1479件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-12-13 令和元年12月第9回定例会 (第 5日12月13日)

次に、所有者不明森林につきましては、登記簿や戸籍簿、住民票等の情報のほか、他の森林所有者からの情報提供を踏まえて探索いたしますが、それでもなお不明な場合は、その旨と経営管理集積計画を公告して、知事裁定の後、町に経営管理権を設定できる特例措置がございますので、この手続に沿って対応してまいります。

湯梨浜町議会 2019-12-11 令和元年第 9回定例会(第 3日12月11日)

また、比較的に補聴器購入助成が進んでいる東京都の小池知事も聞こえのバリアフリーに取り組んで聴覚障がい者への支援を推進してまいりたいと議会で答弁されております。このように国、県とも助成に対する認識は前向きな方向性と機運が高まりつつあると思います。このような状況の中で、加齢性難聴者に対して、町独自の補聴器購入に対する補助の創設をぜひ前向きに検討していただきたい。

八頭町議会 2019-12-10 令和元年第11回定例会(第4日目12月10日)

知事は早速10月17日でございます。東京のある有名百貨店に出かけ星空舞のトップセールスをしておられます。また、皆さん12月7日の日本海新聞、地元紙を見られたと思いますが、「鳥取県産米星空舞、宇宙へ」という見出しでございます。2020年、世界初となる人口流れ星を発生させるプロジェクトを計画しているベンチャー企業人工衛星の2号機に、ニュージーランドのマヒア半島から打ち上げられました。

八頭町議会 2019-12-09 令和元年第11回定例会(第3日目12月 9日)

国の方針も当然、知事も御存じの中でそういった行動をとられたということでありますし、全てが全て国同士の話ではないというふうに思っております。  先ほど申し上げましたように、国は国ですし、それからそれぞれの自治体自治体ということで、私はよかろうと思います。 ○議 長(谷本正敏君) 小原議員。 ○9 番(小原徹也君) では、最後に町長にお伺いいたします。

倉吉市議会 2019-12-05 令和元年第5回定例会(第4号12月 5日)

これも何度か私、市長に補助を求めてきたんですけども、今回、平井知事が、県が補助をする方針を固めたという記事が10月25日付日本海新聞に載っておりました。その具体的内容について伺います。また、市としてどう取り組んでいくのか伺います。 ○教育長(小椋博幸君) 続いて、高校生の通学の補助についてのお尋ねでございます。  現在聞いているところでお答えをしたいと思います。

米子市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第2号12月 5日)

鳥取県議会会派療育手帳所持者への紙おむつの支給について知事への要望を提出され、その回答は住民からの要望や対象者拡充について市町村と協議を進めるということでございました。困っておられる家庭の現状を踏まえ、引き続きおむつ補助について御検討をお願いし、本当に困った家庭の方々に寄り添った支援をお願いしたいと思います。  次に、大要2点目、総合政策における人権政策についてお尋ねいたします。  

境港市議会 2019-11-08 令和元年11月臨時会(第1号11月 8日)

全国知事会も国保税について国の負担をふやして均等割廃止を求めている状況の中、低所得者が払えない状況をつくっていいのかということは問われると思うという意見がある一方で、資産割を廃止した部分を一般会計から繰り入れというのは税の使い方という意味からは理解が得られないのではないか。資産割を廃止してほかの割合がふえていくのは、やはりやむを得ない。

北栄町議会 2019-09-13 令和元年 9月第6回定例会 (第 9日 9月13日)

子どもの均等割のあり方の見直し、国民健康保険の負担軽減については、全国町村会を通して国に要望しておりますし、全国知事会、鳥取県としても独自に国のほうに要望していただいておりますので、国の検討状況を引き続き注視してまいりたいと考えておるところであります。 ○議長(飯田 正征君) 長谷川議員。 ○議員(1番 長谷川昭二君) 危険空家の解消について伺います。  

北栄町議会 2019-09-12 令和元年 9月第6回定例会 (第 8日 9月12日)

それを受けて県が、安全対策として県内のガードパイプを設置する予算を今回9月議会に出すということを知事が言っておられまして、その予算を提案されるようですけども、やっぱり少しでも早く提案しないと枠がどうもあるみたいですので、町として、そういう場所がどういうところにあって、県に至急に要望するよ、申し入れるよということをもう既に把握しておられるのかどうかをお聞きしたいと思います。

米子市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会(第5号 9月11日)

さて、私は、かつて人気絶頂であった小池東京都知事について、マスコミや大衆によって祭り上げられた理念なき政治家は、マスコミや大衆によって葬り去られる、小池さんもその一人になるかもしれんということをこの議場で予測いたしました。間もなくして小池さんのメッキが剥げ落ちたのは御承知のとおりだと思います。

米子市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会(第4号 9月10日)

この件につきましては、既に事務ベル市民体育館の共同整備の方法や費用負担のあり方などについて、共同研究を進めていたところでございますが、検討組織設置の提案に対して、知事からは、県・市が協力して体育施設の適正配置を考えていく必要があり、賛成するとの御意見をいただいたものでございます。

境港市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会(第3号 9月10日)

そのことを頭に置きながら、特に私たちのまちのトップであります中村市長、そして隣の伊木市長、そして県の長でもある平井知事、この3者はもう一つそういう点での一致点を共通理解して持っていただく、その努力をお願いをしたいと思うところですが、よろしくお願いします。 ○議長(柊 康弘君) それは答弁を求めておられますか。(発言する者あり)  答弁を求めます。  中村市長。

八頭町議会 2019-09-10 令和元年第 9回定例会(第4日目 9月10日)

記憶が新しいかと思うんですけども、岩手県知事選挙が行われました。この現職の知事訴えたことが2つあったんですね。大きく分けて医療関係、福祉関係。1つは、例の被災者の方の医療費の無料化ですね。これを9年連続ということで実績を誇りました。それからもう一つが私がこれから質問する未就学児までの医療費の完全無料化ですね。これを岩手知事訴えました。

倉吉市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第5号 9月 9日)

こちらの業務をやっておる法的根拠というものでございますけれども、自衛隊法第97条第1項に、都道府県等が処理する事務ということで、都道府県知事及び市町村長は、政令で定めるところにより自衛官及び自衛官候補の募集に関する事務の一部を行うという規定がございます。ということで、こちらは、市でいいますと市の法定受託事務ということで、実際そういう事務を行わなければならないという規定でございます。  

琴浦町議会 2019-09-09 令和元年第 5回定例会(第4日 9月 9日)

○町長(小松 弘明君) 今回の改正につきましては、都道府県知事が行う研修を追加したということでありますので、今おっしゃってるようなことはまた事例が出てくるということになると思いますけども、その予算措置の話はちょっと別の話になるかなと思いますけども、今、今回お願いして上程してるのは研修を追加ということで、補足説明を子育て応援課長にさせます。 ○議長(小椋 正和君) 財賀子育て応援課長