運営者 Bitlet 姉妹サービス
172件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 米子市議会 平成30年12月定例会(第2号12月 6日) スマート農業自体、まだまだ聞きなれない言葉でありますが、政府はロボットやICTなどの先端技術を活用したスマート農業の推進を新たな柱に備え、来年夏までに普及に向けた計画を策定するとの報道がなされました。このスマート農業について、本市の考えを伺います。 ○(渡辺議長) 高橋農林水産振興局長。 もっと読む
2018-12-04 米子市議会 平成30年12月定例会(第1号12月 4日) 保育所等ICT化推進事業は、保育士の業務負担の軽減を図るため、指導計画やシフト表作成等の保育業務支援システムを導入する保育所等へ助成しようとするものでございます。  次に、衛生費でございますが、公衆浴場確保対策事業は、原油価格の高騰による影響を考慮し、公衆浴場業者に対する燃料費の助成を追加するものでございます。   もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第3号) 本文 この建設技術センターの研修では、新人や若手技術者の定着につながる基礎研修を初めとして、実技や演習を取り入れた実践的な研修、また情報系、ICT等に係る研修など充実した研修項目がありまして、経験年数に応じたスキルアップ研修も実践されておるところでございます。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第2号) 本文 ICTなどを活用して、必要最低限の管理者を置いてというようなことをぜひ検討していただきたいなと思っております。  次に、地域共生社会についてお尋ねしていきます。まず、地域内の交流についてお尋ねいたします。  自治連合会、町内会への加入率がどんどん下がってきております。1市8町村の合併当時、約10年前になりますが、平成20年の加入率は72.8%が現在どうなっているのか。 もっと読む
2018-09-06 八頭町議会 平成30年第 7回定例会(第3日目 9月 6日) 船岡中学校を改修して企業誘致というお話で新たな六次産業化とあれも言えるとは思いますが、そういったものもできるというふうに思っておりますし、それから今、いろいろ研究をしていただいておりますが、ICTと尾島議員大好きかもわかりませんが、そういったその先端技術を活用したスマート農業ということで、最後の省略化というような、作業の省略化ですね、そういったことには当然つながるということになりますし、それから同じものがつくれるというような もっと読む
2018-09-06 米子市議会 平成30年 9月定例会(第2号 9月 6日) さて、政府の方針にICT活用指導力の改善も設定されておりまして、それを支援するという意味でICT支援員のことがうたわれております。整備5か年計画で示されたICT支援員の役割と、その役割を担う職員の本市の現状と課題をお伺いいたします。 ○(渡辺議長) 松下教育委員会事務局長。 もっと読む
2018-09-04 八頭町議会 平成30年第 7回定例会(第1日目 9月 4日) 学校教育のICT化に向けた取り組みでは、本年度、機器の導入を完了し、8月からは、ICT支援員を配置し、学校教育における機器の利活用等を支援しながら、充実した学習の展開につなげたいと考えております。 もっと読む
2018-07-18 米子市議会 平成30年 7月定例会(第4号 7月18日) あと、教育長、これ米子市の小中学校ですね、ICTにおけるこの環境をぜひ日本一にしたいだとか、そういうような思い切った施策みたいなものはお気持ちの中ではないもんなのかどうか、お伺いいたします。 ○(渡辺議長) 浦林教育長。 もっと読む
2018-07-17 米子市議会 平成30年 7月定例会(第3号 7月17日) さて、現代はスマートフォンを初め、ICTが情報通信の手段として普及してきております。子どもの発達の記録管理を保護者が管理でき、また市からの情報発信などが取得できるツールとして、母子手帳アプリの活用を提案したいと思いますが、御所見をお伺いいたします。 ○(渡辺議長) 景山こども未来局長。 もっと読む
2018-06-21 琴浦町議会 平成30年第 4回定例会(第5日 6月21日) その中で、具体的に言えば、廃校を拠点として、他地域、都会なら都会ですね、特にICT関連の方々の有能な熱い思いと人材と交流し、地方創生に欠かせない人材育成を目指すもので、講演会を聞く、そういう塾の創設ではありません。あくまでも地方創生に欠かせない人材育成を目指す、そのものとして熱中小学校が上がってきてるわけです。少なくとも、その本の中ではそういうふうに解釈をいたしました。   もっと読む
2018-06-18 境港市議会 平成30年第3回定例会(第2号 6月18日) まず、スマホなどICTを活用したまちづくりについてお尋ねをいたします。  平成26年9月議会において、スマートフォンを活用した公共サービス向上というテーマを初めて取り上げたところですが、そのときには、スマホアプリの本市における活用についての御答弁は、わずかに当時配信が始まったばかりのデジタル妖怪スタンプラリーに言及されただけだったと記憶をしております。 もっと読む
2018-06-13 琴浦町議会 平成30年第 4回定例会(第4日 6月13日) 特にICT関連の人が廃校になるような過疎地に行って、そこでまたサテライトをこさえて、自分たちはリゾート気分で、かつ地域振興ができるというふうな雰囲気、熱い雰囲気がありまして、また手弁当でそれをみんながやっていくと。それの拡大したものが熱中小学校。 もっと読む
2018-06-11 八頭町議会 平成30年第 4回定例会(第3日目 6月11日) 4点目の安心子育て・いきいき学習のまち八頭の創設につきましては、平成28年度から保育料の第2子以降の無償化、放課後児童クラブの開所時間の延長を実施するとともに、平成29年度からは子育て世代包括支援センターによる妊娠前から切れ目のない子育て支援の実施や入学祝い金の創設、病児保育を進めるほか、学校教育のICT化やプログラミング教室など先駆的な取り組みを進めているところであります。 もっと読む
2018-06-07 八頭町議会 平成30年第 4回定例会(第1日目 6月 7日) また、学校教育のICT化やプログラミング教室など、先駆的な取り組みも推進しております。子育て環境の整備は、子育て中の世帯からのニーズも高く、引き続き必要な取り組みを進めてまいります。   もっと読む
2018-03-14 琴浦町議会 平成30年第 3回定例会(第4日 3月14日) それから、インターネットを使って授業をする、授業が月に2回ありますけども、2回とも出てくること、町内だったら可能ですけども、町外だったり県外だったりする方たちの利便性を図るためにインターネット上の通信を使うということで、タブレットとか、今、ICTとかITとか言っておりますけども、そういうことの専門家がサポートしているということが2番目の特徴であります。 もっと読む
2018-03-12 北栄町議会 平成30年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日) ICTの活用は現場の負担軽減につながると言われておりますが、お伺いいたします。  元気で住みなれた地域で生涯過ごしていただくためには、高齢者の自立支援に対する取り組みも重要だと思いますが、お伺いいたします。  次に、中小企業の事業承継についてでございます。  中小企業、小規模事業者の高齢化は進行しております。 もっと読む
2018-03-08 八頭町議会 平成30年第 2回定例会(第4日目 3月 8日) 安心子育ていきいき学習のまち八頭の創設につきましては、平成28年度から保育料の第2子以降の無償化、放課後児童クラブの開所時間の延長を実施するとともに、平成29年度からは入学祝い金の創設や学校教育のICT化やプログラミング教室など、先駆的な取り組みを進めているところでもあります。   もっと読む
2018-03-08 湯梨浜町議会 平成30年第 2回定例会(第 1日 3月 8日) 県内自治体で構成いたします鳥取県自治体ICT共同化推進協議会で自治体クラウドや各種システムの共同化を図った際の経費削減効果等について、調査を計画をしているものでございます。  それから、しばらくはぐっていただきまして23ページでございます。防災訓練事業でございます。本年度は東郷地区を対象にこの訓練を予定しております。 もっと読む
2018-03-07 八頭町議会 平成30年第 2回定例会(第3日目 3月 7日) 観光振興に向けた取り組みを図るほか、八頭町産米のブランド化の推進や営農支援センターの運営、新規就農者、認定農業者への支援の継続、首都圏でのPRの推進や起業家支援の拡充など、農林業を初めとする産業振興の推進、また保育料軽減や在宅で育児をする世帯への給付金、新入生の入学祝い金など、経済的負担の軽減や、仮称ではございますが八東地域の八東保育所の新築、放課後児童クラブの増改築などの施設整備、学校教育におけますICT もっと読む
2018-03-07 米子市議会 平成30年 3月定例会(第5号 3月 7日) 次に、特別支援教育におけるICT活用についてお伺いいたします。発達障がいなどにより、学習に困難を抱える子どもたちへの支援について、情報通信技術、ICTの効果的な実践に大きな期待が寄せられております。また、病気等で入院や在宅治療をしている児童生徒や、不登校などで学校に通えない児童生徒に対してのICTの活用は教育機会確保という観点から法整備も行われ、今後の取り組み強化が大いに望まれます。 もっと読む