運営者 Bitlet 姉妹サービス
378件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 八頭町議会 平成30年第 9回定例会(第5日目12月21日) 議員が公平に痛みを伴うこと、それが町民からの信頼回復につながると私は考えています。  このような混乱の責任を議長にはしっかりと受けとめていただきたいと考え、私はこの議長不信任に賛成をいたします。  以上です。 ○副議長(尾島 勲君) 次に、原案に反対者の発言を許します。  1番、奥田議員。 ○1 番(奥田のぶよさん) 谷本議長不信任決議案に対して、反対の立場で討論いたします。   もっと読む
2018-12-20 北栄町議会 平成30年12月第8回定例会 (第14日12月20日) 腰・膝の痛みを和らげる東大医学部監修の体操普及推進事業を行っております。地域唯一の小売店の撤退を受け、交流センター内に店舗を開設。800品目の豊富な品ぞろえ。サロン機能もあります。送迎も無料です。廃校になった小学校を交流センターに改修しました。そこでは旅館業を取得し、宿泊、食事の提供機能を付加しております。宿泊者が年々増加しております。 もっと読む
2018-12-12 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日) 関節リュウマチはもちろんですけれども、腰が痛い、足の関節が痛い、股関節が痛い、そういう痛みが出だすのも、やっぱり60歳を過ぎてからの女性が非常に多いということを立証しております。  そういうことを、私はお願いしたいのは、知っていただけるような広報していただけるような講座をこれから持っていただきたいと思うんです。 もっと読む
2018-09-20 琴浦町議会 平成30年第 6回定例会(第5日 9月20日) 委員会では、僅少差でこれは不採択とすべきという結論になりましたけれども、議員諸君のそこのところをよく酌んでいただきまして、私の賛成討論にぜひ賛同していただきまして、この琴浦町議会が政府に対して沖縄の痛みを感じなさいという意見書を提出していただきたい。よろしくお願いをいたします。以上をもって私の賛成討論といたします。 もっと読む
2018-09-06 琴浦町議会 平成30年第 6回定例会(第2日 9月 6日) 要は痛みのない出産をすると。これに関して、フランスは国の制度で補助がある。日本は全くない。大体料金としては1万円から10万円らしいですが、そこを本当言えばどういうふうにするかということがあると思います。  それからフランスの場合は、保育園には連絡帳も運動会もないよと。なるべく保護者の負担を減らす。 もっと読む
2018-06-25 北栄町議会 平成30年 6月第5回定例会 (第 7日 6月25日) その痛みを実感させることで、住民と自治体にこれ以上の負担増を防ぐには医療を制限するしかないという意識を根づかせ、病床削減や強引な退院促進など医療費削減をのませやすくしようというわけであります。  そうした給付費の増大が保険料の負担増にダイレクトにはね返る国保制度にするため、都道府県を市町村の監督役にするのが国保の都道府県化です。 もっと読む
2018-06-19 境港市議会 平成30年第3回定例会(第3号 6月19日) 取り組み、健診を始めるということ自体がまず口腔ケアの必要性の啓発にもなりますし、歯科は治療に伴う痛みや長期化を懸念して、受診をちゅうちょする方もおられると思っておりますので、そういった方の背中を押してあげるきっかけにもなると思いますので、歯科医師の先生方ともぜひ意見交換をしていただいて、実施に向けて御検討をいただきたいと思いますので、お願いして次の質問に移りたいと思います。   もっと読む
2018-06-01 鳥取市議会 平成30年 6月定例会(第6号) 本文 安倍政権はこの6年間、社会保障費の自然増の削減で1兆6,000億円も削減してきましたが、2019年から2021年度、財政健全化の基盤強化期間と位置づけ、社会保障費のさらなる負担増、給付削減を進め、国民に痛みを押しつけようとしています。国の政治が悪ければ、地方自治体に与える影響は大きく、市民の暮らしは痛手をこうむります。どうやって市民生活を守るのか、その姿勢が市長には問われます。   もっと読む
2018-03-22 湯梨浜町議会 平成30年第 2回定例会(第15日 3月22日) 1市3町は前向きに回答し、もう既にできることから着手され、プール改善に努められていますが、我が町はできない理屈、そういう理由を並べられて、子どもの安全・安心が本当に守られるのか、両親の心の痛みや叫びが届いているのかと私は非常に疑問に思っております。これを一日も早く予算化して、当事者である当町がその姿勢をきちんと見せていただきたいと思います。   もっと読む
2018-03-12 湯梨浜町議会 平成30年第 2回定例会(第 5日 3月12日) 胃カメラをのんだり、大腸がんの検査をしたり、心臓を見てもらったり、肺を見てもらったり、全てレントゲン検査で中を見てもらうわけですから、気になるところ、ならないところ、痛みのあるところ、ないところ、全て調べてもらえるわけです。ですから、人間ドックをぜひとも何名でも、何名でもって余り少ないはかわいそうですけれども、ある程度許せる限り広げてもらえたらいいなと思っております。 もっと読む
2018-03-12 北栄町議会 平成30年 3月第2回定例会 (第 8日 3月12日) この自然農法で薬草、漢方、生薬を栽培し、自助努力に支援、助成を図ってみてはどうか、研究してみていただきたいとの御意見でございますが、本町では平成23年度から平成25年度までの3カ年、苗等の負担や成果物の買い取りは製薬会社が負担し、労賃の一部を町で助成して、砂丘地の4つの圃場と農家の協力を得て、痛みの解消に効果的な漢方である甘草(カンゾウ)の実証栽培を行っております。 もっと読む
2018-03-07 八頭町議会 平成30年第 2回定例会(第3日目 3月 7日) 声を聞く、痛みを知る、そしてともに考えることが大切であろうかと考えます。  この福祉計画の中には、農業と福祉という、農福のことも盛り込んであります。遊休農地などの課題もあり、それを総合的に一つずつ具体的に取り組む必要があると考えます。例えば、農業、耕作放棄してあるところとの人とのマッチングというのも重要になってくるかと思います。   もっと読む
2018-02-01 鳥取市議会 平成30年 2月定例会(第7号) 本文 私も町内会長の役をいただいて、その痛みが少しずつわかってきた段階であります。と同時に、まさかのときに助け合いを機能させることが本当にできるのか不安であります。早急に体制やつながりを確認し、整理し、点検しなければと思い始めているところであります。とにかく実態を把握され、PDCAを回していただきたいというのが住民の声であります。  これを読ませていただきました。 もっと読む
2018-02-01 鳥取市議会 平成30年 2月定例会(第4号) 本文 安倍政権下での社会保障費の削減路線は、国民への大きな負担増、痛みとなっています。アベノミクスと社会保障切り捨てで格差と貧困がさらに広がり、私たちはいつ貧困状態に陥るかわからないという危険の中で暮らしているわけです。  さて、貧困に対する一番の命綱は生活保護です。 もっと読む
2017-12-01 鳥取市議会 平成29年 12月定例会(第2号) 本文 議員さんもおっしゃられたとおり、がん患者はがん自体の症状のほかに、痛みだとか倦怠感等のさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみ等の精神的な苦痛を経験いたします。緩和ケアとは、がんによる身体的、精神的なさまざまな苦痛を和らげ、患者さんが自分らしく生きられるように支える医療でございます。   もっと読む
2017-09-08 八頭町議会 平成29年第 8回定例会(第3日目 9月 8日) といいますのも、これからは住民に痛みを伴う縮小をお願いしていかないかん、そういう時代だろうというふうに思っております。  そういった観点から考えたとき、現在、町の財政、今後10年間の財政の推移予測、これを作成し、町民の皆さんに説明していくことが必要ではなかろうかと思うんですが、町長のお考えをお尋ねしたいと思います。 ○議 長(谷本正敏君) 吉田町長。 もっと読む
2017-03-23 琴浦町議会 平成29年第 2回定例会(第5日 3月23日) 私は、いかなる場合も紛争を解決する手段としては軍事力を行使すべきではないと思いますが、小指の痛みであっても全身の痛みと感じ、そういう精神で沖縄県民が繰り返し示した意思を尊重して、沖縄を米軍基地の島から東アジアの物流の巨大基地として、平和的な発展を願わずにはいられません。   もっと読む
2017-03-23 境港市議会 平成29年第2回定例会(第5号 3月23日) そもそも後期高齢者医療制度は、制度導入を担当した当時の厚生労働省課長補佐が、医療費が際限なく上がっていく痛みを高齢者に直接感じてもらうなどと放言したように、高齢者を囲い込んで負担増と差別医療を押しつける制度だということで、廃止を求める世論が今も続いています。 もっと読む
2017-02-01 鳥取市議会 平成29年 2月定例会(第6号) 本文 今、子供たちにとって身近で切実な問題を核に、相手の立場に立って考えることを通して、人の痛みがわかる、人の気持ちが推しはかれる子供を育てる教育をしております。このことが部落差別を含めあらゆる人権問題の解消を目指す人格を形成するための基盤であるというふうに考えております。   もっと読む
2016-12-16 伯耆町議会 平成28年12月第 6回定例会(第3日12月16日) 老人クラブからバス料金の値上げや補助金の返上など、住民みずからも痛みを伴う減額を申し出る。ヒントは常に現場にあるという町長の信念に基づき、交流促進課、地産地商課、産業創出課の産業3課をキンニャモニャセンターという港のターミナルビルに置いている。地域のあるもの、和牛、海産物、クロモジなどを使ってブランド化し、東京を視野に外貨獲得の商魂を行政運営に取り入れている。 もっと読む