運営者 Bitlet 姉妹サービス
43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-03-14 琴浦町議会 平成29年第 2回定例会(第4日 3月14日) ○農業委員会事務局長(石賀 郁朗君) 議員のおっしゃるとおり、近年離農、高齢化により農家相談がふえておりますが、近隣の町の様子を見ながら対応していきたいと考えております。以上です。 ○議長(手嶋 正巳君) 西長総務課長。 もっと読む
2017-03-14 琴浦町議会 平成29年第 2回定例会(第4日 3月14日) ○農業委員会事務局長(石賀 郁朗君) 議員のおっしゃるとおり、近年離農、高齢化により農家相談がふえておりますが、近隣の町の様子を見ながら対応していきたいと考えております。以上です。 ○議長(手嶋 正巳君) 西長総務課長。 もっと読む
2017-03-02 北栄町議会 平成29年 3月第3回定例会 (第 1日 3月 2日) 人・農地プランの話し合いの中で、農地中間管理機構に農地の貸し付けを行った地域や、機構に対する貸し付けに伴って離農または経営転換する方などに対しまして協力金を支払っております。また、中間管理機構により委託を受けて、農地の賃貸借を通じ相談窓口の業務、出し手、受け手の交渉やマッチング等を行い、地域農業の担い手への農地の集積と集約化を行ったりもしております。全て10分の10の国の委託事業となります。   もっと読む
2017-03-02 米子市議会 平成29年 3月定例会(第2号 3月 2日) また、社会資本整備に係る事業推進についても、人口減少時代を迎えた今日で、全ての社会資本を今までどおり維持更新していくことは、財政状況等を鑑みるに非常に困難であることから、社会資本ストックの総量は抑制しながらも、投資すべきところは投資するという、いわゆる選択と集中による社会資本整備を推進され、既存の社会資本の再構築を図ってこられました。 もっと読む
2016-12-13 八頭町議会 平成28年第 8回定例会(第4日目12月13日) こうした中で本町の農業が進んでいる方向は、離農等による耕作放棄地、人口減による土地の未利用等の増加を背景とした、大規模的集約型農業、法人化といいますか農産物の差別化、食の個性を重視した多品種少量生産や利便性を追求した農業ビジネスが展開されております。 もっと読む
2016-09-09 琴浦町議会 平成28年第 5回定例会(第3日 9月 9日) それともう一つは、パフォーマンスのことでありますけれども、平井さんの場合は絵になるけれども、私の場合は絵にならんということもありますし、そのパフォーマンスのことにつきましては、少し私は抑制ぎみに考えております。 もっと読む
2016-09-06 米子市議会 平成28年 9月定例会(第2号 9月 6日) 荒廃農地の発生防止と解消のためには、農地を有効に活用していくことが必要でございますので、農地中間管理事業による担い手への農地集積や、耕作放棄地再生事業による再生促進、新たな荒廃農地の発生抑制のための取り組みを、引き続き関係機関と連携して取り組んでまいりたいと考えております。 ○(尾沢議長) 門脇議員。 もっと読む
2016-03-07 北栄町議会 平成28年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 7日) 人・農地プランの話し合いの中で、農地中間管理機構に農地の貸し付けを行った地域や機構に対する貸し付けに伴って離農、または経営転換する者などに対して協力金を支払っております。また、中間管理機構より委託を受けて農地の賃貸借を通じ相談窓口の業務、出し手及び受け手の交渉やマッチング等を行い、地域農業の担い手への農地の集積と集約化を行ったりもしております。全て10分の10の国の委託事業となります。   もっと読む
2016-02-01 鳥取市議会 平成28年 2月定例会(第4号) 本文 この都市計画法上の市街化調整区域は、市街化を抑制していく区域として位置づけられておるところでありまして、住宅につきましても農家住宅や都市計画の線引き前からの住宅を除いて規制対象となっておるところでございます。 もっと読む
2016-02-01 鳥取市議会 平成28年 2月定例会(第5号) 本文 こういった地域におきましても、定住条件をこれから整備いたしまして人口減少の抑制につなげていかなければならないと、このように考えておるところでございます。  以上でございます。 ◯房安 光議長 椋田昇一議員。 ◯椋田昇一議員 市長から答弁いただきましたが、それを具体的にどうしていくのかという、これからのことであります。   もっと読む
2015-12-15 北栄町議会 平成27年12月第11回定例会 (第 8日12月15日) 政府は2014年4月に消費税を8%に引き上げたんですけれども、今年度の予算では、社会保障費は削減して抑制し、その多くは介護保険関係の報酬引き下げや利用者負担増、そして保険料軽減の先送りに集中しております。一方では、防衛費は増大をして実質5兆円を超える規模となりました。介護報酬2.27%引き下げの影響額というのは2,400億円程度です。決して国が滅びるというようなものではありません。 もっと読む
2015-12-14 湯梨浜町議会 平成27年第 9回定例会(第 4日12月14日) 国や県の動向に注意しながら、連携して取り組むことは当然のことですけれども、町独自といたしましては、一部、松岡議員のお尋ねにもお答えしましたが、農業従事者の減少を抑制するためにも、新規就農者や退職就農者の確保に力を注ぎたいと考えております。そのため、町独自でも支援策を取りまとめ、新年度予算に反映できればと取り組んでいるところです。   もっと読む
2015-09-14 北栄町議会 平成27年 9月第7回定例会 (第 8日 9月14日) ○議員(13番 長谷川昭二君) これからやってみなければ、どういう対応が必要なのかということはわからない部分があると思いますけれども、これまで農家がたくさん離農していった中には、経営が困難で離農していった農家もたくさんあると思います。 もっと読む
2015-09-01 鳥取市議会 平成27年 9月定例会(第3号) 本文 水道局では、お客様の御負担を最小限に抑えるために、更新する施設の統廃合や、更新規模のダウンサイジング、また、固定費を抑制すると、こういったことでさらなるコスト縮減に努めますとともに、事業全般にわたりまして、先ほども説明いたしましたが、行財政改革に最大限取り組む所存でございます。  以上でございます。 ◯房安 光議長 寺坂寛夫議員。 もっと読む
2015-03-09 米子市議会 平成27年 3月定例会(第5号 3月 9日) 米子市を初め鳥取県では、UIJターンの若者の受け皿として就農環境の整備を進め、新規就農をする若者を呼び込んでいますが、加齢による離農者が上回り、農家人口は減少をしています。新規就農者をふやすために、もうかる農業モデルをつくる必要があります。そのためには、地域ブランドをつくる必要があるのではないかと思います。市長の見解をお伺いをいたします。次に、6次産業化についてお伺いをいたします。 もっと読む
2015-03-09 八頭町議会 平成27年第 3回定例会(第4日目 3月 9日) 平成27年の中学校、そして平成29年4月には小学校の統合を目指しておりますが、こちらのほうはやはり最終的には物件費の抑制といったようなところにつながっていくではないかというように考えております。   もっと読む
2014-12-16 北栄町議会 平成26年12月第8回定例会 (第 8日12月16日) 農業所得の増加だけでなく、耕作放棄地の増加を抑制するためにも、意欲のある農業者への農地集積は必要と考え、農地中間管理機構との連携や町独自に相談員を配置し、制度の周知や農地の出し手、受け手の調整など、農地中間管理事業を推進しているところであります。   もっと読む
2014-03-12 湯梨浜町議会 平成26年第 2回定例会(第 3日 3月12日) 当該計画書には、農家の高齢化により十分な対策がとれないまま被害が拡大し、営農意欲の減退による離農が危惧されるとありますが、現状は危惧されるのではなく、多くのところで高齢化と相まって営農意欲の減退による耕作放棄地の発生や離農が進んでいるのです。  そこで、町長にお尋ねをいたします。  我が町の農作物の鳥獣被害の現状をどのように考えておられるのか。   もっと読む
2013-09-09 琴浦町議会 平成25年第 9回定例会(第2日 9月 9日) 小規模災害の復旧費用の負担が農家の生産意欲を減退させ、離農、耕作放棄の拡大につながらないよう地元負担の軽減を図ることを検討していきます。  最後に、反核平和宣言のプレートのことでありますが、これは青亀議員が言われるとおり、平成16年10月26日に県内の合併市町村では最初となる核兵器廃絶・琴浦町平和の町宣言を琴浦町議会において議決されております。   もっと読む
2013-09-09 琴浦町議会 平成25年第 9回定例会(第2日 9月 9日) 小規模災害の復旧費用の負担が農家の生産意欲を減退させ、離農、耕作放棄の拡大につながらないよう地元負担の軽減を図ることを検討していきます。  最後に、反核平和宣言のプレートのことでありますが、これは青亀議員が言われるとおり、平成16年10月26日に県内の合併市町村では最初となる核兵器廃絶・琴浦町平和の町宣言を琴浦町議会において議決されております。   もっと読む