運営者 Bitlet 姉妹サービス
1346件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 9日12月18日) 特に知事選において、大差によって反対派の知事が誕生したというようなことを考えれば、やはり民意に沿った政治というようなことを考えれば、採択すべきだという意見でございます。   もっと読む
2018-12-12 米子市議会 平成30年12月定例会(第5号12月12日) 鳥取市の鳥取マラソンは大会長の深澤市長、名誉会長は平井知事の県の支援もあって、年々大きくなっております。松江市にはレディースハーフマラソンなど他のマラソン大会や、出雲市にもくにびきマラソン、一畑薬師マラソンなど、多くのマラソン大会が各自治体にはそろっております。質問したいと思います、市内で開催されるマラソン大会は現在幾つあるのかお伺いいたします。 ○(渡辺議長) 岡文化観光局長。 もっと読む
2018-12-12 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日) 次に、2018年1月に、総務大臣は、消防団員が減少傾向にあり、災害時には基本団員以外に出動要請ができる大規模災害団員制度の導入、女性や地方公務員、学生などの入団促進に努めるよう、都道府県知事や市町村長に対し、書簡を出されました。 もっと読む
2018-12-11 米子市議会 平成30年12月定例会(第4号12月11日) ○(伊木市長) 知事のコメントにつきましては、私も報道を通じて存じております。同じ認識であります。 ○(渡辺議長) 土光議員、着席、手を挙げてください。  土光議員。 ○(土光議員) 同じ認識ということですね。つまり平井知事の認識というのは、多分これから2号機の再稼働の判断を求める、3号機よりも2号機が先だと想定されますけど、その可否判断のときに、この問題は避けては通れない。 もっと読む
2018-12-10 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 1日12月10日) これにあわせて、同日、同じく知事公邸でレークサイド・ヴィレッジゆりはまの発表会を行いました。 もっと読む
2018-12-06 米子市議会 平成30年12月定例会(第2号12月 6日) 私は、知事は少なからずきちっと地元の関係者の方々に、出てきて説明する、私は、ある程度責任があると思うんですよ、トップとして。私は市長さんに知事に対してそのような要望をしていただきたいと思うんですが、市長、どうですか。 ○(渡辺議長) 伊木市長。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第3号) 本文 全国知事会も国庫負担の増額を要望し続けており、2014年度には、公費を1兆円投入して協会けんぽ並みの保険料にという主張を、当時、社会保障常任委員長であった栃木県知事がしています。日本共産党はこの主張に賛成します。払える保険料に、せめて協会けんぽ並みの保険料にするには国庫負担をふやすしかありません。そこで、公費1兆円投入をという主張についての市長の御所見をお尋ねします。   もっと読む
2018-10-03 米子市議会 平成30年 9月定例会(第6号10月 3日) そして、ことし7月には、全国知事会が日米地位協定の抜本改定を求める米軍基地負担に関する提言を全会一致で採択しました。国防や米軍基地問題について、実際に基地を抱える自治体には騒音や事件・事故、環境汚染といった日常生活面での負担を与えていることを指摘し、沖縄県の米軍基地面積は依然として極めて高く、さらなる基地の返還などにも触れています。全国の知事が沖縄県の米軍基地の負担の問題を提起しているのです。   もっと読む
2018-09-25 境港市議会 平成30年第4回定例会(第5号 9月25日) 請願趣旨にあるように、翁長雄志沖縄県知事は亡くなる直前、仲井真前知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回する意志を表明し、その後、沖縄県が、沖縄防衛局に対する聴聞を経て、埋め立て承認を取り消しました。私はこのことを強く支持する立場で、本請願の紹介議員にも名を連ねました。   もっと読む
2018-09-18 北栄町議会 平成30年 9月第6回定例会 (第13日 9月18日) 本請願は、9月30日に投開票を控えた沖縄県知事選挙を有利に運ぼうと考える故翁長知事を支えていた一部の勢力の働きによるものではないでしょうか。沖縄県は、日米地位協定の改定はいまだ進んでいません。当時、米軍とのトラブルも多くあり、普天間基地の事故等は県民の不安を大きくしていました。 もっと読む
2018-09-18 湯梨浜町議会 平成30年第 5回定例会(第 6日 9月18日) 平井知事は不快感を示しております。センター内の処理は、低レベルから高レベルへと拡大するおそれがあります。容認すべきではないと思いますが、町長の考えをお伺いいたしたいと思います。  3番目に、全国紙の朝日新聞ですが、8月28日、「最終処分場の適地、狙われる、高まる警戒、条例化加速」と題して報道をされております。 もっと読む
2018-09-12 米子市議会 平成30年 9月定例会(第5号 9月12日) そういう面で、最近は県の平井知事の国際線の誘致ばかりちょっと気になるところでありますけれども、国内線、ANAのもとであるといえども、LCC、バニラだとか、それからほかにいっぱいあります、ピーチだとか。そういったところをしっかりと当たって誘致をしていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。  以上で終わります。 もっと読む
2018-09-11 米子市議会 平成30年 9月定例会(第4号 9月11日) 平成25年11月28日に県の定例会で知事が発言をされました。そのときに、後でちょっとコメントを求めたいんですけども、JRのある程度の立場の方に伺いました、知事が、JRの支社の移転っていう報道を受けて、火のないところには煙が立たず、だけん、それだったら協力しないといけない、そのような趣旨の発言だったと思います。後で正式に求めたいと思います。 もっと読む
2018-09-07 八頭町議会 平成30年第 7回定例会(第4日目 9月 7日) また、鳥取県の平井知事におかれましては、ことし6月、2巡目最後となる2033年に大トリを務めるのもいいのではないかというように述べられまして、本年度中にも正式表明したい考えを示されたことは、ことし6月30日の地元紙にも掲載をされているというところでございます。  次に、中学生の部活動に見合った大きさでの整備の検討をしたのかということであります。   もっと読む
2018-09-06 八頭町議会 平成30年第 7回定例会(第3日目 9月 6日) ○教育長(薮田邦彦君) 何度か申し上げておりますけれども、昨年の6月15日、県議会の一般質問におきまして、知事の答弁の中で、八頭町がホッケー場整備するとするならば、県も応分の負担をという答弁があっております。 もっと読む
2018-09-05 八頭町議会 平成30年第 7回定例会(第2日目 9月 5日) 何を根拠に申し上げているかというと、昨年6月の定例県議会で一般質問に知事がお答えになりまして、八頭町がその施設整備をするとするならば、県も応分の負担をしようということをはっきりおっしゃったわけであります。したがって、そこで後、事務方で話を詰めていって、大体そんな線なんだろうねというところを御説明申し上げているというところでありますので、維持費に対しては助成はないということです。 もっと読む
2018-09-01 鳥取市議会 平成30年 9月定例会(第4号) 本文 そこで、市長に、制度改正をする国の方針であるなら、財政的な補填、根拠を確保していただくように、知事とともに要請すべきではないかというふうに思いますが、その辺についてのお答えをお願いします。 ◯金谷洋治副議長 深澤市長。                   〔深澤義彦市長 登壇〕 ◯深澤義彦市長 お答えさせていただきます。   もっと読む
2018-08-01 米子市議会 平成30年 7月定例会(第7号 8月 1日) かつて府庁舎移転を計画した当時の橋下知事が移転を断念した一番の理由は、この地域が防災の観点から最悪の地域であることでした。専門家は、南海トラフ大地震が起きれば、夢洲は液状化し、津波にのみ込まれるおそれがあり、なぜこんな危険な場所に万博来場予定者数3,000万人もの人を半年にわたって集めるのかと警告しています。  第3は、府・市の巨額の負担及び府民へのしわ寄せが懸念されることです。 もっと読む
2018-07-23 米子市議会 平成30年 7月定例会(第6号 7月23日) 東京都の舛添知事が公用車の私的利用、私的理由で、これが公務に該当するか、判断できる客観的事情と言えますか。これを聞いて、市民の方はどう判断するんですか。なあなあで、市長は応援してもらったから、なあなあでやっている、そう捉えられませんか。前におられた野坂市長は、二元両輪でやっていくということで、民意で選ばれた議員、全員のところに顔出しされたんですよ。 もっと読む
2018-07-20 米子市議会 平成30年 7月定例会(第5号 7月20日) 県でも、先ほどもありましたが、いち早く平井知事が道路沿いにある民間の危険なブロック塀について、撤去費用等の一部を最大で20万円まで補助するという方針の決定をされたと。それに対して、その制度設計が示されていない現状ではあるということでしたけれども、ぜひこの補助制度にも本市に参加していただきたいというふうに私は思っております。   もっと読む