413件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2021-06-28 令和 3年 6月定例会(第6号 6月28日)

そのためには、国・県と協調し、連携を図りながら就農条件整備やもうかる農業モデルの構築を行うこと、またICT活用したスマート農業などの新しい技術や本市でのモデル事業実施など、就農者からの様々な新しい試みや相談に対して、市も主体的に支援をしていくような積極的な体制の強化が必要だと考えます。

米子市議会 2021-06-25 令和 3年 6月定例会(第5号 6月25日)

代表質問において、介護予防フレイル対策について、市長の所見をお聞きいたしましたが、米子では、全国に先駆けてICT活用した先進的なフレイル予防事業を3年前から行っているということでございまして、これは高く評価できるものと思っております。他市と比較しても、このテーマについては、米子市はトップランナーと考えております。

米子市議会 2021-06-22 令和 3年 6月定例会(第3号 6月22日)

また、これは県教育委員会事業でございますが、不登校児童生徒への自宅学習支援事業では、支援員保護者児童生徒と面談をしたり、ICT活用してつながったりしております。あわせて、校内サポート教室の、これ学校内になってしまいますけれども、設置もしていただいております。これらによりまして、児童生徒の居場所は確実に増加しているものと認識をしております。  

米子市議会 2021-06-21 令和 3年 6月定例会(第2号 6月21日)

こうしたことから、適応指導を行いながら、学校への復帰を目指す米子フレンドリールームICT活用した従来からの支援に加えまして、民間のフリースクールにつきましても、学びの場の選択肢として今年度から授業料等の一部補助を開始したところでございます。  次に、コミュニティ・スクールについてのお尋ねでございます。

北栄町議会 2021-06-10 令和 3年 6月第5回定例会 (第 7日 6月10日)

5番目に、ICT活用に当たって、児童生徒の健康への配慮について。  6番目に、ICTの円滑な活用に向けた改善の継続について。  最後に、3番目に、令和年度決算分析と今後の財政運営について、町長に質問します。  1、収支状況について。実質収支は、令和年度、1億2,799万円、合併後の黒字額のピークは平成29年度の4億3,920万円、一番低かったのは平成18年度の9,873万円です。

北栄町議会 2021-06-09 令和 3年 6月第5回定例会 (第 6日 6月 9日)

しかしながら、デジタル時代が到来しており国もAIタブレット端末活用した技術を一般的なものとすると考えられますので、本町においても導入について研究をし、ICT等の新技術活用しつつインフラマネジメントを進めていきたいと考えております。  次に、ふるさと納税返礼品についての御質問でございます。  

北栄町議会 2021-03-18 令和 3年 3月第3回定例会 (第16日 3月18日)

主な新規事業では、ジャンボタニシ防除費町内消費拡大事業としてのほくほくカードの推進こども園ICT化、重層的支援体制整備事業では、これまでの制度では手の届かなかった方への支援が見込まれます。新型コロナウイルス感染症の影響で税収が前年度対比でマイナスとなる中、町民へのサービスが十分に検討されている予算となっております。よって、一般会計に賛成いたします。議員各位の賛同をお願いいたします。

米子市議会 2021-03-10 令和 3年 3月定例会(第4号 3月10日)

これらは、自治体間や職員間で主に利用しているところでございますが、これを市民対象に広げていくことにつきましては、今後のICT推進の中で考えていきたいと思っております。 ○(前原副議長) 国頭議員。 ○(国頭議員) 最後質問になりますけども、このコロナを機に市役所の仕事も民間とできるところは近づけていかれたらなと思います。

米子市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第3号 3月 8日)

そういった中、米子市長部局におきましては、業務スマート化ICT化によって、いろいろとこういった集計業務を自動化していこうというような流れがあります。教育委員会さんのほうでも、こういった動きを取り入れて、GIGAスクールも始まりますし、ICTのほうはぜひ活用していただいて、先生方業務量の軽減を図って、何かしら対応ができないかなとは考えますが、いかがでしょうか。

湯梨浜町議会 2021-03-08 令和 3年第 3回定例会(第 4日 3月 8日)

町独自に児童生徒支援員学校事務補助員図書支援員ICT支援員等配置を行っております。また多くの地域方々登下校の見守り、読み聞かせ、授業支援放課後学習等学校支援ボランティアによる地域学校協働活動としてお世話になっております。地域学校協働活動が円滑に推進されるよう、地域学校協働活動推進員配置も行っております。  

湯梨浜町議会 2021-03-05 令和 3年第 3回定例会(第 1日 3月 5日)

教育関係では、国のGIGAスクール構想の実現に向け、昨年は超高速通信ネットワーク環境整備タブレットの購入、ICT支援員確保など、ハード、ソフトの両面から約1億3,200万円を投じましたが、令和年度も約1,500万円をかけ、大型提示装置整備eラーニング教材活用等により、小・中学校でのICT教育が本格的にスタートします。順調に良質な教育が提供されることを願っています。  

北栄町議会 2021-03-03 令和 3年 3月第3回定例会 (第 1日 3月 3日)

また、GIGAスクール構想による児童生徒1人1台のタブレット端末利用が本格始動するに当たり、ICT授業の円滑な導入を進めてまいります。  特別支援教育につきましては、幼児通級指導教室を充実させ早い年齢段階からの必要な支援体制を確立してまいります。学校段階におきましても、学習支援員配置通級指導教室実施により一人一人の発達に応じたきめ細やかな指導支援実施してまいります。  

境港市議会 2021-02-24 令和 3年 3月定例会(第1号 2月24日)

次に、行政運営におけるICT活用についてであります。  情報通信技術ICT)が日々進歩する中、行政運営においても、様々な場面での活用が考えられ、市民方々利便性向上はもちろんのこと、業務効率化により、職員の限りある時間を、市民一人一人に向き合う時間や政策課題について検討する時間に振り向け、市民サービス向上につなげてまいります。  

米子市議会 2020-12-21 令和 2年12月定例会(第6号12月21日)

また、少人数学級は、すぐに実現できないことであり、コロナ禍対策としてはよい方法ではなく、またGIGAスクール構想ICT利用方法など、様々な議論があり、まだ議論が必要である。また、学校現場においては、感染拡大防止対策を最優先にしていると認識しており、また当局においても情報発信であるとか、教育現場のその対策というのは全力で取り組んでいると認識していることから、賛同できない。

湯梨浜町議会 2020-12-16 令和 2年第11回定例会(第 6日12月16日)

当初の保育士確保だけではなく、経験のない若い職員保育現場へのつなぎ止めにも努力する必要があると考え、園長をはじめとした役職者人材育成に関する役割等の研修の実施園行事実施方法の見直し、さらに魅力ある職場づくりに向けた業務効率化などとして、ICT活用した業務支援システムタブレット端末導入等環境整備を図ってまいりたいと思っています。  

岩美町議会 2020-12-15 12月15日-01号

ネットワークの確認と併せて、その状況やこの授業の、授業ということになるんじゃないかと思いますけれども、授業を受けた、情報端末生徒全員が使われるということですので、それを使ったときの児童生徒の感想などをケーブルテレビの生中継などで、今はコロナ禍ということもあって教室になかなか行けることもできませんので、そういった授業を生中継保護者の皆さんや、そしてやはり町民全体に新しい、新しいといいますか、ICT