1024件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八頭町議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日目 3月22日)

大上さんは、御自身の子どもさんが町内小中学校在籍中、教育問題やPTA活動等に正面から熱心に取り組まれ、人柄は快活かつ温厚で地域の方々からの信頼も厚い方であります。  地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条、第2項の規定により本議会の議決を求めるものであります。  次に、議案第50号 町道ホウキ線道路災害復旧工事30年災第331号請負変更契約の締結についてであります。  

北栄町議会 2019-03-15 平成31年 3月第2回定例会 (第11日 3月15日)

保護者の皆さんはどう考えておられますかというふうなPTAとの協議といいますか、そういうふうな機会はあったのでしょうか。 ○議長(飯田 正征君) 大庭教育総務課長。 ○教育総務課長(大庭由美子君) 保護者の方ですけれども、小学校やこども園のような保護者会みたいなものはありませんので、そういった方々と協議をしたということもありませんし、何か民間委託についてお話をさせていただいたこともありません。  

伯耆町議会 2019-03-08 平成31年 3月第 1回定例会(第2日 3月 8日)

これまでにもいろいろな、眼鏡だとか補聴器とかさまざまな、クラブ活動費とか、もう既にクラブ活動費などは、PTA会費とかというのは国は認めておるんですけれど、これを活用して、そしてそういった点での波及していくというか、拡大していくというような考えがおありなのかどうなのか、今後の取り組み方についてはどのように考えていらっしゃるのかというところはいかがですか。 ○議長(幸本 元君) 教育長。

八頭町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第4日目 3月 8日)

これは特に予算計上しておりませんけれども、鳥取県の予算も使いながら先生方の研修も含めて、そしてPTAの皆さんを中心として家庭のほうにも働きかけをしていくというようなことを考えておりますので、まずはそういったところで様子を見ていきたいというのが1点でございます。

倉吉市議会 2019-02-26 平成31年第2回定例会(第3号 2月26日)

あるいは、PTAの会が、役員会、保護者の皆さんにお世話になるんですけど、月に1回ぐらい行われます。これを始める時間を少し早めてもらうようなことはできないかとか、それから、夏季休業中の学校の閉庁日、お盆のあたりをこちらが指定して、3日間ぐらいの閉庁日を設定できないかということを考えてきております。  それから、部活動指導員のことについてもお尋ねがありましたので、現状をお伝えしたいと思います。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第2号) 本文

市立学校の施設修繕や備品調達がPTA予算で賄われている実態があるのではないか。 ◯山田延孝議長 長坂議員、発言時間を超えていますので。 ◯長坂則翁議員 ということでありますので、そのことだけ申し上げておきたいと思います。終わります。 ◯山田延孝議長 以上で本日の日程は終了しました。  本日は、これで散会します。                    

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第6号) 本文

今後も、食育だよりや学校だより、さらにはPTA懇談会等も含め、さまざまな機会を通じて、自然の恵みや食事ができるまでの過程を知り、感謝することができ、残さず食べようとする心を育てる教育や啓発に取り組んでまいりたいと考えております。  以上です。 ◯砂田典男副議長 平野真理子議員。 ◯平野真理子議員 それぞれの学年に応じて取り組まれているというふうにお伺いいたしました。  

琴浦町議会 2018-12-13 平成30年第 8回定例会(第4日12月13日)

教育権を保障するために遠距離通学の児童生徒たちを送迎するということで、統廃合の約束として、PTAとか住民に約束して実施していることだから、これは学校業務の一環としてやるべき問題なんです。自家用自動車有償事業法に基づいてやるもんじゃないんです。これは明らかに矛盾していると思います。  それから、私ね、100円バスのドライバーから話を聞いたんです。

伯耆町議会 2018-12-13 平成30年12月第 4回定例会(第3日12月13日)

知井振興会、老人クラブ、学識経験者、山村留学OB、美山小、美山小知井地区PTA、山村留学指導員で構成されております。  職員の体制。指導員2名、補助員1名、寮母1名、補助員2名、宿直業務職員2名。  美山町山村留学事業の経費。平成29年度決算における支出経費は1,740万2,100円の経費を支出しており、そのうち人件費が1,244万5,927円と約72%を占めている。

境港市議会 2018-12-12 平成30年第6回定例会(第4号12月12日)

市の人権教育推進員は、さまざまな人権問題をテーマに、学校での授業、PTAや企業等研修会に出向き、人権出前講座を行っております。  本年は、境港総合技術高等学校からLGBTをテーマとした講演の依頼があり、7月には1年生155人を対象に、10月には教職員42人を対象に研修会を実施いたしました。

琴浦町議会 2018-12-11 平成30年第 8回定例会(第3日12月11日)

PTA等にも検証した結果をどのように啓発につなげていくのか。それから、調査中ではありましたので、その間、学校内で何が起きているかが全く報告がありません。その件以外でもあったと思います。その間、児童生徒に対してどのような指導がなされたのか、具体例を挙げてください。  それから、ささいな事案であっても、アフターケアが十分でないために深刻化するケースもあるのではと思います。

境港市議会 2018-12-11 平成30年第6回定例会(第3号12月11日)

本市といたしましても今現在外部指導をボランティア的にしていただいている方、それから教員のOBであるとか、あるいは地域の方でちょっと専門でやっていられるようなそういうような方に学校やPTAを通じて情報提供願っているところでございます。

琴浦町議会 2018-12-10 平成30年第 8回定例会(第2日12月10日)

現在多くのボランティアの方やPTAの方が活動に携わって、かかわってくださっていますので、非常にいい形で運営されているのかなというふうに思ってます。  逆に、地域の方が学校の中に入ってこられるというのもありますし、それから各地区公民館の公民館祭であるとか、あるいは地区の運動会等にも子供たちが参加していますので、学校から地域の中へ出ていくと、そういったような活動もしております。

境港市議会 2018-12-10 平成30年第6回定例会(第2号12月10日)

メディアに触れる時間の適正化や家庭学習の推進につきましては、教育委員会としましてもPTAや学校と連携し、また、コミュニティ・スクールの取り組みともあわせて進めてまいりたいと考えております。  続きまして、ひきこもりの原因とされる不登校の実態とその対処方法についてのお尋ねでございます。  不登校児童・生徒への早期対応につきましては、学校は欠席対応マニュアルをもとに組織で対応しております。

米子市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第3号12月 7日)

福米東おやじの会の皆様の全面的な協力と、本市の防災士さん、また同じ地域に住む議員の尾沢さん、三鴨さん、また公民館や小中学校の先生、保護者の皆さん、元PTAなど、趣旨に賛同し、御協力いただいた多くの皆様の支えで実現できました。感謝申し上げます。  まず、この防災体験キャンプにさまざまに御指導、アドバイス、御協力をいただいた防災安全課と教育委員会の御所見をお伺いできますでしょうか。

境港市議会 2018-12-05 平成30年第6回定例会(第1号12月 5日)

委員からは、自治会やPTAなど学校運営委員会を組織される方々との意思疎通や目的意識の共有が図られているかとの質疑があり、担当課より、個別具体の説明には至っていないが、研修会やフォーラム等を開催し、理解を深めていただくよう考えていることが示されました。  

倉吉市議会 2018-12-04 平成30年第6回定例会(第2号12月 4日)

あとは、本当に細かいことになりますけれども、特別支援にかかわる支援会議の開催の時間でありますとか、勤務時間外の電話の取り次ぎのことでありますとか、それからPTAの会は大概、夜、実施されてるんですけど、その開催の時刻や回数のことであるとか、考えられることはもう、参加してる委員の皆さんにずっと意見を出してもらって検討を進めていきたいと思っています。  

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第3号) 本文

保護者の方に、月々どんなものを払っているのと聞いたら、PTA会費ぐらいかなと言うんです。じゃ、それ以外はないのと言ったら、ないなと言うんです。ただ、体操服は着てないの、鞄は持ってないのと言うと、ああ、あるあると出てくるわけですね。やっぱりそういったものは、ああ、そういえば高いと言うわけです。要るものだ、当たり前だと思って払っておられる。だけど、生活保護を利用されている方も同じなんですよね。

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第2号) 本文

また、昭和58年には手話通訳者派遣事業も実施され、そのときのPTA、保護者の懇談会の写真等々で広報されております。鳥取市の福祉に対しての厚い取り組みであろうと思います。市長がよく言われています、いつまでも暮らしたい、誰もが暮らしたくなる、自信と誇り・夢と希望に満ちた鳥取市、この鳥取市にぜひ手話言語条例制定というものを設置していただきたいというふうに思いますが、御所見をお伺いします。

米子市議会 2018-10-03 平成30年 9月定例会(第6号10月 3日)

3つ、中学校大会派遣事業については、生徒が中学校体育連盟及び中学校文化連盟が主催する大会に参加する際に要する交通費、宿泊費に対し補助金を交付しているが、補助金だけでその費用が賄えない場合、学校によってはPTA会費等から一部補助しており、学校間で保護者負担に格差が生じているのが現状である。