2104件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-04-18 平成31年 4月第3回臨時会 (第 1日 4月18日)

住民税のふるさと納税制度の見直し、非課税対象者の追加、軽自動車税の特例の変更などが主な改正の内容でございます。  次に、議案第41号、専決処分の承認を求めることについて(北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)でございます。  地方税法施行令の改正に伴い、税条例の改正と同様、北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例を3月31日専決処分したものでございます。  

八頭町議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日目 3月22日)

岩城憲治  企画課長兼地方創生室長兼若桜鉄道運行対策室長         川西美恵子  町民課長   山下真一  保健課長   森脇孝和  産業観光課長 谷口雅美智 建設課長   年岡英夫  上下水道課長 山田勇  地籍調査課長兼船岡住民課長         谷本清通  会計管理者  木嶋成志  人権推進課長兼八東住民課長         岡満  教育委員会事務局次長         新田弥生  社会教育課長

伯耆町議会 2019-03-20 平成31年 3月第 1回定例会(第4日 3月20日)

そしてこの消費税というのは低所得者になるほど負担が重いわけですけれど、保育、教育の無償化は子供の未来を保障するものです。国が消費税ではなくて、きちんと福祉の社会保障制度、福祉の仕事としてしていくという、こういう国こそ求められると思います。公立保育園の場合、今年度は全額国庫負担ですけれど、来年度からは全額町が負担するということになっています。交付税算入するということであるからです。

倉吉市議会 2019-03-20 平成31年第2回定例会(第7号 3月20日)

例えば、陳情者の団体の趣旨は理解いたすし、いろいろ説明があった制度のことも理解したということもありました。それから、趣旨は理解できますけども、それを審議した賛成、反対の意見はどんなものがあったかということで、石賀課長からいろいろ資料を取り寄せまして、それを検討させていただきました。  

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

御案内のとおり、今、国では10月からの消費税率を目下8%でございますけども10%とする増税を予定しておりまして、一応その使用目的は社会保障政策財源とするとされているのであります。  改めてこの消費増税策に関する内容について私のほうから御説明しておきたいと思いますけども、軽減税率という適用がございまして、8%と10%の2率制になる。

北栄町議会 2019-03-13 平成31年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

国民健康保険は、国民に平等に医療を保障するための仕組みであり、加入する保険によって負担や給付に大きな格差があることは、そもそも制度の趣旨に反します。同じ収入、世帯構成の家族が加入する保険が違うだけで最大2倍以上の負担を強いられることは、異常事態と言わなければなりません。

北栄町議会 2019-03-12 平成31年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日)

加入には青色申告が必要ですが、新制度ということで、その実績が1年分あれば加入できるということであります。反面、既にある類似制度、農業共済制度や米の収入減少影響緩和対策、いわゆるナラシ対策や野菜価格安定対策制度とのどちらか一方のみにしか加入できなく、また、牛・豚マルキン、肉用子牛生産者補給金制度等に加入があれば、収入保険制度には加入できません。このことから、畜産の加入は難しいのかもしれません。

琴浦町議会 2019-03-12 平成31年第 2回定例会(第4日 3月12日)

○町長(小松 弘明君) 算出根拠の話ですので、社会教育課長に答えさせます。必ずしも建物の利用ということ以外に、駐車場がたしかあったと思いますけども、そういう点もあってのことだと思います。どういう根拠でこの算出をしているのかということを答えさせたいと思います。 ○議長(小椋 正和君) 村上社会教育課長。  暫時休憩いたします。                 

琴浦町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第3日 3月 8日)

生活相談員の第3条にあるのは、人格、見識高く、社会的信望があり、同和問題についての深い認識及び熱意を有する人ということですので、人格が高いし社会的信望もあるわけですから、相談員の方が御自分でそれを文書化するということは現実にないんですか、年報等に。生活指導員自身が結果をまとめて、それをどういうふうな傾向であるというふうな、あるいは今後の課題といったことを文書化したものはないんですか。

八頭町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第4日目 3月 8日)

歳出では、社会保障費の増加や災害復旧、老朽化した施設の修繕、そして少子高齢化対策や人口減少によりふえる空き家対策などの課題が多いのが現実です。  そのような中、町民の方は、今後、ホッケー場の整備がどうなるのかということに大きな関心を持っておられます。  そこで平成31年度の一般会計当初予算について伺います。  1、平成31年度重点的に取り組むべき事業について。  

北栄町議会 2019-03-06 平成31年 3月第2回定例会 (第 2日 3月 6日)

別表の2、建物の体育館、運動場、武道館につきましては、社会体育施設と同様に一般貸し出しをしている施設であり、社会体育施設と同額に改正するものでございます。  次に、一番下の備考の7につきましても、社会体育施設に合わせる改正でございます。  次に、8ページをお願いします。北栄町社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正についてでございます。

八頭町議会 2019-03-06 平成31年第 2回定例会(第2日目 3月 6日)

岩城憲治  企画課長兼地方創生室長兼若桜鉄道運行対策室長         川西美恵子  町民課長   山下真一  保健課長   森脇孝和  産業観光課長 谷口雅美智 建設課長   年岡英夫  上下水道課長 山田勇  地籍調査課長兼船岡住民課長         谷本清通  会計管理者  木嶋成志  人権推進課長兼八東住民課長         岡満  教育委員会事務局次長         新田弥生  社会教育課長

八頭町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日目 3月 5日)

政府の平成31年度の経済見通しと経済財政運営の基本態度においては、経済財政の持続的な成長経路の実現に向けて、一人一人の人材の質を高める「人づくり革命」と成長戦略の核となる「生産性革命」に最優先に取り組むとともに、希望出生率1.8、介護離職ゼロ、生涯現役社会の実現に向け、高齢者雇用促進のための改革等を実現し、全世代型社会保障制度へ取り組みを進め、少子高齢化という最大の壁に立ち向かっていく基本的方向が示

倉吉市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第6号 3月 5日)

以前はなかったのが、生涯学習課、社会教育のほうでつけていただいてた経過があるんですけど、今度はこちらのほうで入っております。この意味合いや、どういった学校にどのような形で人が入っておられるのかお聞きしたい。  4つ目の需用費については、これは道徳の教科書ということで理解しましたんで、答弁は結構です。 ○教育委員会事務局長(山中敏幸君) お答えいたします。  まず、複式学級の補助教員についてです。

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

一方、鳥取県では、このような国内外の動きに機敏に対応しながら、鳥取県中部地震からの「福興(ふっこう)」を着実になし遂げるとともに、地方創生の取り組みの推進や経済、雇用の安定、安心・安全な暮らしの実現などの県政の諸課題の解決に加えて、国の施策の動向に十分留意しつつ、消費税率引き上げや、それにあわせて実施される幼児教育無償化等の社会保障の充実、働き方改革を初めとする現下の全国的課題への対応も含め、知事選

倉吉市議会 2019-03-04 平成31年第2回定例会(第5号 3月 4日)

この社会保障施策に要する経費に充てるものとするとされているということでございますが、この使途が変更というか、変わる、新たに追加されたりということも、といいますのが、今回の消費増税の中に、使途として幼保無償に充てる経費だとか、そういうものを組み込まれていたと思います。この使途についての変更というか、そういうのがわかりますか。

倉吉市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第4号 2月28日)

平成30年3月の国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口と比較をいたしますと、現状ではこの推計を上回ってきておりますけれども、2025年度以降は目標人口からは下回る見込みになっております。また、出生数については、平成29年度373人ということで、人口ビジョンで掲げております400人の目標には届いていない現状であります。

倉吉市議会 2019-02-26 平成31年第2回定例会(第3号 2月26日)

2月22日の日本海新聞に、「子ども側「代弁者」制度を」という記事が掲載されていました。英国やカナダで制度化されている子どもの権利擁護活動、アドボカシー制度であり、日本も批准する国際条約である子どもの権利条約の意思表明権を保障するためのものです。大人は今何をしなければならないのか、子どもの権利について改めて考え直し、学ぶ必要があると思います。  では、1つ目の質問です。