運営者 Bitlet 姉妹サービス
374件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 北栄町議会 平成30年12月第8回定例会 (第11日12月17日) おっしゃっていただいたとおり、事業性といったところはきちんとコスト計算等もしながらやっていくべきではないかというところの御質問だというふうに認識しておりますけれども、おっしゃるとおり、バイオマス産業都市構想に基づく取り組みにつきまして、今年度、環境省の補助金を得まして、事業可能性も含めた木質バイオマスボイラー等の導入等につきましての調査を行っているところでございます。 もっと読む
2018-12-14 北栄町議会 平成30年12月第8回定例会 (第 8日12月14日) 農林水産省は、若い就農者に年間最大150万円の営農資金を最長5年間交付する農業次世代人材投資事業(経営開始型)を行っていますが、就農3年目に経営状況を評価し、経営改善が図られない場合には支援を打ち切り、交付した資金の返還を求める中間評価制度を導入したため、生産者から驚きと不安の声が出ています。 もっと読む
2018-12-12 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日) その際、当時の副町長は、その辺の状況は把握しておられず、早急に情報収集をして、失敗事例というか、そういったことを参考にするよう促した経過がございます。その中でも、やはり町長は軌道修正はしない旨の答弁をされておられました。  雫石町に話を戻しますけど、結論からいえば、雫石町とコミュニティネットとの信頼関係は既に崩壊しておって、契約は白紙撤回され、雫石まちづくり会社は消滅しておりました。 もっと読む
2018-12-11 米子市議会 平成30年12月定例会(第4号12月11日) ○(岡村議員) このコンセッション方式について、宮城県や浜松市など、全国6自治体での水道事業で導入が検討されていると、こういうふうに報道されていますが、どういった理由で導入を図ろうとしているのか、コンセッション方式のいわゆるメリットとして言われていることは何なのかお尋ねします。 ○(岩﨑副議長) 細川水道局長。 ○(細川水道局長) コンセッションの導入の理由ということでございます。 もっと読む
2018-09-25 湯梨浜町議会 平成30年第 5回定例会(第13日 9月25日) ただ、失敗は起こることはありますから、そのときに本当にこの失敗の対処として、の方法として、もう1回その辺のことをお話しできればという思いで質問しました。 ○議長(入江 誠君) 町長、答弁。 もっと読む
2018-09-07 八頭町議会 平成30年第 7回定例会(第4日目 9月 7日) 次に、タイムラインについてなんですけども、台風や豪雨による大規模水害に備えるために、自治体などが事前にとるべき対応を時系列でまとめたタイムラインの導入が各地で広がっているようです。タイムラインは、台風などあらかじめ予想できる災害に対して、行政や自治体などが、いつ、誰が、何をするかを整理しておく仕組みです。 もっと読む
2018-07-20 八頭町議会 平成30年第 5回臨時会(第1日目 7月20日) そういうことがこの事業の失敗にも結局はつながってくる。  八頭町としたら、建物を貸して、将来そこら辺が発展したらいいなというふうに誰しも思うわけです。ところが、事業主の事業計画にもないようなことをしゃべられて、町が介入して、向こうの努力さえちょっと変えてみたろうかみたいな感じで誘導される、これはおかしなことだと思いますよ。 もっと読む
2018-06-26 北栄町議会 平成30年 6月第5回定例会 (第 8日 6月26日) この制度は、3つの条件を満たした場合に、ものづくり・サービス補助金及び持続化補助金、サポイン補助金、IT導入補助金という4つの補助金が優先的に受けられるというものでございます。   もっと読む
2018-06-21 琴浦町議会 平成30年第 4回定例会(第5日 6月21日) なお、請願第2号につきましてでありますが、請願文書にありますトップランナー方式の導入、民間委託等というような部分が載っております。これについては委員会でもいろいろと意見がありまして、この部分については皆さんに採択、可決していただいた後、請願文書のほうではその部分を変えて委員会として提出するということで、全会一致で採択したということをつけ加えて報告いたします。以上です。 もっと読む
2018-06-13 琴浦町議会 平成30年第 4回定例会(第4日 6月13日) もともと200万の事業費で予定をしていたんですけれども、当該事業者ともちょっと相談なり協議なりさせていただいたところ、そもそもの養殖施設、環境に配慮したという特徴のあるシステムを導入しているので、審査に係る項目もその分減ってくるということで、国の交付金を除いたもともとの純町費、予定していました100万で何とか事業ができるんじゃないかということで、そちらのほうで進めていきたいということで、今回この歳出 もっと読む
2018-06-12 八頭町議会 平成30年第 4回定例会(第4日目 6月12日) このため、総合戦略におきましても、特にこれから結婚、出産をする世代、子育て世代をターゲットとした取り組みが必要との認識のもと、地場産業の強化や新たな企業の誘致、観光等、働く場の確保、子育て環境の整備等を特に大きな柱として取り組みを行っているところであり、議員御指摘のとおり、隼Lab.の整備による新たな働く場の創出、観光車両「昭和」の導入による若桜鉄道を活用した観光振興、第2子以降の保育料の無償化等の もっと読む
2018-06-11 湯梨浜町議会 平成30年第 3回定例会(第 4日 6月11日) まず1点目ですが、ドナー休暇制度の導入と啓発について伺いたいと思います。  皆さんは骨髄バンクという言葉を一度は聞いたことがあると思います。 もっと読む
2018-03-13 北栄町議会 平成30年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日) 地域おこし協力隊の任期満了後、雇用する場合には農の雇用制度を活用したり、施設や機器類の導入に当たっては有利な国・県制度の活用を検討してまいります。   もっと読む
2018-03-12 湯梨浜町議会 平成30年第 2回定例会(第 5日 3月12日) そもそも民間活力の導入とは、公共施設等の整備・運営に当たり、最小限の経費で最大の効果を上げる、民間で可能な分野はできるだけ民間に任せるという基本認識のもと、さまざまな民間活力を活用した事業手法の導入を進めるということだと思っております。  この申し込みの経過について仄聞をすれば、町は、森岡画伯の絵は貴重なものであり、運搬上や展示中の対応が不十分と判断されたと聞いております。 もっと読む
2018-03-08 米子市議会 平成30年 3月定例会(第6号 3月 8日) これは日本に導入したときに、日本になじむかどうかという議論もあると思います。 もっと読む
2018-03-07 八頭町議会 平成30年第 2回定例会(第3日目 3月 7日) 当然、専門家なんかを入れないと素人がやったのでは失敗してしまうと思いますので、専門家等を入れた上でこういうインバウンド対策を構築してみてはいかがかなと思ってみたりしますと同時に、先ほど申し上げた若桜鉄道観光列車「昭和」、それとのセットアップ、そういうものも今後取り入れていっていただく。 もっと読む
2018-03-02 米子市議会 平成30年 3月定例会(第3号 3月 2日) これにつきましては、鳥取市さんが包括的民間委託を導入された経緯というものがございまして、これは平成16年の市町村合併に伴い、もともとの市町村が持っておりました施設の管理の考え方、方法などが違ってるというところで、管理レベルを統一するという目的で導入されたというふうに伺っております。 もっと読む
2017-12-20 北栄町議会 平成29年12月第11回定例会 (第14日12月20日) まずそれだけを申し上げて、先ほど町長のこれまでのいろいろな実施してきた事業で失敗事例の検証が行われていないという発言がありました。具体的に、失敗事例を挙げてください。 ○議長(飯田 正征君) 阪本議員。 ○議員(13番 阪本 和俊君) お答えします。失敗事例というのは、いわゆる国の制度そのものにもやっぱりリスクがあるように今まで感じてきました。事実そういうことがあります。 もっと読む
2017-12-18 北栄町議会 平成29年12月第11回定例会 (第12日12月18日) その現状を見て、このまんまの状態ではちょっと作業がスムーズにいかないなという思いでおったんですけども、先回の委員会で計量器について質問いたしましたら、新しい計量器が導入されておりまして、スムーズに回転しておりますが、この新しい計量器は昨年には導入できなかったんですか。お尋ねします。 ○議長(飯田 正征君) 手嶋産業振興課長。 ○産業振興課長(手嶋 寿征君) 議員の御質問にお答えいたします。   もっと読む
2017-12-15 湯梨浜町議会 平成29年第 8回定例会(第 8日12月15日) そこに大きな失敗があると思っております。   もっと読む