243件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

湯梨浜町議会 2019-12-18 令和元年第 9回定例会(第10日12月18日)

調査事件、1、高松市社会福祉議会庵治支所、庵治支援隊の取り組みについて、2、神戸市公立保育所ICT導入による業務改善の取り組みについて。  調査概要を申し上げます。  まず初めに、高松市社会福祉議会庵治支所、庵治支援隊の取り組みについてです。  高松市社会福祉議会庵治支所、庵治支援隊の取り組みではありますが、まず、庵治町、高松周辺5町とともに高松市合併し、現在に至っております。

八頭町議会 2019-12-09 令和元年第11回定例会(第3日目12月 9日)

次に、安心子育て・いきいき学習のまち八頭の創設ということでありますが、第2子以降の保育料の無償化や学校教育ICT化など、子育て環境の整備に努めてきたところであります。町民アンケート調査結果にも町民満足度の高かった事項に、子育て環境でありますとか学校教育環境に関するものが多く、総合戦略の一定の成果があったんではないかというふうにも考えているところであります。  

米子市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第3号12月 6日)

また、必要な費用についてでございますけれども、認証取得のための設備改修、資材導入費用、圃場の残留農薬、水質、土壌等に必要な分析費用、さらにICTサービス利用料や研修指導費目など、さまざまな費用が必要となりますので、認証されようとする農家それぞれの状況で経費は異なるところでございます。

伯耆町議会 2019-09-20 令和元年 9月第 4回定例会(第3日 9月20日)

続きまして、国立国会図書館では、ICT活用を見て、デジタル図書連携をすることによって、全国で発行、出版された本が全て管理されている国立国会図書館でありますので、デジタルで保管してある図書などをもとに、当町とのインターネットを介した遠隔図書連携を学び、ホームページや議会だよりの参考にさせていただくという閲覧の仕方などを学びました。  

北栄町議会 2019-09-12 令和元年 9月第6回定例会 (第 8日 9月12日)

それと、この8月からだったんですけども、ICTを活用した自宅学習支援事業というものを県のほうが始められておりまして、自宅学習支援員というものをそのハートフルスペースの中に配置をして、自宅にいながらICTを利用して勉強をするという体制を整えられております。現在、この事業に対して、使ったらいいんじゃないかなという者に対してちょっと提案をさせていただいているところでございます。

湯梨浜町議会 2019-09-09 令和元年第 7回定例会(第 4日 9月 9日)

議員(4番 浜中 武仁君) 2問目の質問は、保育現場でのICT活用と教育現場でのICT活用についてお尋ねします。  1点目ですけど、全国的に保育士不足が問題となっておるようです。湯梨浜町例外ではなく、年間を通じて保育士の募集が行われているような状況だと思いますし、中途退職者があることも報告を受けております。

伯耆町議会 2019-09-06 令和元年 9月第 4回定例会(第2日 9月 6日)

例えば給与の管理の問題とか、いろんな徴税のリストの管理の手入れとか、テレワークで、いわゆるICTを使った、情報伝達手段を使いながらでも、こういったテレワークでの仕事の仕方もあわせて今後は検討してみてもらう余地はないか、これを最後にお伺いして、終わりたいと思います。 ○議長(幸本 元君) 町長。 ○町長(森安 保君) 結論から言うとあると思いますね。

倉吉市議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第4号 9月 5日)

現在の状況は、県内の市町村参加をしております鳥取県自治体ICT共同化推進協議会で近隣の団体と住民情報システムなどの共同化の可能性について議論をしているところであります。今回の行政システムの統一化については、6月21日に閣議決定をされました経済財政運営と改革の基本方針2019、いわゆる骨太の方針の中に盛り込まれております。

八頭町議会 2019-09-05 令和元年第 9回定例会(第1日目 9月 5日)

主な活用といたしましては、教育現場でのICT化等の充実を図っているところであります。  施設整備では、船岡庁舎非常用発電設備の更新、中・下私都プールの除却、横田集会所新築事業等を行っております。  戸籍関係では、社会保障・税番号制度事業で、番号制度システム整備により、マイナンバー交付事務の支援を行うとともに、新規に戸籍システムの改修を実施いたしました。  

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第6号) 本文

鹿野温泉を熱源としてハウスイチゴの栽培をICTやAIを活用し行うスマート農業であります。また、地域商社とっとりのトータルコーディネートで、地元農家や企業大学など産学官連携のコンソーシアムを構成し、生産から販売まで循環させる地域内の経済循環を考えておられます。夢のあるモデル事業だと私は考えております。もちろん、地元の勝田議員も注目の事業であると思います。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第1号) 本文

全国的に農業経営における担い手や作付面積が減少している中、ICTを活用した高度な技術によるコスト削減や、地域資源を活用した高い収益性を可能とする次世代園芸施設栽培の普及が急速に進んでいます。そこで、地域商社を中心とした共同事業体が行う鹿野地域温泉熱とICTの活用により高収益性が見込まれるイチゴ栽培の実証事業を、地方創生推進交付金を活用して支援します。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会 目次

……………………………………………………………… 141 企画推進部長(答弁) ………………………………………………………………………………………… 141~142 石田憲太郎議員(~追及~スマート自治体への転換に対する市長の所見について) ………………… 142 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 142 石田憲太郎議員(~追及~これまでにICT

琴浦町議会 2019-08-21 令和元年第 4回臨時会(第1日 8月21日)

これはICT、ICTとは情報通信技術のことでありますけども、ICT先端技術によるビッグデータを活用して人の流れを分析し、ターゲットを絞った観光戦略を策定することで道の駅を拠点として町内を周遊する取り組みを推進するものです。このことは観光振興を通じて地域の農水畜産業、商工業を活性化させ、豊かで活力ある琴浦町の未来をつくり、持続可能なまちづくりを目指します。

米子市議会 2019-06-21 令和元年 6月定例会(第5号 6月21日)

淀江支所も含めまして、窓口業務につきましては、今後はICTを活用した大幅な自動処理、機械処理への移行を取り組みの主眼としたいと考えております。その新たな業務体制の中で、民間委託を活用すべきところは費用対効果等に留意しながら検討してまいりたいと考えております。 ○(渡辺議長) 国頭議員