運営者 Bitlet 姉妹サービス
71件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-12-12 境港市議会 平成29年第6回定例会(第3号12月12日) それと図書館交流機能というところでございますけども、先日、教育長、それから教育委員さんで佐賀県の武雄の図書館の視察を行かれたと思います。民間を活用したということで非常に話題に上ってる施設だと思いますけども、この感想を少し述べていただけたらと思いますが。 ○議長(岡空研二君) 答弁を求めます。  松本教育長。 もっと読む
2017-03-07 八頭町議会 平成29年第 2回定例会(第3日目 3月 7日) それで、鳥取報では、1年間のごみの量を報に公表されています。八頭町は、こういったごみの量とかそういったものは環境美化推進員の資料のほうには出ているのでしょうか。また、こういったものを広報する必要があると思うんですが、どう思われますでしょうか。 ○議 長(谷本正敏君) 吉田町長。 ○町 長(吉田英人君) 福祉環境課長で答弁。 ○議 長(谷本正敏君) 前田課長。 もっと読む
2016-06-10 八頭町議会 平成28年第 5回定例会(第4日目 6月10日) 1年から中学校3年まで9カ年間の英語を段階的にカリキュラムをつくって英語をやっていくというようなことを基本的にやっておられるというところもあるようでございますし、それから最近の新聞では、佐賀県の武雄、ここでは反転授業というのをお聞きになっていると思いますが、こういう授業。 もっと読む
2016-03-08 倉吉市議会 平成28年第3回定例会(第6号 3月 8日) 一つは、この有害鳥獣捕獲後の処理、あるいは出口を考えるという上で、京都府の福知山、舞鶴、綾部の3が共同利用しております中丹地域有害鳥獣処理施設ということで、こちらは焼却処理施設ということでございます。もう1カ所は、福井県三方上中郡若狭町の嶺南地域有害鳥獣処理加工施設ということで、こちらは焼却及び食肉処理、加工施設ということで、この2カ所の視察を予定しているものでございます。 もっと読む
2015-12-09 米子市議会 平成27年12月定例会(第4号12月 9日) 佐賀県武雄の指定管理者としてCCCカルチュア・コンビニエンス・クラブが管理運営して2年が経過しています。CCCはTUTAYA事業などを中核事業とするグループ事業持株会社です。 もっと読む
2015-12-09 八頭町議会 平成27年第11回定例会(第3日目12月 9日) 近隣のや町においても、智頭町が8月に、若桜町、岩美町、鳥取が9月にそれぞれ総合戦略を策定し、本町においても9月28日にホームページにアップされ、町民に告知されることとなりました。こういうものですね。   もっと読む
2015-09-09 琴浦町議会 平成27年第 5回定例会(第3日 9月 9日) ちなみにここに神戸のバスに石原商店という神戸のあれが琴浦のPRの自費で出して、ラッピングでこういう取り組みもありますし、牛乳パックのことのPRで本当にそれができると、それはなかなかええと思っております。あとはお金がどの程度かかるかということがありますけれども、そのことは少し大山乳業さんのほうとも詰めたいというふうに思います。   もっと読む
2014-03-14 伯耆町議会 平成26年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日) 教育現場にタブレット端末導入はということで、佐賀県武雄教育委員会はこの4月から全小学校にタブレット端末を導入し、反転授業を開始するとしました。2点ほど聞きます。  反転授業とはどういう授業内容なのか、説明、所見を聞きます。  2点目は、タブレット端末を導入し反転授業を取り入れる考えはないか、教育長に聞きます。 ○議長(細田 栄君) 教育長。 もっと読む
2014-02-01 鳥取市議会 平成26年 2月定例会(第3号) 本文 また、竹内市長は平成23年度から3年間、全国特例市長会の会長として、全国40の特例を代表して特例の地方分権推進に御努力されていると思っていますが、全国特例市長会会長を3年間されて、何に取り組み、どのような成果があったのか、お伺いいたします。  次に、鳥取の体育・スポーツ施設の災害時避難所の指定についてお伺いいたします。   もっと読む
2013-12-09 境港市議会 平成25年第4回定例会(第2号12月 9日) 水木ロードもまちの一角にはあるんですけど、境港全体を見渡していって先ほどの4つの項目については全体のことでありますんで、水木ロードの中にも含めていき、全域の活性化というか、水木効果であるとかクルーズ効果というのを全体に発展できるような政策というか、そこらあたりも含めて、この機会でございますので、水木ロードの振興会と別にそういうものについても協議検討していただきたいなと。 もっと読む
2013-09-11 伯耆町議会 平成25年 9月第 4回定例会(第2日 9月11日) 例えば広島とか大阪なんかは、障害者家庭、それから高齢者の低所得者の家庭、低所得者世帯、そして保険者の世帯主が病気の世帯、このような状況の中では減免制度を拡充して生活保護基準の1.3倍までは減免の条項に沿おうではないかというような状態が生まれているわけです。そのような努力がされているんですけれど、本町の場合そういった検討はされないでしょうかどうでしょうか。 ○議長(細田 栄君) 町長。 もっと読む
2013-09-03 倉吉市議会 平成25年第4回定例会(第2号 9月 3日) そこで私たち会派くらよしでは、先般、7月でございましたけれども、今話題になっております民間委託をされた佐賀県の武雄というところに行ってまいりました。ここでその武雄の新しい図書館を見まして、大変びっくりした、そしてそのすばらしさに感動したんですけれども、だからといってこれを武雄モデルが全てよいということではございません。  一つちょっと武雄モデルを御説明させていただきます。 もっと読む
2013-08-01 鳥取市議会 平成25年 8月定例会(第4号) 本文 鳥取は、事業系ごみの対策として、ごみ減量等推進優良事業所認定制度を実施しています。これをどのように評価しておられるのか、質問をいたします。  2点目は、鳥取を含め14町でつくる東部広域行政管理組合では、年間100トン以上排出する事業者は減量化計画を提出するようにしていますが、鳥取はそうした事業所を把握しているのか、質問をいたします。   もっと読む
2013-06-10 八頭町議会 平成25年第 5回定例会(第3日目 6月10日) 非常に課題は、課題といいますか、その原因といいますか、起因するところは極めて多いと思いますが、私は、鳥取に通勤されると。 もっと読む
2012-09-01 鳥取市議会 平成24年 9月定例会(第4号) 本文 それから、市民にが本当に取り組みを前向きに考えているということの1つとして、の公共施設に太陽光発電を設置されたらどうかと思います。境港は全部の小学校、7校ですけれども、設置しておられる例もございます。市民の方はなぜもっと積極的にの施設に太陽光発電を設置されないのだろうと問われる方もございます。の公共施設の現状と目標についてお尋ねいたします。 もっと読む
2011-12-07 倉吉市議会 平成23年第6回定例会(第3号12月 7日) ただ、現実は、先般も佐賀県の武雄の市長さんが受け入れを表明された後、1,000件を超える脅迫めいた苦情のメールが入ってきたというようなことで、撤回をされたというような事情も出て、報道されておりました。やはりそういう意味で、住民の安心というものをいかに確保していくかということを前提に対応をしていきたいなというふうには思っています。   もっと読む
2010-12-13 琴浦町議会 平成22年第10回定例会(第1日12月13日) 視察先は、調査目的、兵庫県香美町、庁舎建設の取り組み、財政状況など、兵庫県豊岡出石、まちづくり活動の取り組み、兵庫県新温泉町、温泉利用について。  最初の香美町でございますけれども、先ほど申しましたように、庁舎建設の取り組みが重要な視察でございます。香美町には、副町長以下、職員の方々と設計業者の方、合同によって視察をさせていただきました。 もっと読む
2010-12-13 琴浦町議会 平成22年第10回定例会(第1日12月13日) 視察先は、調査目的、兵庫県香美町、庁舎建設の取り組み、財政状況など、兵庫県豊岡出石、まちづくり活動の取り組み、兵庫県新温泉町、温泉利用について。  最初の香美町でございますけれども、先ほど申しましたように、庁舎建設の取り組みが重要な視察でございます。香美町には、副町長以下、職員の方々と設計業者の方、合同によって視察をさせていただきました。 もっと読む
2010-12-09 倉吉市議会 平成22年第8回定例会(第4号12月 9日) こうしたことが本においてはほとんどPRをされておりません。本における後見人制度、申立ての実態等、の関与についてまずお伺いをいたします。 ○教育長(福井伸一郎君)(登壇) 議会の方の議員さんからもたくさん質問をいただいております。しかし、そうは言っても段階的にということも考えられますので、ちなみに全県的な状況でございますと、境港は全小・中学校にクーラーを設置していらっしゃいます。 もっと読む
2010-06-09 倉吉市議会 平成22年第5回定例会(第3号 6月 9日) それと、私は今回、市長に対しての姿勢を聞こうと思ったんですけれども、よそのと対比してちょっと比べさせていただきたい。  今回、私は佐賀県の武雄というところ、ここは5万人なんです、人口が。ほとんど倉吉と変わらない。ここの市長は東大を出て、総務省に入省し、36歳にして一念発起し、自分は生れ故郷の武雄に骨をうずめるんだと、武雄を絶対何とかするといって市長選挙に立候補され当選された。 もっと読む