609件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-06-21 令和元年 6月第4回定例会 (第 2日 6月21日)

その助成せずにおったということの原因につきましてはそれぞれあると思いますが、今まで総事という形の中でやっていたとか、あるいは町道と農道が接していて農道として使っていた。そして、農地・水の関係でそれを支払っていたというようなこともあろうかと思います。いろんな面があると思いますが、4つの自治会だけでの申請があったというようなことでございます。 ○議長(飯田 正征君) 藤田議員

湯梨浜町議会 2019-06-11 令和元年第 5回定例会(第 5日 6月11日)

まず、橋津のほうから上がる道の農道の風土記館までとか、それから展望台のほうについても、そこも草刈りの委託をしているわけですけど、範囲に入っておりまして、きのう、きょう上がってみましても、今の段階では農道の両脇の草刈りも今現在はきれいにしていただいている状態はございます。年3回ということで、常時というわけにはいきませんけれども、努めてまいりたいと思います。  

八頭町議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日目 3月22日)

広留野農道の除雪の件については、その内容を役場担当課も把握していないように受けとれたところでございます。除雪期間の確認とか内容説明が曖昧で、言い方悪いかもしれませんけども他業者が作成した予算書ではなかろうかというふうな、そういうふうな疑いたくなるような説明でございました。町道森原線においては、計画に少し無理があるように感じたところであります。

米子市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会(第7号 3月 8日)

農業経営を継続していくためには、地域農地や水路、農道などの維持管理が大切でありまして、農業者や地域住民の共同活動により地域資源の維持管理ができるような体制を整備してもらうために、多面的機能支払交付金や中山間地域等直接支払交付金により支援をしているところでございます。  続きまして、3大メガFTAについて、県内、市内の農業の受ける影響についてのお尋ねでございます。

米子市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第6号 3月 7日)

また、高齢化が進む中で、区画整理によって圃場の成形、区画の拡大を図りまして、また用排水路及び農道の整備をすることで、また農地中間管理事業による担い手への農地集積、集約化を推進することで、先ほど申しましたような野菜等を中心としまして、高収益の作物の生産による収益性の向上を図るというところが、こういった事業目的が国のほうに認められたということで、昨年10月に国の事業採択がなされたところでございます。

八頭町議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第3日目 3月 7日)

このような課題を解決するため、現在、八頭町の山上、上峰寺、下峰寺地区や志子部、見槻、大江地区において、圃場の成形や区画の拡大、用排水路や農道を整備することで、大型で高性能な機械を導入することが可能になり、労働力の軽減や採算性が向上するよう、土地改良事業の計画を進めているところであります。  

湯梨浜町議会 2019-03-07 平成31年第 3回定例会(第 1日 3月 7日)

これは、農業生産基盤の整備事業としまして、東郷川頭首工補修工事や長和田地区農道整備事業など、県の交付金を受け、実施するものでございます。  続きまして、15ページをお願いいたします。参考資料16ページ、予算書は100ページでございます。農地耕作条件改善事業といたしまして、3,077万7,000円増の8,497万7,000円を計上いたしております。

八頭町議会 2019-03-06 平成31年第 2回定例会(第2日目 3月 6日)

そして、269万2,000円、合わせて323万円も広留の農道の除雪にかかってますよ。例年、30万とか40万で見てました農道がね、しかも4月の終わりですよ、除雪していくのが。何で。業者に聞いても、その除雪は大体1日あったら終わっとるんだと。じゃあ、1日の費用は300万かかるんですか。これ、どういう積算でしたんですか、これを。 ○議 長(谷本正敏君) 吉田町長。

北栄町議会 2019-03-06 平成31年 3月第2回定例会 (第 2日 3月 6日)

整理番号1175、島4号線につきましては、地元からの要望に基づき廃止をするもので、今後は農道として地元で管理していきたいとの希望をお聞きしております。そのほかにつきましては、起終点が県道や私有地と重複しているものを整理いたしたものでございます。以上でございます。 ○議長(飯田 正征君) 以上で議案第36号の詳細説明を終わります。  次に、議案第37号及び38号の詳細説明を求めます。  

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

また、地域ぐるみで農用地や水路、農道等の地域資源を守る多面的機能支払いの活動組織につきましては、活動組織の運営に係る事務処理の負担感、構成員の減少、高齢化などの課題等に対し、この4月に次期計画と協定を更新するタイミングで広域化を実現し、農村環境保全と農業文化を伝承して、これまでどおり農地を守る取り組みが維持できるよう取り組んでまいります。  

琴浦町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 5日)

これは、鳥取県が整備した広域農道について、譲与を受けた後も農道として町が管理していますが、町内各地点を横断的に連結しているほか、路線上には公共施設等が整備されており、農業関係受益者にとどまらず、広く住民に利用されている実績があることから、町道として路線の認定を行うものであります。  最後に、議案第45号、町道路線の変更についてであります。  

米子市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3号 3月 1日)

平成31年度歳出予算の事業の概要に示されているように、現状の当該農地は不整形で農道の幅員が狭く、大型機械による効率的な営農ができない状況であるため、担い手が引き受けやすい農地に整備する必要があるとのことで、私も全く同じ考えであります。このように新たな優良農地が生まれることにより、農業の規模が拡大し、荒廃農地の減少にもつながってまいります。

倉吉市議会 2019-02-25 平成31年第2回定例会(第2号 2月25日)

ということで自治公民館市民協働活動支援金として1,900万円余、自治公民館施設整備費補助金として300万円余、それから元気の出る地域づくり支援事業費交付金として1,900万円余、コミュニティ助成事業費補助金として3,800万円余、地域除雪作業報償金として400万円余、自主防災組織防災資機材整備費補助金として100万円余、地域支え愛活動支援として500万円余、市道等補修用原材料支給等として2,500万円余、農道等補修用原材料支給等

湯梨浜町議会 2018-12-18 平成30年第 8回定例会(第 9日12月18日)

ここで出てました場所についても多少見て回りましたけども、一つは学校の裏側といいますか、プールの向こう側につくるという案もあったんですが、あそこは道が農道で、その隣に大きな水路も走っておるという状況で、あそこの中につくることは、動くときに多分外の学校と、それから団地との間の道ですね、あの道を通っていかなくちゃならないんじゃないかというようなことで、なかなか、道路の改修ももちろん必要になってくるしということで

境港市議会 2018-12-11 平成30年第6回定例会(第3号12月11日)

なかなか農道でそのような道路は少なく、建設できる場所は限られています。ここで一つ提案いたします。  新規就農者が当面、借りることのできる倉庫を公社等で用意できないか、お聞きします。  また、新規就農者に期待するところは大でありますが、農業をするための基盤整備が必要であり、今後計画的に取り組む必要があると思います。  今後の農地に対して取り組む基本的な考え方について、市長のお考えをお聞きします。

琴浦町議会 2018-12-10 平成30年第 8回定例会(第2日12月10日)

特に農地、畑、田んぼ、個人所有のところであれば、それで済むかもしれませんけども、水路となったときに、あるいは農道となったときに受益者が複数あって、その方たち、災害査定のほうでは、その方の同意の判をもらわなければ次の段階へ進めないということで、そこのところは担当課もそれを説明しながら同意を得て、今、災害査定に向かっているところですけども、小さなところのものをどうしていくのか、これは水路だったら何人かの

倉吉市議会 2018-12-10 平成30年第6回定例会(第5号12月10日)

あそこの道路は広域農道だと思います。そこの広域農道に隣接して中に入っている通過道というんですか、通行道というんですか、そこは何になりますか。 ○企画産業部長(美舩 誠君) 現在、農道でございます。 ○10番(大津昌克君) 終わります。 ○議長(坂井 徹君) 次に、12番佐々木敬敏議員に質疑を許します。

北栄町議会 2018-12-07 平成30年12月第8回定例会 (第 1日12月 7日)

これは24号台風による災害について、県のしっかり守る農林基盤整備事業を活用して県2分の1、町2分の1で町管理農道等の修繕を図るもので、先般の10月臨時会で迅速な着手を図るためとりあえずの復旧費をお願いしておりましたが、復旧工事の見積もりが出そろい工事費が固まりましたので、追加で増額をお願いするものであります。次に、19節に3,064万6,000円を計上いたしました。