169件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第4号) 本文

近年、本市との関係は必ずしも対等・協力関係が保たれているとは感じられません。に対して不信感を抱く本市関係者は、私を含め、少なくないと考えております。1つには、県立美術館候補地決定に至るの進め方と、桂見の旧少年自然の家跡地の本市並びに市民への説明責任の問題。2つには、主導で進められている消防の広域化の問題。

北栄町議会 2018-09-07 平成30年 9月第6回定例会 (第 2日 9月 7日)

11月から台湾台中市で開催される花の博覧会に鳥取が出展いたしますので、開幕式にあわせ、に同行し、交流を深めるとともに、観光PRを行う予定としております。町長などの旅費につきましては、当初予算で計上しておりますが、今回、議長の旅費を計上するものでございます。  次に、2款1項1目一般管理費の3節職員手当等の単身赴任手当に49万6,000円を計上しております。

米子市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第3号 9月 7日)

しかしながら、パン、米については鳥取の給食会から購入をしておると、給食会から受託した地元業者がしておるんじゃないかというふうな、私は答弁ではなかったかというふうに思いますが。  そこで、御飯は鳥取給食会から受託した地元業者が納入しておるというような状況も仄聞しますが、その実態について伺っておきたいと思います。 ○(渡辺議長) 浦林教育長。

倉吉市議会 2018-06-21 平成30年第4回定例会(第4号 6月21日)

その話の結論は、がんで亡くなる、特に鳥取のいわゆる肝臓がん、肝がんの現状という、国立がん研究センターが発表したもんですけども、これ聞いてみてびっくりしたです。というのが死亡率が高い都道府県で、2012年は47都道府県の14番目。ワーストスリーは、愛媛、佐賀、宮崎。それで2013年は、鳥取は7番目。ワーストスリーは、佐賀、福岡、愛媛。2014年、2番目。

境港市議会 2018-06-20 平成30年第3回定例会(第4号 6月20日)

何点か重ねて質問したいと思いますけど、これも報道なんですけど、このごろのほうでも問題になってるということで、いろいろ新聞報道もされておりますけど、例えば公文書の保存期間が今後30年と5年でのほうは集約をしていくというような記事がありまして、も7月に取りまとめると。のチーム会議はガイドラインをつくって7月にも取りまとめると。

湯梨浜町議会 2018-03-12 平成30年第 2回定例会(第 5日 3月12日)

森岡柳蔵氏は、御案内のとおり当町松崎の出身で、鳥取洋画史の初期の作家の一人に位置づけられる画家でございます。の美術史上も重要な人物として、平成23年度には鳥取県立博物館が没後50年森岡柳蔵展を開催し、同博物館の要請を受け、町所有の同氏の作品を貸し出し、広く県民一般の展覧に供したところでございます。  

鳥取市議会 2018-02-01 平成30年 2月定例会(第3号) 本文

鳥取の魚介類消費量は、青森、秋田に続いて全国第3位となっていますが、消費量自体は平成13年をピークに毎年減少しています。その原因として、40歳以下の消費量が60歳以上の約3分の1と大きく落ちていること、子供たちが魚を食べる機会が減っていること、また、大人も以前と比べ魚を食べなくなったことが挙げられます。

境港市議会 2017-12-13 平成29年第6回定例会(第4号12月13日)

11月29日、北朝鮮から発射された新型の大陸間弾道ミサイル、ICBMは、青森沖の排他的経済水域内の日本海に落下しました。北朝鮮は、これまでも国連安保理の制裁決議に対抗して核開発実験を繰り返し、このたび発射された火星15号は、アメリカ全土をも射程におさめるとも推定されています。  

鳥取市議会 2017-12-01 平成29年 12月定例会(第2号) 本文

本市議会の6月定例会の私の質問に対し深澤市長は、ヘルプマーク・ヘルプカードについては必要性が高いと認識しており、より効果的な取り組みとしていくためにも、全域での連携した普及に向けてに提案してみたいと考えておりますと御答弁がありました。  そこで、ヘルプマーク・ヘルプカードの導入の現状についてお伺いいたします。  以上、登壇での質問といたします。

境港市議会 2017-09-20 平成29年第4回定例会(第3号 9月20日)

市長は、市内でおよそ3,300戸、住宅戸数の約25%がまだ耐震化されていない状況だとされて、耐震改修助成制度の充実と普及啓発によって耐震改修の促進に努めるとともに、国やの動向も見ながら耐震改修工事の助成の拡充も検討したいというふうに答弁されました。その後、と市において住宅耐震の補助が拡大されたことは大変にうれしいことでした。

北栄町議会 2017-09-14 平成29年 9月第7回定例会 (第15日 9月14日)

ただ、状況を聞けば、合併特例事業債を活用できるかどうか、に相談していること、その当時、からは活用できるという返答があった。これにより担当者が安心してしまったことなどが想像できます。なぜそのときに交付税措置があるかどうかを確認しなかったのか。これを確認していれば今回のことは起こらなかっただろうと思います。これはひとえに担当者の怠慢であろうと、そういうふうに思います。  

北栄町議会 2017-09-11 平成29年 9月第7回定例会 (第12日 9月11日)

学校でも病院でも県立の場合は全部が費用を持っております。これはやはり中部のふるさと広域連合ですね、あるいは中振協等の中で議論をされてに申し入れをされるべきだと思いますが、いかがでしょうか。 ○議長(井上信一郎君) 松本町長。

八頭町議会 2017-09-08 平成29年第 8回定例会(第3日目 9月 8日)

もう一つ、ちょっと保育所のことで話をしますと、食品ロスのことが今すごく鳥取でも取り上げてまして、3010運動というものがで推進されています。  町長、この3010運動を御存じでしょうか。  詳しく言いますと、おいしいとっとり3010食べきり運動ということで、2016年冬に鳥取が実施しております。商工会の方たちもすごく協力されている取り組みなんですが、知らなかったら知らないでいいです。

伯耆町議会 2017-09-08 平成29年 9月第 5回定例会(第2日 9月 8日)

国、、町、いわゆる国が2件、は1件、町が12件の指定の文化財は合わせて15件あるわけですが、国に関しては登録文化財、もう1件は重要文化財があるわけですけど、国、、町指定はどのような審議過程を経てそれぞれ決まるのでしょうか、ちょっと教育長に聞きたいと思います。 ○議長(篠原 天君) 教育長。 ○教育長(後藤 弥君) 文化財についての御質問でございます。  

鳥取市議会 2017-09-01 平成29年 9月定例会(第6号) 本文

本市が参画している一部事務組合には鳥取東部広域行政管理組合、八頭環境施設組合があり、広域連合には鳥取後期高齢者医療広域連合があります。これ以外の連携にも本市は必要に応じてさまざまな連携に参画しており、例えば鳥取・岡山境連携推進協議会、姫路・岡山・鳥取城下町物語推進協議会、愛称HOTトライアングル等々であります。  

鳥取市議会 2017-09-01 平成29年 9月定例会(第4号) 本文

2017年度の課税強化対象面積は全国では12で88ヘクタールとなっています。最多は青森の34ヘクタール、ついで新潟の14ヘクタール、鳥取は11ヘクタールと3番目となっており、不名誉な結果となっています。これまで遊休農地としてきた林地や原野状態の土地を非農地扱いにするなどとした判断が鳥取市ではなされてきたのか、お伺いします。 ◯下村佳弘議長 山口農業委員会会長。

境港市議会 2017-06-20 平成29年第3回定例会(第3号 6月20日)

これを境港市が出せるかといえば難しいでしょうし、鳥取で全ての市に同じ規模のものをつくり運営することがよいのか。鳥取全体として考えたとき、絶対必要だと私は言い切れません。そんな中で、境港市としてどのようなスポーツ施設の環境を整備していくのか。その地域に合った整備と管理が必要だと考えます。  

八頭町議会 2017-06-09 平成29年第 5回定例会(第3日目 6月 9日)

4点目にいただいております、八頭高等学校体育コースの外生徒の下宿体制のことについてであります。  本年度、鳥取体育協会が、競技力向上対策事業における外優秀アスリート受け入れ支援事業として、外優秀アスリート受け入れ支援事業運営準備委員会を立ち上げ、鳥取体育協会、鳥取八頭高等学校、八頭町、これで運営準備の検討を始めたというところであります。  

米子市議会 2017-03-07 平成29年 3月定例会(第4号 3月 7日)

その辺で、例えば全国で申し上げますと、たしか青森市なんかが大きな問題になっております、第3セクターで整備しました、たしかアウガという共同ビジネスが、それが累積赤字が数十億ということでの責任問題にもなっておる事例もございます。