1708件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-06-20 令和元年第3回定例会(第4号 6月20日)

地域における建設業は、単に公共事業を推進するだけではなく、地域災害対応や除雪、また、インフラの維持管理など重要な役割を担い、地域経済雇用にも貢献しております。地域の安定的な生活を維持するためには不可欠な業種であります。こうした建設業の役割を考えると、今後、建設業が継続的に活躍できる、そうした環境を支援することが大切だと感じております。  

米子市議会 2019-06-20 令和元年 6月定例会(第4号 6月20日)

○(八幡総合政策部長) マイナンバーカードを持たないと病院を受診することができないのか、できなくなるんじゃないかと、そういうお尋ねでございますが、現時点におきましては、いわゆる具体的な運用方法というのが国から示されておりません。ですから、その議員の御質問については、現時点ではお答えいたしかねるということでございます。 ○(渡辺議長) 岡村議員

倉吉市議会 2019-06-19 令和元年第3回定例会(第3号 6月19日)

○市長(石田耕太郎君) 先ほどの10年とか再造林の問題とかというのは、法律ではあくまでも50年以下という形でありまして、これは運用方針として出ているということでありますので、法律ではございませんので、そのことは御理解いただきたいと思います。 ○8番(伊藤正三君) それがちょっと問題であるということを今言った。私も内容を詳しいこと調べて、また次の機会にお願いします。  

米子市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第2号 6月17日)

○(戸田議員) 今、市民体育館を更新すれば、ある程度38億円ぐらいは見込まれるということですが、視点を変えますと、例えば今言いましたように県産体と今の市民体育館を、併合かけた複合施設建設するというのであれば、どのような建設費用が見込まれるのか、その辺を伺っておきたいと思います。 ○(渡辺議長) 岡文化観光局長

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会 目次

……………………………………………………………… 105 朝野和隆議員(~追及~買い物弱者対策としての移動販売事業の効果に対する評価につい  て) …………………………………………………………………………………………………………… 105 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 105~106 朝野和隆議員(~追及~中心市街地も含めた買い物弱者の問題

伯耆町議会 2019-03-20 平成31年 3月第 1回定例会(第4日 3月20日)

このほか、八郷小学校屋内運動場改修事業に4,661万8,000円、あさひ保育所長寿命化改修事業設計委託料に650万5,000円、少人数学級実施事業に1,000万円、青雲寮長寿命化及び複合化改修事業の設計委託料200万円、民生費では、出産する際に医療機関まで交通手段がない場合及び人工透析患者医療機関へ通院するための交通費について助成を行う病院交通費助成事業に30万円、また、検診事業予算額は3,117

北栄町議会 2019-03-15 平成31年 3月第2回定例会 (第11日 3月15日)

健康推進課長(吉田千代美君) 現在、検診の受診意向調べを提出していただいているところですけれども、申込者には5月に通知することになっておりますが、その通知の内容には予約は後になるほどとりにくくなるので早目に受診機関を決めて予約していただくこと、それから町が委託している検査項目はどの病院でも同じであること等を強調して、希望される方には受診していただけるように努めてまいります。

米子市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第8号 3月12日)

○(遠藤議員) なぜそれを聞くかといいますとね、事業費にかかわってくる問題が出てくるんですよ。全体の事業費で明らかになってないでしょう、これは。12億7,000万円、15年間で使いますというような数字は出ている。じゃあその中で、民有地を買って公有化するという用地代等を含めた財源が算定されてないでしょう。

琴浦町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第3日 3月 8日)

田   明  会計管理者兼出納室長  小 椋 和 幸  企画情報課長 ───── 藤 本 広 美  子育て健康課長 ─── 阿 部 信 恵  町民生活課長 ───── 大 田 晃 弘  税務課長 ────── 大 田   望  上下水道課長 ───── 高 力 信 宏  農林水産課長 ──── 小 西 博 敏  農業委員会事務局長(兼) 小 西 博 敏  商工観光課長 ──── 桑 本 真由美  建設課長

八頭町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第4日目 3月 8日)

実際には、妊娠期から妊婦状態を健診結果や医療機関から把握し、妊婦に電話での様子確認や訪問によるアセスメントを行い、支援が必要な方に対しましては退院前の病院での面接、また産後訪問を早めるなど、生後すぐに至るまでの支援にも努めているところであります。  最初の答弁といたします。 ○議 長(谷本正敏君) 中村議員

湯梨浜町議会 2019-03-07 平成31年第 3回定例会(第 1日 3月 7日)

利用人数の減少によりまして委託料が減額となっておりますけども、31年度につきましては、病児保育厚生病院のほうで駐車場のほうに設けておりましたが、厚生病院の改築に伴いまして、病児保育室が厚生病院内に移転されます。その工事費について、負担金を新規に予算計上させていただいております。  8ページをごらんください。

米子市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第5号 3月 6日)

医療の発展に伴い、病院以外に生活拠点を持ち、自分らしく生きる人とその家族への支援は途についたばかりというのが現状であります。医療的ケア児とその家族の日中の居場所づくりや活動の支援を総合的に実施するため、国は医療的ケア児等総合支援事業として、次年度予算を計上する方針とのことですが、本市も医療充実のまちとして積極的な支援の展開をするべきだと考えます。

倉吉市議会 2019-03-04 平成31年第2回定例会(第5号 3月 4日)

先日、上井地区社会福祉議会の会があって、100名ほど来られて、住民福祉大会というのがありまして、そちらで県立厚生病院の吹野副院長さんが、がんを中心でやっておられて、かなり家族や親戚でもお世話になっている方なんですけれども、その方のパワーポイントを使われての説明が非常にわかりやすかったです。

米子市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4号 3月 4日)

人口減少に応じた今後の病院のあり方ですが、40年後人口が9万人になるということは病院も統廃合、それは必要に応じて出てくる問題です。あって当たり前の存在の私たちの鳥取大学医学部大学病院ですが、これにも努力が必要なんです。島根県立中央病院鳥取大学医学部附属病院鳥取県厚生病院鳥取県立中央病院公立豊岡病院、圏域にはこれらの病院があります。