聞報道にも志賀原発事故想定の記事がありました。質問でありますが、避難バスの台数につきましては、従来は23台というふうに伺っておりましたが、新聞では65台となったように記載がありました。この、一挙に65台に増えた理由につきまして、宮下防災・危機管理監に質問します。 ○議長(荻野信悟君) 宮下防災・危機管理監。 ◎防災・危機管理監(宮下宗久君) 昨年11月に県が行いました、原子力災害時の避難行動に関するアンケートの調査結果につきまして、今月10日に県議会経営企画委員会に報告されました。この報告によりますと、志賀原子力発電所から半径30キロメートルの緊急防護措置区域内、いわゆるUPZ内在住者の避難手段といたしまして、県や市が手配するバスの所要台数は、23台から延べ65台程度に増える見込みとなったと伺っております。  県では、これまで平成25年に国のガイドラインに基づき実施した避難時間推計シミュレーションをもとにバスの台数を推計したそうでありますが、住民の避難手段等を把握し、避難計画をより実効性のあるものとするため、初めて今回のアンケート調査を実施したと伺っております。この結果、バスの所要台数が大幅に増えることになったと伺っております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) わかりました。  一方で、避難する際には、8割以上がマイカーを使用するとあります。加えまして、恐らく石川県のほうから避難してくる方も多いかと思いますが、当然交通渋滞が発生すると思いますが、これについてはどのようにお考えでしょうか。宮下防災・危機管理監。 ○議長(荻野信悟君) 宮下防災・危機管理監。 ◎防災・危機管理監(宮下宗久君) 自家用車による交通渋滞への対応につきましては、各地区の基本的避難ルートを5路線に分け、避難する自家用車が集中しないよう計画しておりますが、さらに県と連携し、関係機関と協議をし、取り組んでまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 住民につきましては、みずからの判断で避難行動をとることが重要でありまして、その避難につきまして支援するのが行政の責務であると考えております。情報提供の徹底と災害協力の充実をお願いしたいと思います。  それでは続きまして、ため池の安全管理につきまして質問したいと思います。  昨年の西日本豪雨では、防災重点ため池ではないがために、付近において甚大な被害が生じたことにより、防災重点ため池の選定基準の見直しが進められているというふうに聞いております。  氷見市におきましては、既に選定されていた防災重点ため池の耐震調査や改修工事が進められているわけでありますが、これまでの防災重点ため池の耐震調査の進捗状況について質問いたします。大野建設部長。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 防災重点ため池は市内49カ所が選定されており、そのうち3カ所は廃止、耐震調査につきましては平成29年度までに39カ所を完了し、今年度残りの7カ所について実施することとしております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 49カ所のうち、廃止が3カ所ということでありまして、並行して進行しております改修工事の進捗状況につきまして、同じく大野建設部長にお尋ねします。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 改修工事の進捗状況につきましては、これまでに2カ所の池が完了し、現在5カ所の池で事業を実施中であります。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 廃止があるということで、実質46カ所のうち、完成が2カ所ということであります。工事中が5カ所ということでありますが、今後の改修の計画につきまして、同じく大野建設部長に質問します。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) まずは、この事業主体富山県でありますので、双方協議において計画を進めていくこととなります。  本市といたしましては、今後の改修計画につきましては、1カ所当たりの工事費が多額になることや、工期が3年程度かかるということから、おおむね年に3カ所が工事できるようなペースで、県に対し事業を要望してまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 今の答弁につきましては、改修工事につきまして、年3カ所ペースであれば、手つかずの残りの39カ所が整備されるまで長い年月がかかると思われますが、それまでの間、未着手の防災重点ため池の対応につきましてはどのようにお考えでしょうか。大野建設部長。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 今後の対応といたしましては、ハード対策には限界があるため、ソフト対策として、ため池ハザードマップを作成、公表しており、地域での防災意識の向上を図っていただきたいというふうに考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 長い間未着手のまま、手がつかない状態が続くようでありますが、この改修工事は富山県主体であるというふうに、今お聞きしました。費用負担について質問したいのですが、地元の負担はあるかないかにつきまして、大野建設部長に質問します。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 防災重点ため池の改修につきましては、富山県が事業主体として、農村地域防災減災事業を活用し、国、県、市でそれぞれ負担しており、地元の負担につきましてはございません。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 耐震につきましては大体わかりましたが、冒頭にも申し上げましたが、去年の西日本豪雨のため池の被害を受けまして、耐震の調査、工事に加えまして、今回、防災重点ため池の選定基準の見直しが進められているというふうに聞いておりますが、現在の状況についてお聞かせ願います。大野建設部長。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 昨年7月の西日本豪雨により、全国各地で防災重点ため池以外の多くのため池において被害が発生したことから、新たな選定基準により、防災重点ため池を再選定するよう国から指示を受けており、見直しの結果、本市におきましては、49カ所から180カ所となっております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 今の答弁につきましては、49カ所から一挙に180カ所に急増しております。大変多くの池が選定されたということでありますが、先に選定されました防災重点ため池の整備にも多くの年月が必要でありますが、さらにそれに加えまして、今回見直しにより増加しました防災重点ため池に関しましては、これからどのような予定で進めていかれるのか、建設部長にお尋ねします。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 本市におきましては、大変多くの防災重点ため池が選定されており、全てにおいてハード対策が実施できるものではありません。まずは、緊急時の迅速な避難行動につなげる対策として、全ての防災重点ため池において、ため池データベースの充実や緊急連絡体制の整備を行うとともに、浸水想定区域図の作成、公表など基礎的な情報を地域の皆さんに提供する予定となっております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 一挙にハード面の対策ができないと思いますが、危険な実態には変わりはありませんので、なるべくソフト面でカバーするようにお願いをします。  一方で、地元地域の意見としまして、長い年月を経ておりますため池につきましては、氷見市大体全域共通しまして、堆積した土砂、ヘドロ等の処理も豪雨対策の一つではないかというふうな多くの意見があります。これに対して、どのようにお考えでしょうか。大野建設部長。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) ため池の堆積物の処理という御質問ですけども、維持管理の範疇ということで、地元での対応をお願いしているところでございます。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 地元の対応ということでありますが、自分が若い時分、昔につきましては何年かに1回、池の水を抜いて、フナやコイを捕まえる、いわゆるふなとかめをやっておりまして、そのときにある程度の砂ですとかヘドロを排出していたというような歴史もあります。現状におきましては、そのようなことはなかなかできないとは思いますが、地元だけでは対応できない、負担が大きいと思われますが、何らかの補助金とか支援策はないものでしょうか。大野建設部長。 ○議長(荻野信悟君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 活用できる制度としましては、土地改良施設維持管理適正化事業などが考えられますが、通常の土地改良事業と同様に、地元負担が発生することとなります。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) わかりました。これからにつきましては、地元のほうからいろんな要望があるとは思いますが、ぜひとも支援をお願いしたく、よろしくお願いします。  それでは、次の質問に移りたいと思います。  地域づくり協議会につきまして、質問したいと思います。  地域づくり協議会につきましては、第8次氷見市総合計画後期基本計画の中にも入っておりますが、市民の方からよく聞く御意見としましては、その必要性について何回も問われております。いま一度、地域づくり協議会の必要性について、京田企画政策部長にお尋ねをします。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 地域づくり協議会の必要性ということでございますが、ただいま人口減少や高齢化が急激に進んでいる中にございます。そして、地域におきましても、役員の担い手不足や生活支援の必要性、需要が増加してきており、このままでは自治会単位での地域運営が成り立たなくなるようなことが懸念されているところでございます。  このため、本市では、地域運営の担い手確保と、新たな仕組みづくりが必要であると考えまして、旧小学校区単位での地域づくり協議会の設立を進めているところでございます。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 設立を進めているということでありますが、平成30年の12月の定例会におきましても同じような質問がありまして、その答弁の中に、当時は2つの準備会があると。そのうちの1つが、平成30年度中の設立も可能であるというような答弁がありましたが、具体的に設立はできたのかどうかにつきまして、企画政策部長にお尋ねをします。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 平成30年12月以降ということで申し上げますと、平成31年1月に余川地区で地域づくり協議会が設立されまして、この3月には明和地区が年内の設立を目指し、設立準備会を立ち上げておられます。現時点では、地域づくり協議会が7団体、設立準備会が2団体となっております。このほか、幾つかの地区におきましても、地域づくり協議会の設立に向けた動きが出始めているところでございます。  また、今月におきましては、東地域まちづくり協議会が地域の皆様の共通目標となる地域づくり計画を策定され、現時点では、3団体で地域づくり計画が策定されているという状況にございます。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 設立の状況についてはわかりました。  それでは、現在7カ所で設立というような状況でありまして、第8次氷見市総合計画後期基本計画の中においては、当初の計画では、令和3年までに21地区全体の設立を目標とするとあります。  これにつきましては、平成24年から取り組みをスタートしておりまして、先ほど、現状7件であるというふうにお聞きしましたが、このままでいきますと、ペース的には目標にはほど遠いというふうに考えますが、これにつきまして企画政策部長の所見をお願いします。
    ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) まず、今年度におきましては、地域づくり協議会の設立に関心を示されました幾つかの地区に対しまして、自治会役員の皆様が集まる場などを活用させていただき、協議会に関する説明会や勉強会を積極的に行っております。  現在、設立に向けて動き出した地区は、設立準備会まで至っていない12地区のうち半数を超えておりまして、当面はこれらの地区ができるだけ早期に設立できるよう、重点的に支援してまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) なかなか進んでいないという状況はよくわかります。確かに自分の地元におきましても、3年ほど前から取り組みはしておるんでございますが、その間、何回も会合は開催しております。そして、今年4月にようやく協議会の準備会が立ち上がった状況であります。その間につきましては、地元のほうではいろんな意見が出てきました。現在の自治会、自治振興会が存続する中での地域づくり協議会の必要性、そしてまた、自治会の役員の皆さんの負担が、今でさえも忙しいのに、また増えるのではないかというような意見が問題点として挙がってきました。  そこで質問ですが、ほかの協議会がなかなか立ち上がってこないことにつきまして、問題はどの辺にあるのか、所見を伺います。京田企画政策部長。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) ただいま御指摘いただきましたように、新たな組織の立ち上げによりまして、地域の皆様の負担がこれまで以上に大きくなるのではないか、そのような不安を抱いておられる地域もあることは伺っております。  しかしながら、地域づくり協議会は持続可能な地域づくりを目的に設立するものでございますので、将来にわたって地域の皆様の負担の軽減につながるよう、検討していくことが必要であると考えております。  このため、地域の行事や組織の整備、見直しなどのほか、協議会の事務処理に必要な人件費補助等による支援を通しまして、地域の皆様の不安解消に努めていきたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 将来にわたりまして地域の負担の軽減、そして協議会の事務的処理の支援等、丁寧に地域に説明して、不安解消に努めていただきたいと思います。  一方で、南砺市におきましても、同じように地域づくり協議会に取り組んでいるというようなことでありますが、南砺市につきましては非常にスピーディーに進んでいるというふうに聞いております。南砺市の場合、どのような状況なんでしょうか。企画政策部長に質問します。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 南砺市のほうでは、市内31地区が一斉に地域づくり協議会を設立するということを目標にして、これまで市民会議を開催するなど協議を重ねて、全市的に取り組んでこられたというふうに伺っております。  なお、本市におきましては、地域性を考慮いたしまして、地区ごとに説明会、勉強会などを行いながら、地域の皆様の理解を深めるとともに、自主性を尊重しつつ合意形成が図られるよう、取り組んできているところでございまして、引き続き丁寧かつ着実に設立を推進してまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 引き続き、地域の皆様が納得した上での推進をお願いしたいと思います。  それでは、地域づくり協議会を設立するには拠点が必要であると思うわけでありますが、例えば、今回も西部中学校の統廃合がありましたが、現在使用されていない学校跡地や、また、統廃合によって廃校となる校舎の利用につきましては、地元の現場へ行きますと、皆さんからは、地域づくり協議会を設立するのであればその拠点としたいという希望が多いわけであります。今回の統合で廃校になる校舎を含めまして、校舎を利用することについての御所見を、鎌仲教育長にお尋ねします。 ○議長(荻野信悟君) 鎌仲教育長。 ◎教育長(鎌仲徹也君) 廃校施設の利活用に関しましては、これまでも各校区ごとに協議をいただいているところでございます。大変ありがたく思っております。  施設関係者等で利活用につきまして検討されまして、地域コミュニティーの拠点としての有効活用について要望されるのでございましたら、市としては最大限尊重したいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 廃校になっても、これまで従来は地域の中心として役割を担ってきた場所であります。廃校の後も、地域コミュニティーの中心となるように考えておりますので、これからも利用方法につきましては支援をお願いしたいと思います。  それでは、次の質問に移りたいと思います。  ケーブルネットワーク光化推進事業について質問したいと思います。  先般の新聞報道にもありましたが、国の補正におきまして予算化され、市内全エリアを対象とした事業が採択されたことに伴いまして、本年度内に事業の完了が必要であるかと思いますが、工事の概要につきまして企画政策部長にお尋ねいたします。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 氷見市が実施主体となる市内中山間地のケーブルテレビ放送事業に係る施設につきましては、平成11年から平成13年にかけまして整備をしたものでございます。老朽化に伴う更新が喫緊の課題となっていたものでございます。  このような状況のもと、国の平成30年度2次補正におきまして、ケーブルテレビ事業者の光ケーブル化に関する緊急対策事業が予算化されたところでございます。  この緊急対策事業は、近年多発している災害を踏まえ、災害時における確実かつ安定的な情報伝達の確保や耐災害性の強化、さらには4K・8K放送と呼ばれる超高精細度放送の視聴環境の構築について、財政支援を行うものであります。  今回、氷見市では、この補助事業の採択を受けまして、市が事業を行うエリア全域を光ケーブル化する工事に着手したところでございます。  本工事の内訳は、幹線の光ケーブル敷設工事、センター設備工事及び各契約者宅への引き込み工事でございます。元請が製造する光ケーブルを県内の電気通信工事会社が幹線ルートに敷設し、市内を中心とする電気工事店が引き込みを担当することとなります。また、センター設備工事は、県内のIT企業が行うものです。  なお、幹線ケーブルについては、能越ケーブルネット株式会社のエリア内は既に敷設済みであり、今回の工事ではこのエリアの接続点から対象地区までの敷設を行うものでございます。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 今お聞きしましたら、国の平成30年度予算に係る事業であり、今期中の完了が必要である、また、市内全域にわたる大工事であります。そういうことを考えますと、今期中の工事の完成につきましては大丈夫かどうか、いま一度お聞きします。京田企画政策部長。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 今ほど言っていただきましたように、国の平成30年度予算に係る補助事業でありますことから、今年度内に事業が確実に完了するように、万全を期してまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) そうしましたら、今期中に完成するために具体的な今後のスケジュールについて、いま一度御答弁をお願いします。京田企画政策部長。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 事業につきましては、現在電力会社、電話会社の所有いたします電柱に光ケーブルを添架するための調査、申請を行っているところでございます。これらの手続が完了したところから、7月中に幹線ケーブルの敷設工事に着手する予定でございます。  幹線ケーブルの敷設が完了した地区から順次、年度末までにかけまして、対象となりますおよそ3,000世帯のうち、1,500世帯への引き込み工事を行ってまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) わかりました。ぜひとも年度内の完成をよろしくお願いします。市民の皆さんはオリンピックを4K・8Kで見たいというような思いが強くございます。そういう中で、工事の個人負担金につきまして説明をお願いします。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 光化に伴いましては、各契約世帯の宅内工事に係る部分につきまして負担金をお願いするケースも出てまいると見込んでおります。これにつきましては、能越ケーブルネット株式会社の現在の例を参考にいたしまして、その金額を設定、検討していくこととしております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 家の中への引き込みにつきましては有料であるというふうにお聞きしましたが、実際工事が進捗していく中で、いつごろからどのような状態になってから視聴が可能なのか、いま一度、京田企画政策部長に質問します。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 順次幹線ケーブル等の工事を進捗させていくわけでありますけれども、ケーブルテレビ契約世帯におかれましては、いわゆる4K対応のテレビ及びチューナーをお持ちであれば、引き込み工事の完了後に、今ほど申し上げました宅内工事を完了していただきますと、その時点から4K放送が視聴できる状態になると思います。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) もう1点なのですが、スケジュール的にも大変きついとは思うのですが、引き込みの数が1,500と大変多い状況にあると思うのですが、その中で、工事業者の確保につきまして所見をお願いします。京田企画政策部長。 ○議長(荻野信悟君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 今回の工事におきましては、先ほども申し上げましたとおり、1,500世帯分の工事を予定しているところでございまして、そこのところがやはり困難が予想はされているところでございますけれども、工事を年度内に確実に完了させるため、市内の電気工事店をはじめとする必要な事業者の確保に努めてまいりたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) ケーブルネット光化によって、ICT推進事業や、ともすればIT企業の招聘にも貢献するかと思います。市民の皆さんは、東京オリンピックのきれいな画像を4K・8Kで見ることを楽しみにしておりますので、ぜひとも期間内工事の完了をよろしくお願いします。  それでは、次の質問に移りたいと思います。  中山間地域起業家育成プログラム事業につきまして鎌仲教育長に質問ですが、中山間地である西部中学校校区におきましては、特に少子高齢化が進行しておりまして、児童数が減少している状況にあります。  そういった中におきまして、昨年、西部中学校文部科学省の起業体験推進事業の委託を受けまして、「14歳の挑戦」や商品開発、販売に取り組んでいるわけでありますが、こういったことが将来的に地域の存続ですとか発展につながっていくと思います。子どものころからこのような問題について考えていくことが必要であると私も思います。  来年4月には、明和、速川、久目、そして西部中学校が統合し、義務教育学校として新しく生まれ変わるわけでありますが、地域活性化を図るには、学校教育に対する期待も大きいわけであります。  このような中におきまして、今年度、中山間地起業家育成プログラム事業を西部中学校で取り組むことが提案されているものでありますが、そこで質問に入るわけでありますが、この中山間地起業家育成プログラム事業の概要と目的につきまして、鎌仲教育長の所見を伺います。 ○議長(荻野信悟君) 鎌仲教育長。 ◎教育長(鎌仲徹也君) この事業に関しましては、地域の人材や特産物を生かして、中山間地域を活性化させる方法について調査研究を行う、ふるさと学習として取り組むものでございます。  目的は、チャレンジ精神や創造性、探求心、企画力、そして実行力、コミュニケーション力など、起業家精神や起業家的な資質・能力を育成することで、ふるさと氷見を愛し、次代を担う人づくりを推進し、将来的には若年層の定着につなげたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) わかりました。  それでは、西部中学校を起業体験推進校にした理由につきまして、教育長に質問します。 ○議長(荻野信悟君) 鎌仲教育長。 ◎教育長(鎌仲徹也君) 先ほど議員さんもおっしゃいましたように、西部中学校は昨年度、文部科学省の起業体験推進事業の委託を受けております。起業家育成の観点から、商品の開発や販売に取り組んでおります。地域の起業家の指導を受けながら、地元の特産物を材料とするブルーベリーの生キャラメルとか、サツマイモパイなどを商品開発して、学校祭で販売しております。私も食べましたが、大変おいしい仕上がりであったなというふうに思います。また食べてみたいなというふうに思います。  今年度は、広く一般の人にも買ってもらえるように、商品の見直しや販売方法の工夫に取り組みたいという明確な課題意識を持っており、来年4月に開校いたします西の杜学園におきまして、ふるさと学習の柱としたいと考えております。こうしたことから、西部中学校を推進校に指定したいと思います。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) それでは、西部中学校の現場のほうでは、具体的にどのような活動に取り組んでいるのか、鎌仲教育長に質問します。 ○議長(荻野信悟君) 鎌仲教育長。 ◎教育長(鎌仲徹也君) 4月以来、校外学習や地方創生推進課との意見交換会などを通しまして、氷見市の現状と課題につきまして、子どもたちは学習しております。  来月には、2年生29名による「14歳の挑戦」が始まりますが、そこでは地域で商業や生産業を営んでおられます方のもとで、地域貢献と起業体験をテーマとした活動に取り組む予定でございます。この「14歳の挑戦」では、昨年度開発いたしましたブルーベリーやサツマイモを使ったお菓子の商品を見直したり、畳、藤箕、軍手など、地元で生産されているものを新商品として考えていく予定でございます。  「14歳の挑戦」が終了しました後も、地元の起業家と連携いたしまして、新商品の開発や製造販売に引き続き取り組んで、10月の学校祭でその成果を発表したいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 今お聞きしましたら、西部中学校全域にわたって地域おこしに貢献しておりまして、大変すばらしいと思うわけでありますが、こういうすばらしいことは、ぜひ市内、他の中学校でも取り組んでいけばどうかというふうに考えるわけであります。これから市内のほかの中学校でも取り組んではどうか、教育長の御意見をお聞きします。 ○議長(荻野信悟君) 鎌仲教育長。 ◎教育長(鎌仲徹也君) この西部中学校での取り組みに関しましては、随時インターネットで積極的に発信をしていく予定でございます。  教育委員会といたしましても、他の中学校においても、この取り組みを参考にしながら、ふるさと学習をさらに充実させてくれることを期待しております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) ぜひとも他の中学校でも取り組んでいただきまして、地域の、ひいては氷見市の存続、発展に貢献すればすばらしいというふうに考えるわけであります。これからも、ふるさと教育の充実をお願いしたいと思います。  それでは、次の質問に移りたいと思います。  ICT人材育成プログラム事業でございますが、氷見市は、従来から小中学校におきましては、電子黒板の導入やタブレット端末の整備に関しましては充実度は県内唯一と思いますが、ここに来まして、2020年に義務教育におきまして、プログラミング授業が必修化されるということでありますが、質問に入りたいと思いますが、ICT人材育成プログラム事業とは大体どのようなことをするものなのか、概要につきまして鎌仲教育長に伺います。 ○議長(荻野信悟君) 鎌仲教育長。 ◎教育長(鎌仲徹也君) 2020年度にプログラミング教育が必修化することに先立ちまして、本市でプログラミングを含むICT人材を育成するために、希望する市内の中高生を対象に、起業意識の醸成や実践型プログラミングを身につけることを目的としたワークショップを行いたいと思います。  また、中高生に指導することができます地域メンターを事前に育成しまして、継続的に指導できることを考えて、そのような体制づくりも行っていきたいと思います。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 今ほどの答弁におきましては、市内の中高校生をメンターの方が指導するというふうにお聞きしましたが、具体的にどのような方がメンターとなられるわけでありましょうか。教育長。 ○議長(荻野信悟君) 鎌仲教育長。 ◎教育長(鎌仲徹也君) すみませんでした。「メンター」という言葉がなかなか聞きなれない言葉で、指導者とか助言者、思いとしては「よき指導者」という思いを込めた言葉でございます。  メンターは、地元の人材や近隣の大学生等を想定しております。そして、3日間の研修に参加してもらうことで、中高生の指導ができることを目的としております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) 先ほど実践型プログラミングを身につける、中高生向けの体験会の開催とありましたが、具体的に実践型プログラミングとはどのようなことでしょうか。教育長。 ○議長(荻野信悟君) 鎌仲教育長。 ◎教育長(鎌仲徹也君) 今考えているのは、具体的にはスマートフォンで使うアプリの開発、それから簡単なゲームの作成、そしてホームページのウエブデザイン等のコースを考えております。プログラミング言語を実際に使って作成体験を行うことで、楽しく学びながら、将来のICT人材となるためのきっかけづくりを行いたいと考えております。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) ただいま、将来のICT人材づくりのというふうなことをお聞きしましたが、このようなプログラミングが将来的に氷見市にとりまして、どのように貢献するのかを鎌仲教育長に伺います。
    ○議長(荻野信悟君) 鎌仲教育長。 ◎教育長(鎌仲徹也君) ICTなどを活用できるスキルを持つ人材を育成することで、氷見市で起業する人材が増えること、それから新たな起業家育成に結びつくこと、その結果として、過疎の進展が生むさまざまな地域課題の解決に貢献することを目的としております。  そのために、今年度にとどまらず、継続的に実施していくことを目指して、今後取り組んでまいりたいと思います。 ○議長(荻野信悟君) 10番 上坊寺勇人君。 ◆10番(上坊寺勇人君) これからどんどんICT化が進行していくわけでありますが、氷見市は小中学校につきましては先進地であります。また、近く、ケーブルネット光化事業も完了することも、ICT化の推進にとりましては大変有効であると思います。  これからも氷見市は、他の市をリードしていってほしいというふうに思うわけであります。  これをもちまして、私の質問を終わります。 ○議長(荻野信悟君) この際、暫時休憩いたします。  再開は午後1時からといたします。  午前11時57分 休憩         ─────────────────────────  午後 1時00分 再開 ○副議長(積良岳君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  市政一般に対する質問を続けます。  15番 澤田 勇君。  〔15番 澤田 勇君 登壇(質問席)〕 ◆15番(澤田勇君) 元号が平成から令和に改まり、50日が過ぎようとしております。新元号のもと初めての記念すべき6月議会で、気持ちを引き締めて今議会に臨んでおります。  初めに、市長の市政運営について市長に質問いたします。  1点目として、公約の達成率についてお尋ねいたします。  市長の任期も半ばを経過して、あと1年と9カ月余りとなりましたが、マニフェストに掲げておられました、旧市民会館再開の断念や、新病院へのPET─CT導入の断念、そして、新文化施設整備の迷走などと厳しい現実に直面させられているのが現実ではないでしょうか。  「住みたい街」、「働きたい街」、「育てたい街」の3つの基本理念のもと、氷見市の未来へのチャレンジ、そして人口減少対策の成果などについて、現時点で、自己採点で市長はどう自分の市政運営を評価されておられるでしょうか。お尋ねいたします。  ちなみに、昨年12月議会では、自己採点は72点とお答えをいただいております。お願いします。 ○副議長(積良岳君) 林市長。 ◎市長(林正之君) 私は、マニフェスト、いわゆる政策公約に掲げました、いのちと暮らしを守る「住みたい街」、働く場所を創出するする「働きたい街」、氷見で子どもを生み育てる「育てたい街」、この3つのまちづくりを実現することが、市長として市民の負託に応えるため私に課せられた最大の使命というふうに考えております。  その実現に向けて、市長就任以来、まちづくりふれあいトークや市長室トークなどによる対話と実行を重視いたしまして、また、行政のスピード感を持って、氷見を元気にしていくための施策を氷見元気プロジェクトとして推進をしているところでございます。  市長就任1年目は、第8次氷見市総合計画後期基本計画の策定や、あるいは、教育、介護、環境、男女共同参画などの各種計画策定という種をまき、2年目は芽を出させ、そして任期の折り返しを過ぎました3年目に当たる今年度は、育てた苗を大きく育てるため、これまでの取り組みをより一層進化させることに重点を置きまして、市政運営に当たっているところでございます。  議員御質問の公約の達成率につきましては、先ほど御指摘もございましたけれども、昨年12月の市議会定例会におきましても同様の御質問におきまして、その際の答弁では、一昨年4月の市長選挙時にお示しいたしました私のマニフェストの項目ごとに検証を行った結果、全78項目のうち、ほぼ道筋の見えたものが56項目ということで、この分母分子の計算から約72点というふうにお答えしたところでございます。  今回も同様の検証を行いましたところ、海浜植物園における室内遊戯施設や、漁業文化交流センターのリニューアル整備、また外国語指導助手、いわゆるALTでございますが、ALTを増員し、小学校1年生から外国語に触れ合う機会を充実するなど、新たに7項目で道筋が見えたことから、去年の56項目に7項目を足しまして、全78項目中63項目ということになりまして、この分母分子の計算をいたしますと、自己採点といたしましては約80点というふうに考えております。  いずれにいたしましても、私に与えられた4年間の任期中において公約の達成に努めまして、本市が全国の地方創生のモデルとなるようなまちづくりを進め、市民の皆様の幸福の向上へとつなげてまいる所存でありますので、議員各位並びに市民の皆様におかれましては、今後とも御理解、御協力を賜りますようお願い申し上げます。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 今、市長は80点と申されまして、まことに本当に高得点といいますか、自己評価、前の72点から計算すると80点ということでありましたが、実は前回の72点というときも、私、ほかからの、あれは加点法でいくとそうなのかなと、今度も72プラスのということで80点。じゃ、減点法でいったらどうなるだろうということでしたけれども、そこら辺はまたそういうような物の考えで、減点法だったどうなるのだろうかと言っている意見もあるということで、またあとの1年9カ月、市長にしっかり頑張っていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。  2点目として、これもマニフェストに具体的に載っているのでありますけど、能越自動車道インターチェンジ周辺の開発、利活用についてであります。  4カ所設置されております、氷見インターチェンジ、氷見北インターチェンジは平成19年に供用開始となり、灘浦インターチェンジ氷見南インターチェンジも順次開設されたわけであります。インターチェンジ周辺の利活用、開発につきましては、供用開始当初より歴代の市長が課題として取り上げてまいったわけではありますが、言っちゃなんだけど、何の実績も上げていなかった事案であります。林市長もマニフェストにて公約されておりますので、任期中でこの具体的な構想、実施計画を示すことができるか、その辺を市長にお尋ねいたしたいと思います。お願いします。 ○副議長(積良岳君) 林市長。 ◎市長(林正之君) 能越自動車道インターチェンジ周辺の土地の利活用につきましては、これまで本市の都市構造や産業の特色などのほか、各インターチェンジ周辺の特性を踏まえまして、有効活用の方向性について検討を行ってきていたところでございます。  昨年9月には、4つのインターチェンジ周辺の利活用方針について取りまとめまして、本年3月策定をいたしました氷見市都市計画マスタープランに反映させているところであります。  例えば、氷見インターチェンジ周辺につきましては、玄関口としてふさわしい景観形成を図ることや、中心市街地等との連携、調和に配慮いたしまして、本市の特徴をアピールするための新たな拠点の形成を行うこととしているというふうに定めているところでございます。  現在、御質問にありましたように、具体的な事業計画の策定には至っておりませんが、今後、利活用方針に基づく、新たな産業などの誘致策の検討や誘致活動の推進に努めてまいりたいと考えております。これにつきましては、今後の企業誘致でありますとか、あるいは名城大学農学部との連携による新たな産業づくり、そのようなところの候補地になるものというふうに考えております。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 市長のお答えに対しては、市長がそのような構想、理念を持っておられる中で、これについては、先ほども申し上げました歴代の市長についても言えるわけなんですけど、実際その意を体して、幹部職員の皆さんが、市長はこう考えておるのだと、それに対して真剣に幹部職員の皆さんが取り組んでいかなければ、こういう具体的な事業というのはなかなかうまく推進していかないんじゃないかと思います。そういう意味で、市長の指導力もそうでありますけれど、幹部職員の皆さん、気持ちを引き締めて市長の理念を実現するように努力していただきたいと思います。  3点目として、JR氷見線・城端線の直通化についてお尋ねします。  北陸新幹線の長野・金沢間が開業されたのは、平成27年3月14日であります。富山市をはじめとして沿線自治体は、程度の差はあるものの新幹線効果の恩恵を受け、また、将来に向けてその希望と対策を練っております。  それに対して、氷見市において新幹線供用開始による恩恵を受けているかどうか。どういうものでしょう。その恩恵の蚊帳の外にいるというんじゃないでしょうか。  新幹線に乗車するため、JR氷見線・城端線を乗り継がなければなりません。以前より不便になった感があるという声もあります。氷見市の将来にとって、JR氷見線の新高岡駅との接続、そして城端線との直通化は最も急がれる課題ではないでしょうか。  市長が現在活動しておられる、そして考えておられるその中において、JR氷見線の新高岡駅との接続、そして城端線との直通化、そこへの思いはどのようなものなのでしょうか。市長のお考えをお尋ねいたします。 ○副議長(積良岳君) 林市長。 ◎市長(林正之君) お答えをいたします。  市民の皆さんのみならず、首都圏あるいは関西圏などから訪れる観光客の皆さん、それからビジネス客の利便性を高めていくためには、氷見駅から新高岡駅まで乗りかえすることなく北陸新幹線に乗車できることが必要でありまして、そのためにはJR氷見線・城端線の直通化が必要不可欠と考えております。  直通化に関しましては、本市のみならず、氷見線・城端線沿線4市で連携を図りながら、国、県、JRなどへの要請をこれまでも続けてきているところでございます。  しかしながら、この沿線4市で構成をしております城端・氷見線活性化推進協議会が、コンサルタントに委託をいたしました直通化の試算によりますと、費用が約30億円となっているほか、直通化できる便数も日中を中心に便数が限られると、そんなような内容になっているのであります。  こうしたことから、この協議会におきまして、直通化が可能となる詳細な便数のほか、時間帯などにつきまして、鉄道のダイヤ等に詳しい専門家がおられる富山大学都市デザイン学部に、昨年度から検討をお願いしているところでございます。  あわせまして、氷見線の利用促進を図る氷見線応援委員会や、民間団体と連携した氷見線・城端線の利用促進活動への支援を行うなど、官民を挙げまして利便性の向上を目指した活動を展開しておりまして、今後とも、氷見線・城端線の直通化に向け積極的に取り組んでまいりたいと考えております。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) この直通化についての議論は、新幹線開業の平成27年、その前年度の平成26年と平成25年、そのころが氷見市にとっても、それから高岡市とかほかのところでも非常に盛り上がりがあったんですね。過去の新聞報道なんかを見てみると。  ただ最近は、直通化に対してのそういう議論も少なくなってきたり、氷見市においても署名活動とかいろいろの運動も過去にもありましたけれど、ちょっと下火になっているんじゃないかと。そこで、これから大阪万博なども控えて、この直通化に対して、林市長の在職中に何とかもう一度盛り上げをしていただけないかというぐあいに思っております。市長、いかがでしょう。 ○副議長(積良岳君) 林市長。 ◎市長(林正之君) 先ほどお答えいたしましたとおり、これは氷見市のみならず、沿線4市で一体となって取り組んでいる事業でございますので、まず、現在30億となっている費用、こういったことが費用対効果的に本当に国の事業としても採択でき得るのか、あるいは沿線自治体として負担できる金額かどうかと、こういったような費用の面でありますとか、直通化してどれくらいの便数が直通できるのか、そんなようなことをしっかりとまずは調査した上でということで、現在富山大学のほうに委託をお願いしておるわけでございますので、そういった成果を見ながら、今後ともしっかりと取り組んでまいりたいと考えております。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) よろしく御努力のほどお願いいたします。  4点目として、呉西圏域内の協力、発展について質問いたします。  人口減少、少子高齢化が進行する昨今の社会情勢の中で、地域の再生、創生を果たす目的、この氷見市の中だけではなかなか難しい。呉西6市でとやま呉西圏域連携推進協議会が平成27年に設置されております。それを踏まえて、とやま呉西圏域都市圏ビジョンが、平成28年度より令和2年までの5年間の計画期間で策定されておりますが、来年度は計画の最終年度になる。  このビジョンを生かした活動の成果が、市民の側には少しわかりにくいところがあります。将来とも安心・安全の氷見市をつくっていくためにも、周辺自治体との協力、連携は欠くべからざるものがあります。  このプランの実績と課題、そして計画年度終了後の協力体制はどのようになっていくのか、お答えください。 ○副議長(積良岳君) 林市長。 ◎市長(林正之君) まず、呉西圏域での取り組み状況についてお答えしたいと思います。  人口減少、少子高齢化が急速に進行する中で、圏域の再生、創生を果たすためには、行政サービスや生活基盤等の充実を、各市それぞれが図っていくことは当然ではありますけれども、さらに、経済や都市構造の面も重視をいたしまして、圏域の市がいろいろな事業を共同で進めるなど、連携の構築というものが重要であろうと考えております。  このため、平成28年10月に呉西6市による連携中枢都市圏の連携協定の締結を行い、都市圏ビジョンの策定をしたところであります。  これまでの取り組みといたしましては、職員の人事交流や、圏域内のこども医療費助成制度の助成方法を現物支給に統一した、こども福祉支援相互連携事業でありますとか、6市共通テーマとなる各市の事業に参画する市民にポイントを付与しまして、一定のポイント数に応じ行政サービスや施設利用等に使用できる金券、特産品等と交換する呉西圏域ポイントサービス事業などを実施しております。  今年度の主な取り組みといたしましては、4月1日に呉西地区成年後見センターが高岡市内に開所いたしまして、氷見市のみならず圏域6市の地域福祉のより一層の充実が図られております。  また、圏域でとれた農林水産物を使った学校給食を提供する呉西圏域ブランド育成事業、創業希望者が創業者の事業所をめぐり、創業の現場を体験してもらうツアーを実施する起業・創業支援事業など、33の事業を実施することといたしております。  今後の取り組みでありますけれども、この都市圏の計画期間が、議員御指摘のとおり来年度までとなっていることから、事業評価による検証を行いまして、その結果を踏まえまして、今後も圏域として取り組むべき事業については、より効果的な事業となるよう努めてまいることとしておりまして、計画終了後の都市圏ビジョンについては、今後各関係市と協議をし、検討してまいる所存でございます。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) よろしくお願いします。  それでは、次の質問に移ります。  新文化交流施設の整備について、企画政策部長に質問いたします。  3月議会において、新文化交流施設整備を公民連携を基本として整備し、建設費の抑制、維持管理費の低減を図っていくということで、今年度予算として12億9,679万円が議決され、ちょうど3カ月。議決されたのは3月19日なんですね。きょうで3カ月経過したところであります。いろいろな情報が耳に入ってまいりますが、私は、3月19日に整備計画予算が可決された、厳粛な事実に基づいてお尋ねいたします。  公民連携に基づく事業計画、その進行状況、そして計上された予算の執行見込みについて、企画政策部長にお尋ねいたします。 ○副議長(積良岳君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) お答えいたします。  お尋ねの新文化交流施設の整備につきましては、昨年度、旧市民病院跡地での公共施設整備と民間事業展開をあわせて担う事業者を公募いたしましたところ、1事業者から事業提案書の提出がありましたけれども、審査の結果、優先交渉権者として特定するには至りませんでした。  このことから、市としましては、事業手法や事業期間などを見直し、公共施設整備と民間事業展開を切り離すこととし、市民から要望の強い新文化交流施設整備を先行させることといたしました。  さきの松原議員の御質問にもお答えいたしましたことにかかわりますけれども、現在、新文化交流施設の設計者選定を進めておりまして、8月初旬には設計者を決定いたしまして、速やかに設計に着手することといたしております。  なお、本年度の当初予算の計上につきましては、公共施設整備とあわせまして民間事業展開を一括して担う事業者が3月末までに決定するということを前提として計上させていただいておりまして、結果といたしましては、残念ながら事業者の決定には至らなかったものであり、その点につきましては御理解を賜りたいと考えております。  なお、今後、当初予算計上の中でも、本事業の整備につきましては継続費を設定させていただいておりまして、今後その中で、事業の進捗については検討を加えながら進めてまいりたいと考えております。  また、民間事業展開につきましても、先般の公募の中ではかないませんでしたけれども、その導入手法などを再検討いたしまして、公共施設と相乗効果を生み、にぎわいの創出につながる民間事業の導入に努めてまいることとしております。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 3月議会でいろいろ議論した中で、賛成、反対、その中で公民連携ということの事業計画、そして予算が可決された。まだたった3カ月しかたっていません。その中で、募集していたのは1業者で、それは不調に終わったということで、そこはわかります。  ただ、たった1回の募集、そういう中で、そういうことを断念するということはちょっと考えられないのですね。条件を変えたり、再募集、ある程度期間を変えたり。少なくとも、この議会で、みんなで議論した中で可決されたことをそんな簡単に変えたり、実際募集にかかったりというのは、この3月議会は何だったのか。また過去の平成30年、それから平成29年、公民連携ということで、議会でいろいろ議員も質問された。それから3月議会では代表質問でも取り上げている。市長も平成30年の提案理由説明の中でもそうですけれど、公民連携を基本としていくんだということで、先般の3月議会で企画総務委員長も、あくまで基本は公民連携の中の事業展開だということで委員長報告をしておられます。  そういうようなことをさておいて、ほかのところでどんどん情報を流しておられるということは、ちょっと信じられないんですね。私、過去にそういうことはなかったじゃないかなと思うんだけど、そんなに議会での議決とか議論は軽いものなのかと、そこの辺を部長にお答え願いたいと思います。 ○副議長(積良岳君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 公民連携の取り組み手法につきましては、いわゆるPFIまたPPPというふうな言われ方をいたしておりますけれども、さまざまな手法が考えられることと思います。  この事業に取り組むに当たりましては、一昨年来、十分に議論、検討した中で、募集形態についても検討を重ねてきているところでございますけれども、その中で十分な議論も重ねつつ、市民が強く望んでいる新文化交流施設の整備というものは、極力進捗を早めなければいけないということも、大きな課題であろうというふうに思っております。  その中で、いろいろと昨年度は事業者等へのサウンディング調査も経ながら、一定の募集要項を検討した中で、まさに民間事業と一体となって整備をしていくという形での事業者募集を行ったわけでございますけれども、ただ残念ながら、それに私どもの想定をできるような、よりよい事業提案というものに至らなかったということは、重ねて先ほどから申し上げている次第でございまして、その中におきまして、再度同じような形での募集をするということになりますと、今後再検討のための期間も必要となってまいります。  そのことにおいて、新文化交流施設、いわゆる文化ホールの整備につきましては、急がれるということの判断の結果、民間事業につきましては、もちろん引き続き導入を検討していくということにしておりますので、先行させる文化交流施設とあわせた、よりよき事業導入を今後も引き続き検討してまいりたいと考えておりますので、御理解のほどお願いいたします。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 市民が文化施設を望んでおる、そのとおりであります。そのために、過去、昨年度、今年度を含めて、どういう方法がいいかということで議論を重ねてきたと思うんです。  そこで、先ほど申し上げました、ただ1回の募集で方向転換するという、これについてのお答えは今の中にはありませんでした。もしもそうだとするならば、これは無理だなということなら、当然、言っちゃなんだけど、白紙に戻さないといかんほどだと思うんですよ。そうでないとするならば、少なくとも議決したこの議会に、議長はじめとして主要メンバーの皆様方に諮って、再検討しようという、そういう機会を設けるということが大事でなかったかなと。  それからもう1つは、議会にそういう働きかけもなしに、報道機関にそういう詳細な情報を流すという、そこの辺はどうも私は理解できないんですよ。部長、そこを説明してください。
     今申し上げたのは、なぜ1回で断念したのかということが1つ。それから、議会との議論といいますか、そこの話し合いというものがあったのか、なかったのかということですね。一方で、どんどん報道機関に流すというようなことも、ちょっとそこの辺の理由も説明いただきたいと思います。 ○副議長(積良岳君) 京田企画政策部長。 ◎企画政策部長(京田武彦君) 昨年度は、当初の想定しております公民連携事業の取り組みということで、先ほども申し上げましたとおり、民間事業者に向けてのサウンディング調査もいたしてきておりました。  その中で、可能性を求めていたわけでありますけれども、検討を1年間させていただく中に、やはりなかなか民間事業の導入ということにいたしましても、難しい面が多々あるというふうなことは、そうした中で御意見をいただいてきておりました。ですので、同様の形態での再度の募集というものは、それにいたしましても期間を要することにもなりますし、今回だめであった同様なことでは、次の応募も見込めないということがございますので、再検討をさせていただいたということでございます。  また、今回の募集につきましても、財源等の問題も昨年検討させていただいておりまして、あくまでも国の社会資本整備総合交付金の計画の中への計上も認めて採択をいただいているところでございまして、その交付金事業に資する事業として氷見市としても取り組んでいこうということになっておりまして、それにつきましては、議会の皆様にも御説明をしてきたところでございますし、今回の募集に当たりましても事前に議長様方にも御相談もさせていただいて、募集を開始したところでございますので、事実していることについての報道されているような内容は、ホームページ等でも掲載されている内容になっているものでございます。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 私は、今の3月議会で議決されたことは今年度実施されていくということが原則だと思っているので、予算化されたこの予算を計画に基づいて実施していくということは、今年度の当局の執行機関の役目だと、そういうぐあいに思っております。  ほかのことについて、もしも調整の必要があるとすれば、まだ遅くないかもしれませんけれど、それは関係、議会の世話役の皆さんがおられるわけだから、議場におられるんだから、そこらのことはしっかりと議論していただきたいと思います。  ただ、今申し上げましたように、余りに議会軽視、これは私も議員の一人として本当に憤慨にたえないところであります。ほかの議員の皆さんも、私は恐らくそうだと思いますが、節度あると言いますか、そこの辺は当局のほうも配慮してやっていただきたいと思います。  それでは、次の質問に移ります。  次に、道路管理について建設部長に質問いたします。  1点目としては、市道、里道等の維持管理についてお尋ねします。  道路の管理において、道路課、財務課、その他の課を含めてその役割分担について、私の捉え方ではちょっと無理なところがあるのでないかということで、そこをこの席で建設部長に説明いただきたいと思います。 ○副議長(積良岳君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 道路の種類によりまして、現在は次のように管理者が決まっております。  市道は道路課、農道の一部と林道はふるさと整備課、それ以外の農道は土地改良区法定外公共物、いわゆる赤線と言われるものにつきましては財務課、それ以外の道路につきましては地元管理など、役割分担は明らかになっております。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) そこで、道路課は市道認定された市道の管理だけだというようなお答え、それを聞いて私はびっくりしておるわけなのですけれど、組織の中で役割分担はそういうことになっているという説明を聞きました。  そのほかの、特にまちなかといいますか、町でなくてもそうですけど、昔からの小路、地区の狭い道があります。そういうようなところは地区の管理だというところに、私は、これは現実的に、そういうことを過去もしてきていないし、今やろうとしても無理な話だと思います。  管理というのは、維持管理工事も含めてだと思いますけれど、現実にそんなことやっているとは思いません。また、そういうことして、各町内に施工工事機具をそろえなきゃいかんことになる。スコップ1つないところだってありますよ。そこの辺は、今言われた業務の分担表と言いますか、そこの辺に何らかの、欠陥と言ったらおかしいけれど、役割の分担についてはちょっと違和感を感じる。  大野部長、本当に今まで各地区の細い、例えば4メートル以下とかありますよ、市道認定されていないところ。現実に昔の家が建っている細い小路のところを各町内で管理して、維持管理、側溝とかも含めてやっているのかどうか。お答えください。 ○副議長(積良岳君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 今ほど、市道は道路課というようなことをおっしゃられたわけで。実際、市道につきましては、市道認定といったような形で道路課が管理しておるわけでございまして、地元管理というのは、あくまで管理主体自治会であったり、その道路を利用する周辺住民であったり、あるいは宅地造成業者であったりと、さまざまでございます。  地元管理道路につきましては、地元からの御要望があれば、原材料支給や支援事業など、地元主体で行う事業への助成も行っておりますので、そういったことから、市が直接に管理代行は行っていないというのが現状でございます。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 今の仕組みの中で、そのような建前だけをこの場で聞かせてもらうと、次もまた言わなきゃいかんようになりますけれど、現実に、細い小路の工事も、舗装工事とか側溝工事を地元でやっているのは聞いたことがないですよ。現実はそうじゃないでしょう。現地を確認して、一緒にあちこち歩いてみてもいいことだと思いますけれど。  その辺は、今の役割分担の中でそういうことになっているとするならば、ちょっと考え直さないかんところがあると私は思うのだけど、あくまで細い小路や4メートル以下の市道認定に該当しない道路は地区の管理だと、工事も含めてです。全てですよ。原材料を持ってきたって、施工道具、機械がなければできないことだし、そういうことをやっているところは、私はないと思うんです。  それから、例えば1つの例で言うと、柳田のほうへ行くと、同じく4メートル以上あるそういうところでも、市道認定されている道路と、同じ形態なのに市道認定されていない道路がある。その市道認定されていない道路が、その地区で管理しているかというと、それはそういう事実はないですよね。  そこの辺は、部長、この場でどういうぐあいに、今の言われる原則を崩さないとすれば、私に言わせればさらにまた聞かないかんようになりますけれど、そこの辺は、原則と実際と何か問題あるかどうか。今の私の質問に対して、同じ答えになるかもしれませんけど、もう一度お答えください。 ○副議長(積良岳君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 今ほど、例えば柳田地区で、同じような状況で一部市道になっている。そしてまた、ほかの同じようなところで、市道になっていないような路線があるといったようなお話でしたけれども、実際、現在は、市道認定基準というものがございまして、それに基づいて市道認定を行います。  ただ、そういった過去に市道になったものについては、現在、同じような状況でも市道になっていない路線もあるということと、現実的に管理をしていないというふうにおっしゃられましたけども、あくまで市道は道路法上の道路で、市道認定を受けたものについて道路課で管理していくということで、通常市道になっていない、そういった昔の農道とかいうものについては、例えば先ほど申しました管理主体主体になって管理していっていただく、それが通常の一般的な考えではないかなというふうには思っております。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 先ほどのお答えと同じに思いますけれど、そうすると、各町内で施工機械とか掘削機械とか、狭い市道認定されていない道路を管理するときは、そういうような機械を用意して、資材だけを市から補給してもらうという、そういう体制になっとるということになるのでしょうか。そういう機械は町内で、その地区でそろえろと、そういうことなのでしょうかね。 ○副議長(積良岳君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 先ほども申しましたけども、地域支援事業ということで氷見市全域の地区で、原材料なり機械の借り上げなどを利用して、地元でやっていただいているという事例がたくさんございますので、そういったことを利用されることがあれば、道路課のほうへ相談していただければというふうに思っております。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) これは、氷見市全体の中での市道認定されていない狭い小路の中の管理について、各地区が機械をそろえて管理せよというようになると、これは過去もないし、今もないはずなんですよ。  そこで、土木の専門家としての市長にここらのところをお尋ねしますけれど、私、組織上の欠陥と言ったらおかしいですけど、そこに何か矛盾があるみたいな気がするのです。現実に、小路とかそこらの道路を町内で施工しているとか、人手を出してやっているとか、そういう事実はありません。  市長、私はこれに対して何らか考える必要があると思うので、今こういう話をしているのであって、市長のお考えをちょっとお聞きします。 ○副議長(積良岳君) 林市長。 ◎市長(林正之君) 道路には、先ほど建設部長が申しましたとおり、いろんな管理がある、形態があるわけでございまして、多分議員が御指摘なのは、例えば、従来農道であったと、その先のほうに住宅が1戸建ったと。その中で、そこを市道としてというような、そういう箇所があるのではないかというようなことを私は想像しているわけでございますけれども、これについては個別に考えるべき案件かなと思いますので、状況を見ながら、それが市道認定の基準に合致すれば、それは市道として管理していくということになると思いますし、それがなっていないということは、現在の市道認定基準に合致していないということなのではないかなというふうに思うわけでございます。  また、市内には、市道になっていても、例えば狭くて除雪機械が入らず地元の皆さんで除雪を協力してやっているとか、そういうこともありますので、本来であれば、そういうことのないように、いろいろな住民の負担がかからないよう、そんなことに市としてもなるべく努力はしてまいりたいと思っておりますので、個別の案件につきましては、また市のほうと相談をしていただきたいと、そういうふうに思います。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 市長ありがとうございます。  ただし、市長が今言われていることは私の言っていることと全く違うのであって、市道認定とかは関係ありません。まちなかの狭い小路のそういう道路管理、施工なんかを含めて、それはどの部署で管理しているかということを申し上げているので、時間の関係ありますもので、これはまた改めてその機会を設けていただきたいと思います。  次の質問に移ります。  次に、市道氷見駅朝日線についてお尋ねします。  この路線が、歩道の雑草、まだそこらの斜面のり面の雑木が伸び放題、放置状態であります。ここの管理は、随分前から管理不十分だなと思いながら通っておりましたけれど、今度、来年の春に認定こども園が開園するということになると、子どもたちの通園、それから南部中学、朝日丘小学校の通学路にもなっております。その辺の雑木、それから雑草の整理、こういうものは定期的な管理を、今のところ全くやっていないですよね。見回りなんかどうやっているのかと思いますけれど、その管理体制はどうなっているか、建設部長にお尋ねします。 ○副議長(積良岳君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 今ほど御質問の市道氷見駅朝日線についてでございますけども、いわゆる国道付近の雑木ですか、そういったものが道路上に倒れてきているといったような御質問だと思うんですけども、基本的に土地所有者が伐採等、手入れをすべきものというふうに考えております。  ただし、地元からの御要望とか、いわゆる市のほうで行っておりますパトロールの結果によりまして、通行等に支障があるというふうに判断すれば、解消に向けて伐採などの対応を考えていきたいというふうに思っております。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 現地を見ておられていなくてそんなことを言っておられるんだと思いますけれど、のり面の雑木なんかは、道路をつくったのり面は道路側の土地なんですよね。そこを今まで地元の善意で下の雑草なんかの整理はしておられたらしいんですけど、とてもじゃないけど、のり面のそこらは。だから、所有者は氷見市なんですよね。氷見市といえば道路管理者、のり面はですよ。そこらのことは、もう一回現地を見て考えていただきたいと思います。  それともう1つ、次に、その路線の中で、境界ブロック、境界に石柱の歩車道境界を使ってあるんですけれど、そこは非常に破損が多い。ここが大分そのままになっておるわけですけれど、過去にも修復ということに言及されていたこともあると思うんですけれど、いよいよ子どもたちの通学通園の道路になりますから、そこの管理については、今、建設部長も朝日丘地区に住んでおられることだから、見ておられたかどうかは知りませんけれど、そこら辺どうなんでしょう。きょうの質問に対して、現地を見てこられて何かその対策、答えを考えておられるでしょうか。 ○副議長(積良岳君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 今言っておられたのは、氷見駅朝日線の中でも駅からふれあいスポーツセンターに向かっている市道なわけですけども、私の思っていたのは、議員がおっしゃっていた、いわゆる南部中学に上がっていく道と、市道の下の部分のことをおっしゃっていたのか、それとも逆に、上のほうに上がっていってぐっとSカーブになっている、その部分の枝の部分については、通行の支障になれば地元の所有者の方に通常は切っていただきたいというふうに考えておりまして、あくまで市道、地面が市道であるものについてはもちろん市のほうで管理しておりますので、支障があれば市で対応していくべきものというふうには考えております。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 今の答弁で、私はどこをどう言っていたのかということは検討していただきたいと思います。  それでは、次の質問に移ります。  3点目としては、公道内の個人名義の土地の扱いについてお尋ねします。  市道、農道、里道等のいわゆる公道内に、多くの個人名義の土地が残されておりますが、このような土地に対しては、抵当権設定の対象になったり、いわゆる相続者不明の土地、または所有者不明の土地に陥るおそれがあります。  その解消に向けて、所有者への積極的な寄附をお願いしていくというような、そのような努力が必要だと考えておりますが、建設部長の御意見をお願いいたします。 ○副議長(積良岳君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 現在、公道内の個人名義の土地につきましては、土地所有者の方からの寄附申し出のあったものについて寄附いただいております。  しかしながら、個人名義の土地が永久に市道敷きの下にあることは、決して好ましいこととは考えておりません。  今後こうした土地につきましては、所有者の方々の御理解を得て、御寄附いただけるようお願いしてまいりたいというふうに考えております。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 今、部長おっしゃるように、寄附申し出に対しては応じてきていたと。ただ、それについては、これからは、積極的にそういうものの解消に向かっての努力が行政として大事じゃないかと思います。県道、国道に関しては、こういう事例は非常に少ないし、また行政機関は積極的にそういう小さな土地でも解消に努めているのが現状だと思います。  ちなみに、私は「公道内に個人名義の土地はどれくらい、何筆ほどあるものや」と言ったら、「いや、それはわからないと思います」と聞いたので、そこの辺まで、時間かかってもどれくらい、何千あるのか何万あるのか、その把握ぐらいは、公道、行政が管理しておる場所については、そこらのところも調査の努力をするべきではないかと思います。建設部長、どうでしょう。お答えください。 ○副議長(積良岳君) 大野建設部長。 ◎建設部長(大野一也君) 確かに、どれぐらいあるのかといった数字的なものについては、かなり難しいものがあるというふうに考えております。現実的に、地籍調査が入った年であれば、市道敷きの下に入っている個人所有の土地の地番があるわけですから、そのまま、例えば、所有者の方の合意の上で聞くというものも可能になってくるわけですけれども、相当昔、古い時代に、地域の中において、道が狭いから個人で土地を出し合って道を広げた分になってくると、分筆というものが行われていないというようなことになってくると、代もかわって、若い代にかわったときに、その道に対してどれだけの土地を提供したかとか、そういったものがなかなか難しいということが現実的にはあるというふうに思います。  ただ、今ほど申しましたように、永久に市道の下に個人の所有した土地が残っているということについては、これから努めて何か、好ましいことではないので、きちんと対応というか、寄附をしていただくようにお願いしていくようなことを考えていかなければならないかなというふうに考えております。 ○副議長(積良岳君) 15番 澤田 勇君。 ◆15番(澤田勇君) 私は、積極的にそのような物件の解消に努めていかなきゃいけないと思っております。  消極的な今のような気が抜けたような答弁でなしに、難しいのはわかっていますよ、難しいからこそ行政でやらないと、ほかの機関ではやれないからこの話を持ち出しておるので、特に今、林市長は、こういう土木関係や土地の関係については非常に詳しい市長だから、市長の意を酌んで、関係の部はそういう努力をすべきだと私は思います。そういうこともお願いいたしまして、私の質問をこれで終わります。 ○副議長(積良岳君) 2番 北 宣市君。  〔2番 北 宣市君 登壇〕 ◆2番(北宣市君) 自民同志会の一員として、市政一般について一括質問をいたします。  まず、鳥獣被害対策と獣肉の利用について質問します。  鳥獣被害による農作物被害は、近年、全国では200億円前後で推移し、全体の7割がイノシシ、鹿、猿であり、鳥獣被害は、営農意欲の衰退、耕作放棄の離農が増加し、小規模野菜をはじめタケノコなどの甚大な被害が広がっています。作物以外でも、農業施設、山林などの被害も著しく、イノシシによる自然崩壊が降雪時の土砂崩れなど2次災害の原因にもなっております。  また、被害額として数字にあらわれる以上に、農村に深刻な影響を及ぼして社会的問題になっているのが現状であり、当市においても、今はイノシシ被害が主であるが、近い将来、鹿の被害も懸念されると思います。  そこで、平成30年度、当市において捕獲数の状況についてお聞きします。また、各市町村での捕獲数の現状はどのようになっているのかもあわせてお聞きします。  今後、イノシシ被害の深刻化に対応するために、市のイノシシ被害対策では、イノシシの侵入を防ぐ、イノシシの捕獲の2本立てで被害の減少に努めていると聞いております。市が進めている農地周辺の茂みなど草刈りの実施や電気柵、ワイヤーメッシュの侵入させない対策が進められています。  まずイノシシについて。  イノシシの餌場があるからイノシシが餌を求めて侵入してくるので、地域環境や家の周りなどの環境整備が必要ではなかろうかと思います。山間部では特に過疎化の波が押し寄せ、高齢化問題、人口減少、ひとり暮らしの増加のため、個人の対策では限度があります。今後、地区全体で対応、対策しなければイノシシの侵入を防ぐことはできないと思います。市及び地域関係者が一体となり、被害対策の強化やジビエ利用拡大に向けた取り組みを推進していかなければなりません。  また、今後、柵の設置費用に対して、個人では10万円、団体では30万円、集落では100万円が限度の2分の1の補助や、更新に至っても8年を経過したものは補助対象であります。環境管理のための放任果樹や、やぶの伐採、刈り払いの取り組みに対し、地区に30万円の補助があります。集落の環境管理を、地域の人たちが地域ぐるみで、自分たちの地域は自分たちで守る意識が今後大切でなかろうかと思います。  捕獲おりの実態についてですが、捕獲おりの管理者になるには狩猟免許が必要であり、市では、管理者が増えるよう、資格取得の講習会の受験などに支援していると聞き及んでおります。また、狩猟免許取得者の確保は、イノシシ対策において大変重要な役割を担っています。次代を担う後継者の育成に努めていただきたいと思います。  また、当市において、イノシシ被害対策のパンフレットが氷見市鳥獣被害防止対策協議会より出ており、イノシシの習性について、研修会を地区ごとに開催して被害防止に努めなければならないと思います。  また、イノシシは賢く、繁殖力が強く、年々イノシシの数も急速に増加しているのが目に見えて明らかです。イノシシは1年で成獣するとも言われております。特に、研修会などでイノシシの特性について学ばなければなりません。特性について、各地区で出前講座なども必要であると思われます。  当市において、平成30年度のイノシシの捕獲数は、有害期間では約2,100頭、狩猟期間では600頭と聞いております。捕獲したイノシシは、アムテックにて焼却処分されています。また、農作業で使用する道路、水路ののり面の掘り起こしや、田のあぜの掘り起こしなど数々の被害が山積しています。掘り起こしなどの対策等についてお聞きします。  次に、獣肉の活用についてであります。  市では、年間2,700頭のイノシシ処分がされています。被害防止のため捕獲も進めますが、地域資源として獣肉処理施設を設置し、有害駆除にするイノシシを食品や加工品として活用することで、捕獲されたイノシシを獣害での処分から里山の貴重な資源として、地域の特産物として有効活用に向けた新たな産業と雇用の創出、移住・定住、地域の活性化などに努めていかなければならないと思います。  有害獣による農作物の被害軽減対策に取り組む際の負担の軽減、及び意欲向上を図るため、有害鳥獣の肉を利用し地域資源として活用するために、獣肉処理施設が求められます。  当市においても、今後、ジビエの普及に本格的に取り組んでいかなければならないと思います。  その検討として、私は、施設場所の検討、獣害被害者の軽減に向けたジビエ有効活用の位置づけの検討、有害鳥獣被害軽減対策をさらに推進するための捕獲体制の検討、捕獲体制を支援するためのジビエ処理施設整備の検討、地域振興に向けたジビエの加工、販売のあり方の検討、有害獣のとめ刺しの検討、地域ぐるみで獣害被害軽減対策に取り組むための地域の仕組みづくりの検討が必要とされますので、今後、市において、獣肉処理施設に関する専門職を育成していかなければならないと思います。  そして、ジビエの普及に本格的に取り組んでいかなければならないと思います。  森田産業振興部長にお伺いいたします。  続きまして、小中一貫校についてお伺いいたします。  来年の4月に開校されます小中一貫義務教育学校につきまして、まず、少人数を生かした授業を行い、一人ひとりの基礎基本の確かな定着を図り、学力の一層の向上を目指し、また、小学校中学校教師の連携した教育活動や小中合同行事を行い、学習意欲を一層高めるとともに、小学校中学校の交流、触れ合いを深めていただき、地域の特性を生かした活動を行い、豊かな自然を体験するとともに、地域の歴史や文化について学んでいただきたいと思います。
     それでは、まず1点目に、校区外の生徒の募集について、並びに対象者の条件についてお伺いいたします。  2点目は、校区内外の通学方法についてお伺いいたします。  3点目は、プールの利用についてです。  プールは既存の小学校に3カ所ありますが、補修等が必要なプールについては補修をするのか。また、少し離れても、改修しなくてもいいプール使用するのか、検討をひとつお願いしたいと思います。また、私の聞くところによりますと、学校からプールまでが遠く、日中歩いてプールまで行き、そのままプールで泳ぎ、そしてそのまま日中の中を歩いて帰ってくるということも聞いております。  こうした中で、市民プールが氷見市にはあります。どのみち歩いていかなければいけないところについては、多分スクールバス使用されると思います。スクールバスで行くのであれば、市民プールも変わらず、市民プールはそれなりの準備もしてあると思いますので、もし既存のプールがだめであれば、私は、市民プールの方を望みたいと思っています。それについて、お伺いしたいと思います。  また、スクールバスで移動となれば、運転手の確保はどうなのかをお聞きしたいと思います。  4点目は、今後生徒の減少により複式学級が発生したらどうなるのか。  地区の今の児童の推移を見ておりますと、これから五、六年は大丈夫だと思っておりますが、その後複式学級が発生したらどうなるのか、これもお聞きしたいと。  5点目は、学校や地域の行事については、特に、子どもたちは常に地域の人々と触れ合い、自然と親しみ地域の宝として見守ってきました。子どもたちが地域行事に参加することについて、お聞きいたします。  6点目は、久目小学校に代々受け継がれてきました地区の相撲場がありますが、特に、相撲場は屋根つきで毎年ちびっこ相撲の参加練習場として大いに利用されています。今後、地区からの移設等は可能かどうかお聞きいたします。  7点目は、通学用のスクールバスの運行についてお伺いいたします。  児童の通学について、全てスクールバスの通学となるのか、また、速川地区の一部の人は徒歩になるのか。また、中学校にもスクールバスがあります。中学校専用として運行するのかお聞きします。  また、学童保育は、各地区の児童館、交流館、学校等で実施されていますが、移動手段について、特に最近では、交通事故に巻き込まれる児童が報道されていますので、児童の安心・安全な通学について、大門教育次長にお願いいたします。  次に、地域セーフティネット活性化活動についてです。  市内において相次ぐ孤独死、独居死の事例が広がり、社会的孤立の支援強化とともに、虐待、サービス拒否、支援拒否などの社会的孤立に至る可能性のある市民を早期に発見し、適切な支援を行うことが急務であります。  また、地域においても、地域の過疎化の進行に伴い、ひとり暮らしや高齢者のみの世帯が増加する中、認知症患者本人も何かおかしいと感じ、誰よりも悩んでいます。地区の身近な人たちが支え合い、触れ合い、きずなが深まる社会像を地域の住民が一体となり、支え、見守りや話し相手などの地域の人たちのきずなの中、安心・安全で暮らせる地域づくりが急務であります。  また、地域福祉活動サポーターに期待される役目として、日ごろの生活の中でアンテナを少し高く情報をつなぐ、また、隣近所の方の話に耳を傾けるなど、今後大いに期待されると思います。  そこで、相談支援包括化推進員の配置について、身近な地域での相談窓口の配置や人材育成についてお尋ねします。また、地域専門職を支えるための庁内連帯の強化についてや、新たな仕組みや支援策構築のための仕組みづくりについてお聞きします。  また、地域福祉活動サポーターの養成研修では、研修者の参加はどれだけの受講がありましたか、澤市民部長にお尋ねいたします。  最後です。学校給食センターについてです。  学校給食センターにつきまして、本年10月に建設工事着工に向けて準備が進められておりますが、基本方針として、多様な献立やより温かい給食、衛生管理での強化、食物アレルギー対応食、食育への対応、災害時の炊き出し、地場産物の利用拡大など、子どもたちのより安全・安心な給食を提供できる整備が求められていると思います。  そこで、給食に地元地域の食材を利用していくのかお聞きいたします。  また、現在の学校給食センターと自校の給食の利用状況と、学校給食センター開始までの老朽化が見込まれる単独調理校への対応はどうされるのかお聞きします。  次に、学校給食センターは、令和2年末に竣工予定ですが、北部中学校敷地であり、また工事期間が長いため、工事期間中の児童安全対策はどのように考えているのかをお聞きします。  大門教育次長にお尋ねいたしまして、私の質問を終わらせていただきます。 ○副議長(積良岳君) 初めに、鳥獣被害対策と獣肉等の利活用について答弁を求めます。  森田産業振興部長。  〔産業振興部長 森田博之君 登壇〕 ◎産業振興部長(森田博之君) 鳥獣被害対策として、柿やクリなどの放任果樹の除去や、やぶの刈り払いによるイノシシがすみにくい環境をつくる取り組み、電気柵や恒久柵等の設置による侵入防止、そしてイノシシの捕獲おり設置による捕獲について、自主的かつ積極的な取り組みをしておられる地域について、支援しているところでございます。  平成30年度におけるイノシシの捕獲頭数につきましては、2,752頭で前年度の約1.6倍、1,082頭の増となってございます。県内各市の状況でございますが、3月末の数字がまだ入ってきておりませんので途中経過となりますが、県全体で約5,000頭となっております。つまり約半分が氷見市のほうで捕獲をされていると。他市におきましては、多い市で約500頭というような数字となっております。  また、平成30年度のイノシシの農作物被害につきましては、前年度より116万円の増となっており、合計268万円となってございます。これにつきましては、電気柵が設置はしてございますけれども、適正に管理していない水田において被害が増えたことによるものでございます。このことから、電気柵の適正な管理、また、イノシシに関する研修会等を今年度も引き続き続けてまいります。  農作物以外の被害といたしましては、イノシシによるため池や道路、水田などののり面の掘り起こしによりまして、道路や側溝に土砂が流出し、通行や農作業への影響が出ているほか、のり面の崩壊についても危惧をされているところでございます。  その対策につきまして調査研究をした結果、防草シートを張ることでイノシシの掘り起こしを防ぐ効果があることがわかってきました。このことから、雑草対策にあわせて防草シートの設置を推奨してまいります。  獣肉等の食用利用につきましては、捕獲から搬送、処理加工、販売ルートの確保のほか、解体処理施設の建設費用や施設の運営方法、また獣肉等の需要と供給など、クリアしなければならない問題が多くあることから、本年度、調査委託を行っております。この調査の結果を踏まえて、今後の方向につきまして検討してまいります。  以上でございます。 ○副議長(積良岳君) 次に、小中一貫校について答弁を求めます。  大門教育次長。  〔教育次長 大門芳宏君 登壇〕 ◎教育次長(大門芳宏君) まず、校区外からの児童生徒の募集についてでございますが、現在は、居住地による通学区域に基づいて就学する学校を決定しておりますが、来年4月開校予定の義務教育学校につきましては、市内のどこからでも就学を認める特認校とする予定でございます。  これは、義務教育学校で9年間連続した小中一貫教育を受けたいという希望に対応するもので、今後、申し込みの条件や受け入れ体制などを定め、秋以降に募集を開始する予定でございます。  次に、通学方法についてでございますが、通学路の交通状況や、防犯上の安全面を考慮しながら、今後、検討委員会において、学校及び地域と協議しながら計画を立ててまいります。  次に、授業でのプール利用についてですが、プールへの移動につきましては、スクールバスの利用を予定しております。また、場所につきましては、時間割への影響を少なくするため、学校から最も近い速川小学校プール利用を考えております。なお、速川小学校プールにつきましては、先週清掃を終え、今年も安全プールを利用することができるとの報告を受けているところでございます。また、運転士の確保につきましては、委託方法と直営という2つの方法があるかと思いますが、地域とも相談しながら今後決めたいと思っております。  次に、複式学級についてでございます。  今後、児童生徒数の減少により、2つの学年を1人の教員が担任する複式学級となる可能性も想定されます。ただ、そうなった場合においても、国語、算数、理科、社会、外国語などの主要教科につきましては、義務教育学校の特徴を生かし、中学校の教員による教科担任制をとることで、複式授業は解消できるものと考えております。  次に、学校行事などについてでございますが、現在、明和、速川、久目地区にはそれぞれ大切にしてきた学校行事や地域行事が多くあります。それらの行事を基本としながら、今後、検討委員会において協議し、新しい学校の行事を決めていきたいと考えております。  次の久目小学校敷地内にある相撲場については、学校教育の観点からの必要性や、設置場所の確保という課題も考慮する必要があると考えておりますが、地区からの要望があれば、そういうことを踏まえながら検討してまいりたいと考えております。  次に、スクールバスについてでございますが、現在、明和小学校区で1台、西部中学校区で1台を運行しておりますが、来年度からは久目、速川方面のスクールバスを追加し、合わせて3台での送迎を予定しております。その具体的なコース設定、どのように運用するかにつきましては、今後検討委員会で協議し決定する予定でございます。また、コース設定に当たっては、議員の御質問にもございましたが、各学童保育施設での乗降も考慮したいと考えております。  以上でございます。 ○副議長(積良岳君) 次に、地域セーフティネット活性化事業について答弁を求めます。  澤市民部長。  〔市民部長 澤 永貢子君 登壇〕 ◎市民部長(澤永貢子君) 議員の御質問にもありましたとおり、虐待や支援拒否など社会的な孤立に陥る可能性のある市民を早期に発見し、適切な支援を行う必要性が高まる中、既存の取り組みに加え、平成27年度から、地域専門職、行政が協力、そして連携した仕組みを構築する地域セーフティネット活性化事業に取り組んでおります。  平成28年度には、福祉相談サポートセンターに相談支援包括化推進員、これはコミュニティソーシャルワーカーのことですが、これを2名配置しております。このコミュニティソーシャルワーカーは、高齢、障害、児童などの分野を限定することなく、地区の相談窓口に時には出向き、全ての市民の福祉にかかわる相談に対応するとともに、必要に応じては家庭訪問するなどして、その実態把握に努め専門職につなぐなどの支援に取り組んでおります。  地域の相談窓口についてでございますが、住民の皆様が身近な地域で気軽に相談できる場の確保が必要であることから、ふれあいランチやきときと100歳体操の機会を活用した、ふくしなんでも相談窓口などを、地域主体で順次設置をしていただいております。  地域における人材確保については、平成30年度から、地域の相談窓口の担い手となる地域福祉活動サポーターの養成研修を行っております。平成30年度における受講者は44名で、そのうち民生委員を除く41名の方に地域福祉活動サポーターの委嘱状を交付させていただきました。  このサポーターは、地域で身近な住民の方から相談を受けるほか、自分の周りで心配や気がかりな方の情報を、民生委員、地区の社会福祉協議会や自治会の役員、そしてふくし相談サポートセンターへつなぐ役割をしていただいており、地域の身近な相談員の担い手となっていただけるものと考えております。  こうした地域セーフティネット活性化事業を通じ、今後も、誰もが住みなれた地域で安心して生活できる仕組みづくりを進めてまいりたいと考えております。 ○副議長(積良岳君) 次に、学校給食センター整備について答弁を求めます。  大門教育次長。  〔教育次長 大門芳宏君 登壇〕 ◎教育次長(大門芳宏君) まず、地元食材の利用でございますが、新たな学校給食センターでは、地場産物の利用拡大も考慮し、地場産野菜などの泥落とし室を設ける予定としております。これにより、地元でとれた新鮮な野菜の泥を確実に洗い落とすことができ、地元野菜を利用しやすくなり、また、食育の推進にも結びつくものと考えております。  また、単独校の修繕につきましては、これまでも必要に応じて実施してまいりましたが、大切な給食ということでありますので、そういう事案が出ましたら早急に対応してまいりたいと考えております。  次に、工事期間中の安全対策につきましては、北部中学校の敷地内に新たに建設することから、生徒の通学時や在校時の安全には細心の注意を払う必要があると考えております。具体的には、建設敷地に囲いなどを設け、工事関係者以外の侵入防止を図るとともに、工事車両の通行につきましても、誘導員を配置するなど工事関係者と協議しながら安全第一を徹底してまいります。  以上でございます。 ○副議長(積良岳君) 2番 北 宣市君。 ◆2番(北宣市君) それでは、鳥獣被害と獣肉活用についての再質問をいたします。  氷見高校と名城大学との関係で、イノシシ肉のジビエとしての研究の進展について、森田産業振興部長にお尋ねいたします。 ○副議長(積良岳君) 森田産業振興部長。 ◎産業振興部長(森田博之君) 氷見高校とのイノシシのことでございますが、名城大学との共同研究、かたい肉をやわらかくしようということで、現在進めているところでございます。  イノシシ肉入りカレーのチャーシューでありますとか、その他につきまして、炭酸水、みそ、サラダ油などにつけ込んで検討を重ねているところでございます。まだ商品としての形にはなってございませんが、今後、缶詰等にしてビジネス化等、いろいろなところで売ることになるかと思います。 ○副議長(積良岳君) 2番 北 宣市君。 ◆2番(北宣市君) 今後氷見市において、イノシシ食文化を広げていかなければならないと私は思っております。  最近では、地域資源の有効活用がよく言われます。当市においても、イノシシ処分の非狩猟期間においては2,100頭、アムテックには270万円の処分費が支払われております。資源活用の観点から、林市長の考えについてお尋ねいたします。 ○副議長(積良岳君) 林市長。 ◎市長(林正之君) ちょっとまあ、広い質問というふうに理解をしてお答えさせていただきます。  今年度予算に計上しておりますけれども、イノシシ肉の活用ということで、先ほど部長が答弁しましたとおり、昨年度は県全体の半分ほどの2,700頭余りを氷見市で捕獲しておるわけでございますので、議員御指摘ありました、焼却処分にも相当の金額を要しているわけでございます。何とかこれを有効活用できないかということで、今年度予算におきまして、獣肉利用の可能性のそういった検討調査に参加しているわけでございまして、できるならば、例えば県東部では、黒部、魚津両市共同の事業ということで、加工場をつくっておるというふうなこともありますし、また、お隣の羽咋市におきましては、私も視察をしてまいりましたけれども、のとししという名前で道の駅のと千里浜で販売をしているというような事例もありますので、県内でのイノシシ最大の産地と言ったら言葉は悪いわけでありますけれども、地元資源、これも役に立てられるのではないかなという気もしておりますので、本年度しっかりと検討してまいりたいと思っております。 ○副議長(積良岳君) 2番 北 宣市君。 ◆2番(北宣市君) 県でもジビエの普及、拡大について大いに進んでおりますので、氷見市もひとつよろしくお願いいたします。  それでは、続きまして小中一貫校についてであります。  4月より開校します小中一貫義務教育西の杜学園の特色について、教育委員会の考えについて、鎌仲教育長にお尋ねいたします。 ○副議長(積良岳君) 鎌仲教育長。 ◎教育長(鎌仲徹也君) 西の杜学園の特色といいますか、期待することというのはたくさんありまして、どれを挙げようか迷うくらいであります。ただ、富山県初の校舎一体型の義務教育ということを考えますと、氷見市初でありますが、課せられた任務の重要性というのを十分に感じております。  その中で、よく考えた上で、この学校に望むものは、1つには確かな学力の育成でございます。2つには、英語教育の充実、これを挙げたいなというふうに思います。そして3つには、いつでも歌声が響く、そんな学校になるといいなということを考えております。  これらのことを実現するためには、義務教育学校の利点を十分に生かして教育活動を展開することが大事だと考えます。  例えば、1年生から4年生までは、音楽、体育、外国語活動などの一部教科で、5、6年生では全ての教科で、教科担任制をやっていきたいなというふうに考えます。それから、通常、小学校の授業は45分なのですが、学年の発達段階に合わせまして50分授業も取り入れていくことで、学力の向上が図れないかなというふうに考えております。  それから、小学校中学校の教員の連携が非常にとりやすいですので、子どもの習熟度に合わせた補充学習、それから発展的な学習など、個に応じたきめ細かな指導を行うことは十分に可能でございます。学習が遅れがちな子どもも、学習が進んでいる子どももともどもに学習ができる、そんな学習環境が展開できるものと考えております。  そのほかに、外国語指導助手(ALT)を常勤させたいなというふうに考えます。そんな中で、ネーティブな英語について毎日触れることができるだろうと考えます。  さらに、音楽科の教師が、1年生から9年生まで全学年合唱指導を行うことが可能になりますので、それを生かして、先ほど言いました、いつでも歌声が響く、例えば、私が行ったときに小学校1年、2年生が合唱で迎えてくれたりとか、去るときには中学2、3年生に合唱で送ってもらえるとか、そういった、いつも子どもたちが音楽を通しながら、自分たちの気持ちを表現できる、そんな学校になるとすてきだなというふうに思います。  そういうことで、義務教育学校の特色を生かした教育活動を行うことで、先ほど言いました3点が可能になると思い、その充実を期待しております。  以上であります。 ○副議長(積良岳君) 2番 北 宣市君。 ◆2番(北宣市君) それでは、4月に向けて、小中一貫義務教育西の杜学園についてよろしくお願いをいたします。  続きまして、地域セーフティネット活性化事業についてお伺いします。  現在、社会福祉協議会は21支部に活動を展開していますが、相談窓口についてはどのようになっているのか、お聞きいたします。  また、窓口のない地域について、今後どのように対応していくのか、澤市民部長にお伺いいたします。 ○副議長(積良岳君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) 地域における相談窓口ということでございますが、まず、各地区には、社会福祉協議会を設置して活動していただいておりまして、まず、ここを中心に相談受け付けをしていただいております。  ただ、そのほかに、先ほど答弁でも少し触れさせていただきましたが、地域の皆さんが気軽に、わざわざ相談に出向くというよりは、何かの機会に気軽に相談ができる機会をということで、ふくしなんでも相談窓口というものを全21地区に設置していただきたいというお願いを、今いたしております。  その中で、今現在そういった形のものが、10地区において設置をしていただいておりまして、令和3年度までには何とか21地区全てに、そのような相談機能を持っていただきたいというふうに考えております。 ○副議長(積良岳君) 2番 北 宣市君。
    ◆2番(北宣市君) 相談窓口の件なんですけれども、相談窓口には誰か常駐しているのか、また、例えば、1カ月に何回そういう窓口を開くのか、お聞きいたします。 ○副議長(積良岳君) 澤市民部長。 ◎市民部長(澤永貢子君) これも地区によってさまざまでございまして、常設のところが2カ所あるようにお聞きしておりまして、その他のところにつきましては、先ほど申し上げたように、イベントであるとか教室であるとか、そういった皆さんがお集まりの時期に合わせて、スタッフがそこに待機をするといった形のものが多いかと思っております。 ○副議長(積良岳君) 2番 北 宣市君。 ◆2番(北宣市君) それでは、福祉の関係ですので、福祉サポーター等、各地区に、いのちのバトンやらいろいろと展開されておりますが、これが氷見市全体に広がるようによろしくお願いいたします。  それでは、続きまして、学校給食センター整備の中で、市内全域のアクセスや、下水道の整備や災害時の防災状況について、大門教育次長にお尋ねいたします。 ○副議長(積良岳君) 大門教育次長。 ◎教育次長(大門芳宏君) 具体的な配送路というのは、今ちょっと手元にはないんですけども、なるべく温かい給食というものを各学校に配送したいということでございますので、効率的に短時間での配送経路についても十分検討して実施してまいりたいと考えております。 ○副議長(積良岳君) 2番 北 宣市君。 ◆2番(北宣市君) 聞くところによりますと、北部中学校下水道の関係なんですけれども、道路関係の中でどうも排水が悪いと聞いておるのですが、その排水については、今後何か検討とかありますでしょうか。 ○副議長(積良岳君) 大門教育次長。 ◎教育次長(大門芳宏君) 具体的にどういうことかというものを調査しまして、問題があれば対応してまいりたいと考えております。 ○副議長(積良岳君) 2番 北 宣市君。 ◆2番(北宣市君) これをもちまして、私の質問を終わります。         ───────────────────────── ○副議長(積良岳君) お諮りいたします。本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長(積良岳君) 御異議なしと認めます。よって、本日はこれをもって延会することに決しました。  明21日の日程は、本日の続議及び上程全案件に対する質疑を行います。  本日はこれをもって延会いたします。  午後 2時42分 延会...