219件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2019-06-21 令和元年 6月定例会(第5号 6月21日)

淀江支所も含めまして、窓口業務につきましては、今後はICTを活用した大幅な自動処理、機械処理への移行を取り組みの主眼としたいと考えております。その新たな業務体制の中で、民間委託を活用すべきところは費用対効果等に留意しながら検討してまいりたいと考えております。 ○(渡辺議長) 国頭議員

境港市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4号 6月17日)

保護者とも連携して学習面、また心理面ともにサポートしていくとありますけども、本当に実際にこのようなICT利用してやるんですが、実際に不登校などで学習機会がなくなってしまっている子供たちにICTを活用することで学習機会を提供できるのか、また学習面の自信のなさが学校に行けない不安要素の一つになっているんですけど、本当に自宅学習で自信をつけ、学校に通うきっかけや社会的自立につながるのか、教育長の見解をお聞

米子市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第1号 6月13日)

まず、総務費でございますが、自治体行政スマートプロジェクト実践モデル形成事業は、国からの委託事業を活用して、他の自治体と連携しながら、窓口業務等におけるICTによる自動処理の導入効果検証などを行おうとするものでございます。  ビジネス人材確保推進事業は、東京23区に在住または通勤をしている方が本市に移住し、指定する企業に就職した場合などに支援金を支給するものでございます。  

八頭町議会 2019-06-11 令和元年第 6回定例会(第4日目 6月11日)

AI、ICTを活用した記事、事例が新聞等に毎日のように掲載されております。きょうもこの議会の中で、私都のへんで田植えの自動田植えが行われたというような話も聞きましたし、先般は若桜町のほうで同じように自動の田植え機で田植えがなされたというふうに聞いております。農業にもサバイバルの時代がきたのかなと、新聞を見ながら今思ってるところでございます。  

琴浦町議会 2019-06-10 令和元年第 3回定例会(第2日 6月10日)

議員(1番 前田 敬孝君) それでは、2番目のソサエティー5.0社会へ向け、ICT教育の充実を図り、ESD教育が求める持続可能な社会の担い手づくりのためとして、約1,800万円をかけタブレット端末の導入、IT機器の導入がされましたが、学童、生徒にとってソサエティー5.0を理解しているか御存じでしょうか。また、授業は具体的にどのように行われますでしょうか。  

琴浦町議会 2019-06-07 令和元年第 3回定例会(第1日 6月 7日)

続いて、ICT化の取り組みについてでありますが、タブレット導入によるペーパーレス会議はまだ未実施でありました。資料の電子配付の可能性を探るため、鳥取県南町議会平成26年に視察に行かれたと伺いました。本町でも昨年、日南町を視察させていただいた。議会改革を目指し、ICT化を推進するということであります。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第2号) 本文

現在、国におきましては、ICT化の推進による介護現場のペーパーレス化の実現や、自治体ごとで異なる書類の形式の統一化など、介護分野における文書のさらなる共通化・簡素化による削減につきまして、ワーキンググループを設置して検討していく予定でありますので、今後はその動向を注視して、必要に応じてさらなる見直しを行ってまいりたいと考えております。  

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第4号) 本文

その一方で、主体的、対話的で深い学びの視点からの授業改善やICT活用の取り組みが不十分との分析結果や、児童・生徒への指導への自信は参加国・地域の中で最も低いことがわかったとの、TALIS2018の結果報道でありました。国を挙げて考えていかなければならない課題であることを感じておりますが、本市からも国・県要望も出されておりますし、本議会にも定数改善の陳情も出されております。

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

今、新学習指導要領においてはプログラミングの教育であるとかICT教育が非常に注目されているところではありますけども、「学校図書館を、もっと身近で、使いやすく」とのスローガンが掲げられて、平成29年度から第5次学校図書館図書整備等5か年計画というのが策定されてスタートしております。次の項目にも関連するかと思いますが、その概要についてお伺いいたします。 ○議長(幸本 元君) 教育長

北栄町議会 2019-03-13 平成31年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

次に、「自然エネルギーやIT、AIを使いたい」との点でございますが、環境に負荷がかからない農業を実現していくことや生産性の向上のために労力の軽減だけでなく、ICTなどを活用して効率的な農業、特に熟練した農家の技術見える化して誰でもがつくりやすくしていくことが産地化を進める上で重要なテーマだと考えており、富士通のICT環境モニタリングシステムなどを活用し、県、JA等の協力を得ながら実証試験を行っているところであります

八頭町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第4日目 3月 8日)

八頭フルーツ街道の継承、それから八頭ブランドの確立ということでありまして、農業担い手の育成事業でありますとか、八頭町産米のブランド化推進事業というようなことに力を入れたいというとこでありますし、最後に安心子育て・いきいき学習のまち八頭の創設というのがございますが、こちらにつきましては、学校ICT化事業などに取り組んでまいりたいというとこであります。  それから2点目であります。  

八頭町議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第3日目 3月 7日)

私も5年半前の平成25年9月議会で最初の一般質問学校教育環境整備・ICT活用の現状と今後の取り組みについてを行いました。それ以来、回を重ね、昨年の12月議会で20回に到達いたしました。  これを機に、過去に行った一般質問の中で提案した項目や内容について、その後の取り扱いや進捗状況を確認させていただきたいと思います。  

米子市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第5号 3月 6日)

次に、ICT教育の取り組みについてお伺いをいたします。  2020年から本格的に実施される新しい学習指導要領において、小学校プログラミン教育を必修とするなど、情報活用の能力学習の基盤となる資質、能力と位置づけられており、ICTを活用した学習活動の飛躍的な充実が求められております。

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

いずれも施設の維持管理、教育の振興に要する経費でございますが、各校へのICT教育活動支援員、特別支援教育補佐員の配置、風のまちづくり事業を活用して教室のLED化に要する費用を計上しております。社会教育費ですが、文化財保護対策費といたしましては、由良台場・六尾反射炉発信、連携事業に100万1,000円を計上いたしました。