459件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第4号 9月 5日)

これまで外国人日本観光というのは、東京、箱根、富士から京都、大阪奈良をめぐる、いわゆるゴールデンルートと呼ばれるものでした。なぜ今、地方に波及、拡散しているかなんですけども、これについては近年の国際的な旅行のトレンドの変化、つまり、かつての団体旅行から個人旅行へのシフトが大きく影響していると考えられております。  

倉吉市議会 2019-09-04 令和元年第4回定例会(第3号 9月 4日)

大阪北部、茨木市等で議会大学との連携事業なども取り組まれているようでございまして、ぜひ視察をということで計画しかけましたけども、間に合いませんでした。いろいろこれからまた大学との連携については研究しながら、ぜひまた反映できるような形で質問ができたらなと思っております。  そこで、市長、もう一度答弁お願いします。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第6号) 本文

また、内閣の2014年結婚家族形成に関する意識調査において、どのようなことがあればあなたはもっと子供が欲しいと思うと思いますかという質問に対して、第1位は将来の教育費に対する補助が68.6%、第2位は幼稚園保育所などの費用の補助で59.4%でした。  幼児教育保育無償化による負担軽減は、子育て世代には大変喜ばしいことでありますが、一律に無償化になる制度ではありません。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第5号) 本文

シャワークライミングしてたんと尋ねると、滑ったり飛び込んだりしてましたとの返答で、そうか、地元なんと尋ねると、大阪です、静岡です等の返答になり、えっと思い、どうしてと尋ねると、同じ高校の同級生で、別々の大学に行ってて、遊びに来ましたとの返答で、よく来るのと尋ねると、初めてですと言われ、私が返答に困り、ここ、施設は閉鎖されているけど、シャワークライミングしてるいうから見に来たんよ、たくさん楽しんでねと

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第3号) 本文

内閣から出されている避難所運営ガイドラインには、避難所生活は住民が主体となって行うべきとなっています。初動期の避難所においては地元住民の避難者が大半でありますし、地域の実情に合った避難所運営が求められていると思います。本市は市民向けの参考資料として鳥取市避難所運営マニュアルをつくっておられます。

倉吉市議会 2019-06-19 令和元年第3回定例会(第3号 6月19日)

今までの取り組みですけれども、学校安全に関しましては、平成13年に大阪教育大学附属池田小学校での事件で、とんでもない大きな事件がありました。あのころから、例えば防犯カメラ、今は安全カメラという呼び方もしますけど、そういうことであるとか、不審者の侵入に対する避難訓練であるとか、あるいは、ボランティアの皆さんやPTAによる見守りということをずっと続けてきています。

境港市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4号 6月17日)

これまで、国は自治体協力してひきこもり対策を進め、内閣が2016年に公表した39歳以下を対象とした調査では、2010年から2015年の間にひきこもりの方の数は減少しております。しかしながら、その実態はひきこもり期間が長期化、高齢化して調査対象外の40歳以上に年齢が上がったことが減少の要因とも言われます。  

琴浦町議会 2019-06-11 令和元年第 3回定例会(第3日 6月11日)

鳥取県人口が55万人台となり、急速な人口減が課題となる中、新年度関係人口をふやす取り組みを本格化させ、東京大阪の2カ所に歓迎案内所の機能を持たせて情報を発信し、長期滞在の観光客や県のファン、県外で暮らす県出身者などのつながりを強化、地域と継続してかかわる人をふやすことで将来の移住定住につなげるということでございます。

琴浦町議会 2019-06-10 令和元年第 3回定例会(第2日 6月10日)

おっしゃるところの地方創生の一つのやり方として内閣が全国30カ所の自治体をモデルということで、モデルをつくることによって事業推進をしていくということの内閣の考え方、それから外務省外交的なことでやっておりますし、それからことしに入ってからは林野庁がそのことについて、宇沢博文さんが言っている社会的共通資本に絡めて、この考え方を入れていくということがあったりします。総務省も同じことです。  

八頭町議会 2019-06-10 令和元年第 6回定例会(第3日目 6月10日)

平成30年7月豪雨を踏まえて、2019年、取水期までに実施する具体的な取り組み及び避難勧告等に関するガイドライン改定版が、平成31年3月29日に内閣防災担当から発表され、先月5月29日、2週間ほど前ですね、気象庁は、災害防災気象情報に5段階の警戒レベルをつけて運用を開始いたしました。これによると、警戒レベル3で高齢者などは避難、警戒レベル4で全員避難とあります。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第2号) 本文

◯尾室高志教育長 平成24年に京都亀岡市で発生いたしました児童ら10人が死傷した交通事故を機に、本市では毎年、学校、PTA、地域関係者、警察道路管理者、教育委員会事務局等が一堂に会して、通学路上の危険と思われる箇所を合同で点検しています。この合同点検の結果に基づき、道路管理者や警察などが主体となり、歩道の設置など道路施設の整備、一時停止等の交通規制などの安全対策を講じています。

倉吉市議会 2019-03-04 平成31年第2回定例会(第5号 3月 4日)

実は大阪鳥取市にふるさと納税をされたそうです、大阪市の方です。ここに、鳥取市から先日、指定した米が空き箱に2袋詰められていて、その余った部分にビニール袋があった。中をのぞいてみると、何とタマネギが入っていたんです。しかも大きなものが7つも。長年ふるさと納税を行ってきましたが、このようなことは初めてでした。生産者の心温まる気持ちが伝わってきました。

倉吉市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第4号 2月28日)

大阪寝屋川市は、転出抑制のために市民向けインナープロモーション強化に取り組んでおられ、市ホームページの施策一覧には、全国初、大阪初、大阪府内トップクラスなどの説明も加えられており、比較広告までしなくとも非常にわかりやすいものになっております。こういった取り組みは本市でもぜひ参考にしていただきたいと思います。