28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第5号) 本文

センターでは現在、市民の皆様を対象とした研修会やセミナーなどを開催いたしまして、窓口の周知や広報に努めているところでありますが、今後、愛称を掲載したチラシを作成いたしまして、市内の保育園・幼稚園や・中・義務教育学校に在園・在学する児童・生徒の全家庭に配布するなどいたしまして、周知に努めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ◯山田延孝議長 乾危機管理局長。

北栄町議会 2018-06-26 平成30年 6月第5回定例会 (第 8日 6月26日)

────────               説明のため出席した者の職氏名 町長 ───────── 松 本 昭 夫君  副町長 ──────── 手 嶋 俊 樹君 教育長 ──────── 別 本 勝 美君  会計管理者(兼)出納室長                                ──── 倉 光   顕君 総務課長 ─────── 磯 江 昭 徳君  企画財政課長 ─────  

倉吉市議会 2017-12-07 平成29年第7回定例会(第4号12月 7日)

今回は、具体的に本市の浄化槽の設置の現状を踏まえてお聞きしてみたいと思うわけでありますが、実は先日、鳥取県環境整備事業協同組合の大川理事長からお誘いをいただきまして、東京福祉大学副学長の喜多村先生の講演を聞かせていただきました。

北栄町議会 2017-09-07 平成29年 9月第7回定例会 (第 8日 9月 7日)

              説明のため出席した者の職氏名 町長 ───────── 松 本 昭 夫君  副町長 ──────── 西 尾 浩 一君 教育委員長 ────── 福 光 純 一君  教育長 ──────── 別 本 勝 美君 会計管理者(兼)出納室長           総務課長 ─────── 手 嶋 俊 樹君         ──── 齋 尾 博 樹君 企画財政課長 ─────  

湯梨浜町議会 2017-06-12 平成29年第 5回定例会(第 4日 6月12日)

その重点施策に・中・高等学校における消費者教育の一層の推進が掲げられ、学校教育では、学習指導要領に基づき、発達段階に応じた消費者教育に取り組んでいるところです。  本町におきましても、教育課程に位置づけ、小学校5年生の家庭科、中学校2年生の家庭科、3年生の社会科、公民分野で学習をしています。

米子市議会 2016-12-09 平成28年12月定例会(第4号12月 9日)

今年度は5月の城下町のガイドウオーク、7月の天守石垣の除草イベント、10月1日、2日に開催いたしました城メグリストとして有名な城郭ライターの萩原さちこさんなどをお迎えしてのフォーラムと城跡のガイドウオーク、またそれに合わせて9月25日から10月2日まで行いました天守石垣のライトアップ、11月5日、6日の二日間にわたり城山のスタンプラリー、写真撮影会、城下町ウオークといったイベントを組み合わせて行いました

鳥取市議会 2016-12-01 平成28年 12月定例会(第3号) 本文

引き続きまして中小企業・規模企業の経営力向上につながっていく取り組みを行ってまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。 ◯房安 光議長 雲坂衛議員。 ◯雲坂 衛議員 マイナス金利を受けて、保証協会の方にも保証料率が割高に見えているということを聞いております。

琴浦町議会 2016-09-08 平成28年第 5回定例会(第2日 9月 8日)

松 弘 明  教育委員長 ───── 石 前 富久美  教育長 ───────  林 克 美  会計管理者兼出納室長  福 本 由喜美  総務課長 ────── 西 長 和 教  企画情報課長 ──── 遠 藤 義 章  商工観光課長 ──── 大 谷 浩 史  税務課長 ────── 田 中   肇  町民生活課長 ────  塩 久 志  福祉あんしん課長 ── 藤 原 静 香  子育て健康課長

琴浦町議会 2016-03-09 平成28年第 2回定例会(第3日 3月 9日)

松 弘 明  教育委員長 ───── 石 前 富久美  教育長 ───────  林 克 美  会計管理者兼出納室長  倉 光 雅 彦  総務課長 ────── 西 長 和 教  企画情報課長 ──── 遠 藤 義 章  商工観光課長 ────  泉   傑  税務課長 ────── 田 中   肇  町民生活課長 ────  塩 久 志  福祉課課長補佐 ─── 岩 船 康 子  福祉課課長補佐

琴浦町議会 2014-03-11 平成26年第 2回定例会(第2日 3月11日)

)         1番 大 平 高 志        2番 澤 田 豊 秋         3番 桑 本 賢 治        4番 語 堂 正 範         5番 山 田 義 男        6番 藤 堂 裕 史         7番 藤 本 則 明        8番 新 藤 登 子         9番 高 塚   勝        10番 川 本 正一郎         11番  

米子市議会 2014-03-07 平成26年 3月定例会(第5号 3月 7日)

実施に当たりましては、・中・高を通じた英語教育の目標や学校での英語教育のあり方、教材や指導体制の整備などが必要であると考えております。次に、中学校給食実施に向けての進捗状況と課題についてでございますが、新設センターの建設工事につきましては近日中に工事入札を行い、この定例会で議決をいただいた後、4月から工事に着手し、12月の完成を予定しております。

倉吉市議会 2013-03-06 平成25年第2回定例会(第3号 3月 6日)

私と会長である朝日議員とが行った大川小学校、いまだに4人の生徒たちが行方不明で見つかっておりません。被害者の皆さんに心より御冥福をお祈りいたします。  それと、市長に申し上げたい。あのような大災害を受け、またそれもきっかけになり、今回、倉吉市において防災無線が全部に設置されました。ぜひとも3月11日、その時刻に、防災無線を通じ全市民に呼びかけて、ぜひ黙祷の時間を与えていただきたい。

倉吉市議会 2012-09-04 平成24年第6回定例会(第2号 9月 4日)

それから再生可能エネルギーへの取り組みということでありますが、議員からもおっしゃっていただきましたように、今、旧関金跡を何とか太陽光発電の導入ができないかなというふうに思っているとこでありますが、それ以外にも民有地についても提供の申し出をいただいてるところもありますので、そういうものも含めて公有地だけじゃなくて民有地も含めて事業者の方に情報提供して進出いただけるような取り組みをしていきたいと。

米子市議会 2012-06-14 平成24年 6月定例会(第4号 6月14日)

                 出席議員(27名)  1番  国 頭   靖       2番  山 川 智 帆  4番  野 坂 道 明       5番  稲 田   清  6番  伊 藤 ひろえ       7番  杉 谷 第士郎  8番  門 脇 邦 子       9番  石 橋 佳 枝 10番  松 本 松 子      11番  松 田   正 13番  西 川 章 三      14番   

米子市議会 2012-06-08 平成24年 6月定例会(第1号 6月 8日)

出席議員(28名)  1番  国 頭   靖       2番  山 川 智 帆  3番  湯 浅 敏 雄       4番  野 坂 道 明  5番  稲 田   清       6番  伊 藤 ひろえ  7番  杉 谷 第士郎       8番  門 脇 邦 子  9番  石 橋 佳 枝      10番  松 本 松 子 11番  松 田   正      13番  西 川 章 三 14番   

倉吉市議会 2011-06-21 平成23年第3回定例会(第3号 6月21日)

繰り返しになりますが、先ほど学校の耐震化を中心に前倒しでしっかりと進めていくという市長の力強いお言葉をいただきましたので、そのための財源が確保で、今、小さい橋におきましてはきめ細やかな交付金など、いろいろ制度資金を利用していただきまして、さらなる安全対策に努めていただきたいと思います。  続きまして、市の所有財産の活用についてお尋ねをいたします。  まず順番を追っていきます。

倉吉市議会 2011-06-20 平成23年第3回定例会(第2号 6月20日)

日本の教育は今までのゆとり教育が国際的にも学力の低下を招き、その反省から新学習指導要綱が学校では2011年度、中学校では2012年度から全面実施されていきます。主要教科の授業時間の増加、そして外国語の活動などの指導はどのようにされていくのでしょうか。その設備はこのままでいいのでしょうか。  

米子市議会 2011-06-17 平成23年 6月定例会(第4号 6月17日)

○(北尾教育長) 米子市の中学生、入学式、卒業式、議員の皆様も出席いただいておるので御承知だと思いますけども、日の丸、君が代についてはきちんと歌っておりますので、御承知だと思います。 ○(渡辺(照)議長) 尾沢議員。 ○(尾沢議員) 9年間の子どもたちの指導、1万3,000人、毎年1,100人ずつ高校生に入って、年長から小学校に入ってくると、もうこれがずうっと続くわけでございます。

  • 1
  • 2