138件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-09-13 令和元年 9月第6回定例会 (第 9日 9月13日)

まず、2040年の人口推計でございますが、平成27年8月に策定いたしました北栄町人口ビジョンでは、1万1,865人を確保することを目標として設計をしております。また、国立社会保障・人口問題研究所が、平成27年国勢調査の結果をもととした将来推計を平成29年4月に公表しております。それによりますと2040年に北栄町人口は、1万769人と推計されております。

湯梨浜町議会 2019-09-06 令和元年第 7回定例会(第 1日 9月 6日)

まちづくり会社の健全な運営のためには、先ほど申しましたようにゆるりん館の収益の改善が不可欠ですが、当初の予定目標に比べ、販売金額が63%、来場者数が82%になっており、大きな理由は、1人当たりの単価が想定より安いということがございます。想定より安いというか、低いということがあるように聞いております。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第7号) 本文

これは、水道の給水装置工事設計審査及び工事検査の手数料の改定です。圧倒的に利用者の多い口径20ミリメートル以下の工事で、両手数料の合計が2,300円から4,000円へと約1.7倍の改定となっています。1つの家庭で何度も発生する費用ではありませんが、受益者負担ということで市民の負担増となるものです。

倉吉市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第5号 6月24日)

あわせて、中小企業への助成や融資、仕事おこしや単価改善につながる施策を拡充することが重要であります。地域経済を支える主役である中小企業、小規模事業者の最低賃金引き上げを可能とする支援策を、実態に応じて継続に行うことが今求められております。最低賃金を今すぐ1,000円に引き上げると同時に、全国一律最賃制度を求めるものであります。  次に、請願第3号でございます。

湯梨浜町議会 2018-12-18 平成30年第 8回定例会(第 9日12月18日)

、新規等の件数が多くなるということで9月の補正させていただいておりますけども、今回の12月につきましては、件数については9月の補正で見込んだ件数とほぼ変わらないような状況で推移しているというようなことがございますけども、1工事当たりの工事費の単価ですね、当初予算のときは前年度で見ている中で、今年度に入りますと、労務単価とか、そういったようなことで上昇が見られましたので、むしろ12月については、件数は

北栄町議会 2018-12-14 平成30年12月第8回定例会 (第 8日12月14日)

国道9号、山陰道、北条道路については、平成29年度に事業着手し、現在、土質調査、道路設計を進めているところであります。御質問の大栄東伯インターチェンジにつきましては、平成23年2月に開通しており、道路構造基準に基づき設計を行い、公安委員会との協議を経て整備が行われております。  

鳥取市議会 2018-09-01 平成30年 9月定例会(第8号) 本文

市庁舎整備事業につきましては、平成29年8月に完成した実施設計をもとに、29年度は7件の工事に着手されております。決算実績の主なものとしては、委託料として実施設計業務が約1億円、工事請負費として庁舎棟・市民交流棟新築工事が約23億7,000万円、電気設備工事が約3億8,000万円、機械設備工事が約5億9,000万円などであります。

八頭町議会 2018-06-11 平成30年第 4回定例会(第3日目 6月11日)

設計金額の算定から完成に至る一連の流れでございますが、まず小災害職員設計できる工事を除きまして、コンサル委託をしました設計成果をもとに、材料費、労務費、機械経費の費目を積み上げ、鳥取県土木、農林関係の共通積算システムを用い、工事費の算定を行います。設計金額の算定が終わりますと、起工伺、指名協議、指名通知を発送し、設計書の閲覧、その後、入札を執行し、請負業者を決定しております。

湯梨浜町議会 2018-03-22 平成30年第 2回定例会(第15日 3月22日)

中身につきましては、表紙と本文とございますが、入札減に伴うものでございますが、3万9,500円、1ページ当たりのところが入札によりまして1万4,000円、本文につきましては1万3,000円で見込んでおったところが入札により1万600円というような単価減ということになっております。  

伯耆町議会 2018-03-15 平成30年 3月第 1回定例会(第3日 3月15日)

この単価につきましては、溝口の飼料稲生産組合、200キロ当たり2,000円、岸本の飼料稲生産組合は300キロ当たり2,500円での販売となっております。  ちなみに、主食用米の稲刈りを委託する場合の単価といたしましては、平成29年度単価で、整備田で反当当たり1万7,000円、未整備田では2万円となっております。以上です。 ○議長(篠原 天君) 渡部議員

八頭町議会 2018-03-08 平成30年第 2回定例会(第4日目 3月 8日)

なお、増額についてでありますが、平成29年度の国庫補助単価の改正に伴いまして、小学生は2万470円から4万600円に、中学生は2万3,550円から4万7,400円に増額をいたしまして、既に平成29年4月支給分から適用をいたしております。なお、琴浦町のことを御紹介されましたですが、本町と同額の支給ということで確認をいたしております。  最初の答弁とさせていただきます。

北栄町議会 2018-03-05 平成30年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

農業のまちづくりの最も基本的な指針である「農業のまちづくり条例」を平成25年に制定し、私たちの農業の未来の設計図である「農業振興基本計画」の実現と「地方版総合戦略」の実行に取り組んでまいりましたが、その結果、「大栄西瓜」「鳥取ラッキョウ」「砂丘ナガイモ・ねばりっこ」「北条砂丘ブドウ」など、多種多様な野菜、果樹は市場の高評価を得て、史上最高取引単価を実現することができるようになってまいりました。  

鳥取市議会 2018-02-01 平成30年 2月定例会(第4号) 本文

本市では、新入学児童生徒学用品費につきましては本年度、国の補助金単価改定を受けまして、平成29年6月市議会定例会において新入学用品費の単価の引き上げを行い、増額補正予算議決をいただいたところです。この後、本市は県内他市に先駆けて今年度から新入学用品の単価引き上げを行い、年度内に増額分を追加支給したところであります。