129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

台湾台中市大肚区との国際交流につきましては、平成30年7月には本町の青少年訪問が大肚区を訪問し、また、平成31年1月には大肚区の青少年訪問を受け入れ、交流を行ったところでございます。平成31年度におきましても、青少年訪問の派遣、受け入れを行い、台湾の児童生徒と交流を深め、国際感覚の向上に取り組んでまいります。  

湯梨浜町議会 2018-12-12 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日)

この書簡では、消防員の年額報酬や出動手当の改善、消防装備の集中的・計画的な配備をお願いしたいと消防員の処遇改善も求めたものですが、この認識と今後の対応をお伺いします。  以上、2点について答弁をよろしくお願いします。 ○議長(入江 誠君) 答弁を求めます。  町長。 ○町長(宮脇 正道君) 浜中議員の2点目のお尋ねは、消防員の免許取得経費の助成についてでございました。  

伯耆町議会 2018-12-07 平成30年12月第 4回定例会(第2日12月 7日)

その際に必要不可欠と思われる緊急通報システムはその車両の中に装備されているのか。この点を伺います。 ○議長(篠原 天君) 総合窓口課長。 ○分庁総合窓口課長(景山 祐子君) 伯耆町型バス事業で使用しております車両には、残念ながら緊急通報システムを装備しているものはありません。  

倉吉市議会 2018-09-07 平成30年第5回定例会(第4号 9月 7日)

そのときに消防の方がなぜこれを言われたかというと、実は、消防の方への、例えば火災とか災害があった場合の招集、これは、その招集の伝達は緊急メールによって行われるそうです、メールで入ってくるんだと。ところが、草刈りをしとったり、農作業で大きなトラクターに乗っとったりしたら、もう全くそれはわからんというわけです。

琴浦町議会 2018-09-06 平成30年第 6回定例会(第2日 9月 6日)

装備があるからといって装備の使い方とか、それがやはり毎年1回ぐらいはやっていただくということが必要だと思いますし、この前もそういう点でポンプ操法大会を見ておりましたけども、やはり装備消防車はあります。けども、それを使う人もなれといいましょうか、訓練というのは常日ごろやっておかないといけないなというふうには思って見させていただいたところです。  

琴浦町議会 2018-06-13 平成30年第 4回定例会(第4日 6月13日)

それと20ページの非常備消防費と並びに消防施設費のそれぞれ増額なっているわけですが、その要因といいますか、非常備でいきますと修繕費が当初100万円の予算が組んでありました。29万7,000円の増額。それから同じく負担金補助及び交付金の中で消防設備補助金、これも185万9,000円の増額ということになってますが、当初では144万3,000円、2倍以上の増額なってますね。

倉吉市議会 2018-05-15 平成30年第3回臨時会(第2号 5月15日)

全て防災安全課に係る事業ですけれども、最初は、2款総務費、1項9目交通対策費です。事業名が交通安全対策で、補正額が140万1,000円。これはいろいろ疑問点を探っていきますと、私の所属する企画産業常任委員会にかかわる部分が多く出てきましたので、この質問はここでは取り下げさせていただきます。  では、2つ目です。9款消防費、1項消防費、3目消防施設費です。

北栄町議会 2018-03-05 平成30年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

まず、台湾台中市大肚区との国際交流については、平成29年5月には大肚区の青少年訪問の受け入れを行い、町内の生徒と交流を図ったところでございます。平成30年度におきましては、本町の青少年訪問が台湾を訪問し、従来よりホームステイの宿泊数をふやして、台湾の児童生徒と交流をより一層深め、国際感覚の向上を図ってまいりたいと考えております。  

倉吉市議会 2018-02-26 平成30年第2回定例会(第5号 2月26日)

また、ふるさと納税は一昨年ありました震災の復興にも役立っていますので、そういうことも寄附者の方に使い道をPRして御理解いただきながら、引き続きの制度の周知や倉吉市への寄附、応援になっていただくようにお願いしたいと考えております。  

伯耆町議会 2017-12-12 平成29年12月第 6回定例会(第2日12月12日)

そのときには恐らく、今おっしゃったような災害というか、武力行使に伴うようなものであれば、中国地方を管轄する自衛隊、輸送部隊とか、そういった銃器を伴うような災害救援というものが出るでしょうし、そのガバナンスの中で伯耆町であれば例えば無傷の地帯に、例えば運動公園だとしましょうか、運動公園に仮設テント村をつくるとか、そういったことについて、本町で活動ができる職員、消防員などを動員しながら対応していくと、

琴浦町議会 2017-12-06 平成29年第 7回定例会(第2日12月 6日)

それから、消防装備関係、あるいは自主防災組織同士の連絡会の関連であります。  消防装備は、消防装備の基準をもとに年次計画で更新しています。平成27年度にケブラー手袋、それから平成28年度に編み上げ靴の配付を行いました。消防ポンプ自動車を平成27年度と28年度に1台ずつ購入しました。平成29年度には救命胴衣を50着購入しました。  

倉吉市議会 2017-03-07 平成29年第2回定例会(第2号 3月 7日)

24時間体制での除雪対応、地域住民による除雪支援の働きかけ、消防による除雪支援、それから、通学時の児童生徒の安全確保、交通事故防止対策、ビニールハウスの倒壊防止対策への注意喚起等を実施することを決めて、それぞれ対応をさせていただいたところでございます。  

伯耆町議会 2017-03-03 平成29年 3月第 1回定例会(第1日 3月 3日)

協議について 日程第24 議案第20号 監査委員の選任について 日程第25 人権擁護委員候補者の推薦について 日程第26 議案第21号 伯耆町課設置条例の一部改正について 日程第27 議案第22号 伯耆町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について 日程第28 議案第23号 伯耆町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について 日程第29 議案第24号 伯耆町消防条例

北栄町議会 2017-03-02 平成29年 3月第3回定例会 (第 1日 3月 2日)

8款消防費に2億4,970万円を計上いたしました。中部ふるさと広域連合負担金2億401万9,000円、消防活動事業1,414万9,000円のほか、老朽危険空き家等除却支援事業に600万円を計上しております。  9款教育費に7億8,428万5,000円を計上いたしました。

北栄町議会 2016-12-12 平成28年12月第11回定例会 (第 7日12月12日)

次に、自転車安全利用についてであります。  3月定例議会において、自転車運転者に対して損害賠償保険の加入やライト、反射材の備えつけ、定期点検を促す取り組み、小・中学校では児童生徒に安全な乗り方や盗難防止に向けた啓発活動、保護者には子どもに安全教育を行うことやヘルメットの着用、雨天時のレインコートの着用、自転車の点検整備、任意保険の加入などの取り組みについて伺いました。  

琴浦町議会 2016-09-14 平成28年第 5回定例会(第4日 9月14日)

次に、48ページから49ページ、款8、消防費について質疑に入ります。質疑ございませんか。  高塚勝君。 ○議員(9番 高塚 勝君) 成果説明書の2の9、一番上のほうに、これは非常備消防費ですけども、その他、消防運営に要した費用1,293万2,000円とありますけども、細かいものはいいですけど、大体大きなものがどういうものがあったかということをお願いいたします。

鳥取市議会 2016-09-01 平成28年 9月定例会(第2号) 本文

防災リーダー養成研修では、自主防災会や消防、また地域からの推薦をいただいた方などを対象といたしまして、地震・洪水・津波などの仕組み、また気象情報の見方や、避難所運営の実習や身近でできる防災対策などについて学んでいただいておるところでございます。  今後も、防災の知識や高い意識を身につけた防災リーダーの育成に取り組むことによりまして、地域防災力の向上を図ってまいりたいと考えております。  

鳥取市議会 2016-09-01 平成28年 9月定例会(第3号) 本文

その一環として、総務省の委託を受けたKDDIが、本市の外国人観光客1000円タクシーに多言語音声翻訳アプリ、これは英語・中国語・韓国語でございますが、これを装備し、ドライバーが音声翻訳アプリを通して外国人観光客に対応する実証実験を昨年度から実施しております。本年度は市内の宿泊施設や飲食店等にも実証範囲を広げているところでございます。