運営者 Bitlet 姉妹サービス
1318件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 9日12月18日) そこに、この場でも何度も申し上げましたが、避難所にも指定されておると。大きなパッケージの中で物を考えたときに、そういう本当は組み立ての中で順序よく理論立てて整理ができとれば、また違った方向も見えたのではないかと。  それで、非常に懸念があるのは、私は、今の小学校の通学路に当たっているところは非常に最近交通量がふえているわけですね。 もっと読む
2018-12-17 北栄町議会 平成30年12月第8回定例会 (第11日12月17日) ○議員(12番 津川 俊仁君) 財政的な面から、県の助成をいただいて、県外からの移住と県内からの移住の差をつけられるということについては、仕方ないなというふうにも思いますし、財源が明確なのでいたし方ないといいますか、理解できるんですが、町内、先ほどおっしゃいました町内と県内移住との差につきましては、移住リスクとおっしゃいました。 もっと読む
2018-12-14 北栄町議会 平成30年12月第8回定例会 (第 8日12月14日) 自然災害は防ぎようがなく、被害を最小限に抑えるための山や川の整備などのハード事業や、避難訓練、講習、食料備蓄などをするソフト事業しか行政、個人にはなかなかできないと思います。復旧にはすぐに取りかかれる件や関係との協議後でないと取りかかれない件があるが、スピード感を持って災害復旧に取り組んでいただいていると思っています。 もっと読む
2018-12-12 米子市議会 平成30年12月定例会(第5号12月12日) また、被災の一時避難や集団移転の受け入れ、あるいは被災地への食料や水、生活必需品の安定供給、こういったところが考えられるというところでございます。 ○(渡辺議長) 岩ア議員。 ○(岩ア議員) 答弁では、それぞれ今るるおっしゃいましたですが、例えば事務所の生産拠点とかデータセンターの立地等々、これは理解できます。 もっと読む
2018-12-12 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日) ましてや想定条件のような大雨、強風が重なれば、どれだけの人たちが避難できるのだろうか。  2点目、避難するときに各集落の避難行動要支援への対応はできたのだろうか。  3点目、ハザードマップには、訓練参加地域の指定避難所は花見コミュニティー施設となっているのに、訓練ではなぜ羽衣会館にしたのだろうか。  4点目、高齢、障がい、妊産婦のための福祉避難所は設置したのだろうか。   もっと読む
2018-12-11 米子市議会 平成30年12月定例会(第4号12月11日) 最後に、避難計画は原発が存在している限り必要です。安全に避難するためには、何が必要なのか、これは本当に切実ですが、今の計画では全くおぼつかないと考えます。この件については、きょうは質問はせず、またの機会に送ります。この原発の問題で質問を幾つかいたしましたが、伊木市長においては国に全てを任せる、そして中国電力に判断を預ける、そういうふうな態度を一歩も出られません。 もっと読む
2018-12-10 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 1日12月10日) が、午後になりましてから雨もやっぱり強くなりまして、16時45分に気象庁の土砂災害警戒情報というのを受けまして、16時55分、町内全域に避難勧告を発令。18時35分には気象庁から土砂災害危険度情報がございまして、泊地区がレベル3に達する見込みだという情報を受けまして、19時30分に泊地区に避難指示を発令いたしました。20時45分には、これを町内全域に拡大して発令いたしたところでございます。   もっと読む
2018-12-07 米子市議会 平成30年12月定例会(第3号12月 7日) ○(武田防災安全監) 災害時の避難行動についてでございますが、本年7月の西日本豪雨と9月の台風24号におきまして、避難勧告を発令したところであります。それらに対します避難数につきましては、いずれも避難勧告対象数の2%に満たない状況でありました。このような状況につきましては、県内他市町村も同様でありまして、重要な課題であると認識しているところでございます。 もっと読む
2018-12-06 米子市議会 平成30年12月定例会(第2号12月 6日) ○(武田防災安全監) 指定避難所に空調設備を設置する際の緊急防災・減災事業債の活用についてでございますが、この事業債の対象事業としまして、大規模災害時の防災・減災対策のために必要な施設の整備事業というものがございますので、空調設備につきましても、指定避難所における避難の生活環境の改善のための施設整備であれば対象にはなるものと考えております。 ○(渡辺議長) 門脇議員。 もっと読む
2018-12-04 米子市議会 平成30年12月定例会(第1号12月 4日) 資格を定める条例の一部を           改正する条例の制定について    議案第87号 米子市老人憩の家条例を廃止する条例の制定について    議案第88号 米子市水道布設工事監督に監督を行わせる水道の布設工事及び水           道布設工事監督の資格を定める条例及び米子市水道技術管理の           資格を定める条例の一部を改正する条例の制定について    議案第89号 米子市弓浜 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第3号) 本文 初めに、高齢肺炎球菌ワクチンについてであります。  肺炎は日本人の死因の第3位を占める重大な疾患であります。肺炎は高齢になるほど重症化しやすく、高齢化に伴い、年々死亡数も増加しております。高齢の死亡率が高い肺炎予防のための定期接種制度が平成26年10月から開始されました。対象は65歳から100歳までの5歳刻みの各年齢になる方で、生涯に1回だけ、制度を活用した接種が可能となっております。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会 目次 ……………………………………………………………………………………………  34 岩永安子議員(~追及~地域防災計画の見直しに際して住民説明会を開いて市民に意見を  求めてはどうか) ……………………………………………………………………………………………  34 市長(答弁) ……………………………………………………………………………………………………  34~ 35 岩永安子議員(~追及~水害時の避難所開設 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第2号) 本文 ◯岩永安子議員 それを受けて、高齢を初め障がい、子供など、特に支援が必要な人がいち早く避難できるよう具体的な仕組みを整えるということが待ったなしだと考えます。障がいを持った方への情報伝達、これはどういうふうに考えておられるんでしょうか。聾唖の方には防災無線は聞こえません。どう伝達すると考えておられるのでしょうか。 ◯山田延孝議長 深澤市長。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第4号) 本文 ◯乾 秀樹危機管理局長 台風24号の際の青谷地域での避難勧告のタイミング、あるいは避難の状況、そして災害対応の検証に関するお尋ねでございました。お答えさせていただきます。  台風24号では、9月30日の15時10分に勝部川の水位が避難判断水位の2メートルを超えたために、16時3分に駅前及び西町に避難勧告を発令いたしました。 もっと読む
2018-10-03 米子市議会 平成30年 9月定例会(第6号10月 3日) それは、小学校に避難所をつくって、米軍機が小学校上空を飛行するとき、校庭にいる児童をそこに避難させるという対応でした。1日平均4回から5回の避難、多いときには23回も避難する日があったということです。まともに授業ができるわけがありません。小学校の上をヘリが飛ぶことをやめてほしい、これだけのことがなぜかなわないのか。  普天間飛行場返還のかわりになぜまた沖縄に基地をつくらなければならないのか。 もっと読む
2018-09-25 境港市議会 平成30年第4回定例会(第5号 9月25日) 昨年12月に普天間基地所属ヘリの窓が校庭に落下した普天間第二小学校では、米軍機が学校上空一帯を飛行すると、1日平均4回以上も児童が避難しなければならない異常事態となっています。世界一危険と言われる普天間基地は無条件での閉鎖、撤去が求められます。  全国知事会は、ことし7月、翁長知事の要望を受け検討してきた日米地位協定の抜本改定を含む米軍基地負担に関する提言を全会一致で採択しました。 もっと読む
2018-09-18 湯梨浜町議会 平成30年第 5回定例会(第 6日 9月18日) また、今、私が言いましたが、避難行動の支援を町はどう把握しておられるのかと。高齢に対してなのか、障がいのある人なのか、そういう人を要支援というふうに認識してるのか、その辺もちょっと教えていただきたいというふうに思います。  住民に伝達できたとしても、現実は避難場所に避難は多くはない。その問題点について何点か伺います。  早目の避難の必要性は指摘されているが、それがつながっていない。 もっと読む
2018-09-13 北栄町議会 平成30年 9月第6回定例会 (第 8日 9月13日) 震災時、子どもたちは刻々と変わる状況の中で、みずから考え行動したことがみずからの命を守ることになり、また、その避難行動が、鵜住居小学校の児童や1次避難所であった福祉施設の入所の命を救うとともに、「釜石の奇跡」と呼ばれることにもなりました。   もっと読む
2018-09-12 北栄町議会 平成30年 9月第6回定例会 (第 7日 9月12日) それで次に、この間防災訓練がありまして、そのときのインタビューで町長が新しい防災マップを作成ということだったもんで先ほどちょっと述べさせていただきましたけども、土砂災害防止法第7条の1項、これによりますと土砂災害が生じるおそれのある区域において土砂災害に関する情報の収集、伝達、予備法の発令及び伝達、避難、救助等の警戒避難体制を確立しておくことが大切です。 もっと読む
2018-09-12 米子市議会 平成30年 9月定例会(第5号 9月12日) 対策を協議する組織づくりと日程、被害家屋等の復旧費用の補償、被害家屋等の基盤の整備、土地利用の権利の明確化、避難に伴う費用の補償の5点でございました。  それと、調査結果についてでございますけども、地震発生後に県と市とによりまして暗渠管、家屋等、それから地盤についての調査を行っておりますが、暗渠管内の調査では地震による異常は認められなかったということでございます。 もっと読む